私ではないのですが、
大切な人のお父さんが胃から転移の肝臓ガンで
病院によるとそちらのほうがかなり深刻で
従来の外科治療では難しいのだそうです。
主治医の方はそのひとが懇意にしていただいている方だそうで
言葉でこそいいませんが
大きな病院であるせいもあり、
「お医者の間では色々と権威問題もあり
思いあたる治療法もないわけではないけれども
立場的に勧められない。」
ということを匂わされるのだそうです。

詳しいことは気の毒で聞くことができません。
でも、何かできることがあれば、という思いで
ご意見、先端治療の情報だけでもいただくことができれば・・・

どうか、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

kawakawa教授、blackdeon先生の回答がありますが、「温熱療法」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「京大放射線科」
転移の状態が分かりませんが、一般的に転移性肝癌の場合は肝臓全般にいくつも癌細胞が見られ、エタノールの局注、栓塞(エンボライゼーション)治療が困難ではないでしょうか?
抗がん剤の投与かあるいは温熱療法の適用になるのではないでしょうか・・・??

ご参考まで。

参考URL:http://rad-www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/Public/state_o …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
少しでもたくさんの情報が欲しいので
本当にうれしいです。
URLについてもありがとうございました(^^)

お礼日時:2001/07/16 08:02

ラジオ波による焼灼療法が現在臨床研究段階とのことです。


現在、普及しているエタノール注入療法やマイクロ波凝固療法に比較すると、かなり大きな癌まで適応になるのですが、転移性の肝癌の場合、原発である胃癌が十分にコントロールされていることが条件になると思います。

参考URL:http://www.nipponroche.co.jp/tokyokanzou/119/25. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
病気について検索すると大変な数がヒットするのですが
なにぶん素人なので
どれが確実で先端なのかさっぱりわかりません。
なので専門の方からのお勧めのURLは本当にありがたいです。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/07/09 10:39

肝臓癌の治療には、従来、薬物投与以外に;


肝切除、エタノール注入療法、肝動脈閉塞術が一般的に行なわれていますネ。
その中の肝動脈閉塞術ではゼラチンなどを用いるのが普通でした。しかし、ジャガイモデンプンを用いて、癌細胞の中にある毛細血管までを閉塞させる方法が実用化されています。
更に、この閉塞法とあわせて温熱療法を行なうことで治癒率はかなり向上しています。
温熱療法とは癌細胞が熱に弱いのに毛細血管の数が少なく、加温した際に熱を逃がすことができないため、通常の細胞を傷つけずに癌細胞のみを死滅させるというものです。これについては患者の体の前後からターゲットとする位置にのみ熱を加えることが可能な装置があるのです。
権威問題をにおわされているとすれば、この療法ではないかと考えられるのですが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
権威的には認められていないけれど
かなりの効果ということで注目をされている、と
捉えていいのでしょうか。
この治療を受けられる病院など私なりに調べてみますね。
貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/07/09 10:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ