11歳の男の子がもし階段から落ちて、その時机を抱えていてそれが頭に命中、とても危険な状態でしたが緊急手術をして脳に致命的な損傷はなく、成功したのですが、そのまま目を覚ましません。

 (1)こういうことってありますか?
 (2)眠っている間の食事&排泄って?
 (3)これって植物状態っていうんですか?
2ヵ月後に奇跡的に目を覚ましたら?
 (4)流暢に喋れますか?
 (5)長い間体を動かさないで寝たままだと、各関節などが固まってしまって動かないと訊いたことがありますが、2ヶ月間だとどのくらい動かなくなっているんでしょうか(詳しく教えてください)。
 (6)リハビリをどの位の期間すれば以前のようななに不自由のない生活が送れますか?
 (7)リハビリは入院して行いますか?(するんだっだらどのくらい?)退院した後もリハビリしに通うってことはありますか?月に数回診てもらうとか・・・。
(8)昏睡期間が1ヶ月だったら今までの(4)~(7)の質問の答えはどうですか?(やっぱり2ヶ月のときより体は動きやすいですか?)

すごく長くなってすいません。
(1)~(8)のどれかひとつだけでもいいので答えていただければうれしいです。おねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 私の専門は整形外科なので分る範囲でお答えします。



(1)に関しては、以前救急部で働いていた時に一度だけ経験しました。その方は60歳代の男性ですが、2週間意識がありませんでした。その後、徐々に話が出来るようになり、退院後仕事にも戻られました。

(2)意識が無い間は、消化器の機能が問題ないのであれば、「経管栄養」といって鼻から胃もしくは腸へ管を挿入し、その管から栄養剤を注入します。消化器機能が十分でない場合は、「中心静脈栄養」といって頚静脈か大腿静脈から栄養剤の点滴をします。
 おしっこは、意識の無い人の場合、尿量や尿の成分をチェックする必要があるので普通は尿道へ管を入れます。ただし、便はオムツをしてその中へ排泄します。

(3)植物状態というのは、自律神経反射(対光反射や咳反射)は残っているが、喋ったり体を動かしたりする機能が無い状態をいいます。ですから、実際にその患者さんを診てみないとわかりません。

(4)に関しては全くわかりません。しかし小児の場合は、脳もまだ成長期なので、その時期に何らかのダメージがあったとしても、その後のリハビリで十分回復する可能性はあると思います。

(5)例えば、ギプスなどで関節を固定した場合、3週から4週で固くなってきます。しかし動かなくなるほど固くはなりません。実際の医療現場ではこのような患者さんには、看護婦さんや理学療法士の先生が「関節可動域訓練」をしますので、固くなったりすることはありません。それよりも、じっとしていることによる「床ずれ」の方が心配です。

(6)リハビリに関しては個人の努力によって結果が大きく変わります。家族や医師、看護婦、理学療法士などの周囲の人たちがどれだけその患者さんに積極的にリハビリをしたとしても、当事者が頑張らなければ意味がありません。要するに本人のヤル気次第です。

(7)普通は入院を継続してリハビリを行います。しかし、このようなケースの場合、専門的なリハビリを行う必要があるかも知れませんので、そのような患者さんを専門的に受け付ける「リハビリセンター」などの施設に転院することもあります。そこで十分な訓練ができ、外来通院が可能な状態になれば、通院でリハビリを継続することもあります。通院の回数はその都度決めていくと思います。

(8)これも分りません。意識の無い状態が1ヶ月以上もあれば、その後その状態がどれだけ続いたとしても、回復後の身体機能に関してはあまり変わらないと思うのですが。

この回答は脳外科の先生にもお答え頂いた方が良いと思います。十分な回答でなく申し訳ございません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに詳しく教えてくださるなんて、どうもありがとうございます!!感激しました!!
映画とか、ドラマとか、ドキュメンタリーとかで、3ヶ月ねていて関節が動かなくなってリハビリしてるっていう場面を何度か見たことがあるのですか、実際はそういうケースはないんですね?フィクションか・・・・。
映画のところでこういう物語のがないのか訊いて見ます!(とにかくフィクションでもいいんで!)
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/07/11 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食事中に意識なくなる。糖尿病性昏睡の症状?

初めて投稿します。
どうしても気になってしまったので。
私は嫁の立場で、義母の話になります。

先日、義母が昼食の食事中に意識がなくなり、義妹が何度も呼び返して意識が戻りました。念のため救急車で運んで検査をしたようです。でも何も異常はなく、そのまま帰宅してきました。以前にも一緒に食事をしていて、そんな風に倒れたことがありました。
義母は20年前に脳梗塞で倒れ、右半身麻痺と言語障害(言っていることはわかるのですが、話返すことが困難)があります。その後、その既往歴からの症状で倒れて、救急車で運ばれているようです。そのこともあって、その日に脳のMRI検査もしたのですが、異常なしだったようです。
後日、本人に聞いたところ目の前が真っ暗になったとか、吐き気は次の日の朝くらいまで残っていたと話していました。今は正常のようです。
私が少しひっかかっているのは、最近糖尿病(非インスリン型)と診断されていたことなのです。薬はベイスンが処方されてますが、食前薬なのに食後に飲む薬と一緒に飲んでいたので「食事前に飲んでね」と教えたのですが、守られているか定かではありません。また、いずれにしても『食事中』に発症しているので、急に高血糖状態(薬を飲んでいなかったか、倒れる直前味噌汁をこぼしたようで、その時にストレスがたまったとか)になり糖尿病性昏睡を起こしたのでは?と思ったのですが、そんな話はひとこともでていませんでした。血液検査もしたと思います。『脳』ばかりに気をとられて、『糖尿病』の説明がなかったのが不安なのです。
こんな症状で糖尿病性昏睡というのでしょうか?
各HP見ても、もっと重い症状のように読み取れたのですが、浅く考えてみると、この症状にもあてはまるような…。
今後の予防対策も兼ねて、ご返答できましたらよろしくお願い致します。

初めて投稿します。
どうしても気になってしまったので。
私は嫁の立場で、義母の話になります。

先日、義母が昼食の食事中に意識がなくなり、義妹が何度も呼び返して意識が戻りました。念のため救急車で運んで検査をしたようです。でも何も異常はなく、そのまま帰宅してきました。以前にも一緒に食事をしていて、そんな風に倒れたことがありました。
義母は20年前に脳梗塞で倒れ、右半身麻痺と言語障害(言っていることはわかるのですが、話返すことが困難)があります。その後、その既往歴からの症状で倒...続きを読む

Aベストアンサー

糖尿病性昏睡ではありません。
特にそれほどラジカルなイベントを起こすほどの糖尿病であれば、ベイスンしか処方されていないわけがありません。ベイスンはαーグルコシダーゼインヒビターという種類のお薬で、腸管からの急激な糖の吸収を抑制して血糖の上昇を抑えるタイプのお薬です。原則、食前薬ですが、食後に飲んだから高血糖を起こしてしまうと言うものでもありません。考えられるのはTIAでしょうか。短時間で元に戻る脳梗塞の軽いものです。脳梗塞では脳細胞は死んでしまいますが、TIAは一過性の脳虚血発作なので、元に戻ります。しかし、将来的に脳梗塞に移行する危険性があります。また、食事中に意識消失を起こすということから考えれば、全身血流が消化器側に多く流れてしまい、その結果として脳血流が減少するということがあります。この場合、内径動脈狭窄症の可能性もあります。脳神経外科で検査をしてください。

Qリハビリの未開拓地にリハビリを

はじめまして。
高校三年の受験生です。
私は自分の町に作業療法士が一人もおらず多くの高齢者がリハビリを受けられない状況を打破したいと作業療法士をめざしています。
私の町はリハビリ医もリハビリ施設もなく、私は未開の地域での
在宅リハビリを目標として行政等に働きかけて行きたいと考えています。
そこで、訪問リハビリや在宅リハビリの現状や課題、金銭面などなんでもいいので教えてください。
また、リハビリがまったく行われていないところに作業療法士が一人入ってもなかなか大変だというのはわかっています。
なので、具体的にどこにどう働きかけたらよいのか、その際に問題になることなども教えていただけたら幸いです。
どんなことでもかまわないのでよろしくおねがいします

Aベストアンサー

病院でソーシャルワーカーしています。
仕事をしていると、いろんな部門で地域格差があります。福祉サービスがない所、医療機関がない所、訪問看護がない所、リハビリが受けられない所。
自宅で生活をしたいと思ってもできない人がたくさんおられます。
ぜひぜひ、がんばってほしいと思います。
在宅部門で・・・と思われるのであれば、診療所や病院での訪問部門を作らないかと持ちかけたり、訪問看護ステーションなどにリハビリスタッフとして入るという方法があると思います。
ただ、やはり掛け合うには自分の売っていける技術が必要だと思いますので、ある程度経験を積んで・・・という方がいい気がしますが・・・.
でも、ソーシャルワーカーは就職先がないので、ヒトツヒトツ病院に電話をして配置してない病院にも、自分を売り込んで就職先をつかんだりしています。
やる気があれば伝わるとは思うのですが、技術職だけに経験はかなり大切かな?と思います。
がんばってくださいね!!

Q肝性昏睡

近親者が肝硬変のため入院しています。
入院してすぐ、アンモニアの数値が上昇。
医師、曰く、普通なら死んでもおかしくない数値だと言われています。
そのため、アンモニア昏睡と言われたのですが、恐らくは肝性昏睡の症状のようで、
錯覚を起こし、訳の判らない事を言い出したり、急にまともな事言って怒り出したりです。
少しでも、症状を抑えられる様な物は無いかと探してみたところ、「ヨーグルトきのこ」が、
良さそうな事が書いてあり通販で購入できるようですが、届くまで患者が持つかどうか・・・
まして、効くのかどうか半信半疑です。
どなたか、東京都内で買える「ヨーグルトきのこ」情報、また効きめについてや、
他に良い食品など、情報をください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんわ。管理栄養士の資格を持つ者です。
 
 肝硬変で昏睡状態に陥った事があるという事は、かなり危険な状態です。おそらく浮腫・腹水・出血なども見られるのではないでしょうか。ヨーグルトきのこが肝硬変に効くという話は私の在学中は聞いたことがありませんが、一般的な食事療法としては、diraさんの身内の方は非代償期にあたるので、たんぱく質の制限(30~40g/日)と選択的摂取(分岐鎖アミノ酸が多い凍り豆腐・かつお節・まぐろの赤身・チーズ・脱脂粉乳を推奨)が挙げられます。(昏睡の兆候が見られる時は無たんぱく食)この食事療法の目的はズバリ、体内で生成されるアンモニアの抑制です。肝性昏睡の原因はアンモニアだからです。
 腸内洗浄も効果があるようです。(腸内細菌によるアンモニア生成を防止する)しかし、いずれにせよ素人判断でどうにかなる病気ではないと思います。私の知識もあくまでも机上の理論です。その道で現役バリバリに働いているお医者様や管理栄養士さんに相談される事をお奨め致します。

Qリハビリ施設付き病院でリハビリ中に大怪我

82才になる父親がリハビリ施設付き病院で付き添い介護者が付いていたにもかかわらず、転倒して背骨を砕きました。しかし病院側からのお詫びは全くなく、勝手に動いた父親が悪いといわれました。父親は歩行器無しでは歩けなくなりました。付き添い護者が付いているのならその人の責任ではないのですか?さらに医師の言い方が最悪でした。(携帯をいじりながら目も合わせず父親本人の前で)『この背骨の状態ならすでに認知症が始まってます。しかしこんな老人性骨折では病院に置いておく事は出来ないから早く退院して下さい。』
質問1
監督不行き届きの病院の責任じゃないのですか?
質問2
どこに訴えたらよいのでしょうか?
誰か教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

入院中の怪我の責任は第一義に病院にあります。
病院側に責任がないというなら、その立証責任は病院側に有ります。
そこで、この話が本当なら、しかも病院の対応がこの通りなら、
民事訴訟を前提に弁護士に相談するのが一番ですが、
同時に「業務上過失傷害」に相当するので、警察に刑事告訴もしましょう。

Q気絶と昏睡の違い

気絶と昏睡の違いはなんですか?

Aベストアンサー

昏睡は重篤な病気、気絶は嫌いな異性を見たとき倒れる。

Q肝硬変昏睡状態

元夫ですが、B型肝炎から肝硬変、昨年は静脈瘤破裂、今回は昏睡状態でICUに入り2週間ほど経ちます。一時は医師よりもう持たないといわれましたが、現在良くなりベッドに起き上がれるようになったそうですが、この先どの程度まで回復するのでしょうか?よくなったのは一時的なものでまた同じように昏睡状態になるものでしょうか?離婚したため様子を見に行けず人からの間接的な話しかわかりませんが、今のこんな状態は本当のところどうなんでしょうか?私の気持ちとしては複雑で落ち着かない毎日です。

Aベストアンサー

ご心痛は良く理解出来ますが、先日のご質問では納得行く回答が入らなかったのでしょうか。

担当の医師ですら「もう持たない」という予測が外れ、小康状態になられたのですから、ここで何度質問されても「この先どの程度まで回復するのか」、「よくなったのは一時的なものでまた同じように昏睡状態になるものか」、「今のこんな状態は本当のところどうなんのか」等については誰もわからないと思います。

病気は一人一人症状、経過が異なるものですので、まわりの人も、質問者papockyさんがお見舞いに行かれても、また医者も今後のことは同様に解からないと思いますよ。

元夫のまわりの方(家族)で、あなたの立場を理解して貰える方がおられたら、その人と同席して担当医の話しを聞く事は不可能でしょうか。

それが出来ないなら、元夫氏の体力、回復力、万全の治療を信じて、回復をお祈りするしか無いような気がします。

このアドバイスで、今の複雑で落ち着かない気持ちに踏ん切りがつけば良いのですが。

Q植物状態と昏睡状態

植物状態と昏睡状態の違いは何なんでしょう。
お願いします。

Aベストアンサー

参考URLによれば、「植物状態は、昏睡状態といわれる症状の中の一種」といったかんじのようです。

参考URL:http://www.medi-net.or.jp/tcnet/tc_3/3_1.html

Q花粉症の薬で昏睡?

友人からのメールに気になることがあったので、質問させてもらいます。
彼女は花粉症で症状が重く、耳鼻科に行ってステロイド薬をもらったそうなのですが、昨日、通常の薬と、それが効かない時に飲む強い薬を飲んだら12時間も寝ていたそうなんです。
薬が効きすぎる体質かも、と自分で思っているようですが、起こされてその時間だったので、ほおっておかれたらあとどのくらい寝ていたかわからなかったかも、と。
起きた時は喉が異常に乾いてお腹もすいていたらしいです。
今もまだ眠く、身体もダルイとメールに書いていました。
アレルギーの症状はおさまったものの、次に薬を飲むのが怖いと・・・。
こんなことになるのはどうしてなのでしょうか?
そして、どういうことに気をつければいいでしょうか?
できれば、専門家の方の回答を希望します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Kuaainaさんの回答と重複してしまいますが、アドバイスも含めて、回答させていただきます。

眠気と喉の渇き(鼻水が乾くのと裏腹ですね)は、抗ヒスタミン薬の典型的な副作用で、ステロイドの副作用ではありません。

特に、マレイン酸クロルフェニラミンなどの第一世代(昔から使われている、古いタイプの薬)の抗ヒスタミン薬は、かなり強烈に副作用が出ますし、作用時間の長い製剤でしたら、半日以上効果が持続することは十分あり得ます。
(ちなみに、抗ヒスタミン薬は、その副作用を逆手にとって、わざと眠くさせるために、乗り物酔いの薬にも使われています。)

最近は、比較的眠くなりにくい(個人差がありますが、やはりいくらかは眠くなったり、だるくなったりします。)抗アレルギー薬がよく使われますが、その分、即効性の面では弱いようです。

さて、眠気がつらいようでしたら、点鼻薬を使うのもひとつの選択肢だと思います。
だだし、市販の点鼻薬は(当座はよく効くのですが)、たいてい血管収縮薬が入っていますので、長く使っていると、かえって鼻詰まりがひどくなることがありますので気をつけてください。

実は、私も花粉症で、飲み薬は眠くなってしまいます。そこで、お医者さんでもらったステロイドの点鼻薬を使っていますが、鼻詰まりにはかなり良好です。(ただし、即効性はイマイチで、効果が出るのに、少なくとも3日ぐらいはかかります。)
点鼻薬の場合は、特にリバウンドを心配する必要もないでしょう。

また、ステロイドの飲み薬も、(たしかに、漫然と長期間に渡って飲みつづけるべきではないと思いますが、)症状がひどくなったときだけ一時的に飲む分には、そんなに神経質になる必要はないと思います。

私は、民間療法については知識がありませんので、効果についてはなんとも申し上げられません。(本当に劇的にきくのなら、とっくに薬になっているとは思いますが。)
ただし、鼻は粘膜ですので、刺激物を使う際は、十分慎重になさるようオススメします。

いずれにしても、まずは耳鼻科の先生に相談されるのが一番ですので、その旨をご友人にお伝えください。
おだいじに。

Kuaainaさんの回答と重複してしまいますが、アドバイスも含めて、回答させていただきます。

眠気と喉の渇き(鼻水が乾くのと裏腹ですね)は、抗ヒスタミン薬の典型的な副作用で、ステロイドの副作用ではありません。

特に、マレイン酸クロルフェニラミンなどの第一世代(昔から使われている、古いタイプの薬)の抗ヒスタミン薬は、かなり強烈に副作用が出ますし、作用時間の長い製剤でしたら、半日以上効果が持続することは十分あり得ます。
(ちなみに、抗ヒスタミン薬は、その副作用を逆手にとって、わざ...続きを読む

Q昏睡状態

医者から昏睡状態って言われましたが、父はずーと目は開いてるし、
手足もずーと動いてる状態、しかも痛みも感じますし、顔を拭いてあげると嫌がって
顔を避けるんです。ただ言葉は出ないし、話しかけても反応はないです。こんな状態を
昏睡と言えるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんなに簡潔に説明してしまっては語弊がありますが、
意識障害の状態は、このように区別できます。

植物状態…周りの環境を意識できないが、睡眠と覚醒はする。
昏迷…不快な刺激に対して叫ぶんだりする。
昏睡…脊髄反射がある。(顔を拭こうとすると顔をそむける等)
深昏睡…脊髄反射がない。(刺激に対して反応しない)
脳死…深昏睡かつ自発運動がない。

なので、医師の説明通り、昏睡状態になっています。

Q昏睡体位はどちら向き?

文献によって昏睡体位の際の向きが違います。結果的に誤嚥を予防すればいいのでしょうが、より効果的なのは右側・左側のどちらなのでしょうか?ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

意識障害のレベルの一番強いのを昏睡と言います。
一般的には、このような患者は、唾液を飲み込むことも、痰を喀出することも出来ないので、舌根の沈下や吐物の誤嚥による気道の閉塞の危険があります。仰向けよりも、右を下にした右側臥位がよいでしょう。
何故なら、胃の走行上、左上から右下に向かって食物と胃液が流れるようになっているので、右を下にすると、逆流を防止する事が出来ます。また、嘔吐したとしても、右口角より、吐物を、流し出すことが出来ますので、窒息を避けることができます。
以上は、一般的なことです。昏睡の原因によっては、特殊な場合、左を下にしたほうが良い場合もあります。(右気胸、右血胸を合併している場合など)
また、口内のものをすぐにかい出すことができる環境下にあれば、別に左下の左側臥位でも良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング