ネットが遅くてイライラしてない!?

亡き父の遺品の中に額面5万円(1000株・昭和28年購入)の証書が見つかりました。数年前までは配当金があったようですが、今は総会の案内が送られてくるだけだったようです。現在の価値がどのくらいかわかりませんが、売った方がいいのか、廃棄してしまっていいのか全くわかりません。売るとしたらどのようにしたらいいのでしょうか。

A 回答 (3件)

一般の個人投資家は、証券会社に株を保管してもらっています。

そうでない株式は、タンス株と呼ばれています。従来の株式證券は、将来、ペーパーレス化され無効となります。

実際の簿価により、名義書換の問題や、手数料の問題が出てきます。

まずは、最寄の證券会社に相談されては如何でしょうか?因みに、證券会社は、売買手数料や口座維持手数料を収益としており、簡単な相談だけであれば、費用は無料の筈です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/service/advance/tansu/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
とりあえずは相談してみます。

お礼日時:2004/10/03 22:08

総会の案内が送られてくれば何処の証券会社でも売ることが出来ます。


配当がなくなっていると株価も下がってしまっているかもしれませんが
何処でもいいですから証券会社に持ち込んで相談したらいいです。
印鑑が要ります、分かればお父さんの印鑑がいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。証券会社の窓口で相談してみます。

お礼日時:2004/10/03 22:12

証券会社に直接ご相談するのが良いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/03 22:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の株券が出てきました

祖父・父の遺品の中から昔の株券が出てきました。

一つは昭和38年発行の安中砿業株式会社のもの、
もう一つは大正15年の記載のある株式会社川崎造船所のものです。

紙くずになるのでしょうか。なんにも救済措置はないのでしょうか。

オークションで出品したら欲しい人がいるでしょうか。

株には全く縁がないただの主婦には皆目見当がつきません。お教え下さいませ。

Aベストアンサー

株券は、それを発行した会社が倒産でもしない限り、紙くずになることはありません。

川崎造船所は、今の川崎重工業の前身、と思われます。
川崎重工業に問合せされてはいかがでしょうか?
安中砿業はすいません、わかりません‥。

どの程度株式数なのか良く判りませんが、ひょっとすると歴史的価値が認められて高い価値がつく
可能性があるかもしれませんね。

大事に扱ってください。

参考URL:http://www.khi.co.jp/sharyo/since_final/since_1896.html

Q古い株券が出てきたのですが、額面のみかたがよく解らないので教えていただきたいです。よろしくお願いしま

古い株券が出てきたのですが、額面のみかたがよく解らないので教えていただきたいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

尚、株式(株券)に関しては、もうだいぶ以前に電子化がされていますので
手元の株券自体には意味がありません

株主の情報は、担当の証券会社もしくは信託銀行などに登録されているので
貴方の情報が正しく登録されているのか、確認した方が良いのではないでしょうか?

特に相続などで、書面上の所有者・名義人と実際の所有者が異なると
色々と手続きが面倒です

権利などが失われている訳では無い筈ですが、早急に確認する方が宜しいかと

Q自宅にある株券を現金に換えたい。

現在自宅に株券を所有しております。
急に現金が必要となり、この株券を現金に換金したいと思うのですが、証券会社でどのような手続きをすれば良いのでしょうか?
証券会社へ行く前に用意しておいたほうが良い書類等はありますか?
株に対する知識がないので初歩的な質問になってしまい申しわけありませんが、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

本人名義の株式であるならば、証券会社に持参し入庫すれば売却可能です。

ただ昨今、盗難株券・偽造株券などの調査のために一定期間売却できない期間を設けるケースが一般的です。売却したいというならばここまでの説明で終わり。

以下は税金面。
株の売却時には税金がかかります。売却「益」に対する課税です。売却益を確定するには、「買った金額」と「売った金額」との差を計算せねばなりません。
基本的には、この税金を売却した年の翌年2、3月に確定申告して納税します。

ただし、いちいち確定申告して納税するのが面倒だと考える人のために「特定口座」という制度があります。特定口座に入庫して売却すれば、必要な税金は源泉徴収してもらうことが可能です。

というわけで、特定口座に入庫する場合は、「買った金額」を証明できる書類を用意して特定口座に入庫する際に「買った金額」を確定する作業が必要です。

あなたの場合、持ち株会による取得のようですから、一回での買付ではなく、何回にもわたって(給与引き落としなど)買付されているはずです。この場合の「買った金額」は、持ち株会から株券を引き出した場合に「退会精算書」と呼ばれる書類が出ているはずですから、これを元に計算します。まずはこの書類を探してみましょう。これが出てくれば後は簡単。ない場合は他の処理方法を考えねばなりませんので、その際にはまた回答させていただきます。

本人名義の株式であるならば、証券会社に持参し入庫すれば売却可能です。

ただ昨今、盗難株券・偽造株券などの調査のために一定期間売却できない期間を設けるケースが一般的です。売却したいというならばここまでの説明で終わり。

以下は税金面。
株の売却時には税金がかかります。売却「益」に対する課税です。売却益を確定するには、「買った金額」と「売った金額」との差を計算せねばなりません。
基本的には、この税金を売却した年の翌年2、3月に確定申告して納税します。

ただし、いちいち確定...続きを読む


人気Q&Aランキング