私の会社では16N硫酸を時々大量に使う部署があるのですが、今日、こぼした場合にどうしたらいいのかと聞かれて、すぐに答えられなかったのです。
何か安全に中和して処理する物があったと思ったのですが、はずかしながらド忘れして思い出せません。
あくまで、工業用途ですので安価な物であることが条件です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

使われているのは、硫酸ですよね?



私より、前に「大学の研究室で、硝酸を使っていで炭酸水素カルシウムがよいのでは」と書かれていたのですが、硫酸イオンとカルシウムイオンは、沈殿性物質となるので、もし、これを使って中和したら、ちょっとやそっとではとれないシミになってしまうので、硫酸では、決して使用しないで下さい。
ちなみに、硫酸カルシウム2水和物は、「セッコウ」です。ですから、あとの掃除が大変になってしうので、さけてください。なを、硝酸カルシウムは、沈殿とはなりません。


それから、少量こぼしたときは、炭酸水素ナトリウムの粉末をかけるのがよいと思われます。これは、「重曹」つまり「ふくらし粉」です。

ある程度の量をこぼしてしまったら、かなり濃い(16Nの硫酸)で中和をさせることと、硫酸が水に溶解する時に多量の熱を発生することとを含めて考えて、0.5N程度の水酸化ナトリウムの水溶液を用意しておいて、かけるのが安全ではないでしょうか。そのあと、余分にまいてしまった水酸化ナトリウム水溶液は、炭酸水素ナトリウムをかければ、中和出来ますので心配はありません。

硫酸の中和にも、水酸化ナトリウムの中和にも炭酸水素ナトリウムが使えるのは、変な感じがするかもしれません。しかし、硫酸との反応は「弱酸の遊離」による現象で、水酸化ナトリウムとの反応は、純然たる「中和」です。

以下にその反応式を示しておきます。
 ・硫酸との反応
  H2SO4+2NaHCO3 → Na2SO4+2H2O+2CO2
 ・水酸化ナトリウムの反応
  NaOH+NaHCO3→Na2CO3+H2O 

炭酸水素ナトリウムの粉末は、各人がとっさの時に使えるように、小分けにしておいておかれてはいかがでしょうか。

16Nの硫酸を使っているとのことですから、おそらく、めがねや手袋をしての作業ではないかと思えますのでこんな答えとなりました。

なを、水酸化ナトリウムと水にとける時、熱をかなり発生しますので、固体の状態のままの水酸化ナトリウムを用意してまくのは、かなり危険だと思えます。さけた方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございます。
水酸化ナトリウムだけは絶対にダメと言ってあったので使用していません。

会社のみんなもこの意見に賛成してくれました。
ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

炭酸ナトリウムがいちばん安いのでお勧めですが、発砲するので、一度にどばっといれると大変です。

少しずついれるのがミソです。
炭酸ナトリウムは粉だし取り扱いは結構楽だと思います。
水酸化ナトリウムとかはそれ自体危険だし・・・

試薬がすぐ手に入らないない場合は、衣料用洗剤(弱アルカリ性のもの)で対応可能です。
衣料用洗剤は炭酸ナトリウムがたくさん配合されていると表示されてます。
    • good
    • 0

基本的に実験室レベルでは(ポリバケツ1杯ぐらい)炭酸水素カルシウムを使います。


これは大学の濃硝酸を中和するのに研究室で使用してました。これだと沈殿が発生しないので(二酸化炭素が発生する)後の処理も楽です。
何tも使うような場合には苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を使います。これは下水プラントを持っている規模の工場で使います。弱酸では使用量が莫大になるからです。
    • good
    • 0

炭酸ナトリウムか炭酸水素ナトリウムはどうですか?

    • good
    • 0

◆Naka◆


水酸化バリウムか、水酸化カルシウムあたりはどうでしょう??
すぐに白い沈殿になるはずですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
水酸化物は反応が激しくて危険なのでは?という会社の同僚の意見で却下されました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸の処理について

カテゴリが分からずこの欄をお借りしました。間違いならご指摘下さい。再度お尋ねします。
さて、教えていただきたいのは、縁の下から硫酸が5~60CC程度、ビンに入って発見されました。さび止め薬品と同じ箱に一緒になっています。さび止めに使ったのでしょうか。これを捨てたいのですがどのように処理したらいいかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

硫酸・・これはどのようなものでしょう。濃硫酸ですか、希硫酸ですか。違いによって処置が若干違います。
ビンの中の状態が水と全く同じなら、希硫酸。少しトロッとしたようなら、濃硫酸。
本来なら、希釈して中和廃棄となるのですが、少量なので、基本的には水で希釈して廃棄でしょう。
希硫酸なら、適当な容器に入れ、どんどん水をかけましょう。そのまま、地下浸透。
濃硫酸でも同じですが、水の中に硫酸を入れるのが原則です。硫酸中に水を入れると跳ね返り大怪我をすることになる可能性が残ります。(怖がって少しずつが危ないのです。)地下浸透が可能なら、容器(大きな洗面器など材質は何でも構わないでしょう。)の中に硫酸を入れ、離れたところから、ホースでこれでもかというぐらい水をかける。(出来るだけ離れて遠くから。これなら、硫酸に水をかけても危険はありません。←今回の量ならという条件付で)
濃硫酸の場合、布に染み込ませるのは危険です。(布が燃える可能性も有ります。)
下水道も家庭には浄化槽がありますので、あまり高濃度は問題(浄化槽に)が発生しますので、少しずつと言うことで行って下さい。
廃棄する時は、くれぐれも体に掛からないように注意してください。

硫酸・・これはどのようなものでしょう。濃硫酸ですか、希硫酸ですか。違いによって処置が若干違います。
ビンの中の状態が水と全く同じなら、希硫酸。少しトロッとしたようなら、濃硫酸。
本来なら、希釈して中和廃棄となるのですが、少量なので、基本的には水で希釈して廃棄でしょう。
希硫酸なら、適当な容器に入れ、どんどん水をかけましょう。そのまま、地下浸透。
濃硫酸でも同じですが、水の中に硫酸を入れるのが原則です。硫酸中に水を入れると跳ね返り大怪我をすることになる可能性が残ります。(怖...続きを読む

Q硝酸、硫酸の中和方法

彫金でシルバーアクセを作っているものです。
以下の用途で硝酸、硫酸を購入しようと思っています。
・硫酸(希硫酸)・・・ロウ付け時の銅酸化物の除去
・硝酸(希硝酸)・・・銀の腐食を利用したエッチング

質問:使用後硫酸、硝酸の中和方法を教えてください。
   過去の質問で硫酸の中和は重曹で可能とありました
   が、(1)どれくらいの量が必要でしょうか?
   また、(2)中和後の液体は下水へ流してもよいので
   しょうか?
   (3)保存に際して注意する点などありましたら教えて
   ください。
   
   

Aベストアンサー

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので,希釈液 250 cc 位使用であれば,かなりの量を使い残す事になると思います。

また,参考 URL にあげた住友化学のペ-ジの「硫酸」,「硝酸」,「混酸」の記載を御覧になればお分かりになると思いますが,これらはいづれも「毒劇物取締法」の「劇物」に指定されている危険な薬品です。

当然,その取り扱いにも化学的知識を持っている事が必要になります。例えば,硫酸の希釈一つとっても単純に濃硫酸に水を加えると大けがする事になります。

失礼ですが,takanorik さんのご質問やお礼の内容を拝見しますと,これら薬品を取り扱われる事に関して,必要な知識をお持ちかどうか心配になります。どなたか経験者の方と一緒に行われた方がよいように思います。

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/koyaku.html

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので...続きを読む

Q苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

大体でいいのですが、計算の仕方を教えてください。

2NaOH+H2SO4→NaSO4+2H2O
の反応でいいですよね。

苛性ソーダを1M3に1kg使用した水溶液に 35%の硫酸水で中和したいのです。

この硫酸水をどれぐらいの量を入れたらいいでしょうか?

昔はこんな計算は簡単にできたようなきがするのですが・・・

全く忘れてしましました。

すいません

Aベストアンサー

化学反応はモルで計算しなければ分量があいません。

NaOHの式量=40なので、
1kgの物質量=1000/40=25〔mol〕

35%の硫酸の密度は1.26〔g/mL〕くらいなので、
1Lでは1260〔g〕になります。
このうち35%がH2SO4なので、
H2SO4〔g〕=1260×0.35=441〔g〕
H2SO4の分子量=98なので、
H2SO4〔mol〕=441/98=4.5
よって、濃度は4.5〔mol/L〕になります。

反応式より、NaOH:H2SO4=2:1 で反応するので、
硫酸の体積をχ〔L〕とすると、
25:4.5χ=2:1
χ=2.78〔L〕

ただし、この中で使った35%硫酸の密度が推定値(有る程度正しいはず)
なので、正確な値は密度を調べて計算してください。

Q強アルカリ水溶液を中和したいのですが・・・

苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液を中和して排水したいのですが、中和剤に何を使うと良いのでしょうか?
なるべく詳しく教えてください。
取り扱いのなるべく安全なものでお願いいたします。

Aベストアンサー

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起こします
大量の水のなかにすこしづつ濃硫酸をいれてください
又たの方も書かれていますがゴム手・ゴーグル等はしたほうがいいでしょう

「排水できる許容数値なるものってどれくらいでしょうか」

pH5.8~8.6以内で調整してください

だいたいでもいいですが100リットルに相当する苛性ソーダの量(重さ)は分かりませんか?だふん相当する濃硫酸の量も計算でだいたいでると思います、計算は私は遠慮しておきます

後中和のさいの攪拌は相当しないといけませんできたら攪拌機など機械でがベストです

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起...続きを読む

Q希硫酸が手や衣服についたときの処置は?

ドラッグストア勤務の薬剤師です。

先日お客様から、
「バッテリーの電解液が手や衣服についた場合、
重曹や生石灰で洗浄すれば中和できるので、
皮膚や繊維が傷まないらしいのだが、本当か?」
というご質問を受けました。
電解液そのものの廃棄に重曹を使うことは聞いた事があったのですが…。

そこで、
1.実際手や服についてしまってからの中和は果たして効果があるのでしょうか?
ガソリンスタンドに勤務していた後輩にも聞いたところ、
「中和より流水で洗浄が先」と言われ、私もそう思っていたのですが…。

2.お客様曰く、
「入浴剤のバブのように、水に溶かすと発泡する錠剤」らしいのですが、
カー用品などでそういう商品が市販されているのでしょうか?

3.生石灰は急激に吸湿すると危険だったように思うのですが、
強酸の中和剤として利用することはあるのでしょうか?

以上、長々とすみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
カー用品は判らないので、1と3のみです。

1、手や衣類に付着したとしても、硫酸が皮膚や繊維と全部反応してしまう前に、過剰の硫酸を処理してしまうという意味で有効です。
ただし、実際には、すぐ手元になければ、取りに行ったりするよりは手元の大過剰の水で流してしまう方が反応する時間を与えない結果になるので有効な場合が殆どです。
こういった方法が有効なのは、そういう場合に備えて、手元に希重曹水などを用意していた場合に限られます。

3、そのとおりです。
生石灰は水と反応して発熱し、大変危険な物質です。
おそらく消石灰の間違えでしょう。
実際に硫酸の処理に使うには、炭酸カルシウムの方が反応が穏やかで安全です。
消石灰はかなり発熱します。

ただ、石灰系の処理剤を使うと、硫酸カルシウムで真っ白になり、後の掃除が大変です。
多量の硫酸の処理に準備された場所で使う分には炭酸カルシウムか石灰石が一番手軽で安全でしょう。

Q炭酸水素ナトリウムと硫酸の反応

炭酸水素ナトリウムと硫酸の反応で、硫酸ナトリウムと二酸化炭素と水ができますが、硫酸水素ナトリウムができないのはなぜでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

H2SO4の電離反応にはH2SO4⇔HSO4- + H+ の反応があるためNaHSO4はできているかもしれません(ただ当然電離していますが)。
しかしNaHSO4自体よく溶け、反応がさらに進んでNa2SO4になってしまうのでNaHSO4を単離することはできないでしょう。

Q濃硫酸1m3を中和するのに必要な苛性ソーダの量

濃硫酸98%(比重1.84g/ml) 1m3 を中和するために使用する苛性ソーダ48%(比重1.5)の量がわかりません。
中和に必要な苛性ソーダの量と計算方法を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体積が1000Lで比重が1.84なので、質量は1840kgであり、そのうち98%がH2SO4なので
1840*0.98 (kg)のH2SO4を中和できればいいことになります。これを硫酸の式量で割るとH2SO4のモル数になり、H2SO4は二価なのでさらに二倍したものがH2SO4の当量数、つまり必要なNaOHの当量数になります。
1840*0.98/98*2
これにNaOHの式量をかけると必要なNaOHの質量になり、さらに0.48で割るとNaOH水溶液の質量になります。
1840*0.98/98*2*40/0.48
これを比重で割ればNaOH水溶液の体積になります。

Q化学の中和計算

お世話になります。

基本的な事なのでしょうが、化学は苦手で計算方法が分かりません。
問題
硫酸溶液2000L(濃度75%)を、Ca(OH)2 100%で中和したいです。
水酸化カルシウムは何リットル必要ですか?

簡単なんでしょうが、全然わかりません。
急きょ知りたくて、どなたかご教授下さいませんか。 m(_ _)m

Aベストアンサー

希釈してから中和することを勧めましたが,
確かに,No.1の方が仰っているとおり,
水酸化カルシウムは水に溶けにくい物質で,
水溶液にして反応させることは難しいですね。
グラウンドに白線を引く石灰(消石灰)に使われています。

また,反応の結果生成する硫酸カルシウムも水に溶けにくく,
こちらは石膏の主成分です。

その中和操作について,もう少し詳細を知りたいところです。

Q水処理の中和に硫酸を使う理由とは?

現在、とある処理場で水処理業に従事しているのですが、滅多に来訪しないお偉い様から質問を受け、明確に答えられませんでした。
単純に個人的にも疑問を持った内容だったので、どなたかご存じでしたら教えて下さい。
当処理場の条件(質問の内容)は・・・
・カルシウム塩が高濃度に存在し、原水はpH11~12ぐらい
・塩酸を使用しない理由はなぜか?
・仮にカルシウムと結合した場合、溶解度の観点から硫酸カルシウムより塩化カルシウムとなった方が水処理も容易なのではないか?
・維持管理上の規制がある塩化物イオンは、塩酸を使用することにより中和によって高くなるものなのか?

以上4点です。なお、コストは度外視して教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

・塩酸は塩化水素ガスを発生するので取扱が悪い。また場合によっては更に有害な塩素ガスを発生する可能性が高い。硫酸はガスを発生すること(排水処理での反応で)はまずない。
・塩化カルシウムは水溶液で系外に出た場合、環境汚染の問題がある。硫酸カルシウム(石膏)は水に不溶で沈殿するので汚泥として別途運搬、処理できる。
・塩化物イオン濃度は塩酸を使うことにより、当然高くなる。塩化物で沈殿するような+イオンなら別ですが(仮にAgやPbが排水に来ることは設計上問題がありますが)

Q硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表にな

硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表になった物を探しています。
もしくは、Excelなどで数式を入れて表を作成できるなら、それでも良いです。
どなたかご存じないですか?

Aベストアンサー

濃硫酸は100倍に希釈してもpHは1より小さく、
1000倍に希釈してもpHは2より小さくなります。

濃硫酸は98%がH2SO4で、水の電離が少ないので、濃度が高いときの
pHの値は無意味になります。最低でも10倍希釈以上でしょう。

(第一段階) H2SO4 → HSO4- + H+
(第二段階) HSO4- → SO42- + H+
第一段階は完全電離と考えられますが、第二段階は濃度が高いと電離度が
低くなりますので、計算はちょっとややこしくなります。

簡単には、1000倍希釈のpHが1.6~1.8くらいになります。
あとは10倍希釈する毎に1ずつ大きくなります。
※ただし、pH5くらいまで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報