草木染めなどに用いられる媒染剤は、どのようにして
染料と繊維を結びつけているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「染料の種類」

さらに以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/j-aotake/lectures/dye …
(染料の話)
http://www.shinko-keirin.co.jp/kori/science/kaga …
(身近なものによる課題研究)
http://www.amaki.ed.pref.okayama.jp/risuu_ka/H12 …
(草木染め(天然色素)について)

============================
解説染料化学/安部田貞治,今田邦彦…/色染社/1989.10
============================
これ以外にも「染料化学」に関する成書を探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/color/dye.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
参考にしてみます!!

お礼日時:2001/10/04 17:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q烏龍茶と鉄観音

の違いを正確に知りたいんですが、
教えてください。

Aベストアンサー

中国茶の種類は発酵度によっておおまかに6種類に分けられます。緑茶 非発酵、青茶 半発酵(鉄観音・烏龍など)、白茶 弱前発酵、黄茶 弱後発酵、黒茶 後発酵、(プアールなど)、紅茶 完全発酵。
青茶 半発酵茶の総称を烏龍茶と言っていますが、正確には鉄観音種・烏龍種という茶樹の品種の違いです。

Qアゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こ

アゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす恐れは無いのでしょうか、又食用色素:赤色102号や黄色4号等は酸性染料になるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)アゾ染料はモノによって、色々な毒性が知られ、その量によって、アレルギー症状を起こす事も知られています。繊維に吸着した、アゾ染料は、洗浄してから着用する方がいいでしょう、特にアレルギーに弱い方とか、乳幼児には、。。
2)赤色102号、黄色4号などは、-SO3Na を含んでイルノデ、酸性染料でしょう。ヨーロッパでは規制されていますが、日本では、まだ規制が緩やかです。(残念ながら)、これらは発癌性もあるようで、毎日食べていると確かに健康には、(10-50年後)良くないでしょう。 特に乳幼児によくありません。
3)インターネット で Google > 赤色102, 黄色4 (Wikipedia) 等を調べると色々詳しくわかります。

Q中国産のお茶(ウーロン、鉄観音など)の安全性について

このところ、中国産の食品についていろいろな報道を目にします。
我が家には、頂き物の中国茶が沢山あるのですが、安全性がふと心配になった次第です。
ジャスミン茶、ウーロン茶、鉄観音茶また、高価な菊の花が入ったようなものもあります。
日本茶でも、”無農薬”なんて表記してあったりしますが、中国茶に関しては、安心して飲んでもよいものでしょうか?

Aベストアンサー

口に入る物は絶対安心できないのが中国産です.
最初のお茶をこぼすのも農薬を洗い流す為とも云われています.
下記見てください.一部は国が捕まえてはいますが,商社がどんどん輸入しているので漏れは沢山あるはずです.

 http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/1-4/0701.html

しかし日本のものでも豚が牛として売られていたこと,不二家ではバイキン入りのお菓子を売っていた事などからすると,食品業界は信用できませんね.

Q草木染に用いる水の硬度について

学校で「草木染に使うような草花を煮た汁の色を水の硬度と関連付けて考察する」という課題が出ました。
過マンガン酸カリウム滴定法により全硬度とCa硬度を測定した資料水で資料を煮出して自記分光光度計にかけて波長ごとに吸光度を測定しました。
今現在結果を纏めている所で、文献により硬水では結果に斑があり染色に向かないということはわかったのですが、水の硬度と吸光度の関係がいまいちよくわかりません。
文献を当ってみたりもしたのですが、どれも要領を得なくて困っています。
何方かわかる方がいらっしゃいましたら、是非回答お願いします。

Aベストアンサー

カルシウムやマグネシウムが色素成分と結合を作れば、その化学構造が変化して吸収スペクトルが変化することはあり得るでしょう。
しかし、カルシウムなどの量が少ないのであれば、カルシウムなどと結合したものと、そうでないものの2種類(あるいはそれ以上)の成分の混合物になるでしょう。そうするとそれらのスペクトルをその成分比で重ねあわせたスペクトルが得られるはずです。
その成分比がカルシウムやマグネシウムの濃度と関係するという考えに基づいての実験でしょう。

で、ご質問の「文献を当ってみたりもしたのですが、どれも要領を得なくて困っています。」とのことですが、そもそも色素成分が不明なので化学的に明確な説明は無理です。また、文献をあたるのではなく、自分が実験で得たデータを解釈するのが先決です。つまり、高度の変化にともなうスペクトルの変化を詳細に調べることが重要です。そのときの考え方は上記の通りです。
「文献により硬水では結果に斑があり染色に向かない」というのは実用面の話であり、今回の考察とは無関係でしょう。

文献をあたることよりも、実験の主旨をふまえて科学的な考察をすることの方が重要です。調べれば何でもわかるとは考えない方が良いでしょう。

カルシウムやマグネシウムが色素成分と結合を作れば、その化学構造が変化して吸収スペクトルが変化することはあり得るでしょう。
しかし、カルシウムなどの量が少ないのであれば、カルシウムなどと結合したものと、そうでないものの2種類(あるいはそれ以上)の成分の混合物になるでしょう。そうするとそれらのスペクトルをその成分比で重ねあわせたスペクトルが得られるはずです。
その成分比がカルシウムやマグネシウムの濃度と関係するという考えに基づいての実験でしょう。

で、ご質問の「文献を当って...続きを読む

Qコーヒーの焙煎について

コーヒーの焙煎について教えて下さい。
自宅で生豆から焙煎してコーヒーを楽しんでます。
アイスコーヒーの時の焙煎なんですが、一般的には深く焙煎した方が良いんですよね?その通りやると、豆は綺麗な黒っぽい濃い色になり、上手く焙煎出来てるんですが、かなり油が浮き、テカりがあります。その油のためか、本来はカス(チャフって言うんですよね)として捨てるものが豆に着いてます。
普通のホットとして焙煎したら、豆とカスが綺麗に分れるん ですが…
アルミ製の手動焙煎機でコンロの上で手を動かしながら使うタイプの物です。
フライパン形じゃなく、上に穴が有って、そこから豆を入れ、煎り終わったら先端のフタを外して豆を出す形なので、焙煎中にカスを取るのは無理なんです。
いつもは冷めてから、クッキングペーパーで拭いて、ミルしてますが、これだと油もかなり取れてしまい、味が落ちてるような気もします(実際はわかりまんが)
こう言う場合、
1、今のやり方がいい
2、一旦普通のホットのように焙煎し、豆とカスを分けて、豆を再度焙煎する。これだと、一旦少し冷めてしまうので、良いのか疑問
3、油もカスも気にしなくて良い
これ以外、こんな方法がいいとか有ったら教えて下さい。

コーヒーの焙煎について教えて下さい。
自宅で生豆から焙煎してコーヒーを楽しんでます。
アイスコーヒーの時の焙煎なんですが、一般的には深く焙煎した方が良いんですよね?その通りやると、豆は綺麗な黒っぽい濃い色になり、上手く焙煎出来てるんですが、かなり油が浮き、テカりがあります。その油のためか、本来はカス(チャフって言うんですよね)として捨てるものが豆に着いてます。
普通のホットとして焙煎したら、豆とカスが綺麗に分れるん ですが…
アルミ製の手動焙煎機でコンロの上で手を動かしなが...続きを読む

Aベストアンサー

自宅で焙煎をしている一人です。

まずは、焙煎後の冷却方法についてですが
私の場合、ハンドロースターではないのですがチャフ(シルバースキンとも言う)が完全に剥がれ落ちないため、焙煎後の冷却はステンレスのザルに入れて、ヘアードライヤの送風を利用して、急冷とチャフの飛ばしを兼ねて行っています。

アイスコーヒー用の豆を自宅で焙煎する時は、豆の特性に気を付けて下さい。
生豆の時点でブレンドして、一緒にローストする人と私が行っているローストしてアイスコーヒーにする時点で、量を計りブレンドする人と分かれると思います。
ただ、私の場合はウォータードリップで時間を掛けて一滴一滴出していくのでこの方法で良しなのです。

焙煎度合いですが、フレンチロースト(深煎り)にすると豆から脂分が出て来ますが気にしないでください。

まだ焙煎を始めて間もないと思われますので、下記の本が売られていましたら一度読んでみて下さい。
出版社:柴田書店
著 者:バッハコーヒー主宰 田口 護
書 名:コーヒー 味わいの「こつ」
価 格:1600円

この中に、焙煎についてや飲み方が書かれています。

ご参考にどうぞ

自宅で焙煎をしている一人です。

まずは、焙煎後の冷却方法についてですが
私の場合、ハンドロースターではないのですがチャフ(シルバースキンとも言う)が完全に剥がれ落ちないため、焙煎後の冷却はステンレスのザルに入れて、ヘアードライヤの送風を利用して、急冷とチャフの飛ばしを兼ねて行っています。

アイスコーヒー用の豆を自宅で焙煎する時は、豆の特性に気を付けて下さい。
生豆の時点でブレンドして、一緒にローストする人と私が行っているローストしてアイスコーヒーにする時点で、量を計り...続きを読む

Q石灰を土質改良剤として用いる方法

「乾燥剤と生ゴミをまぜると発火する」と言う質問で
石灰は庭にマクと土質改良剤になると教えていただきました。
(ありがとうございました!)

その場合、一旦石灰に大量の水を吸わせてからまくといいのでしょうか。

またどのように土質改良されるのでしょうか。

連続質問ですいませんが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.2の補足です。

何故、障害が起きやすいか?

生石灰はアルカリ分が80%以上と多く、反応が強く起きます。そのため、逆に効きすぎて障害が起きる可能性も高いということです。
良く効く医薬品の副作用が強いようなものでしょうか。

カキガラはアルカリ分が40%程度と効果が緩やかで障害は起きにくいです。

土に混ぜると発火しないか?

燃えやすいものが周囲になければ、生石灰自体が燃える訳ではない(発熱するだけ)ので、大丈夫です。

その他補足

生石灰をそのまま撒くのは、粉状だと均一に撒けるという側面もあります。ただし、手袋をして、防塵ゴーグルをする等の注意が必要です。

Q福岡で自家焙煎のお店を教えてください

福岡でコーヒー豆を自家焙煎して売っているお店を知っていたら教えてください。交通手段は車でもOK。
出来れば、
注文したその場で焙煎してくれる所とか
自家焙煎した物を店頭で売っているとか
機械での焙煎か直火を使用した焙煎とか
種類が豊富とか
特徴も添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

珈琲美美(コーヒーびみ)
http://www.cafebimi.com/

珈琲の家(久留米市津福今町)
http://www.coffeehouse.co.jp/

オージェ
http://www.augiecoffee.com/

その他は下記をご参照ください。

参考URL:http://mosaotv.seesaa.net/category/58263.html

Qアゾ染料と繊維との結合について

アゾ染料は化学結合や水素結合により、繊維と結合して繊維の表面に色素を固定する、また、アゾ染料は、発色団と助色団の共役効果が拡張すると可視光の濃色効果が起こり、色を濃くすることができると文献で読みました。ここで質問ですが、結合量が大きいほど濃色効果が増加して、吸収波長が長波長側にシフトしていくのでしょうか。例えば、結合していないアゾ染料のピークが500nm、結合後のアゾ染料のピークが520nmになったとすると、繊維の量が増え、結合が増加したときさらに波長自体が520nmより長波長側になるのか、それとも結合する物質の種類や結合の種類は変わらないので520nmのままでピークの吸収が大きくなるだけなのか、のどちらなのでしょうか。長々となってしまって申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

吸収波長について考える場合、「アゾ染料内の発色団と助色団の結合」と「アゾ染料と繊維の結合」とは、全くの別物だということを、まずご理解下さい。

c310さんも書かれている通り、発色団や助色団の結合の場合は、共役系(とりあえず単結合と二重結合が交互に繰り返したもの、と考えて下さい)が延長されるため、吸収波長の長波化 濃色化が起こります。
一方、繊維との結合の場合は、通常、共役系の延長にはなりません(酸素などの非共有電子対を持つ原子を介して共有結合を形成した場合は、全くないとは言えませんが)。
従って、アゾ染料と繊維との結合がいくら長くなっても共役効果は起こさないので、当然共役による濃色化は起こりません。

では、なぜアゾ染料が繊維表面に固定されたときに濃色効果がみられる場合があるかですが、それは繊維との結合によって立体構造が変化し、アゾ染料の共役系のエネルギーが変化するためです。
(この場合の構造変化は、化学結合の形成というより、歪み・ねじれが主になります。なお、共役系は、単結合をはさんだ二重結合が同一平面に並んだときに最もエネルギー的に安定になります)


よって、「繊維の量が増え、結合が増加したときさらに波長自体が520nmより長波長側になるのか」との問いへの答えは、「ならない」ということになります。

吸収波長について考える場合、「アゾ染料内の発色団と助色団の結合」と「アゾ染料と繊維の結合」とは、全くの別物だということを、まずご理解下さい。

c310さんも書かれている通り、発色団や助色団の結合の場合は、共役系(とりあえず単結合と二重結合が交互に繰り返したもの、と考えて下さい)が延長されるため、吸収波長の長波化 濃色化が起こります。
一方、繊維との結合の場合は、通常、共役系の延長にはなりません(酸素などの非共有電子対を持つ原子を介して共有結合を形成した場合は、全くないとは言えま...続きを読む

Q焙煎の上手な珈琲屋さんはどこですか?

品評会受賞豆などを扱っている店は、焙煎はある一定レベルであればよく、豆の質に重心を置いてるように感じます。
もちろん、豆が美味しくなければ、生豆以上の味を焙煎で作ることは出来ないので当たり前だとも思いますが・・・
しかし、なんとなく数回注文するとバラつきがあったり、曇ってたり、焙煎がネックになってるんじゃないかなぁと思うことが多々あります。
そこで、豆がいいのは当たり前で、この店は焙煎も「完璧だ」という、焙煎の上手な(or凄腕の焙煎職人がいる)店を教えてください。
通販で豆を買えるところが第一希望です。

Aベストアンサー

さかもとこーひー
http://www.sakamotocoffee.com/
わかりにくいかもしれませんが通販もしています。

ブログに「焙煎」というカテゴリーがあるぐらいなので人一倍こだわりがあると思います。
http://sakamotocoffee.cocolog-nifty.com/coffee/

Qセラミック繊維、ガラス繊維

ガラス繊維とセラミック繊維についてですが、
不明な繊維がある場合、どのような分析方法でガラス繊維かセラミック繊維かを判断すれば良いのでしょうか?
どちらもAl2O2やSi22が主成分で違いがいまいち分かりません。

Aベストアンサー

XRD(粉末X線回折)を使うしかないでしょう。
無定型ガラスなら回折線は出ません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報