カメラの自動シャッターで、cdsによる自動シャッターがあります。
これは、cdsの抵抗値が、光の強さで変化することを利用します。
cdsとコンデンサとを直列にした回路で、コンデンサの両端子をスイッチでショートしておき、シャッターの先幕が開いた信号で、このスイッチを開きコンデンサのチャージを開始し、その端子電圧が一定値に上昇したところでトランジスタをONすることで、トランジスタの出力に接続されたマグネットを働かせ、シャッターの後幕を閉じます。
このcdsは、応答が遅いのと、特性に履歴があり、暗いところに放置した場合すぐには使用できない欠点があります。
そこで、シリコンホトダイオードを使用し、これと同様な動作をさせる回路を作りたいので、おわかりの方に、ご教授をお願い致します。
1.ホトダイオードは、cdsのような抵抗とは、異なる性質と思いますので、その違いと使用方法。
2.この回路のあらまし。
3.その他、参考事項
なお私は、カメラメーカーとは、全く関係の無い、一アマチュアです。専用ICは、使用できませんので、ディスクリートの回路で、お願いします。メーカー製カメラを解析しようとしましたが、専用LSIなので、全く分りませんでした。
cdsを使用した回路は、自作し、ジャンク一眼レフからペンタとミラーボックスを除いたレンズ交換式(Lマウント)フォーカルプレーンシャッターカメラを造り使用しております。なお、cdsは、ダイレクト測光でシャッター幕(フィルム幕面)を向いております。
私の実用的知識では、cdsまでしかできませんでした。。
ヒントでも、一部でも、回路図代わりの単語の羅列でも結構ですので、どうぞ宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ダイオードは通常アノード(A)からカソード(K)に対して電流が流れますね。



フォトダイオードの動作には2通りあります。
一つは逆バイアス電圧(A:GND、K:VCC)を加えて光が当たったときにその光量に比例した電流が逆方向に流れるものです。
通常高速で動作させたいときにこの方法を使い、ピンフォトダイオード/アバランシェフォトダイオードが使われます。

もう一つの方法は両端を短絡すると、光が当たるとその光量に比例して順方向(AからKに)電流が流れます。
この方法を使う場合は、カソードをGNDにつなぎ、アノードを反転増幅回路を構成したOPアンプの-端子につなぎます。
(OPアンプ+はGNDです)
OPアンプ-端子と出力端子を抵抗Rで接続すると、光量に比例した電流Iが流れますので、出力VはV=RIで得ることが出来ます。
あとはこれを積分すれば良いでしょう。
ご質問の用途だとせいぜいmsec前後がいいところですから、こちらの方法でかまいません。

基本的な点として、この電流は光強度に比例しますので、積分すると露光量が求まります。

あと、OPアンプにつなぐ抵抗のかわりにコンデンサをつけると、直接積分できます。(V=Q/CでQは電流Iの積分ですからね)
こちらの方法の方が回路は簡単になりますが、リセット回路などを考える必要はあります。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これで、前進できそうです。
カメラ用ですので、片電源の低電圧動作(メーカーではリチウム3Vで達成)、且つ小型化(一眼レフからミラーボックスとペンタプリズムを除くとスペースがあまりない)が必要で、オペアンプで可能かどうかの選定に悩みそうですが。
用途まで理解していただけた上での、明確な、ご説明をありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 14:17

詳しくありませんが、参考文献


トランジスタ技術SPECIAL No.66 センサ応用回路のノウハウ
より(^^;

チップに光を当てると,逆方向に電流が流れます。
両端子を短絡すると、光電流が流れます。
材質によって感度が高い波長が違います。
出力電流はせいぜいμA単位のようです。
本には,OPアンプを使い,電流ー電圧回路を作成し
使用する例がありました。

ろくに説明できませんので,この本を入手してお読みください。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/toragi/TR_index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
近所に常備店があり、早速Tr Ssecial No.66買ってまいりました。
なかなか実際的でわかりやすく、原理は理解することが出来るようになりました。
よい本でした。

お礼日時:2001/09/12 13:55

お問い合わせのものとは違うかもしれませんが、わざわざ作らなくても産業用のセンサーを使えば手っ取り早いと思います。


目的のセンサーが環境の明るさを基準とするなら(たとえば夜から朝になった時のセンシング)無理ですが、光線を遮断する、光線にあたり反射したものを捕らえるなら産業用で使えます。
出力はほとんどがオープンコレクタですので現在のものと同じでしょう。
電源はDC12~24Vが一般的です。
CX-20あたりが使いやすいと思います。
IP67(防滴仕様で応答時間1ms「1/1000秒」です)
http://www.sunx.co.jp/japanese/products/new_prod …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
ただ、求めるセンサーは、カメラの自動シャッターですので、レンズを通ったフィルムに感光させる光の量を検出し、所要量の光が入ったところで、シャッターを閉じます。
つまり、自動的に明るいところでは、早く(例えば1000分の1秒)シャッターを閉じ、暗いところでは、遅く(例えば1秒)明るさに反比例した時間で閉じます。
ですので、産業用の光センサーには、無かったと思います。
なお、カメラに内蔵しますので、かなり小さくする必要もあります。

お礼日時:2001/09/11 22:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。 写真の回路で入力電圧が4.7vで

pnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。
写真の回路で入力電圧が4.7vでIc1のコレクタ電流が流れ、コレクタ電流が増加すると、VB2が0.7v以上にりpnpトランジスタのベース電流IB2が流れ、Ic2が発生すると言った説明がおるのですが、pnpトランジスタはベースの電位が下がるとベース電流が流れると勉強したのですが、これではIc1が増加するにつれ、Ic1と、コレクタ抵抗によりVB2は増加しますよね?
電位が高くなるのになぜ、pnpトランジスタは作動するのでしょうか?
詳しい方ご教授頂きたいです。

Aベストアンサー

> それはプラスの電圧VB2ではないのですか?
> エミッタから見てマイナス電圧とはどういった見方なのでしょうか?

TR1のコレクタにある抵抗に名前が書いてないのでRc1としておきます。
Ic1が流れるとRc1の両端に電圧が生じます。すなわちVB2が発生します。
VB2は直流の電圧ですが、その極性(プラス、マイナス)はどうなるかわかりますか?
図にIc1の流れる方向が矢印で書いてあるのでわかるでしょう。図の上方向がプラスになります。ですからVB2の矢印も上向きになってますね。
これをTR2について言えば、エミッタ側がプラス、ベース側がマイナスです。
このことを「エミッタから見てベースはマイナス」と言います。当然のことですが「ベースから見ればエミッタはプラス」ですね。視点を変えればプラスの電圧にも見えるしマイナスの電圧にも見えるのです。どこを基準にした見方なのかということが大事なのです。「○○から見てプラス」とか「××を基準としてマイナス」のように基準点を明確にしておかないと誤解を生じるのです。

Q負帰還回路にバイパスコンデンサを入れた場合、交流等価回路はどうなります

負帰還回路にバイパスコンデンサを入れた場合、交流等価回路はどうなりますか?また、バイパスコンデンサを入れたことで利得や入力・出力インピーダンスはどのように変化しますか?

Aベストアンサー

バイパスコンデンサのインピーダンスを無視し、簡略化したトランジスタ等価回路で考えていいのなら、ここ(http://www.omega-denshi.com/text/ampcircuit.pdf)の4ページに入力インピーダンス、5ページに出力インピーダンスの式が出ています。

バイパスコンデンサのインピーダンスを無視しない場合は、過去の質問(http://sanwa.okwave.jp/qa2982241.html)の回答ANo.3に計算方法が書かれています。

ANo.3で考えている交流増幅回路は、ご質問の回路の v2 のところに、負荷抵抗 RL を加えたものです。その場合のトランジスタの交流等価回路は、ANo.3の図1のようになりますが、hパラメータのうち hre と hoe が非常に小さくて、これが無視できる場合の等価回路が図2になります。ご質問の交流増幅回路全体の交流等価回路を、図2の等価回路を使って表したのが図3です。図3の回路から、各素子に流れる電流と電圧の関係が求められます(ANo.3の最初のほうの8個の式)。それを連立方程式として i0, i1, i2, i3, v1, v2, v2, v4 について解いたとき、入力インピーダンス Zin と出力インピーダンス Zout の周波数依存は
   Zin = v0/i0
   Zout = RL*( v4(∞) - v4 )/v4
になります。v4(∞)は RL → ∞ のときの v4 です。

バイパスコンデンサのインピーダンスを無視し、簡略化したトランジスタ等価回路で考えていいのなら、ここ(http://www.omega-denshi.com/text/ampcircuit.pdf)の4ページに入力インピーダンス、5ページに出力インピーダンスの式が出ています。

バイパスコンデンサのインピーダンスを無視しない場合は、過去の質問(http://sanwa.okwave.jp/qa2982241.html)の回答ANo.3に計算方法が書かれています。

ANo.3で考えている交流増幅回路は、ご質問の回路の v2 のところに、負荷抵抗 RL を加えたものです。その場合...続きを読む

Q接合トランジスタ、プレーナトランジスタ、点接触トランジスタ

接合トランジスタ
プレーナトランジスタ
点接触トランジスタ

これらのトランジスタって一体どういったものなんですか??

Aベストアンサー

点接触、接合、プレーナ型へと進化したのかな

参考URL:http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/transistor/1.htm

Qトランジスタ増幅回路

出力電圧を取り出すためにコンデンサをつかう理由を
詳しくおしえてください。

Aベストアンサー

電気の波(交流)はプラスとマイナス成分で成り立っていますが、トランジスターはそのどちらかしか増幅できません。
そこで、直流のバイアス電圧をかけて波をプラス側に持ち上げて増幅し、最終的に直流を通さないコンデンサーで直流成分をカットして交流を取り出します。

要は、例えばプラス1ボルトからマイナス1ボルトで変化する交流に直流の2ボルトを加えると、プラス3ボルトからプラス1ボルトで変化する交流(正確には脈流)になります。こうする事でトランジスターは交流電圧(電流)を増幅しています。
この時の2ボルトの直流電圧の事をバイアス電圧と言います。
最終的にこのバイアス電圧(電流)を除去するためにコンデンサーを使います。

かなり簡単に書いたつもりですが、お判りいただけたでしょうか。

Qトランジスタによるエミッタ接地増幅回路において

エミッタバイパスコンデンサCeの容量を小さくした場合、
低周波数域で増幅率が下がる理由を教えてください。
できれば式とともに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答で完璧ですが、別の見方で概念的に理解してみましょう。
まず、エミッタバイパスコンデンサの目的は、バイアス電圧発生用の
エミッタ-アース間の抵抗をバイパスし、エミッタ-アース間の交流
インピーダンスを0に近づけ、負帰還による増幅率低下を抑えること
にあります。
コンデンサが小さすぎると低域での交流インピーダンスが増え、エミッタの抵抗による交流電圧(電圧降下)が発生します。この電圧はベースへの入力電圧を妨げる方向に働き、増幅度が下がるわけです。低周波数ほど増幅度が下がるのは当然です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報