これからの季節に親子でハイキング! >>

私が持っているカーオーディオには常時電源とアクセサリー電源とイルミ電源の三種類がついています。

質問です。この三種類には同じ大きさの電流が流れますか?それともイルミとアクセサリーはデッキがアクセサリーとか夜とかを判断する信号だけが流れますか?

このデッキの消費電流は10アンペアです。
バッテリーからのプラス電流(常時電流)は最大10アンペア流れるのは間違い無いと思うのですが。
アクセサリーとイルミにこれだけのアンペア流れるのかなぁ。と疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

追記しますm(__)m



私の質問の解釈が変だったので
NO.1は忘れて下さい

消費電流10Aの機械は殆どがACCで使用されます
何故なら車の構造上常時電源は
時計などのメモリーに使うだけなんです

ですからオーディオの常時電源も
時計などのメモリー用の電源になります

通常の作動電源はACCから供給されます
イルミネーション電源は
イルミネーションのオンオフで夜間用の照度に変わったり
夜間用の照明が追加点灯されます

試しに常時電源とイルミネーションを
接続しないままスイッチ入れてみて下さい
普通に鳴りますから
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。
アクセサリー電源が一番おおもとの電源なんですね。(テスターで電流測定してみるといいかもしれませんが、その勇気がないんです・・・)

 デッキから出ている配線を見たところ、イルミも常時もアクセサリーも全部同じ太さの線なので、どれも同じくらい流れてるのかなぁ。と思ったんですが、そうではないらしいですね。

 みなさんありがとうございました。

お礼日時:2005/06/09 11:25

全ての製品がそうであるとは限りませんが、多くの場合は常時電源がメインの動作用電源、アクセサリとイルミはそれぞれを検出するための信号のみが流れていると思います。

その場合のアクセサリとイルミの消費電流は数~数十mAでしょう。
ヒューズ容量は確かに流れる電流と同じではありませんが、目安にはなります。常時電源に10A、そのほかのラインに0.5Aヒューズまたはヒューズ代わりの固定抵抗器が入っている場合は動作用電源は常時だけと見て間違いないですし、むやみに大きいヒューズを使う利点はあまりないので10Aヒューズが入っているラインの最大消費電流が2Aや3Aということはあまり考えられないと思います。逆に10Aでヒューズがすぐ切れるというものではないので昨今のハイパワーアンプ内蔵機種では10A以上流れる場合もあると思います。

参考URL:http://www.tokyogihan.com/products/fuses/13.html
    • good
    • 1

常時+は電子チューナーのバックアップメモリーと時計(付いていれば)用でせいぜい10~30mA程度ですし当然バッテリ電圧がかかってます。


ACC(つまりイグニッションONも同じ)はこのデッキの(と同時にクルマの)通常作動電源ですのでボリューム操作等でも変化しますが10Aフルにはよほどでない限り使わないと思います。この電流の測定経験はありません。電圧はACCおよびONでバッテリ電圧がかかります。またイルミもスモールライトONで同じくです。
    • good
    • 0

違うよ。


内部によるけど、普通はそのラインをそのまま使う。
FUSEのAは食う量そのままじゃないし。
    • good
    • 5

こんにちはm(__)m



使えば流れます
(上限はヒューズの容量)

ACCで10A使えば流れますし
イルミネーションで10A使えば流れます
ただヒューズが飛ぶかもしれませんね

この回答への補足

仕組みがよくわかりません。

てことは、電源を入れた時に10アンペア流れて、しかもアクセサリーに入れた時にさらに10アンペア流れて、スモールライトを付けたときにまたさらに10アンペア流れるということでしょうか?信じられませんが・・・(;´_`;)

 私が思うに、アクセサリーに入れた時には、デッキへは「アクセサリーに入ったよ~」という信号が流れて、スモールライトがついたら「スモールライトがついたよ~」という信号だけが入るのかと思ってたんですが・・・

補足日時:2005/06/08 17:50
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Qカーオーディオの+電源とACCの関係について

カーオーディオは、バッテリーのプラス側から、オーディオ本体と、ACC経由で接続するしくみになっていて、エンジンをかけなくても、ACCの状態でも聞けるようになってます。
カーオーディオを家庭で聞くように、直流安定化電源(具体的には ALINCOのDM-305MV)を購入しましたが、以下の点、気になります。

   この場合の接続は、ACCの接続線は、つながなくても問題なしですか?
   逆に言うと、家庭での100Vから12Vへ変換後の接続には、オーディオ側のプラス接続線と
   ACCの接続線にも、プラス12Vを接続する必要があるのか?ないのか?
 よろしくお願いします。
 
    
   

Aベストアンサー

 一般に車でAccポジションにキーを回した場合、カーステのAccラインにはバッテリーの電圧
が供給されます。
 カーステ側ではAccラインの電圧がバッテリー電圧に上がったのを検出してオーディオの電源を
ONするように設計されてます。

 ですから、家庭で直流安定化電源で使用する場合は、Accラインも一緒に安定化電源へ接続
しないとオーディオの電源はONせず音楽は聞くことができません。

 また、チューナーのプリセットチャンネルやオーディオのイコライザのセッティングなどは
バッテリーのプラスから直接オーディオに接続されている電源が入っている間はメモリーされ
ていますが、一旦バッテリーを数秒以上外すとメモリーは消えてしまいます。

 ですから、安定化電源で使用する場合は、電源を切ると全てのメモリーは忘れてしまいます。

Qアクセサリー用電源の分岐について

当方DIY初心者です。
実際はオーディオの裏側をまだ見たことがないので、変なことを言っていたらすみません。

ワゴンR FXリミテッド(MH34S)に乗っています。
購入時に車外品のオーディオをつけてもらったので(ケンウッドU585SDです)
オーディオ裏にあるアクセサリー用電源を分岐させて
レーダー用の電源を取りたいです。
将来的には、ETCとドライブレコーダーも取り付けたいので
http://minkara.carview.co.jp/userid/569646/car/489445/881180/note.aspx
上記サイトの一番下にある4つに分岐しているY型接続端子を作るか
http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=2830
上記の電源分岐ターミナルを使って
ACC電源を4つに分岐してもしようかと思っているのですが
4つで合計15Aを越えないようであれば、いずれかの方法で大丈夫なものでしょうか。
実際のところ、オーディオの最大消費電流が10Aなので4股は厳しいかも?と思うのですが…

仮に、いずれかの方法でACCの赤い線を分岐させた場合
その他の線も分岐させなければならないですか?
(今のところ、ACC電源以外は不要ですが、他の線も同じ分だけ分岐しなけらばならない決まりがあったりするのかなと…)

それと、4股が厳しいようであれば、オーディオ裏以外では
一般的にどこからACC電源を引くものなのでしょうか。
以前やったことがあるヒューズボックスからの電源取り出しは簡単でしたが
あまり良くないという意見を目にしたので、それ以外の方法を教えていただきたいです。

なお、ドライバー、ギボシ、かしめ具等の工具類、検電テスターは所有しております。
全て頂き物で、自分で使ったことが無い初心者です。
(全く別物だとは思いますが、パソコンを組み立てたり、LANケーブルをかしめる程度の知識はありますが)
アドバイスよろしくお願いします。

当方DIY初心者です。
実際はオーディオの裏側をまだ見たことがないので、変なことを言っていたらすみません。

ワゴンR FXリミテッド(MH34S)に乗っています。
購入時に車外品のオーディオをつけてもらったので(ケンウッドU585SDです)
オーディオ裏にあるアクセサリー用電源を分岐させて
レーダー用の電源を取りたいです。
将来的には、ETCとドライブレコーダーも取り付けたいので
http://minkara.carview.co.jp/userid/569646/car/489445/881180/note.aspx
上記サイトの一番下にある4つに分岐しているY型接続端...続きを読む

Aベストアンサー

NO9の方の回答が付いてますね。
この方の回答も正しいと思います。

補足が多いので(笑) スマホで見ながら回答書いてます。

まず本ですが、それでOKですよ。
基本は、 常用電源、ACC(アクセサリー電源とも言います。)後は、グランド(マイナスとも言います。アースとも言います。)
後は、夜に電気に連動するスモール電源と言うのも有ります。
大体は、一昔前は、これでOKだったんですけど ナビには、車速信号 とかレーダー探知機には回答者9の方も書かれてる
OBDと言うのも有ります。(これは、ディーラーなどで、何処か壊れてるかどうかを調べる為の端子です。コンピューターに繋がってる所ですが、、、 僕は、まだ使った事有りません。)

ナビに、シガーライターの端子のメスを使うとの事ですね?
問題ないとは思いますが、ACC直結だとNO9の方も書かれてる電流値の許容範囲の問題が有ります。

ちょっと簡単に学校で習った勉強に成りますが
電圧=電流×抵抗  でしたね。
12V=何A×抵抗(この場合抵抗は、ポータブルナビです)
これで、ヒューズが切れないかどうかの判断に成ります。
そして、電気が足りない場合 別回路から探すか、リレーを使う事に成ります。

一昔前は、リレーは HIDヘッドライトが無い頃、 80Wのヘッドライトを点ける為に当たり前に使ってました。
また、クラクションにも使う事が多かったのですが、最近はそこまでの電気を食う物が少なくなったので、リレーは
違う使い方をしたりします。
詳しくは今回は貼り付けします。
http://www.amon.co.jp/diy/index.php?mode=contents&diy_id=68
中にユーチューブも有るようです。見て下さい。
A接点が普通の使い方 B接点が電気が切れたら電気が流れる使い方です。(今回は割愛します)

ACCとアクセサリーは同じ事です。
車のカギを挿したら一回動かしたら  ACC と表示されてると思います。
ですが、ヒューズはどこに繋がってるか解りません。

NO9の方が書かれてるように詳しくは、ディーラーで配線図を貰って何色が何の線かを教えて貰うのが一番です。
後、コピーで意外と簡単に貰えたりします。
ちなみに、ここのカテで良く有るのが、この色の線は何ですかとか有りますが、絶対に聞かないで下さい。
と、言うのも答えが絶対でないからです。(もし間違っていてショートしたら火災に成ります。)
良く有る事ですが、信じていいのは、自分で調べたテスターでの線と、ディーラーで電気回路図をもらった物だけを信じて下さい。

ACCとシガーの話は、上記のとおりに成り、ディーラーで聞いて下さい。
下手に出れば、ディーラーの方もちゃんと教えてくれますよ。

線の太さは、太い方が良いに決まってますが、やはり常識の範囲が有ると思います。
例えばですが、http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=E176
使用可能電力:DC12V80W以下/DC24V160W以下
と書かれてますね。
つまり、80W以下にして下さいと書かれてますね。

E(電圧)=A(電流)×R(抵抗)
W(電力)=E(電圧)×A(電流)

この式、学校で習ったと思うのですが、、、
この線の場合、6.7A以下に使用して下さいという事に成ります。
80W=12V×?A

最後に、アースですが、出来るだけ太いに越した事はないです。
太い+と細いマイナスは良くないですよ。

大体、回答したつもりですが如何でしょうか?
参考に成れば幸いです。

最後にテスターをお持ちに成られた方が良いですよ。
1000円位ので充分です。
http://startelc.com/elc/elcLink/tester/elc_nArtcTester.html
頑張って使いこなして下さい。

NO9の方の回答が付いてますね。
この方の回答も正しいと思います。

補足が多いので(笑) スマホで見ながら回答書いてます。

まず本ですが、それでOKですよ。
基本は、 常用電源、ACC(アクセサリー電源とも言います。)後は、グランド(マイナスとも言います。アースとも言います。)
後は、夜に電気に連動するスモール電源と言うのも有ります。
大体は、一昔前は、これでOKだったんですけど ナビには、車速信号 とかレーダー探知機には回答者9の方も書かれてる
OBDと言うのも有ります。(これは、ディー...続きを読む

QACC電源電圧が低すぎる

最近ナビの調子が悪く(電源が入ったり入らなかったり)で困っています。
原因を調べてみたところ、ナビへ接続しているACC電源(以下ACC線)の電圧が12Vを大きく下回っている(測定値で2.5V程度)
ことが分かりました。
しかし、バッテリー電源(以下BTT線)は12Vを上回っていますし、その他の電装品は普通に動作しています。
原因が分からない状況ではありましたが、先日バッテリーをボッシュ製の新品に交換しました。しかし状況は変わっておりません。
そもそも1割程度の電圧変動なら分かりますが、半分以下になるというのはどうも解せません。
まして、BTT線の電圧は12Vを維持しているので、ますます分からなくなっています。

そこで質問です。
バッテリーの電圧及びBTT線の電圧が12Vを維持している状態で、ACC線の電圧のみが12Vを大きく下回ると言う事象について、
どのような原因が考えられるでしょうか?

以下は補足情報になります。

・車種は2004年式のVWルポ、ナビの機種はアルパインのNVE-N099SSです。BTT線はバッテリー直結です。
・このナビは、BTT線が12Vを保っていても、ACC線が12Vないと動作しません。(モニタ側の電源にBTT線が接続されていないため。)
・ナビを取り付けて約4年になりますが、このような状況になったことはこれまで一度もありません。
・ナビのACC線は、オーディオハーネスから分岐接続しています。オーディオの方は問題なく使用できています。
 このハーネスからは、他にETC車載器の電源も取っています。こちらも問題なしです。
・先日100kmほど走った翌日、それまで一週間近く起動しなかったナビが、前触れもなく起動しました。
 その際のACC線の計測値は、12Vを上回っていました。
 しかし、さらに100km程度走ったその翌日には起動しませんでした。その際のACC線の計測値は、2.5V程度でした。
・その際、エンジンをかけた状態で計測したところ、電圧計の針が2~5V位の間での小刻みに揺れていました。
 なお、エンジン停止中であれば2.5V程度で一定でした。
・以前は、キーを刺さない状態でも(ACC線12Vが供給されていない状態)でも地図ディスクを取り出すことができていたような気が
 するのですが、今現在はできません。
・ナビの動作以外には、すべてにおいて支障は生じておりません。


自分で思いついた点としては、以下の二点です。(ただ、いまいち決め手に欠ける気がしています。)
(1)オルタネータ故障?
  → であれば、BTT線の電圧も下がっているはず。ただ、エンジンをかけた状態での電圧の揺れが気になる。
(2)電装品の集中によるACC線の電圧降下?
  → なぜ突然発生したのか? こんな急激な下がり方があるのか?

とりあえず、今度の三連休にでも電源の取り方を見直そうと思っているのですが、それまでに別な視点からのご意見・アドバイスを
いただけたらと思い、質問した次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。

最近ナビの調子が悪く(電源が入ったり入らなかったり)で困っています。
原因を調べてみたところ、ナビへ接続しているACC電源(以下ACC線)の電圧が12Vを大きく下回っている(測定値で2.5V程度)
ことが分かりました。
しかし、バッテリー電源(以下BTT線)は12Vを上回っていますし、その他の電装品は普通に動作しています。
原因が分からない状況ではありましたが、先日バッテリーをボッシュ製の新品に交換しました。しかし状況は変わっておりません。
そもそも1割程度の電圧変動なら分かりますが、半分以...続きを読む

Aベストアンサー

1のオルタネータ故障であれば、バッテリーにまったく充電されず、すぐにバッテリ上がりの症状が出ます。

2の電圧降下は、ものすごく大量に使えばですけど。。。
そこまで電圧が落ちる前にヒューズが落ちると思われます。

オーディオ裏のACC電源部の電圧が正常であるかどうかをまず調べることからですね。
ほかの機器が大丈夫であれば、そこは大丈夫だと思いますが、
そこがちゃんと正常なら、そこからナビにいく間の配線がおかしいのが確定しますからね。
そこまでわかれば、テスターで、ちょっとづつナビに近づいていくだけです。

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Q自動車の配線について、

自動車の配線について、

 質問(1) 例えばETCの配線の時、線が三本あり、一つは-のアース(黒色)後の二本は、+で、例えば赤と黄、この時何故+は二本あるのでしょうか?


 質問(2) スピーカーの配線の時に、+-の表示があれば問題ないですが、表示が無い時、

  1 通常はラインがついているのが-?
  2 黒と赤では、黒が-?
  
  こんな風に理解しているのですが、配線の色やラインの約束事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に 赤はキーをACCの位置で電気が流れる配線に
     黄はバッテリキーの位置に関係なく電気が流れている配線に
     オレンジはイルミネーション ライトスイッチをONにすると電気が流れる配線に
     黒はアース
赤・黄・オレンジはメーカによって違う場合も有りますが、国産メーカーならほぼ同じです。

車種別配線図はこちらで確認して下さい。
http://www.alpine-fit.jp/tech-info.php

Qパワーアンプのリモートコントロール線について。

車のナビオーディオに、パワーアンプを増設しようとしています。

取付説明書の記載では、パワーアンプ側のリモートコントロール入力には、原則はオーディオユニット側のリモートコントロール出力線を接続することとし、それが無い場合は車体側のACC電源の接続するととあります。

そこで質問なのですが、使い方として、走行時にに100%ナビオーディオを起動しているのであれば、どちらを接続しても同じということでしょうか?

それとも、それ以外にACCよりもリモー出力線に繋いだ方がよいメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 普段の使用や音質面では、通常のイグニッションスイッチの操作(≒エンジンのON・OFF)でポップノイズが発生しないのでしたら、どちらの回路から取っても特に問題ない(ほとんど変わらない)と思います。
※外部アンプ用のシステムリモートをACCから取る場合に、同一のACC回路上に余程ノイズを発生する機器(海外製の安価なドラレコや液晶モニタ-など)でも接続されていない限りは音質面での差は出ないと思います。

 特にAV&ナビ一体機の場合は、オーディオ機能の使用状態に関わらずナビの案内音声や各種操作音などを車両スピーカーから鳴らす必要がありますので(機種によっては地デジの緊急放送への即時対応も)、例えオーディオ機能がOFF状態であっても外部アンプ用のシステムリモート端子は常に出力がONになっていると思います。また、最近のAV&ナビ一体機ではシステムリモートの出力はナビ起動と同時にON状態になり、システムリモートへの出力をOFFにすることができない機種の方が多いと思います。
※昔の、ナビ機能を停止する「ナビスタンバイ」の機能があった頃の機種ではどうだったのかは分かりません。(←「ナビスタンバイ」とは言いましても完全にナビ機能を停止させるわけではなく、液晶画面表示をOFFにしたり一切の案内音声を止める程度でバックグラウンドでは常に自車位置測位はしているはずです)

 アイドリングストップ機能搭載車でアイドリングストップ状態からの復帰時(エンジン再始動時)にナビorオーディオが再起動してしまう車種の場合や、リモコンエンジンスターターを取り付けていてIG-ONからスタート(セルモーター始動)までの待ち時間を長めに設定しておられる場合や昔のディーゼル車でエンジン始動前に数秒間のグロー(余熱)が必要な車種などの場合、MT車の場合は坂道発進などでエンストした場合のエンジン再始動時、…などでは、外部アンプのリモートコントロールの配線をナビorオーディオの外部アンプ制御用のシステムリモート端子ではなくACCから取っていた場合の方が外部アンプ本体電源のOFF時・ON時共にポップノイズが発生する可能性が高くなると思います。
※ナビorオーディオのシステムリモート端子から取っていても、イグニッションスイッチのACC⇔OFFを連続して何度も切り替えた場合や、いつもの手動でのエンジン始動時にIG-ON状態から微妙に時間をおいてからスタートした場合(セルモーターを始動した場合)、MT車でのエンスト時のエンジン再始動時、…などではポップノイズが発生する場合があります。

 ただし、外部アンプ本体までのシステムリモートの配線が途中でショートしたときに、システムリモートの配線にヒューズが無かったり、ヒューズがあってもそれよりも手前側でショートした場合、ナビorオーディオのシステムリモート端子から接続してあればナビorオーディオの本体側でエラー表示されるかナビorオーディオ本体のヒューズが切れるだけで済むかもしれませんが、車両ハーネスのACC電源回路から取っていると車両側のヒューズが飛んでしまい、同一のヒューズ回路上にある他の車内機器が使用できなくなります。
※例えば(車種にも因りますが)、ナビorオーディオと同じACC電源回路から外部アンプ用のシステムリモートを取っていて車両側のヒューズが切れた場合にはナビorオーディオ以外にもルームランプや集中ドアロック機能なども使用できなくなる可能性が考えられます。
※外部アンプ本体側の接続端子がコネクター形状などでショートしにくい設計でしたらまだいいのですが、(ネジ止めの)ターミナルタイプでカバーが無く端子がむき出しの場合で、更にアンプ本体を人や荷物などが触れやすい場所に設置しておられるのでしたら十分にご注意ください。
※外部アンプまでのシステムリモートの配線にヒューズを取り付ける場合、ヒューズの位置は車両ハーネスからの分岐箇所に近いほど安心です。

 また、外部アンプ側のリモートコントロールをナビ本体とは別のACC電源回路から取って接続している場合では、他の機器で不具合が発生して車両側のヒューズが切れてしまうと外部アンプが作動しなくなりますので、この場合に外部アンプでフロントスピーカー(≒ナビの案内音声が再生されるスピーカー)を駆動しているとナビの音声案内などを聞くことも出来なくなってしまいます。
※例えばシガーライター(アクセサリーソケット)に繋がる車両ハーネスから分岐して外部アンプ用のシステムリモートを取っている場合で、シガープラグタイプの機器(携帯電話機用の充電器など)が故障または配線がショートした場合など。

 普段の使用や音質面では、通常のイグニッションスイッチの操作(≒エンジンのON・OFF)でポップノイズが発生しないのでしたら、どちらの回路から取っても特に問題ない(ほとんど変わらない)と思います。
※外部アンプ用のシステムリモートをACCから取る場合に、同一のACC回路上に余程ノイズを発生する機器(海外製の安価なドラレコや液晶モニタ-など)でも接続されていない限りは音質面での差は出ないと思います。

 特にAV&ナビ一体機の場合は、オーディオ機能の使用状態に関わらずナビの案内音声や各種操作...続きを読む

Qカーオーディオの配線ミス?・・・

初めて自分でカーオーディオの取替えをしました。がっ!
異常発生です。お助けくださいぃ
症状は
ポジションランプが点かない(ヘッドライトは点きます)
メーターランプが点かない
テールランプが点かない(ブレーキランプは点きます)

車は「ウイングロード」
カーオーディオは「JVC」です

配線は
オーディオ側(ACCライン 赤)

車側(ACC電源 桃)

オーディオ側(バックアップ電源+ 黄色)

車側(バックアップ電源 青)

オーディオ側(アース)

車側(イルミネーション 青/赤)
(↑何かおかしいと思ったんですがこれを接続しないとオーディオがONされませんでした・・・)

なぜでしょうか、教えてくださいぃ!!

Aベストアンサー

原因は、オーディオの“アース”を車両の“イルミ”に繋いだ為、オーディオの回路が成立し、車両イルミの回路がショートしてしまいヒューズが切れた事による物です。

対処法として、オーディオのアースを車両の金属部に付いているビスの所に接続し、アースを取ってからオーディオが鳴るか確認!
鳴る事を確認したならば、車両の運転席側足元にあるヒューズBOXのスモールライト系統のヒューズが切れていないか確認(分からなければBOX内のヒューズすべて確認)し、切れていれば同容量のヒューズと交換してスモールランプが点くか確認!
スモールランプが点けばOKですが、点かない場合は、他の所に異常があると言う事ですので、ディーラーなどで点検して貰って下さい。

Qカーオーディオ取り付けの際にバッテリーを外す?

私は車の配線に詳しくありませんが、カーオーディオの取り付けにチャレンジしようと思っています。
色々ネットで調べて、後は必要な物を揃えて交換しようと思っていますが、「バッテリー」について質問です。

ネットで調べるとオーディオ交換時に、外したほうが良いとの方が多いのですが、最近の車はバッテリーを外さないほうが良いとの方がいます。

私の車種は日産の軽(AT車)ですが、「最近の車の場合」とお考え下さい。

(1) バッテリーを外すとリセットされるものとは?

リセットされるものは、時計とかECUなどでしょうか。
その他、私の車に盗難防止装置やスマートキーなども搭載されていますが、すべて初期設定などの作業が必要になるのでしょうか?(自分でできるのでしょうか?)
ETCは大丈夫なのでしょうか?

(2) そもそもバッテリーを外すと良くない?

昔、車を使わない期間がありバッテリーが上がったことがありました。
ロードサービスの方に「長期で使わない場合は、マイナスを外せば良いよ」とアドバイスを受けました。
ただしネットで調べると、「最近の車」は外すのは良くないという方もいて、バッテリ交換でもバックアップをするというのを見ました。
1にも書きましたが、ECUもリセットされますが、数十分程度で学習されるので問題ないと分かっています。
つまり「外してはダメ」という理由がよくわかりません。

(3) オーディオ交換時にはバッテリーを外す?

本題ですがオーディオ交換時は、バッテリーを外したほうが良いのでしょうか?
(いずれカーナビもチャレンジしたいのでナビの場合も同様です)
ネットだと多くは外してから作業の方が多く、外さないで交換して壊した?という方もいるみたいです。
ただし、最近の車はバッテリーを外さないほうが良いと書かれている方が多く、実際のところオーディオ交換時は外す必要はないのでしょうか?

また素人考えですが、オーディオ交換はコネクタを差す程度と考えていますが、バッテリを外さない場合、どういう所で危険があるのでしょうか?
プラス端子がむき出しでも無く、スパークの危険もないような気がしますがどうでしょう?

ヒューズボックスからLED取り付けとか、色々取り付け・交換をしようと思っていますが、最近の車の場合は、バッテリーを外さずに交換が主流?なのでしょうか。

すごくモヤモヤしていますので、「外さないよりは外したほうがよい」というようなアバウトな回答ではなく、具体的に教えていただけると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

私は車の配線に詳しくありませんが、カーオーディオの取り付けにチャレンジしようと思っています。
色々ネットで調べて、後は必要な物を揃えて交換しようと思っていますが、「バッテリー」について質問です。

ネットで調べるとオーディオ交換時に、外したほうが良いとの方が多いのですが、最近の車はバッテリーを外さないほうが良いとの方がいます。

私の車種は日産の軽(AT車)ですが、「最近の車の場合」とお考え下さい。

(1) バッテリーを外すとリセットされるものとは?

リセットされるものは、時計とかECU...続きを読む

Aベストアンサー

電気配線をいじる時は必ず電源供給は停止するのが原則です。まあ車は2種類の電源供給源があります(バッテリとオルタネータ)ので確かに例外もあります。

バッテリを外すかどうかを選ぶときって、
・バッテリ交換
・オーディオ取り付け
・その他電気配線する機器の取り付け
と思います。

バッテリ交換に関しては、最近の車(アイドリングストップ装備車など)は単なるECU学習機能以外の事もいろいろ保持している関係から、ディーラーのメカニックなど、スキルがある人はエンジンをかけて、電源供給できる状態にしてバッテリ交換するそうです。ただこれはできる人ならば、ということだそうで、基本はディーラーに持ってきてくださいと言ってました。

しかし、オーディオ等は高価なうえ、ショートさせれば一発死です。この場合は当然エンジンONなんてしませんし、バッテリもマイナスを外して作業します。もちろん、作業上、バッテリを外さないと必ずショートするわけではありませんが、簡単な作業でも1回の気の緩みでNAVIが死ぬならバッテリ等電源処理は必ずします。これはディーラーでも同じで、客商売なら当然です。

配線に詳しくないなら必ずバッテリは外しましょう。HIDの改造とかだと感電しかねません。

電気配線をいじる時は必ず電源供給は停止するのが原則です。まあ車は2種類の電源供給源があります(バッテリとオルタネータ)ので確かに例外もあります。

バッテリを外すかどうかを選ぶときって、
・バッテリ交換
・オーディオ取り付け
・その他電気配線する機器の取り付け
と思います。

バッテリ交換に関しては、最近の車(アイドリングストップ装備車など)は単なるECU学習機能以外の事もいろいろ保持している関係から、ディーラーのメカニックなど、スキルがある人はエンジンをかけて、電源供給できる状態に...続きを読む

QカーステレオのAC電源容量は?

カーステレオを室内で使いたいので DC電源12Vを用意しようと思います。目安として 40Wなので 40W/12V=3.5Amp くらいのをよういすればいいんでしょうか?
20W出力なら 2アンペアで(DC12V)いいでしょうか?
またどんなDC電源がいいのでしょうか? PC用350Wがあるのでが使えますか?(12Vも端子があります。)
半波整流はどうでしょうか? (車のバッテリー充電用)

Aベストアンサー

>> 40Wなので //

「カーステレオのアンプの総合出力が」、という意味でしょうか? そうだと仮定して話を進めますが...

出力は、負荷インピーダンス(スピーカーのインピーダンス)との関係で決まるので、「40W」というのが、「20+20W(20Wステレオ)/4オーム時」とすると、

P(出力: ワット)=E(電圧: ボルト)*I(電流: アンペア)

また、

I(電流: アンペア)=E(電圧: ボルト)/R(負荷インピーダンス: オーム)

という2つの式の関係から、

P=E^2/R → P*R=E^2

となり、上記の値を代入すると、

E=8.94

と求まります。すなわち、このカーオーディオのアンプは、4オームのスピーカーに対して約9Vの電圧までスイングできることとなります(電源電圧である12Vの75%なので、妥当な線です。普通のアンプは、電源電圧ギリギリまで出力することは不可能です)。これを第二式に当てはめると、

I=2.24

と求まりますから、チャンネル辺り2.24Aが最大出力電流と分かります。したがって、「20W*2/4オーム」の出力を期待するときは、用意すべき電源の電流容量は、少なく見積もって5Aとなります(したがって、最低でも12V/5A=60Wクラスの電源が必要。余裕を見るなら75Wクラス以上の電源が必要でしょう)。

20W=10W+10Wで良いとするなら、4オームに対して10Wの出力を行うには、第三式より、6.33V・1.58Aとなり、電源の電流容量は、3.2A程度ということになります(どうように、もっと大きい方が安定はするでしょう)。

カーオーディオの出力の表記が、2オーム時のものであったり、電源電圧がこれと異なるときのものであった場合には、計算し直す必要があります。また、室内で使うスピーカーが8オームのときは、電源電圧を上げられない以上、10W+10W(40Wという表記が4オーム時のものとすれば)が限界です。

>> PC用350Wがあるのでが使えますか? //

12V系の最大出力によります。動作確認程度には使えますが(電源のON/OFFを確実に行えることが必要)、電流容量が足りなければ出力は上げられません(PCで12Vが必要な部分は少ないので、あまり電流容量がないのが普通です)。

また、PSU自体の冷却ファンの騒音や、電源ラインにスイッチングノイズを含むことが多いので、音質面でベストとはいえない場合がほとんどだと思います。

>> 半波整流はどうでしょうか? //

リプルが多いので、オーディオ用としては、半波整流はあまり一般的ではありません。なお、バッテリーの充電用とありますが、鉛電池の充電に整流は不要ですが、オーディオ(に限らず電子回路を動作させるときはほとんどの場合)では整流が必須です。

>> 40Wなので //

「カーステレオのアンプの総合出力が」、という意味でしょうか? そうだと仮定して話を進めますが...

出力は、負荷インピーダンス(スピーカーのインピーダンス)との関係で決まるので、「40W」というのが、「20+20W(20Wステレオ)/4オーム時」とすると、

P(出力: ワット)=E(電圧: ボルト)*I(電流: アンペア)

また、

I(電流: アンペア)=E(電圧: ボルト)/R(負荷インピーダンス: オーム)

という2つの式の関係から、

P=E^2/R → P*R=E^2

となり、上記の値...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング