プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本の政界は これからどうなりますか?

A 回答 (4件)

元々は、1955年社会党による共産主義化される動きに対して、


自由党と日本民主党が民主主義と言う共通する理念から統合したのが
自民党です。
だから、政策は細部での違っているから、意見がぶつかることも当然です。
その後、思想の違いから幾つかの派閥に分けれては合併してきました。
そもそもが違う政党(思想・政策)ですから、分裂しているようにも観える。
でも、最終はこの国を民主主義を維持するために、最後は落とし所を探して落ち着きます。
左翼化(赤化)されることを国民が望まない限りは、自民党に政権を任せるのが良い。

だから、この国は民主主義国家が続くと考えます。
    • good
    • 1

内部分裂という表現が正しいかどうかは別にして、様々な意見対立があっても分裂しないのが自民党です。


最近の流行語で言えば"多様性"を許す党で、当面の政権与党は自民党でしょう。
    • good
    • 1

昔から分裂しています。



たとえば安全保障はタカ派とハト派、経済政策はリフレ派と財政規律派という具合です。主導権争いしながら、しかし選挙では党として一体になってやる、そういう政党です。
    • good
    • 1

そもそも、派閥や思想などでバラバラです。


それを選挙協力や政権獲得という目的のために一部妥協しながら集まっているのです。

もし自民党のままなら落選する、政権をとれなくなるという所属議員や派閥が出てきたら離脱するでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A