建設業の許可を取りたいのですが、会社設立2年目であと3年足りません。
設立前は同業種の会社に部長として社長の片腕となり勤務していましたが(3年以上)

 (1) 許可を受けようとする建設業に関し7年以上云々・・管理者に準ずる経営業務を補佐した経験を有している
  
に該当するでしょうか。

公共工事の依頼があるのを、建設業の許可がないが故 みすみす逃さざるをえず
取れるものなら今にでもとりたいのですが

もしくは

 (2) 社長の弟が個人事業主で他の建設業に携わっていたのですが(現在も営業ているのか未確認)許可を受けようとする以外の建設業に関し7年以上の経験で弟が常勤の役員になれば条件が満たされるでしょうか?

 過去ログで建設業許可を譲り受けることが出来るようなことが書かれていたので すがそのようなことができるのでしょうか?

また、業種によっては5年経過せずとも、申請できるような事を小耳に挟んだのですが、可能なんでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>設立前は同業種の会社に部長として社長の片腕となり勤務していましたが(3年以上)


>(1) 許可を受けようとする建設業に関し7年以上云々・・管理者に準ずる経営業>務を補佐した経験を有している
>に該当するでしょうか。
その会社であなたが支配人として登記されていたり、営業所の所長などの肩書きで建設業の許可の書類に名前が出ている場合認められますが、ただ部長というだけでは経営業務を補佐したことを証明するものが何もないので難しいです。

そこで、(2)の方が現実的な対策かと思われますが、この場合必要な手順は以下の通りです。
 社長さんの弟が個人事業主で他の建設業をしていたと証明できるものをそろえます。具体的には確定申告書7年分、工事の内容がわかる請求書、見積書、領収書など1年に2~3件ずつ7年分、を用意します。その後、弟さんを常勤の役員として登記または社会保険に加入します。これで経営責任者はクリアできます。
専任技術者はいらっしゃるようなので、あとは銀行で500万円の残高証明書をもらえばOKです。それから会社の目的に、許可を受ける業種の工事業が入っているか確認してください。入っていない場合、目的の変更登記が必要です。

建設業許可を譲り受けることはできます。会社の役員などを変更すればよいのです。ただし、譲り受ける場合でも許可の要件は必要なので、新規の許可申請と同じ要件をそろえなければなりません。

>また、業種によっては5年経過せずとも、申請できるような事を小耳に挟んだのですが、可能なんで
>しょうか。
建設業の許可ではなく、解体工事の登録という制度があり、これは技術者(建設業の専任技術者よりも緩やかな規定)がいれば登録ができます。解体工事以外の業種は、建設業の許可制度しかありません。
また、公共工事を受けるには、金額が少ないものをのぞき、建設業の許可を受けたあと、経営事項審査を受け、入札資格を得る必要があります。
最近建設業の許可要件はどんどん厳しくなってきていて、書類をかき集めて証拠をそろえないと難しいです。がんばってください。

参考URL:http://www.ohe-net.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさんへの補足と同時のご回答だったようで.....

状況としては補足に述べたとおりで 弟さんの件に関しては現在事業をされているそうで無理だと思い
ますし、もうひとり、経営から離れた方がいらっしゃるのですが 、請求書、見積書、領収書などがまだ
保存されているのか?それ以上に社長があと3年後の資格を満たすまでにもしその方が常勤役員を辞退
した場合、また最初から申請しなおさなければならないのではないかという疑問もあります
  経理の立場から経費を考えると....ちょっと待って!!
  社長も人に頼らず自分の資格で取りたいようですが(だけど早く欲しい!)笑

定款には、許可を受ける業種を謳っているので問題はありません

残念なことに解体工事もしないわけではないのですが、あくまでも土工事が主体ですので
なかなか思うようにはならないものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 22:09

>ところで 申請を行政書士に依頼せずに自分で申請することはできるのでしょうか


>出来るとしたら、難しいのでしょうか?

行政書士に依頼せずに、ご自分で手続きは出来ますが、費用を浮かせるためには苦労します。

都や県の申請窓口に行くと、申請の手引きが用意されていて、かなり詳しく説明されていますから、良く読めば出来ます。
判らない点は、電話で問い合わせが出来ます。

頑張ってやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますした

いずれにせよ まだ先のことですが
その頃は 益々脳の老化が進んでいることでしょう...(笑)

お礼日時:2001/08/04 07:06

>経営者になる直前勤務していた会社での実績(経営業務を補佐した経験を有す者)が加味されるか?ということです



この期間は加算されます。

経営業務の管理責任者として、現在2年の経験があり、設立前に同業種の会社で、経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって経営業務を補佐した経験が3年以上有り、通算して5年間となりますが、それでも、7年間の経験が必要ですから、2年間不足しているわけですね。
前職が、部長職としての補佐的立場ではなく、役員であったなら、通算して5年の経験で良いのですが・・・・。
 
>質問(2)にかんして個人経営を7年以上していた者が常勤役員になった場合は如何でしょうか?

「経営業務の管理責任者としての経験」には、個人の事業主として、経営業務を総合的に執行した経験も含みますから、経営業務の管理責任者になることは可能です。
ただ、ご存じのように、常勤が必須条件です。

次に、財産的基礎についてです。

要件は、次の3点のいずれかに該当することとなっています。
1.自己資本の額が500万円以上であること
2.500万円以上の資金を調達する能力を有すること(預貯金の残高証明、金融機関の融資証明)
3.許可申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業した実績を有すること

まず、3はまだ該当しません。
1.に付いては、300万円の資本金だけではなく、利益積立金も含まれます。
具体的には、貸借対照表の資本金・利益積立金・繰越利益などを合算した「資本の部」の金額が500万円以上なら良いのです。

これをクリアしない場合は、要件2を満たす必要が有りますが、この資金には、社長の個人資産は含めることが出来ず、会社名義の預貯金のみとなります。
そこで、会社の預貯金が500万円に満たない場合は、一旦、会社が社長から借り入れをして、会社の預金を増やす方法で検討されたらいかがでしょうか。

こんなところで、よろしいでしょうか。
不明な点は、補足願います。

この回答への補足

お手を煩わせてばかりで、早く 《補足のpontyan》 を卒業しなければと思ってるのですが、

 =経営業務を補佐した経験= について基準が知りたくて
今日 kyaezawaさんからの知識をもとに、土木事務所に問い合わせたところ
大手企業の課長級以上で契約の委任を受けているような地位にいた者が該当するようで、かなり厳しいようです

条件に見合う常勤役員を入れても、報酬や保険等で経費がかかり息が切れてしまったら大変!(笑)
ここは社長にがまんしてもらうしかないようです。

ところで 申請を行政書士に依頼せずに自分で申請することはできるのでしょうか
出来るとしたら、難しいのでしょうか?

補足日時:2001/08/03 20:33
    • good
    • 0

建設業の許可については、経営業務の管理責任者と技術者の資格要件が有り、学歴と経験年数により定められています。


ご質問の内容では、学歴などが判りませんので、下記のページをご覧になり、整理された上で、不明な点を補足願います。

建設業許可の要件などについてhttp://www.pref.nagano.jp/doboku/kanri/kensetu/k …

建設業許可の要件
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/e-hrs/kensetu(1).htm

この回答への補足

早速のお返事ありがとうございます

社長本人に関しては、大学卒 実務経験10年以上 建築士 土木施工管理士 共に有しており、資格要件は満たされているのですが、
問題は 管理責任者としての条件の3択肢の(3)で足りない3年間の補充ができないかということです

経営者になる直前勤務していた会社での実績(経営業務を補佐した経験を有す者)が加味されるか?ということです

専任の技術者もいます

それから参考URL覗かせていただきましたが 財産的基礎に関して
資本金300万円なんですが社長の個人資産が500万円以上あればOKということでしょうか

 質問の(1)が無理な場合
 質問(2)にかんして個人経営を7年以上していた者が常勤役員になった場合は如何でしょうか?

補足日時:2001/08/02 06:48
    • good
    • 0

一応同業者なのですが。

。m(__)m

建設業法では
(1)については、前の会社での業務が『経営業務の管理者』だったと証明するモノがあれば良いように思います。

(2)については、『法人』として申請するのであれば『常勤の役員』で良いと思います。
『個人』で申請する場合には『申請する本人または支配人』でないとダメですので社長の弟さんが申請する、
もしく支配人になるのであれば良いのではないかと思います。
例外に『国土交通大臣』が『5年以上の経験』と同等の能力を有すると判断した場合は
5年の経験が無くても良いみたいですね。(判断の基準は憶えていません。m(__)m)

以前、調べたモノなのであまり自信は無いですが。(^^ゞ

県の『建築指導課』(部署が違うかな?)に相談しても良いのでは無いでしょうか?

申請が無事おりて、良い仕事が出来るようになると良いですね。
ガンバって下さい。(^○^)ふぁいと!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『建築指導課』は怖い所 と思ってたら、「謄本を持って来れば相談にのりますよ」と言って下さったのですが 
おかげさまでこの場で理解することができました。

会社は長生きするでしょうし(そぉーあって欲しいのですが)
まぁ 気長に待って貰いましょう。   ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/04 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業の経営審査について

建設業の経営審査の提示書類に消費税の確定申告書の控えがあります。これは経営審査の時何を確認するために提示するのでしょうか?行政書士の先生方には審査マニュアルがあるようですが、行政書士の方以外でも教えてください。

Aベストアンサー

完成工事売上の水増しがないかチェックするためです。
基本的に消費税申告書の課税標準額と売上高は同じになるはずなので、損益計算書等の決算書類の改ざんによる虚偽申請を防ぐ効果があります。

参考URL:http://www.k3.dion.ne.jp/~hatayama/info/consul/keishin.html#checklist

Q建築業の許可についてお願いします。

こんにちは 当方一人親方で大工を始めたものですが、まだ建築業の許可をもっていません。この場合どこまでの仕事はできるのでしょうか。500万以下とは聞きますが600万のリフォームとかはダメなのでしょうか?許可をとるにも5年の営業実績が必要と聞きますが、実際許可がなければ仕事ができないのであれば実績ってどうやってつくるのでしょうか?500万以下の仕事ばかりを5年もするのでしょうか?
無知な者ですみませんが、詳しい方今の段階でどこまでの仕事をしていいのか教えてくだい。ちなみに仕事は普段は工務店当(常用)にもらいながらたまに自分で直接するスタイルです。お願いします。

Aベストアンサー

リフォームが建築一式となっておればよいですが、万が一にも将来申請したときにこれが猜疑となった場合、無許可営業とされます。

基本的には500万以下の仕事を5年する以外に、雇用されて実績を積むと言う方法があります。また、主任技術者としての経歴と、経営管理者としての経歴が当然に必要です。ですから、自営で小さな工事を5年というのが一番の近道だと思う人が多いのです。

600万の仕事を受けたことが発覚する場合が、もし、あったことを考えるとせめて、分割するとか、時期を離すとかの対策が必要ではないでしょうか?

消費者としては、あなたは、素人が大工を始めているようにしか見えません。勤務されておったのであれば、その実績を利用できないかどうか?行政書士や、都道府県に相談されることがよいかと思います。

Q建設業の経営審査評価について

今年度から突然、建設業全般の届出などを任される事となりました。
そこで、謎の多い経営審査の事を教えてください
経営審査の点数を上げる為、定年退職者を継続雇用する事になりました。実際には、出社はしません。
過去の提出書類を見る限り、人員に関しては
・雇用保険被保険者資格者証
・社会保険標準報酬決定書
・給料台帳
がいりますよね
最低限どのくらいの給料を支払えば、クリアー出来るのでしょうか?
それともそこまでして、技術者の点数を上げる必要はないのでしょうか

Aベストアンサー

正確には「経営事項審査」といいます。業界では「経審」で通ります。
経審には、完成工事高(一般でいう売上高)の規模を評価するX1、
完成工事高規模と比較した自己資本額や職員数の規模を評価するX2、
財務諸表の内容を評価するY、
1級・2級の技術者国家資格の有資格者数を評価するZ、
社内の労働福祉の状況や経理事務、発注者との防災協定の有無など社会性を評価するW
以上を総合的に評価し、総合評定値(P)として数値化します。

評点算出方法は少し複雑ですが、全国統一のルールで公表されていることなので「謎の多い」というわけではありません。建設業以外の業界でこのような全国統一ルールに基づく経営評価をしている業界は皆無です。

さて、ご質問のケースは、多分Z評点をアップさせることにより、最終的にPをアップさせようと思っているわけですよね。
Z評点は点数幅が大きいのが特徴なので、1級が1人いるだけで、企業によってはP点がかなり上がるケースも確かにあります。
おそらく、それをしないと現在の入札ランクを維持できないのでしょう。

しかし、実際には出社しない以上、いわゆる「名義貸し」に当たりますので、虚偽申請ということで建設業法違反です。刑事罰として罰金もあります。このほか、指名停止、営業停止、許可取消、最悪の場合逮捕もありえますよ(姉歯問題で出てきた熊本県の木村建設は、経審の虚偽申請で経営者が逮捕されました)。
昨今は、国土交通省をはじめ、各審査行政庁(都道府県)も虚偽申請に神経をとがらせています。
少しでも評点をアップさせたいお気持ちは分かりますが、教えて!gooは犯罪を助長させる回答はできませんので、回答不能とさせていただきます。
蛇足ながら、個人的には、談合だの手抜きだの賄賂だのと、建設業は世間にダーティーなイメージがありますが、その責任は質問者様のようなことをやっている建設業自身にあると考えています。

経審結果はインターネットで公表されますので、「誰かに見られている」という前提で申請しなければなりません。虎視眈々とライバル企業を蹴落とすことを考えている同業者も少なくなくありません。審査行政庁に垂れ込まれたら、最後です。

結論。正直ベースでいきましょう!お役に立てなくてすみません。

正確には「経営事項審査」といいます。業界では「経審」で通ります。
経審には、完成工事高(一般でいう売上高)の規模を評価するX1、
完成工事高規模と比較した自己資本額や職員数の規模を評価するX2、
財務諸表の内容を評価するY、
1級・2級の技術者国家資格の有資格者数を評価するZ、
社内の労働福祉の状況や経理事務、発注者との防災協定の有無など社会性を評価するW
以上を総合的に評価し、総合評定値(P)として数値化します。

評点算出方法は少し複雑ですが、全国統一のルールで公表されて...続きを読む

Q10年以上税理士の資格浪人しています。続けるべきですか?

私の兄弟の事で悩んでいます。
弟は現在30代後半です。大学卒業後税理士になりたいと資格浪人になりました。
現在まで就職は一度もせず親からの仕送りとアルバイトをしながら資格の勉強をしているようです。
ちなみに卒後10年以上たっていますが聞いてみるとまだ1科目も合格していないというのです。
もうこんな事をしている歳ではないだろうと思い、私としては焦りや情けなさを感じてしまいます。
同時に、仕送りをしている親にも腹が立ちます。そんなことを許しているから弟が甘えているんだと思います。
私が弟にいろいろ言うとけんかになり、親に言うと親は弟のことを大器晩成型だからとのんきなことを言っています。
一人焦ってあれこれ悩んでいるわたしが変なのでしょうか。
相談する場所もわからず一人悩んでいます。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

30代後半で未経験・・・相当まずいでしょうね・・・

仕事なんて資格だけでできるものではなく経験が必要です。
これから資格が取れたとしてもおそらくすぐに働くことは出来ないでしょう。更には年齢と経験のなさから働く場所を見つけるのも難しいかと思います。
30代後半なんていったら資格がなくても経験と自己の知識でバリバリ働いている時期です。会社は資格者が欲しいわけではなく資格に見合う実力者が欲しいだけです。勉強と実務は違いますしね。

残念ながらもう手遅れかもしれないです。少なくともうちの会社では採用することはないでしょうね。
中途採用者は育てるものではなく即戦力を求められるものですから。未経験で30代後半では・・・

ちなみに僕も税理士試験やってますが働きながら(月の残業時間が100時間越えるような職場ですが)科目合格は出来ています。
ちゃんと勉強してないのか能力の問題なのかわかりませんがまずいですね。むしろちゃんと勉強してて受からないなら能力の問題でしょうね。
あきらめるべきです。

まあ、フリーターでいいって考えの人もいるから自分に迷惑を掛けない範囲ならそれならそれでもいいんじゃないですか。

30代後半で未経験・・・相当まずいでしょうね・・・

仕事なんて資格だけでできるものではなく経験が必要です。
これから資格が取れたとしてもおそらくすぐに働くことは出来ないでしょう。更には年齢と経験のなさから働く場所を見つけるのも難しいかと思います。
30代後半なんていったら資格がなくても経験と自己の知識でバリバリ働いている時期です。会社は資格者が欲しいわけではなく資格に見合う実力者が欲しいだけです。勉強と実務は違いますしね。

残念ながらもう手遅れかもしれないです。少なくとも...続きを読む

Q建設業経理事務士と経営審査について

現在、建設業経理事務2級以上は経営審査のポイントの対象となっていますが、この制度は18年3月までとなっていると聞いたのですが、それ以降はポイントの対象とならないのでしょうか?詳しいことを知りたいときは、どこに問い合わせすればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

 この件については、私も心配で実施期間である建設業振興基金に問い合わせました。
 それによると、
1.現在決まっているところは、18年3月までで経審の評価がうちきられること
2.ただし、国土交通省が評価継続へ向け前向きに検討しており、近いうちにいい方向への発表があるのでは
との回答でした。
 koganchanさんも、心配でしたら、ぜひ直接質問してみてください。
   財団法人建設業振興基金  TEL 03-5473-4581

Q就職に優位な資格→どの業種に有利なのか教えてください。

29歳の女です。
C型肝炎を患い、現在治療中です。(幼少期の心臓の手術で感染しました)
治療中は、副作用がでるので近くでパートとして働きつつ自宅や医療費を払っています。
今年いっぱい治療する予定です。

治療が終わり、病気が完治したら(する確立は50%ですが)就職して働く予定です。
今はパートなので、昔のフルタイムで働いていた時よりは時間的に余裕があります。
今後就職するにあたって、優位な資格をとろうと思っているのですが、どういった資格が就職で優位なのでしょうか?
今までは、事務職として働いていたので今後も事務系がいいのでは?と考えております。

簿記やFP検定、宅建などがいいのか?とかいろいろ調べていますがいまいちピンときません。
またその検定を取る事によって、どういった業種でどういう仕事に就けるのかを教えてください。
(おおまかで結構です)

無知で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4 です。

日商簿記3級以上とPC操作の資格を取ってから、
司法書士、且つ、行政書士事務所で働きます。
司法書士と行政書士の資格を取得して、独立します。
次のような看板を掲げます。

-------

「取り扱い業務内容」

不動産(登記等)全般の手続き
建設業許可申請
飲食店等及び風俗営業許可申請
自動車登録申請・車庫証明申請
交通事故・損害賠償等の請求事務
会社設立・組合設立・公益法人等許可申請
金融機関に対する融資申し込み事務
宅地建物取引業免許申請
社会・労働保険申請
帰化・永住・招聘許可申請
記帳・代行等
民事裁判関係等の書類作成
その他、

-------

場所次第で結構お客が来るかと思いますよ。(自己責任で)

或いは、日商簿記3級以上とPC操作の資格で、
公認会計事務所or税理士事務所に就職して、
企業の決算の仕方まで覚えるのも良い。
その後、どこの会社ででも使って貰えます。

ただし、公認会計事務所・税理士事務所・司法書士事務所での給与は安い。
何故なら、どこででも役立つ仕事を教えて貰いながら、給料を貰うからです。
駆け出しの弁護士でさえ、法律事務所(=弁護士事務所)で
見習い期間(3年間くらい)中は、年収200万~300万円くらいです。

#4 です。

日商簿記3級以上とPC操作の資格を取ってから、
司法書士、且つ、行政書士事務所で働きます。
司法書士と行政書士の資格を取得して、独立します。
次のような看板を掲げます。

-------

「取り扱い業務内容」

不動産(登記等)全般の手続き
建設業許可申請
飲食店等及び風俗営業許可申請
自動車登録申請・車庫証明申請
交通事故・損害賠償等の請求事務
会社設立・組合設立・公益法人等許可申請
金融機関に対する融資申し込み事務
宅地建物取引業免許申請
社会・労働保険申請
...続きを読む

Q建設業の経営審査の主任技術者について

現場代理人は契約工期内は他の工事現場とは兼務できないのは知っておりますが、主任技術者は専任の必要のない工事(2,500万円未満)であれば兼務できますか?
例えば、契約工期が重なった4つの工事、請負代金1,000万円、1,500万円、2,000万円、500万円がある場合、ひとりの人間が4つ全ての工事の主任技術者となることは、経営審査的には問題ないのでしょうか?

問題ないかと思っていたのですが、
知人から、重なった時期の工事の場合、ひとりの主任技術者が兼ねられるのは総額2,500万円までと聞きました。昨年、経営審査担当に確認したそうです。
疑問に思ったので、経営審査担当に尋ねたのですが、問題ないように言われ、どちらが本当なのだろうかととまどっています。
もしかすると、知人か私のどちらかが分かりにくい尋ね方をして、担当者に疑問とする主旨が伝わらなかったのかも知れません。
ご存知の方がおられましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

法的に規定されているのは、請負金額が2500万円以上(住宅は除く)の工事について主任技術者または監理技術者の専任(常駐)が義務付けられているのであって、複数工事の請負近を合算する規定はなかったはずです。

要は、2500万円以上の工事については、専任の主任技術者を届け出ておいて、他の小額工事は専任ではなく非常勤の管理という形にしておけば問題ないと思います。
ただし、法律とはかかわりなく、発注者が契約書上、主任技術者の常駐穂を義務付けている場合がありますから、このときは請負近の条件は関係なしとなります。

また、経営事項審査では、技術者数の評価として建築士や施工管理士の有資格者は問題になりますが、主任技術者や監理技術者は経営審査と直接的には関係してこないはずです。

Q☆大学3年でアクチュアリー☆

現在東京大学工学部の3年の者です

現在8月24日ですが、今から勉強してアクチュアリーの1次を受験予定です★

何科目を受験するのがよいでしょうか?

個人的には、落ちてもいいから、5科目を受験してみたいと考えています。とりあえず5科目申し込み、数学、損保での合格は絶対確保し、残り時間で生保、年金、経済の順で勉強してみたいと思っています。


ただ、初の受験であり、情報も少ない状況です。5科目受験はどんなに頑張っても無理!!なのであれば、2つ3つ位にしぼってお金と時間を節約したいと考えています。

何かアドバイスなどあれば、どんなに些細なことでもかまいません!!!
よろしくお願いいたします!!!

Aベストアンサー

>何科目を受験するのがよいでしょうか?
これは-winshell-さんの数学の習熟度、どの程度時間がとれるか等によっても変わってくるものです。

一応数学の基本的な知識(大学教養課程程度の微積分、線型代数等)は完全に身に付いているとして話をすすめます。(-winshell-さんは該当しないとは思いますが、有名大学の理系の方でも基本的な数学の知識を身につけないままアクチュアリー試験を受けようされる方を少なからず見かけておりますので・・・)

生保数理や年金数理については独特の考え方や記号への慣れがありそれなりに時間を有します。
また、会計・経済・投資理論(御存じかと思いますがこの3分野で1科目です)については経済・投資理論については数学の力である程度カバーできるとしても、会計については時間をかけないといけません。(さらに今年からは会計で4割程度得点しないと残り2分野が満点でも不合格という制度になったことにことに要注意)3分野あることも考えると一番時間がかかると考えます。

損保数理についても本当は損保の基本的な知識があったほうが望ましいのですがまだ数学に近いとされています。それでも、教科書を読み込むのにはそれなりに時間を有するとは思います。

絶対無理とはいいませんが、おそらく何の準備もされていない状況のようですから、今から5科目は相当厳しいのではないかと考えます。

数学と損保数理にエントリーしておいて、数学の勉強状況を見ながら損保数理にシフトしていくということでよいと考えます。

>何科目を受験するのがよいでしょうか?
これは-winshell-さんの数学の習熟度、どの程度時間がとれるか等によっても変わってくるものです。

一応数学の基本的な知識(大学教養課程程度の微積分、線型代数等)は完全に身に付いているとして話をすすめます。(-winshell-さんは該当しないとは思いますが、有名大学の理系の方でも基本的な数学の知識を身につけないままアクチュアリー試験を受けようされる方を少なからず見かけておりますので・・・)

生保数理や年金数理については独特の考え方や記号への慣...続きを読む

Q転職して初めての建設業の経営事項審査を受けます

いつもお世話になります。建設業に転職して、今回初めて経営事項審査を受けます。経営分析等は依頼し、書類も必要な書類一覧をみて、一応一通りそろえたのです(まだ内容意味はよく把握できてません)が、正直初めてで不安です。これをそのまま持っていっても、いろいろ突っ込まれたりしてしどろもどろになりそうです。経験のある方等で実際のその場ではどのような話をし、どのような事を聞かれたりするのでしょうか?またそのようなことまで、深く紹介されているような、わかりやすい書籍、サイトとかがあれば紹介していただきたいのですが。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨年、何を訊かれても答えられるようにと
カートに乗せてすべてファイルごと持っていきました。

経歴書を元に
工事の受注から入出金までの証明(注文書・請書)。
工事期間(基準日までに終了しているか)
配置人員(同一技術者が同時期にダブって担当していないか)
労務費・労務外注費・外注費の判別。
資格証の写しの確認。
担当官にもよるでしょうけれど、結構困るようなことをきかれます。
明細で一式と記載してある内容とか・・・。
入札申請のようにダーッとチェックされるのでなく、
ポツポツと拾らって、「例えば、これなんか・・・」と言う調子でしたね。
「経理なんで、そこまではわかりません。」
と言いたいところでしたが、審査中に担当者に電話したり(・_・;)でした。

決算書類に関しては「さぁ来いッ!!」って感じだったのですが、変更届でチェックを受けてるので、殆ど何も質問されなかったです。

忘れ物もありましたね。
継続的取引の元の契約書(何年か前の)とか。
後送でOKでしたけれど。

Q3年からでも司書資格取得可能でしょうか?

私は都内の大学の英文科に通う2年生です。
この4月から3年生になります。
ずっと図書館司書の資格に興味はあったのですが、以外に1,2年と忙しく、結局資格取得の講座を受けずに3年になろうとしているのが今の状況です。
しかし、やはり狭き門であっても司書の資格をとっておきたいと思っています。

そこでみなさんにお聞きしたいのですが、3年生からでも図書館司書の資格取得は可能だと思われますか?
普通は3年になると講義が減り、大分楽になると聞くのですが実際のところどうでしょうか?
4月には履修登録も控えておりますので、みなさんのご回答をどうかよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

>普通は3年になると講義が減り、大分楽になると聞くのですが実際のところどうでしょうか?

大学のカリキュラムにもよるでしょうが、文系学部は3年次で卒業に必要な単位はほとんど取れるのではないでしょうか?(実際、私も4年目はゼミと数単位でヒマでした。)

ただ、司書資格に必要な単位(図書館学などですよね?)を受講できるのかはコマ割りの問題もありますので、まずは2年までの取得単位と今後卒業や専攻(専門科目)で必要な科目と単位を確認した上で、必要な科目が揃うか判断が必要です。(単位数というよりコマ割りで取得が大変な方が多いような気がします)

そろそろ履修確認の時期ですから、ご自分での確認だけでなく、大学の担当部署にでも早めに相談してみてはいかがでしょう?

私のまわりでも結構資格取得していましたし、司書になった友人もいましたよ。2年あれば多分取れるんじゃないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報