歯科にもクロロフォルムを置いてあると聞いたのですが。

歯科でそのクロロフォルムを使用する場合、どういうケースの時にどういう目的で使用するのでしょうか??

 抜歯をおこなう時は、たいてい局部麻酔を注射しておこなうものと思っていたのですが、クロロフォルムなんて吸入麻酔薬を使用しておやしらずなどの抜歯をおこなうこともあるのでしょうか?

 またクロロフォルムを使用して抜歯をおこなう歯科があるのなら、その病院名もできれば知ってみたいですね。

A 回答 (3件)

歯科医です。


歯科では麻酔を行って無意識化の状態で治療を行うのは、麻酔設備を備えた一部の診療所または病院で、一般的ではありません。ましてや現在麻酔でクロロフォルムを使うことは無いと思います。歯科でクロロフォルムを使うのは、根管充填を行う際のガタパーチャと言う充填剤を壁着性、要するに密に充填できるように溶解させるために用いる場合があります。ただし揮発性や肝毒性のために用いられることは少なくなっていると思います。
    • good
    • 1

クロロホルムは昔吸入麻酔として使われたことがありますが、今は使っていないと思います。


理由は肝臓に対する毒性が非常に強いからです。

有機溶剤の中でも、ベンゼンと並んで最も使いたくない溶剤のひとつです。

歯科関係者ではないので、歯科で使っているのかどうか知りませんが、毒性を考えれば使うべきでは無いでしょう。抜歯の時の麻酔用にクロロホルムを用いるのは、メリットに対してデメリットが多きすぎると思います。
    • good
    • 0

例えば、体質的な理由や別の病気の治療のために、局部麻酔が効かない、使えないようなケースとか。



クロロフォルムはちょっと分かりませんが、「笑気ガス」のキーワードで情報収集すると、無痛治療に利用している所は結構あるみたいですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂質抽出におけるクロロホルムと石油エーテル

生体から脂質を抽出する際に、石油エーテルで抽出したのちに、不溶部をクロロホルム/メタノール2:1で再度抽出しようとしたところを誤って順番を逆にしてしまいました。
つまり、クロロホルム/メタノール2:1で不溶だったものを石油エーテルで抽出してしまったのです。

クロロホルムで抽出した後の残りを石油エーテルで抽出しても何もでないと予想していたのですが、試しに計測してみたところ、クロロホルムで抽出した量の10%程度の重量が石油エーテルで抽出されました。

これは、クロロホルムで抽出しきれなかった脂質を石油エーテルが抽出したということなのでしょうが、
(1)クロロホルムでも石油エーテルでも可溶だが、クロロホルムで抽出しきれなかった分が石油エーテルで抽出された。
(2)クロロホルムには不溶、もしくは難溶であり、石油エーテルに可溶である物体がクロロホルムに抽出されず、石油エーテルで抽出された。
(3)石油エーテル抽出の時にゴミを吸い上げてしまった。

私が思いつくのはこの三つです。
クロロホルムでの抽出は一応3度行ったので(1)の量はあっても少ないように思うのです。

そこで質問なのですが(2)に該当する物質はあるのでしょうか。
あるとすればどんな物質でしょうか。なければ(3)だと思うことにします。

よろしくお願いします。

生体から脂質を抽出する際に、石油エーテルで抽出したのちに、不溶部をクロロホルム/メタノール2:1で再度抽出しようとしたところを誤って順番を逆にしてしまいました。
つまり、クロロホルム/メタノール2:1で不溶だったものを石油エーテルで抽出してしまったのです。

クロロホルムで抽出した後の残りを石油エーテルで抽出しても何もでないと予想していたのですが、試しに計測してみたところ、クロロホルムで抽出した量の10%程度の重量が石油エーテルで抽出されました。

これは、クロロホルムで抽出しきれなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

(2)に相当するのは非常に極性の低い脂質です。特にアルキル鎖が長いとクロロホルムに溶けにくくなります。
もちろん(1)も捨てきれません。

Qクロロフォルムの効き目。

先日、友達が持っていたので、クロロフォルムの効き目を自分で試してみたくなりました。
友達の話では、「使い方を間違えると死んじゃうらしいよ。」と、聞いたので、あまり極端なことはできませんでした。
ただ、なかなか効いてこないので、入っていたビンに鼻をくっつけ、ぜぇぜぇいうくらい嗅ぎました。
そしたら、30秒くらいすると、ちょっと意識がもうろうとしてきました。
怖いので、そこまででやめると、じきに元に回復しました。
クロロフォルムを麻酔として安全に使うには、どのようにして、どのくらいつかうと、どのような作用がどのくらいの時間起きるのでしょうか?
じっさいドラマの中で、口に布をあてられて、コロっと行くようなのは、あれは、絶対ウソですよね。
犯罪目的ではなく、好奇心で聞いています。
まあ、あの感じだと、そうとう強引に行かなければ、犯罪目的としては使いがたいと思いますが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有機化学系の仕事をしています。学生時代は研究室で毎日のようにクロロホルムを使っていました。ある日クロロホルムを扱っていたら急に吐き気がして、それ以来クロロホルムのにおいを嗅ぐと非常に気分が悪くなるようになったため、今ではできるだけクロロホルムを使わないようにしています。

 クロロホルムは肝臓毒性が強いため、現在では麻酔として医療に使われることは無いはずです。発ガン性が指摘されているトリハロメタン類の代表がクロロホルムです。使う場合はできるだけ吸わないように注意してください。麻酔として安全に使うことはできないと考えていいと思います。

 ドラマなどで時々出てくる「クロロホルムやエーテルをハンカチに染み込ませたもので口と鼻をふさいで数秒で気を失う」というのは、かなりムリがあると思います。ひどい時は「窓から注射器でクロロホルムを室内に注入して、室内の人が倒れてから侵入する」というシーンがありましたが、ありえません。笑ってしまいました。

Qクロロホルムはなぜ酸を発生するのですか?

アルデヒド基をアセタール保護した物質をクロロホルム中に溶解していたところ、保護基が一部とれてしまいました。
先生いわく、クロロホルム中の酸でやられたなと。
クロロホルムはどのような機構で酸を発生するのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単独下での光による分解であれば、

 CHCl3 → CHCl2・ + Cl・
 CHCl3 + Cl・ → CCl3・ + HCl

というラジカル反応によって、塩化水素が発生します。
クロロホルム中の酸ということであれば、まずこれだと思います。

なお、それ以外では塩素(Cl2)、四塩化炭素なども発生しますし、
水や空気(酸素)が共存すれば、ホスゲンなども生じます。

http://www.safe.nite.go.jp/management/search/Fundamental?7
(ページ下方の「大気中での安定性」の「d.直接光分解性」を参照)

Q歯科医師・歯科衛生士の方に質問です

歯科衛生士を目指している30代後半の者です
歯科衛生士の求人を検索すると35歳位までが目立ちます(年齢不問も皆無ではありませんが)
確かに、歯科医院で年配の衛生士の方を私は見かけたことはありません。
50代になっても活躍できる資格と思っていただけに少し不安になってます。
年配になると業務に支障がでる為に年齢制限があるのでしょうか?
実際のところをお聞かせいただけたらと思います。
又、30代後半や40代で新卒の歯科衛生士の方っておられますか?

Aベストアンサー

正直申しますと若くて美しく仕事、人間関係を、そつなくこなす人がいいのです
しかし、その様な人は、待遇の悪い歯科業界には、まれです
若い人 すぐ辞めます、でも患者受けが、良かったりします。
歯科衛生士は、特別めぐまれないと50代は、むりです 才能というかその人にある
カンが必要です。たぶん、学校は、4月からでしょう
それまで、アルバイトで歯科助手をされてみたらどうですか?
資格は不要です
たぶん、考えが変わられると思います。
助手と衛生士とあまり待遇は、変わらないのが現実です
一度経験して、それでも成りたいと言われるのでしたら
何も言いませんが?

きちんと、社会保障がある仕事がいいと思います。

Qクロロホルム溶液からの分離

クロロホルム溶液からの分離

大学の課題で、ピリジン、フェノール、アセトフェノンのクロロホルム混合溶液から抽出操作を使って各化合物をそれぞれクロロホルム溶液として分離する方法を調べなければいけないんですが、いくら調べてもわかりません。どなたかわかる方、教えていいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

最近は丸投げに答えても良いみたいですが大学生なので、少し考えて下さい。
1.アセトフェノンは最後まで元の混合物(母液と呼ぶ)の中に残る。
2.ピリジンはかなりの塩基性。
3.フェノールは弱いが酸性。
で、抽出でそれぞれを混合物から分けた後、クロロホルムは残りの混合物から蒸留で得て純物を単離したものと合して黒穂ホルム溶液にする。
といった感じです。
さらに説明すると、かなりの濃度の鉱酸(塩酸か硫酸が良い)と母液を振盪(振る事ね)してピリジンをピリジニウム塩の水溶液として取り出します。これを抽出と言います。これを何回も繰り返して出来るだけピリジンを除きます。
その次は、濃アルカリ水溶液でフェノールを抽出します。
すると最後にアセトフェノンのクロロホルム溶液が残ります。
でも、かなり「きたない」ので、クロロフォルムを蒸留して純クロロフォルムを得。残りから減圧蒸留でアセトフェノンを得ます。
後はこれを適当に混ぜて下さい。
あ、塩になったピリジンとフェノールはそれぞれ塩基と酸で振って元の形に戻してからクロロフォルムに溶かします。

Q歯科医の名称に「藤井歯科」がよく目に付くのですが

自分の掛かり付けの歯科医は藤井歯科と言いますが、街を歩いてても旅行先でも、同名の歯科医をよく目にします。これは単なる偶然でしょうか?歯科医の名称ベストテンなんて統計はどこかに無いでしょうか?

Aベストアンサー

 非常にありそうな名称ですが、現実には私のまわりにはありません。
 質問者さんの遭遇での偶然かも知れませんね。

Qクロロホルムの性質

DNA抽出の実験を行いました。
その際、クロロホルムで抽出しました。いろいろの文献を調べてみた結果、クロロホルムを加えることによってタンパク質の変性、脂質の除去だということがわかったのですが、クロロホルムの性質と絡めて、この原理が知りたいので誰かよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

タンパク質を溶液から抽出するための操作ですが、クロロフォルムの性質というより、有機溶媒(疎水性の溶媒)のタンパク質に対する一般的な性質です。

タンパク質は水溶液中で、親水基と水分子が引き合う(水和する)ことで水に溶け、水分子との相互作用が立体構造を保つのにも重要です。有機溶媒にさらされると、水和水が奪われます。また、通常なら立体構造の表面側がより親水性で、疎水性の部分は内側にあるべきタンパク質が、おそらく親水性の部分が内側に、疎水性の部分が外側に出ようとするので、立体構造が変化し変性します。このような状態になると、タンパク質は水に溶けにくくなり、分子間力や疎水結合力で凝集します。
DNA水溶液を有機溶媒と混合後、水層と有機溶媒層の二相に分かれた時、DNAは水層に、タンパク質は不溶化して境界面あるいは有機溶媒層にきます。

DNA溶液からのタンパク質除去で、クロロフォルム抽出は非常に古い時代には使われていました。しかしこの目的では、フェノールで抽出したほうが格段に効果的であることが知られてからは、フェノール抽出(あるいはフェノール/クロロフォルム抽出)を使うのが普通です。今回の実験で、フェノールを使っていないのは、皮膚につくとヤケドしたりして危険だからでしょうかね。

タンパク質を溶液から抽出するための操作ですが、クロロフォルムの性質というより、有機溶媒(疎水性の溶媒)のタンパク質に対する一般的な性質です。

タンパク質は水溶液中で、親水基と水分子が引き合う(水和する)ことで水に溶け、水分子との相互作用が立体構造を保つのにも重要です。有機溶媒にさらされると、水和水が奪われます。また、通常なら立体構造の表面側がより親水性で、疎水性の部分は内側にあるべきタンパク質が、おそらく親水性の部分が内側に、疎水性の部分が外側に出ようとするので、立体構...続きを読む

Q歯科関係者の方、歯科医師の先生方にも聞いてもらいたいです。一般の方も聞いてくださいm(_ _)m

歯科関係者の方、歯科医師の先生方にも聞いてもらいたいです。一般の方も聞いてくださいm(_ _)m

歯科助手として7年ほど働いてます。
うちのDr.ひどいです。
朝は社長出勤。平気で患者さん待たせる。
スタッフいびりが趣味なようで…
1人ターゲットを狙って、あげ足取っては責め立てて、裏で他のスタッフ呼んで悪口。
助手も衛生士も関係なく、
麻酔や、歯を削ったり、外科以外のことはほぼスタッフにさせます。
ましてやトラブルありそうな患者さんなんて
スムーズにいかないからと、もぉ丸投げ!!
自分の部屋にこもって新聞読んだり、
電話したり、ヘッドホンでなんか聞いてたり。
表に出てきたと思ったら文句しか言わない。
助手にまで技術の精度とかレベルまで要求してくるんです!
患者さんを通したり、終わるタイミングがどうとか、
細かいこだわりがあって、思い通りにならないとヒステリーです。
予約守らない患者さんの扱いもひどいもんです。
そして悪口タイム。
こんなだから新人もすぐに辞めるし。
もちろん患者さんも気づいてて嫌な思いされています。

あんた、1番暇なんだから文句や悪口言う暇あったら働いてよ!と言いたいくらいです。
話し合いしてスタッフみんなで意見を言ったことも何度かあるけど、良くなるどころか酷くなってます。

ご覧になられた歯科関係者さん、特に歯科医師の先生方、どう思いますか??
もちろん一般の方からも、ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです(^^)

そしてこれ、どこに相談したらいいんでしょうか?
医師会に言っても意味ないのかな??
監督署?? 弁護士や労務士ですか??

最後質問だらけですが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

歯科関係者の方、歯科医師の先生方にも聞いてもらいたいです。一般の方も聞いてくださいm(_ _)m

歯科助手として7年ほど働いてます。
うちのDr.ひどいです。
朝は社長出勤。平気で患者さん待たせる。
スタッフいびりが趣味なようで…
1人ターゲットを狙って、あげ足取っては責め立てて、裏で他のスタッフ呼んで悪口。
助手も衛生士も関係なく、
麻酔や、歯を削ったり、外科以外のことはほぼスタッフにさせます。
ましてやトラブルありそうな患者さんなんて
スムーズにいかないからと、もぉ丸投げ!!
自分の部屋に...続きを読む

Aベストアンサー

それだけ不満を抱えて7年も勤めているのが不思議です。

Q溶媒としてのクロロホルム

溶媒としてのクロロホルム

現在でも溶媒としてクロロホルムを用いた研究がされていると思います。特に相間移動触媒を用いた反応のような2相系の反応で比較的頻繁に使用されていると認識しています。
この理由として、クロロホルムが低沸点かつ安定な部類であり、さらに非プロトン性であることが挙げられると思います。

しかしながら、そういった利点を考慮してもハロゲン系の物質であるので有害であることを考えれば、もっと別な溶媒を使用した方が良いのでは?と思ってしまいます。

溶媒としてクロロホルムが使用される理由で(推測でも構わないので)何か意見を頂けると幸いです。

Aベストアンサー

溶媒として必要な要素を考えてみました。

・安定である事
すぐ反応したり分解するようでは、実験には使いにくいですよね

・低沸点である事
溶かすのも重要だけれども、簡単に除けるのも実験には必要ですね

・溶解度が高い事
溶けない事にはどうにも行かないですよね。これ結構重要なのかと思います。

・値段が安い事
溶媒=使い捨て、という部分がありますので、こういった面も検討しますね。

自分が溶媒をチョイスする際はこんな感じで考えてますね。
クロロホルムだとかジクロロメタンの様なハロゲン系の溶媒は、やはり溶解度が違いますね。
あとは減圧で40℃程度に加熱すれば、溜去させるのも容易いですし。

環境などに対する悪影響を補って、こういった使いやすい部分があるので重宝するのかと思います。
実験廃液さえちゃんと管理していれば、特に難しい溶媒ではないかと。

Q吸入器について。

いつも耳鼻咽喉科で診察のあと鼻の吸入器をしますが、あれってどうやるのが普通なんですかねぇ?鼻から息を吐くのもなんか詰まっちゃうし鼻で吸って口で息を吐くと口の中に唾液がたまるのでこれでいいのかと思ってしまいます。いまさら先生や看護婦さんに聞けないのでどなたかどうするのが普通か教えてください。お願いします。ちなみに私は花粉症患者なのです。スギ花粉なのでそろそろ通院生活も終わりなんですが。今後のためにも。

Aベストアンサー

10年以上のスギ花粉症で辛い思いをしてきた私ですが、
今年は初めて、前もって耳鼻咽喉科に通院しはじめました。

で、鼻の吸入も行っていますが、
初診のとき、看護婦さんからは、
『息は、鼻で吸って、口で吐いてくださいね~』
と言われました。

まだ花粉症が軽いので、鼻はそんなにつまってはいないのですが、
鼻が両鼻つまりはじめたときは、吸入、どうやってするんですかね?

考えるだけで、かなり苦しくなりますね。

他の方の回答、私も楽しみにしています。参考にさせてもらいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング