仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

社宅に置いている社員の車に風で木が倒れてきて、破損しました。この修理費用を会社が負担することになったのですが、会社としては、何費に落とすのが正しいでしょうか?よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

少しの風が吹いても木が倒れるような、そんな管理状態に会社が責任を負ったというなら、社員に対する「損害賠償」で、損金、つまり雑損処理ですし、風が吹いたなどという不可抗力にも拘わらず、しかも、会社業務に使用しない個人ユースの車に、つまり会社に責任がないのに社員に修理費相当額を支給したというなら、雑給与の支給ということで人件費としておくのが、教科書的な答えです。

その場合の修理費は、社員にとってみれば、「給与所得」の一部です。こういう処理をしておけば、税務署も問題にはしないはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従業員の事故について

当社では社用車が1台(荷物運び用)しかないため、従業員はマイカー通勤しており、またその自家用車で営業に行くようになっております。
先日従業員の不注意で事故が起きたのですが、その事故車両の修理費用について御伺い致します。
相手方の修理については当社から修理費用を負担することになり、この費用はとりあえず全額損金計上しました。
それで従業員の修理費についてですが、こちらも当社で全額負担しようと考えておりますが、
この場合全額損金計上しても税務的には問題ないでしょうか?
当然ながら従業員の自家用車なので、保険も従業員が自分で加入しておりますが、今回は保険を使わないということになっております。

全額修繕費もしくは福利厚生費なのか、給与扱いで課税されるのか、それとも損金計上せず立替金として後日従業員から徴収したほうがいいのか悩んでおります。
ちなみに会社としては過失はあるにしろ、業務上の事故ということで全額会社負担で構わないと思っております。

ご教授のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

従業員の過失分につき給与扱いとされるリスクがあります。給与課税を避けつつ全額会社負担とするのでしたら、相応のロジックを組み立てるのがいいと思います。

なお、会社のために使用する車両の修繕ですから、修繕費で差し支えありません。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報