【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

こんにちは。
会社でオリヅルランを育てています。
植物の知識が全くないので、とりあえず暖かくて日当たりのいい場所に置き水をやっていたのですが、それだけでもきれいな緑と白の葉っぱが育って、ランナーもたくさん伸びました。せっせと株分けをしたのですが、結局困るほどたくさん出てきたランナーを切ることにしました。でもそこに「手伝うよ」と来た先輩…私は「ランナーを切る」とはっきり言ったのに、私がその場を離れたわずかの隙に葉っぱを根元から3~4cm残して全部切ってしまっていたんです!変わり果てた姿にびっくりしている私に「切ってもまた伸びるから大丈夫だよ」と…。案の定あれ以来葉っぱは先から枯れていくばかり…。
でも根元からはまた新しい葉っぱ(株?)が生えてきています。枯れた葉っぱは栄養を吸うから切った方がいいといいますが、同じ株から枯れたものと新しいものが生えてきている場合、どうしたらいいんでしょう?一度土から出してみるべきでしょうか?

A 回答 (2件)

回答に対するお礼拝見しました。


katie83さんはオリヅルランの育て方が上手なので大根のような太い根が出ていると思います。
元気なオリヅルランの根はそうなりますので。
新芽が同じ株から出ているのであればもう枯れる心配はありませんので枯れた葉は取り除いて1回り大きな鉢に植え替えても良いですし、鉢から取り出してみて根の状態が確りしていればもう4月ですから株分けしても大丈夫だと思います。

参考URL:http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/orizuru.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

育て方と言っても日当たりと温度と水しか気を使っていないのですが、きれいに育ってくれています*^-^*
枯れた葉を取って植替えしてみようと思います。どうもありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/01 12:39

葉が茶色く枯れる原因は殆どが水不足か根づまりです。


枯れた葉は根元から取り除きます。
オリヅルランの根はよく伸びてすぐ鉢の中が根で一杯になり根詰まりしやすいので5月以降が植え替えの適期ですので鉢から出してみましょう。
勿論、最低温度が15℃以上確保出来れば今すぐだしてみても大丈夫ですよ。
できれば毎年植え替えた方が良いです。
詳細は下記サイトをご覧下さい。

参考URL:http://yasashi.info/o_00009g.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます(^-^)
前に植え替えた時、すごい成長ぶりで根っこが大根みたいになってました!
葉っぱが切られて枯れている株の根元から新しいのが生えてきているのはどうしたらいいんでしょう…?
どう見ても同じ株から出ています。ランナーが出たら、元の枯れた株をあきらめてまた育てるつもりだったのですが。枯れたのはそのままにして、株分けできる状態になるまで待ったほうがいいのでしょうか?
もしおわかりでしたら教えてください!

お礼日時:2005/03/29 23:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあぁ..オリヅルラン根元が腐ってる

テレビの上にオリヅルランを置いています。
日当りは良くありません。

3ヶ月前に購入し、2週間前に植え替えたのですが
(根がナメクジの集合体みたいでグロテスクでした!)
今日、ふと見ると一部分根元のところが茶色く
柔らかくなっており、葉がぐったりしていました。
これはもうダメだ、、と思ってその部分は引っこ抜きました。

オリヅルランは成長が早いということですが早くは感じません。
全体的に元気がないので心配です。
土がなかなか乾かないので
1週間に1度くらいたっぷり水をあげています。
その他は、時々霧吹きをしたり、肥料は白い固形物を置いてます。
、、と頑張ってお世話しているつもりだったのですが、、。

元気に成長してもらいたいので
アドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どのくらいの大きさの物かわかりませんが・・・
ぐったりしていたのは一部だけで、まだ元気な葉も
ある程度あるのでしょうか?

今できることとしては、レース越しの日当たりか、
屋外の日陰などに移動させ、十分な光合成をさせること、
土がある程度乾いてから水をやること、でしょうか。
(いきなり日向に出すと、日焼けしてしまったり、
環境変化に適応できずにトドメをさす結果になりますのでご注意を)

自信があれば、もしくは用土・根の状態がかなり悪いようなら、
もう一度清潔な用土で植え替えし、傷んだ根を取り除
いてやるのも良いと思いますが・・・。

>土がなかなか乾かないので
どのような用土をつかっているのでしょうか?
オリヅルランは、乾き気味の管理の方が失敗が少ないです。

>1週間に1度くらいたっぷり水をあげています。
鉢底から水が流れ出す位、たっぷりですか?
鉢皿に貯まった水は、その都度捨てていましたか?


植え替えで傷んだ根が、過湿と室内の高温(暑い日中締め切って
留守にしたりすると、植物にも過酷な環境になります)
によって一気に傷み、根ぐされした状況の様な気がします。

>時々霧吹きをしたり、肥料は白い固形物を置いてます。

冬場の空気が乾燥した時期は霧吹きもいいですが、
今の時期にはほとんど必要ないです。
また、植え替え直後や、根が傷んで植物の勢いが落ちている時
には、肥料は禁物です。
胃が弱っている人にスタミナ料理を食べさせるようなもので、
ますます元気がなくなります。

勢いのあるランナー(子株)が出ているようでしたら、切り取って
挿し木にしておくのも保険になって良いと思います。


がんばってみてくださいね。

#↑に書いた管理方法は自信アリですが、質問者様のオリヅルランが
元気になるかどうかは、質問者様の手入れと愛情、
それに植物本体の生命力次第です・・・

どのくらいの大きさの物かわかりませんが・・・
ぐったりしていたのは一部だけで、まだ元気な葉も
ある程度あるのでしょうか?

今できることとしては、レース越しの日当たりか、
屋外の日陰などに移動させ、十分な光合成をさせること、
土がある程度乾いてから水をやること、でしょうか。
(いきなり日向に出すと、日焼けしてしまったり、
環境変化に適応できずにトドメをさす結果になりますのでご注意を)

自信があれば、もしくは用土・根の状態がかなり悪いようなら、
もう一度清潔な用土で植え替...続きを読む

Qオリヅルランの種?

去年ランナーが出て花が咲き、そのあとに種のような黒いものがとれました。
これは種なのでしょうか?
オリヅルランは黄緑一色のものです。

Aベストアンサー

多分それは種だと思いますので蒔いてみては如何ですか。
種の大きさは直径2ミリ位で1つの実にだいたい7、8個入っていて形は丸くて平たいですか。
プラスチックの容器に土を入れ表面にまいて上からさらっと土をかける程度にしましょう。
用土は挿し木、さし芽用の土で肥料分の無いものを使用し置き場所は室内の窓際で水やりは腰水灌水をして底から吸わせましょう。
うまくいくと1か月位でクリーム色で葉は一枚ですがオリズルランの形をした新芽が出てくると思います。
増やし方は他にランナーから発生する子株を植える方法や株分けで殖やすことができますがいずれも今の季節がよいでしょう。
詳しい育て方は下記サイトをご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/o_00009.htm

Qオリヅルランの葉先がすぐに枯れてしまいます

タイトルのとおり、鉢植えのオリヅルランの葉の先がすぐに枯れてしまいます。水は土が常に湿っている程度に与えています。直射日光には当てず、室内の明るいところに置いてあります。
枯れた葉は、はさみでカットしていますが、またすぐに枯れはじめてしまいます。

どのように育てればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www42.tok2.com/home/kengei/o_00009g.htm

↑ここに記載がありますが、葉先が枯れる原因として水不足と根詰まりが予想されるようです。

ちょっとずれますが、オリヅルランの根は見たことがありますか。
すっごいグロテスクな根です><
葉は細くて薄いのに比べて根は太くて・・・何とも言えない根・・・^^;
あの根があるからあまり水を与えなくても(神経質に与えなくても)いいのだろうと思いました^^;;;

まだ購入されてから一度も植え替えをしていないようでしたら一つ、二つ大きめの鉢に植え替えということも考慮してみてください。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/o_00009g.htm

Qオリズルランの挿し木はできますか?

オリズルランの茎がのびて垂れ下がっているのがいくつかあります。
それを土に植えると根っこが生えてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

n-gumoさんも答えていらっしゃいますが、ランナーの先の子株に気根が伸びていれば、容易に挿し木できますよ。でも、うじ虫というのは、なかなか表現が豊かというか個性的と言うか……。脱帽ものですね。

さて、切り取りですが、子株より数センチ残して、ランナーを切り取ります。そして、子株を植えるときには、切り取った先を土から出して植え付けます。根付けば、自然にランナーは枯れますから、そのときに、根元から処分してください。因みにランナーは4~9月の間に切り取り、水ゴケか土に植えますが、はじめに、ミズゴケに植えて、根付くのを確認してから、観葉植物用用土に移し変えたほうが、無難だと思います。でも、あまり神経質にならなくてもいいですよ。

オリズルランは、春から秋の生長期は薄日に当てた方が、株の姿がしまり、株姿がよくなりまから、レースのカーテン越しに、置いてくださいね。ただし夏の強い日光には避けましょうね。



  

Qオリヅルランを大きくしたくない。

あるサイトに、「オリヅルランが大株になり、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行います」

とありました。どうすれば一回り大きな鉢に植え替える必要のないように 大きさをたもてるのでしょうか?これってランナーで(?)ってことなのでしょうか・・・この方法が写真か絵つきで詳しく説明のあるサイト もしありましたらそれも教えてください

Aベストアンサー

>あるサイトに、「オリヅルランが大株になり、それ以上大きくしたくない場合は株分けを行います」
鉢の数がひたすら、増えますよ(^^)

参考URL:http://allabout.co.jp/family/gardening/closeup/CU20020416A/

Q観葉植物について(初心者です)

全く無知なため教えてください。

引越し祝いで観葉植物をいただきました。
でもなんという名前かわかりません。
育て方もわかりません。
インターネットで調べてみましたが、結局どの植物なのかも特定出来ずに今にいたります。
(頂いたときの包装などで名前をチェックしたらよかったんですが、そういったものは家族が捨ててしまいました)

とりあえず
ただ、ただ、出窓に置き、土が乾いたら水をやる。

それを繰り返していました。

そしたら、ビックリ

どんどん成長して、どんどん枝分かれしていくのです…
しかも出窓にも幅に限りがあるため、所狭しと成長したせいで、葉っぱが折れて育ってしまいました。

これ、どうしたらいいでしょうか?
もちろんちゃんと育てたいです!
でも、成長しすぎて、置く場所に困ります…
陽にあたるところに置いていたから、無駄に成長したのでしょうか?

画像をつけておきますので、おわかりになる方がいらっしゃいましたら、御教示願います!!

Aベストアンサー

オリヅルランで間違いありません。
枝分かれの枝は「ランナー」といって、その先にオリヅルの様な子株を付けます。
この子株がもう少し大きくなると、少し太めの根が生えてきます。
子株の根の長さが1.5~2cmぐらいになった時、子株を切り離してやって鉢土に植えれば、どんどん増やすことができますよ。
ランナーが沢山でるのは元気が良いという事ですね。

この鉢と株の大きさからすれば、まだ植え替えも株分けも必要ではありません。今年はこのままで結構です。
株が鉢のふちまで大きくなるようであれば、来年の5月、6月あたりで植え替えてやりましょう。
また鉢をまだ大きく出来うちであれば、株分けもあえて必要ではありません。
置き場所的に、鉢を大きく出来ないようになったならば、株分けを検討してみましょう。同じく5月、6月あたりが適期です。
増やすのは前述したように、子株で増やせます。

とりあえず今やることは、9月いっぱいまでは置き肥や液肥を与えてやります。置き肥のお勧めは。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html(いろいろな植物用。)
小花も咲かせますからこれが良いでしょう。鉢の隅に3個ほど置いてやります。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
こちらの方もお勧めです。鉢の隅に5個おいてやります。
これらの肥料は無臭でカビず、コバエなども寄ってきませんから、室内向きです。
液肥はハイポネックス(原液)等、同等のものならば1000倍に希釈して、2週に1回ほど水遣りがわりに与えます。葉に液肥がかかっても構いません。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/03/index.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00343.html

置き場所はレースのカーテン越し、あるいは曇りガラス越しぐらいの柔らかい明るい日照のあるところです。直射日光は「葉焼け」を起こします。
あまり暗い所だと葉色が悪くなります。屋外でしたら、明るい日陰です。

水遣りは土の表面が十分乾いてから、鉢穴から水が流れ出るぐらい与えます。過湿は嫌います。
冬場(11月~3月)はほとんど休眠していますから、水遣りは更に控え鉢土を乾かし気味に保ちます。

2~3日に1回は霧吹きで株全体を水スプレーして、空中湿度を上げてやると良いでしょう。
また乾燥を防ぐため、エアコンの温風や冷風が直接当たらないところに置きます。
越冬温度は3℃以上と寒さには強いですが、葉を綺麗な状態に保つには5℃以上を保った方がよろしいです。

オリヅルランで間違いありません。
枝分かれの枝は「ランナー」といって、その先にオリヅルの様な子株を付けます。
この子株がもう少し大きくなると、少し太めの根が生えてきます。
子株の根の長さが1.5~2cmぐらいになった時、子株を切り離してやって鉢土に植えれば、どんどん増やすことができますよ。
ランナーが沢山でるのは元気が良いという事ですね。

この鉢と株の大きさからすれば、まだ植え替えも株分けも必要ではありません。今年はこのままで結構です。
株が鉢のふちまで大きくなるようであれば...続きを読む

Qポトスが枯れていく・・・

ポトスを育てています。
そのポトスが日に日に枯れていきます。

今、日中は日のあたるところ(ベランダ)に出しています。
夜は暖かい日はそのまま外に、寒い日は室内に戻しています。

5月くらいから暖かくなったのに成長がよろしくないので、土を栄養成分入りにかえてみました。
しかし、ポトスは日に日に弱って、葉が黄色くなっていきます。

どのように改善すればポトスは復活しますか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは、常に土をしめらせ、根を腐らせます。根は水を求めて伸びていきます。根を育てるには、ある程度の乾燥が必要なのです。土の表面が乾いてから、鉢底から水が抜けるくらいたっぷり与えてあげて下さい。(週に一度か、それ以下でいいのです)
受け皿に溜まった水は捨てて下さい。

弱っている鉢に栄養分を与えるのは逆効果です。病気で弱っている人に無理矢理ステーキを食べさせるようなものです。

今はできるだけ動かさず、そっと様子を見てあげて下さい。葉がどんどん黄色くなって落ちても、先から綺麗な緑の新芽が出てくれば、回復している証拠です。

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Q夏場の花の水やりについてです

こんにちは。ちょっと気になる事があったので、質問させて下さい。

私は現在団地の五階に住んでおります。うちの団地のベランダはとても日当たりが良い所です。
そのベランダに花などの植木鉢をいくつか置いて栽培しています。
私は毎朝その植木鉢に水やりをしていたのですが、ある日たまたま来ていた姑に「こんな暑い夏場は、朝に水やりをしちゃダメよ。すぐに水がお湯になって根が腐っちゃうから・・・だから夜、涼しくなってからたっぷり水やりをした方がいいのよ」と言いました。

私はあまり詳しい事は分からないので、そんなものなのかと思い、夜にたっぷりの水やりをしていたのですが、また別の日、近所の親しい奥さんの家に遊びに行った時、暑い昼間に奥さんが水やりをしていたので、姑の話を教えてあげました。

するとその奥さんは「昼間は暑いし、土がカラカラになるそんな時に水をあげないと却って植物には良くないよ。夜に水やりしても意味ないんじゃない?」と言われました。

暑くても昼間に水をやるのと、涼しくなってきた夜に水をやるのとは、やっぱり違いがあるのでしょうか?私もなるべく花を枯らさずに、長持ちさせたいと思っているのですが、この二人の言い分、どちらが正しいのでしょうか?

何かご存知の方、アドバイスをお願いします。

こんにちは。ちょっと気になる事があったので、質問させて下さい。

私は現在団地の五階に住んでおります。うちの団地のベランダはとても日当たりが良い所です。
そのベランダに花などの植木鉢をいくつか置いて栽培しています。
私は毎朝その植木鉢に水やりをしていたのですが、ある日たまたま来ていた姑に「こんな暑い夏場は、朝に水やりをしちゃダメよ。すぐに水がお湯になって根が腐っちゃうから・・・だから夜、涼しくなってからたっぷり水やりをした方がいいのよ」と言いました。

私はあまり詳しい事は分か...続きを読む

Aベストアンサー

姑さんが言われる事も、近所の奥さんが言われる事も、正しい部分もあれば
間違っている部分もあります。そのような正反対の事を言われると戸惑いま
すよね。あなたにも勘違いをしている点があります。

水遣りは一番簡単なようですが、実は最も重要な作業で一番難しい作業とも
言われています。水遣り一つで生かすも枯らす事も出来ますから、安易な考
えで作業したり間違った事を続けるのは避けた方が良いですね。

どんな植物にも共通して言えるのですが、あなたは水遣りの際に朝方に水を
与えるものだと常に考えていませんか。確かに間違いではありませんが、必
要も無いのに水遣りをすると場合によっては根腐れを起こす事もあります。
水遣りの基本中の基本は、鉢土の表面が乾いたら与えると言う事です。
見た目には土がどの程度乾いているのか判断が出来ません。水遣りの際には
自分の乾いた指で土を触り、十分に湿っているなら朝方の水遣りは控えるよ
うにし、乾き気味である時は十分に水遣りをします。朝方に水遣りを控えて
夕方に土が乾いているようなら夕方に水遣りをします。もし朝方に土を触っ
て湿っていて、日中が曇りだった時には夕方に土が乾いていないかも知れま
せん。とにかく天候がどうであれ、必ず土を触って確認する事です。

これは余談ですが、プランターをベランダのコンクリート面に直に置いてい
ませんか。団地の5階は1階より風通しが良いのですが、暑さは1階よりも
5階の方が厳しいので、ホームセンターでレンガを必要量だけ購入し、最初
にレンガを並べて、その上にプランターを置くようにします。
これだけでベランダからの放射熱から守れるので、プランター内が熱で蒸れ
る事が防げます。今のままでは姑さんが言われるように、熱で蒸れて腐って
しまうでしょうね。植えからの直射熱とコンクリートからの放射熱で、鉢内
は想像以上に高温になり、根が蒸れてしまっているでしょうね。

姑さんが言われる事も、近所の奥さんが言われる事も、正しい部分もあれば
間違っている部分もあります。そのような正反対の事を言われると戸惑いま
すよね。あなたにも勘違いをしている点があります。

水遣りは一番簡単なようですが、実は最も重要な作業で一番難しい作業とも
言われています。水遣り一つで生かすも枯らす事も出来ますから、安易な考
えで作業したり間違った事を続けるのは避けた方が良いですね。

どんな植物にも共通して言えるのですが、あなたは水遣りの際に朝方に水を
与えるものだと常に考え...続きを読む

Q下葉が枯れてきたカーネーション

カーネーションの鉢植えをいただきました。
かなりの大株で、つぼみもたくさん付いていますが、下葉が枯れてきています。
株に対して鉢が小さすぎるように思えるのですが、関係あるでしょうか。
また植え替えるとしたら、花が咲き終わるのを待ってからのほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
肥料は好むほうですので植替え時に元肥に暖効性化成肥料を与えます。
生育期には追い肥として10日に1回を目安に薄めた液肥を与えます。
花後、結実すると株が弱るので終わった花は摘み取ります。
カーネーションは下葉が枯れる性質がありますので枯れた下葉や傷んだ花弁は灰色かび病の原因になりますのでこまめに取り除きましょう。
なおカーネーションは一年草と思われている方が多いようですが管理さえ間違わなければ翌年以降も咲きますし挿し木でも簡単に増やせますので挑戦してみてください。
挿し木についてはここのサイトで色々と答えていますので回答者のHNをクリックして頂ければ探せます。
下記参考URLにナデシコの育て方のHPがありますが前述のように基本的に同じですのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/na_00001g.htm

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング