話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

返信はするのに自分から連絡をくれない彼の心理

返信はするのに自分から連絡をくれない彼の心理好きな人からメッセージやメールが来ない……。こんな辛さを味わっている人は多いはず。「教えて!goo」にも「『相手からメールが来たら返すけど、自分からはしない』ってどういう位置づけでしょうか?」という質問が寄せられていた。

質問者は女性であり、好意を寄せている男性がいる。この男性、女性が送ったメールに返信はするが、自分からメールを送ってくることはないという。男性にとって自分がどういう位置づけかわからず、女性は悩んでいるというものだった。これに対し、「位置づけとかではなく、これは個人的なことで、単純にメールが面倒ということではないかと」(noname#105838さん)、「普段 他愛ないメールをやり慣れてないので、何とメールして良いかわからないからです」(noname#107028さん)などの回答が寄せられた。単純にメールが苦手なだけという意見が多いが、好きな人には自分からメッセージを送りたくなるのではないか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■自分からメールを送らない理由


返信はするのに、自分からメールやLINEのトークを送らないのはなぜか。

「自分からメールやLINEのトークを送らない人は、ある種の不安を感じているのでしょう。『こんなメールやトークを送ったら、嫌われてしまうかもしれない』と考え、躊躇してしまうのですね」(内藤先生)

そうだとすれば、こちらが不安を感じさせないような態度を取れば、自分からトークやメールを送ってくれるようになるのだろうか。

「こうした人は、いわゆる『指示待ち人間』と同じ心理を持っていると考えられます。指示待ちしてしまう人は、勝手に行動して怒られたくないという思いから、言われたこと以外はしようとしません。同じように、トークやメールを自分から送らない人も、相手にどう思われるか不安で積極的に行動できないのですね」(内藤先生)

オフィスで問題になりがちな「指示待ち人間」と同様の心理を持っているとなると、なかなか根が深そうだ。自分からメッセージを送らない人を簡単に変えるのは難しいということなのだろう。

■愛情がない場合と不安からトークを送らない、その見極めは?


ところで、自分からトークやメールを送らない理由は、単純に愛情がないからとも考えられる。愛情がなくてトークを送らない場合と自分が嫌われるのではという不安からトークを送ることができない場合と、その違いを見極めることはできるのか。

「愛情がないのか、不安から送らないのか、その見極めポイントは、『1、返信の有無』、『2、返信の速度』です。不安が原因になっている場合でも、好きな人とのトークのやり取り自体は嬉しく思っているはずです。ですから、相手にとって可能な速さで返信があるでしょう。一方、愛情がない場合は、いくらこちらがトークやメールを入れても返信自体がないと言えます」(内藤先生)

好きな異性からトークやメールがなく、寂しい思いをしている人は、テストの意味を込めて自分から連絡をとってみよう。もし返信がないことが続いたら、残念ながらその恋は“脈なし”なのかもしれない。相手の気持ちが自分に向いていないのにメッセージを送り続けると、相手に“メンドクサイ人”認定されてしまいかねない。その恋には見切りをつけ、次の恋に目を向けるべき……かも?

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「すごい!モテ方」(廣済堂)、「アドラー心理学あなたが愛される5つの理由」(ぱる出版)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

98

BAD

NICE

みんなの反応

280

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック