税理士の科目免除制度がある、東京、神奈川の大学院を
探しています。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、実際に科目免除で大学院にいかれてる方が
いらっしゃいましたら、受験方法等を教えてください。
自分なりに調べたのですが、よく分からなくて困っています。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検索にてみるとたくさん出てきますよ。


東京なら国士舘・拓殖・帝京などいっぱいあります。
神奈川なら神大・関東学院など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
HP覗いてみます。

お礼日時:2005/04/18 11:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学 偏差値ランキング 早慶だと慶應が上ですか?

あるネットから拾ってきた2012年度の最新の私立大学のランキング表です。

私立大学偏差値ランキング一覧(文系)

順位 大学・学部 代ゼミ 河合塾 駿台 平均偏差値
1 慶應義塾大 法 法律 71 70 67 69.3
2 慶應義塾大 法 政治 70 70 66 68.7
3 早稲田大 政治経済 国際政治経済 69 70 66 68.3
4 早稲田大 政治経済 政治 69 70 65 68
5 早稲田大 政治経済 経済 68 70 65 67.7
6 慶應義塾大 経済 経済 B方式 70 70 62 67.3
7 早稲田大 法 67 67.5 67 67.2
8 慶應義塾大 商 商 B方式 69 67.5 62 66.2
9 慶應義塾大 総合政策 65 72.5 60 65.8
10 慶應義塾大 環境情報 65 72.5 59 65.5
11 慶應義塾大 経済 経済 A方式 69 65 62 65.3
12 上智大 法 国際関係法 66 67.5 62 65.2
12 早稲田大 商 66 67.5 62 65.2
14 上智大 法 法律 67 65 63 65
14 早稲田大 国際教養 67 65 63 65
16 慶應義塾大 文 67 65 62 64.7
16 中央大 法 法律 67 65 62 64.7
18 国際基督教大 教養 アーツ・サイエンス 66 67.5 59 64.2
19 上智大 外国語 英語 67 65 60 64
19 慶應義塾大 商 商 A方式 67 65 60 64
21 早稲田大 社会科学 65 67.5 59 63.8


[情報元サイト] 大学受験合格.COM http://daigaku.jyuken-goukaku.com/nyuushi-hensati-ranking/siritu/#ixzz1ajBp7Z3c

三大予備校:代ゼミ・河合塾・駿台の偏差値らしいのですが、
こうして見ると、早稲田と慶應では慶應の方が上のように感じますがどうでしょう?
トップ10に慶應が4学部、早稲田が2学部。

あるネットから拾ってきた2012年度の最新の私立大学のランキング表です。

私立大学偏差値ランキング一覧(文系)

順位 大学・学部 代ゼミ 河合塾 駿台 平均偏差値
1 慶應義塾大 法 法律 71 70 67 69.3
2 慶應義塾大 法 政治 70 70 66 68.7
3 早稲田大 政治経済 国際政治経済 69 70 66 68.3
4 早稲田大 政治経済 政治 69 70 65 68
5 早稲田大 政治経済 経済 68 70 65 67.7
6 慶應義塾大 経済 経済 B方式 70 70 62 67.3
7 早稲田大 法 67 67.5 67 67.2
8 慶應義塾大 商 商 B方式 69 67.5 62 66.2
9 慶應義...続きを読む

Aベストアンサー

プレジデントや読売ウィークリーという雑誌をご存知でしょうか?
これらの雑誌には「早慶両方合格した人はどっちに進学するか?」という特集をよくやってます。
早慶の場合政治に関する学科が慶應は法学部で早稲田は政経学部という違いがありますがそれらは学科ごとに集計しています。

 今まで行われた集計ではほぼすべての回・学部学科において慶應が勝ってます。つまり早慶両方に合格したハイレベルの人が慶應に入学し、早稲田はその分だけ下のレベルの人を入学させることにます。
勿論定員が早稲田のほうが多い場合もあり平均偏差値が低くなりやすい傾向もありますが、トップクラスの動向から考えて慶應優位であることは間違いありません。
ご参考までに。

Q修士修了者への税理士試験科目免除

今年から税理士試験に挑戦しようかと思っています。
最近気づいたのですが、修士修了者は、所定の書類を
提出すると、科目免除される制度があるようです。
国税庁のHPはいまひとつわかりにくいので、質問させてください。
今年はもう期限切れなので、来年以降に免除できたら
いいなと思っています。

質問. 申請すれば必ず許可されるのでしょうか。
もしされない場合、さまざまな理由があるかと
思いますが、専攻は関係あるのでしょうか。
ちなみに私は理学系の物理学専攻です。どの科目とも
まったく関係ありません。

Aベストアンサー

基本的に、税法又は会計学に属する科目の免除ですので、その関係に限られますので、全く畑違いであれば、免除は関係ないものと思います。
http://www.nta.go.jp/category/zeirishi/siken/04/anser/01.htm#01

上記は、改正前のものですが、平成14年4月1日以降に大学院に進学した場合は、改正によりなおいっそう厳しいものへと変わっていますので、いずれにしても免除はできないものと思います。
http://www.nta.go.jp/category/zeirishi/siken/04/menu.htm

でなければ、一生懸命に5科目勉強している人は報われない、という部分もありますからね~(^^:

大変ですけど、1科目ずつ、初心を忘れずに、頑張って下さい!!

Q大学の偏差値ランキング。

 大学の偏差値がわかるランキングのサイトってありますか?関西の大学が知りたいんです。教えて下さい。

Aベストアンサー

 ベネッセ・駿台模試の学部・学科別の偏差値表です。ダウンロードして解凍する形式なので確認して見てください。

参考URL:http://manabi.benesse.ne.jp/op/

Q税理士の科目免除は将来的に不利ですか?

税理士の資格取得を目指しています。
特定の大学を卒業すれば科目免除になることを知ったのですが、科目免除は将来的に不利になるのでしょうか?
インターネット上で将来的に不利になるような記載がいくつかあるため、質問をしてみました。

Aベストアンサー

以前は大学院を2つ卒業すれば、
税理士科目を一つも試験を受けることなく
税理士になれました。(いわゆるダブルマスターといわれるもの)

そして現在は税法系の卒論を書けば税法が2科目、
会計系の卒論を書けば会計が1科目免除になります。

なので、現在は仮に2つ大学院を出たとしても
最低でも、税法1科目と会計1科目の2科目を
合格しなければならなくなりました。
これにより、少なくとも税法も会計も合格に達するだけの
努力ややる気のある人間だけが税理士になれるようになりました。
(国税OBはもちろん除きますが)

税理士を目指していればわかると思いますが
中途半端にダラダラやった程度では何年たっても
科目合格することは難しい試験です。

もちろん5科目をしっかり勉強して合格してきた人間には
知識もやる気も敵わないかもしれませんが、
これからの免除が以前のように不利になるということは
少なくなると思います。

なによりも、税理士になってからが本当の勝負なので。
自分はなったもの勝ちだと思います。

大学時代から40すぎまで
未だにパートしつつ必死で5科目目指している人間も知っているし、
逆に大学院を2年間通って2科目免除で、
その間に3科目を合格して、サクっと税理士として独立して
試行錯誤で顧問先増やしている税理士さんも知っています。

顧問先は税理士になった経緯になんて興味はないです。
興味があるのは自分の会社の業績と支払う税金です。

以前は大学院を2つ卒業すれば、
税理士科目を一つも試験を受けることなく
税理士になれました。(いわゆるダブルマスターといわれるもの)

そして現在は税法系の卒論を書けば税法が2科目、
会計系の卒論を書けば会計が1科目免除になります。

なので、現在は仮に2つ大学院を出たとしても
最低でも、税法1科目と会計1科目の2科目を
合格しなければならなくなりました。
これにより、少なくとも税法も会計も合格に達するだけの
努力ややる気のある人間だけが税理士になれるようになりました。
(国...続きを読む

Q全国の高校偏差値ランキングがあれば教えてください。

全国の高校偏差値ランキングがあれば教えてください。

大学の偏差値ランキングは大手予備校のホームページを見れば
分かりますが、高校のランキングはどこを見ればいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

http://smug.myftp.org/
とか
http://momotaro.boy.jp/
とか。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q税理士受験科目について

現在税理士受験生です。
今年はとりあえず簿記論と財務諸表論を受験しました。
来年以降の受験科目について、迷っています。

まず法人税法は受験を決めています。
学校の先生に相談したら、ボリュームが少ないとの理由で、消費税法の同時受験を薦められました。

早く資格を取りたいので、ボリュームが少ないのは嬉しいのですが、
実際将来税理士になった時に、持っておいたほうが良い知識はどの科目でしょうか?
せっかく勉強するなら、これからの時代に、よりニーズがあるものにしたいと思っています。

先輩の税理士先生、また同じ受験生の方、
ご覧になってましたら、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんも書かれている通り、法人税法・所得税法・相続税法・消費税法は実務に直結しますので、全て勉強はしておいた方が良いと思います。
(私も、合格したのは3科目ですが、上記の4科目全てを受験しました)

消費税法は、確かに、他の税法3科目に比べれば、ボリュームは随分少ないのですが、理論は意外と覚え難かったりもします。

しかし、実務においては、消費税法を系統立てて勉強しておけば、それをしていない人に比べて、かなり理解度が違うものと思います。
現に、消費税法に関しては、税理士の中でも、意外と苦手、というか、あまり詳しくは良く知らない人が少なくなく、消費税法に詳しければ、ある意味、強みとなる部分もありますので、1回は受験しておくべきと思います。
(消費税法は、個人・法人を問わず関係がありますし、免税点等の引き下げにより、従来以上に重要度は増してきているものと思います。)

大変ですけど、初心を忘れず、頑張って下さい!

Q高校入試の偏差値ランキング

高校入試の偏差値ランキングがわかるサイトはありますか。

(例)
○○県立○○高校の偏差値ランキングを調べたい。

Aベストアンサー

高校では県外に出る人が余りいないし、(都心や関西圏は違いますが)
県によって受験形態も違いますし、まして私立と公立では全然ちがうので
全国を比べるサイトはないのではないのでしょうか。
たとえば、何県の高校の偏差値が知りたい、とか、私立の高校の偏差値を
知りたい、とか、そういう具体的な要望がおありなのでしたら
かかれた方がよいと思います。
たとえば
千葉県公立高校 
http://homepage2.nifty.com/eisu-school/hensati_kouritu.html

http://homepage2.nifty.com/eisu-school/hensati_siritu.html

Q税理士科目の相続税法について

9月から専門学校で税理士科目の税法を勉強しようと考えております。
今まで簿記論、財務諸表論と取得して、今年は固定資産税を受験しました。
残り2科目については検討中(たぶん所得税法と住民税か相続税法)ですが、
・相続税法の財産評価と固定資産税とはなにか重複するところがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

相続税法における財産評価は、固定資産税の評価額を基準にしている部分もあり、まったく関係がないというわけではありません。
しかし、実際の受験を考えるならば、固定資産税の評価を知らなくても全く問題はなく(問題文の中で与えられます)、また合格者の多くも固定資産税評価については知らない、といったところが実情だと思われます。
実務でも、固定資産税評価額を踏まえ、土地や建物の評価を行いますが、財産評価の方法はこれだけではないので、関係が深いとまでは言えない様な気がします。

Q医学部偏差値ランキング(2012)

医学部偏差値ランキング(2012)のHPを見つけました。
http://daigaku.jyuken-goukaku.com/nyuushi-hensati-ranking/igakubu/
 誰でも知っている大学が上位を占めています。しかし不思議と防衛医大がランキングには入っていません?数年前の雑誌には”防衛医大”が
 東大を抜いて堂々一位で、医師の国家試験合格率100%でした、ちなみにその年の東大は2位で
95%でした。防衛医大の偏差値は全国の医学部で何番目ぐらいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。No.1です。

No.2さんの回答への補足ですが、東大・京大の薬剤師や医師国家試験の合格率が低いのは、極論すれば卒業生にとってそれらの国家資格が「大して大事ではないい」からです。

例えば薬学部卒業生でも、目指す先が「霞が関の官僚」なら薬剤師免許なんか不必要ですもん(笑。
実際、京大薬学部の卒業生に訊きましたが、卒業予定のかなりの人数は学生は国家公務員上級採用試験の勉強が忙しく、薬剤師国家試験は「お付き合いで受験」程度の認識しかないそうです。

Q税理士試験の科目どれからやったらいい?

簿記二級をもっていてこれから税理士試験を目指そうと思っています。

一科目づつ受験しようと思っていますが、どの科目からやったらよいのでしょうか?

たとえば酒税は勉強時間が少なくて済むらしいのですが、税理士試験で受験した科目はのちのち実務で使うことを考えると酒税は仕事で生かせるのでしょうか?

それとも取得後のことはあまり考えず、できるだけ要領よく受験対策をたてたほうがいいのかいまいちよくわかりません。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

酒税法は、確かに実務で使う場面は、一般的にないと思います。
ただ、他の人が知らない事を知っている、ぐらいの程度と思います。

やはり、簿記論、財務諸表論から受けられるのが一番良いと思います。
実際、そのように受けられる方がほとんどではありますが、現実問題として、それが一番入りやすい方法と思います。

税法科目を先にとってしまって、それよりボリューム等は落ちるはずの簿・財が残ってしまって、どうしても合格できない、という話も聞いたりします。

もちろん、税法科目の中でも、取りやすそうな所から取る、という考え方もあるとは思いますが、実務と試験は違うとはいえ、系統立てて、緊張感の中で合格目指して勉強する、というのは貴重な時間で、試験勉強した科目については、実務をするようになってからも、やはり体への染み込み方が違いますので、この仕事をされたい、という事であれば、可能な限りは、実務に即した科目を受けられた方が良いとは思います。
(もちろん、実務優先ばかりではなく、難易度や勉強時間等を考慮して、現実的に選択される事も大切と思います。)

初心を忘れずに、頑張って下さい!!

酒税法は、確かに実務で使う場面は、一般的にないと思います。
ただ、他の人が知らない事を知っている、ぐらいの程度と思います。

やはり、簿記論、財務諸表論から受けられるのが一番良いと思います。
実際、そのように受けられる方がほとんどではありますが、現実問題として、それが一番入りやすい方法と思います。

税法科目を先にとってしまって、それよりボリューム等は落ちるはずの簿・財が残ってしまって、どうしても合格できない、という話も聞いたりします。

もちろん、税法科目の中でも、取り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報