話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】五輪中継の裏話~その2~

【長谷川豊】五輪中継の裏話~その2~「なんで五輪ばかりやって、それ以外のニュースをほとんどやらないんですか?」
というご質問もいただきました。

はいはい。そうですね。
これは別コラムでも書きますけれど、今は日本にとってとても大切なニュースが沢山あります。天皇陛下の「生前退位のご意向」のニュースも皇室典範にまつわる国民的な議論が必要な話でもありますし、何より、中国船籍の船が次々と尖閣諸島に領海侵犯してきています。

もの凄く大切なニュースが多数流れているにもかかわらず、テレビは五輪に大騒ぎでしょ? これはですね……単純な話で……

めっちゃ金支払ってんだから!と上から怒声が飛んでくるからしょうがないんです(断言)。

ええと、前回のコラムで書いた通り、五輪って中継するだけでもの凄いお金が飛んでいくんですけれど、会社としても4年に一度の五輪中継グループって、すごく張り切るんです。メンバーに選ばれた人間は、今まで見たこともないようなお金を動かす権利を与えられますし、何よりもお祭り好きのテレビマンたちにとっては本当に楽しい時間だったりするのです。

なので、編成から営業から、テレビの制作現場に「五輪をもっとやれ」ってどんどん言ってきます。まあ、今回のようにメダルラッシュだった場合、我々情報番組チームも……正直言って視聴率が取れますので、遠慮せずにやらせてもらいます。だって、数字良いし。

もちろん、五輪は素晴らしい大会なんですけれど、日本人にとって他にも大切なニュースが多数あることは間違いなくて、私はこういう時には本当にインターネットって強いな~と、そう感じるんですね。

テレビや新聞って、紙面や時間の限界があるじゃないですか。
ネット空間って、それがないんですよね。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

74

BAD

NICE

みんなの反応

158

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック