プロが教えるわが家の防犯対策術!

表題どおりの質問です。
コーラ(あるいは炭酸飲料)に氷を入れると、なぜ泡がたくさん出るのですか?

A 回答 (2件)

ご存知の通り、炭酸飲料には多量の炭酸ガスを溶け込ませてあります。


高圧により、限界以上の炭酸ガスを溶け込ませているため、
ちょっとしたショックで溶け込んでいた炭酸ガスは泡になって出てきてしまいます。
(コップを指で軽く叩いても泡が出ますよね?)

炭酸飲料に氷を入れた時も同様です。
氷が入ったことが刺激となり、炭酸ガスが泡になって出てくる、というわけです。

また、この時一番大きな刺激になっているのは、実は氷本体ではありません。
氷の表面についた霜が非常に大きな刺激となっているので、
氷を一度水で洗って表面を滑らかにして入れると
それほど泡が出なくなるので一度お試しください (^-^)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

自分は、氷が冷たいから炭酸飲料への刺激になっていると思っていました。表面の抵抗が原因というのはちょっと意外でした。解答ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/30 09:02

下のリンクに書いてある通りの現象が起きている


のだと思われます。

食塩を混ぜると、もっと泡が出るそうですね。

実はこの現象を利用して面白いイタズラがで
きます。ペットボトルか缶のコーラの口に
食塩かアイスクリームのクリームをつけて
飲ませると、口の中で炭酸が爆発してコーラ
を噴出しまうそうです。
(実際にやったら責任はとれませんが(笑))

参考URL:http://kinki.chemistry.or.jp/pre/esa-34.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
リンクはとても参考になりました。

炭酸飲料から二酸化炭素が溶け出す条件は、
1)(炭酸水とその他の物質)境界面の抵抗があり、攪拌されて大きな刺激となる
2)境界面に温度差がある(その他の物質の方が温度が高い)
と考えればいいのでしょうか?

お礼日時:2005/06/30 09:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏休みの課題、理科の実験について

私は中学3年生なのですが、理科の自由研究をしなければなりません。
先日、炭酸飲料に氷を入れて飲んでいて、「なんで氷を入れたらこんなに泡立つんだろう」と思ったので、それを実験にしようと考えましたが、炭酸水に氷を入れて観察するだけじゃ物足りないし、この実験はレベルが低いと思っています。
この実験をもうちょっと深くできるでしょうか?
薬品類を使うのは、ちょっと難しいです。
また、別でおすすめの実験などがあったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、その疑問はすごく良いですよ。身近に感じた疑問は非常に大切です。

 まず、同じ炭酸飲料で行って下さい。
調べるものは、室内の温度、炭酸飲料の温度、氷の温度。
実験する環境の情報は非常に大切なものです。

 氷の種類で変化はあるのだろうか?冷蔵庫の氷、アイスブロックのきれいな氷。南極の氷(まぁ、これは入手が難しいかな)。
 氷の形態による変化。大粒では?、かき氷のような細かなものでは?
 このように、条件を変えていきます。

 ゴミ袋でも良いので、どれだけ噴出したのかわかるために、実験中の入れ物にかぶせて、取り出して下さい。ふくらみ具合で判断。

 泡の発生状態の観察も行って下さい。最初と最後ではどうなっているのか。

 ちょっとおもしろい実験を。でんじろう先生のお弟子さんが書かれた本でファイブミニを氷を入れた容器で冷やします。静かに。塩を入れて温度を下げます。約一時間ぐらい冷やして、静かに取り出し、飲んでみましょう。そのとき内部は凍っていないことを確認しましょう。では、飲んでみて下さい。突然凍り出します。それはなぜでしょうか?

 氷以外を入れた場合はどう変化するのでしょうか?
 
 いろいろと実験し記録し、そこから導き出されるものはなんでしょうか?後はいろんな本から答えを見つけ出しても良いです。
 それと実験の際には、ぬれても良い状態で、換気も忘れずにね。

まず、その疑問はすごく良いですよ。身近に感じた疑問は非常に大切です。

 まず、同じ炭酸飲料で行って下さい。
調べるものは、室内の温度、炭酸飲料の温度、氷の温度。
実験する環境の情報は非常に大切なものです。

 氷の種類で変化はあるのだろうか?冷蔵庫の氷、アイスブロックのきれいな氷。南極の氷(まぁ、これは入手が難しいかな)。
 氷の形態による変化。大粒では?、かき氷のような細かなものでは?
 このように、条件を変えていきます。

 ゴミ袋でも良いので、どれだけ噴出したのか...続きを読む

Q炭酸飲料の泡はなぜコップの下の方から現れるのでしょうか?

炭酸飲料をコップに注ぐと、コップの底の方から泡が現れ、上に登っていきますよね?

なぜ、泡はコップの真ん中や上の方からは現れず、底の方から現れるのでしょうか?

Aベストアンサー

ガラスに傷があったりして、小さな目に見えない気泡がついていたりする場所があると、そこの気泡が泡を誘引して泡が出てくるのです。
理科の実験では、お湯を沸騰させるときに、泡が出やすいように細かい穴の開いた石である沸騰石というものを入れたりします。これを炭酸飲料に入れると。よく泡立ちます。

JAS法という法律で炭酸飲料の定義がなされています。炭酸ガスの最低含有量は、ソーダ水ではガス圧が3.0kg/cm2以上、着色料や着香料をしたフルーツ系無果汁飲料では0.7kg/cm2以上、果汁や乳製品が入っていると、0.2kg/cm2以上です。
Xkg/cm2は1平方cmの面積をXkgの力で押す力を表します。
一般に、容器の強度と美味しさの観点から炭酸ガス最高含有量は大体3~3.5kg/cm2辺りが限度とされています。コーラなどは最高含有量付近で作られています。コーラが他の炭酸飲料より泡が出やすいのはここに理由があります。
   http://q.hatena.ne.jp/1183456256
   http://www.kagakunavi.jp/blog/showentry/466

ガラスに傷があったりして、小さな目に見えない気泡がついていたりする場所があると、そこの気泡が泡を誘引して泡が出てくるのです。
理科の実験では、お湯を沸騰させるときに、泡が出やすいように細かい穴の開いた石である沸騰石というものを入れたりします。これを炭酸飲料に入れると。よく泡立ちます。

JAS法という法律で炭酸飲料の定義がなされています。炭酸ガスの最低含有量は、ソーダ水ではガス圧が3.0kg/cm2以上、着色料や着香料をしたフルーツ系無果汁飲料では0.7kg/cm2以上、果汁や乳製品が入ってい...続きを読む

Q炭酸飲料から気体が出るわけ

ビールに塩を入れたりコーラに砂糖を入れたりすると二酸化炭素が出てくるのはなぜですか? 氷だとそのうちあんまり泡は出なくなるのに、砂糖は溶けずに残っているとずっと泡が出てきます。サイダーにアイスクリームを入れると一気に泡が出て炭酸が全部ぬけるのも一緒なんでしょうか。

Aベストアンサー

ビ-ルやコ-ラは二酸化炭素が過飽和の状態(通常溶ける以上に溶け込んでバランスを保っている状態)になっています。

ここに,塩や砂糖を入れたりすると,その刺激によってバランスが崩れ,溶けきれなくなった二酸化炭素が気体(泡)として出てきます。

一方,氷の場合は,最初は同じ理由で泡が出ます。ただ,氷は塩や砂糖とは異なり,周りを冷やします。一般に,温度が高いほど物質は気体に成りやすいですから,氷で冷やされる事で気体(泡)の発生はおさまります。

Q服に付いた墨汁の染みの取り方。

白いTシャツに墨汁が付いてしまいました。まだ1回しか着てないので、取れるものなら取りたいのですが、きれいに取れる方法はあるんでしょうか。(Tシャツの素材は綿100%です。)教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アパレルの元技術者です。
墨の汚れは、基本的に大変難しいです。
完全には落ちないといっていいかも知れません。
基本は、乾かないうちに処理するのが、一番ですが。

手法は、書ききれませんので、
クリーニング店の『墨のシミ抜き』というHPをご紹介します。

また、おばぁの知恵的ではありますが、大根で抜く方法があります。
これは、“ためしてガッテン”で取り上げられた方法です。
こちらも、HPご紹介します。

無事きれいに抜けるとよいのですが。

参考URL:http://www.hpmix.com/home/showadry/F51.htm,http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q4/20011219.html

Qメントス×コーラで噴出する理由

メントスとコーラを混合すると、コーラ柱ができる程に、噴出するのは有名な話です。
私は、大学で化学を専攻しているにも関わらず、どうして、噴出するのか理由がわかりません。
ネットで情報収集した所、コーラ中のCO2(炭酸)がメントスという界面活性剤により、表面張力が下がって爆発的にCO2を発生させるためという理由が一般的なようです。
しかし、界面が活性すると、なぜ、CO2の溶解度が下がるのでしょうか?そこがわかりません。
あと、本当に界面活性の効果のみで、噴出するのであれば、洗濯洗剤等、界面活性剤を含むものなら、同じ結果が得られるはずですが、ネットで見る限り、他の含界面活性剤の日常品よりも、メントスが一番大きく噴出する(私自身が実験してないのでなんとも言いがたいですが)ようです。これも、なぜかよく理解できません。
最後に、メントス以上に、コーラを噴出できさせる物ってどのような物が考えられますか?(化学物質でもかまいません。)

Aベストアンサー

No.1について
ざらざらな表面は表面エネルギーが高いので不均一核生成が起きやすくなります。例えばビールグラスなどは泡ができやすいようにレーザーで注意深く凹凸をいれてあるそうです。逆にピカピカに洗ったコップにビールをそそぐと泡の発生が少なくなります。

Q子供にもわかるように教えてください!

今日、ある番組を見ていたら、コーラのような炭酸飲料とラムネ菓子を一緒に口に含むと、爆発をおこしたように、コーラが口の中から溢れ出していました。
また、コーラのボトルの中にラムネ菓子を入れると、コーラのほとんどが外にこぼれ出してしまいました。

な~んとなくですが、胃のバリウム検査をする時に、ラムネのようなものを飲まされ、決してゲップを出してはいけません!我慢してください!と言われるのを想像してしまったのですが・・・
どうして、そんな現象がおこるのでしょう?

Aベストアンサー

#4 です.
#5 さんご紹介の動画はすばらしい.大変感心しました.

ところで,子どもにもわかるように,という部分が欠けていたので補足します.

コーラなどの炭酸飲料には二酸化炭素という気体が溶けています.これがピリピリする味のもとになります.
さて,水にものが溶けるというのは,たいがいの場合いくらでも溶けるわけではありません.ある程度以上には溶けません.この,いっぱいいっぱいに溶けた状態を「飽和している」といいます.満員電車のイメージです.
しかし,ラッシュアワーの満員電車は,もう入らないようなところに,さらにさらに人を押し込んでいたりします.もう中の人は苦しくて苦しくてひぃひぃ言っていて,本当はもう入らないはずなのですが,駅員さんとかが無理矢理外から押し込んだりして,なぜかもう少しは入ってしまいます.
ものが溶けるときも同じで,溶かし方によっては本来の限界を超えて溶けてしまうことがあります.このような状態を「過飽和」といいます.
この,限界を超えている状態は電車の例で考えてもわかるように,あまりにも無理があります.なので,ちょっとした弾みで外にあふれて,せめて本来の飽和状態に戻ろうとしています.
満員電車の場合,駅についてドアが開けば,その瞬間どどどーっと人が外に押し出されてくることになります.もし「過飽和」になっていなければ,ドアが開いても人はあふれてこないはずです.だから,ドアが開くこと自体が過飽和状態を解消しようとするきっかけといえるでしょう.
コーラの場合には,たとえばゴミ,容器の傷,そういったものがあるときっかけになります.割り箸をさらに途中で折ってギザギザの面を増やしてやって,それをコーラに入れると泡が盛大に出ます.じつは泡自体もこのきっかけになるため,いったん泡が出始めると盛大に泡が出るという傾向もあります.
ラムネ菓子は粉を固めたお菓子です.なのでその固まりの表面はでこぼこだし,粉同士の隙間があり,これ自体も泡と同じ性質があります.ということで,過飽和状態を解消するきっかけとして効くのです.
もしラムネ菓子を口に含んで完全に溶かしてからコーラを口に入れると,たぶん泡の大発生はおこらないでしょう.またおせんべとかはやはり吹き出してくるのではないでしょうか.いろいろと実験してみるといいと思いますよ.


ところで,ラムネ菓子は重曹の類はとくに入っていないようです.クエン酸の酸味と糖類の甘みだけみたいですね.重曹とクエン酸入りで口の中で発泡するお菓子もありましたが (商品名は失念).

#4 です.
#5 さんご紹介の動画はすばらしい.大変感心しました.

ところで,子どもにもわかるように,という部分が欠けていたので補足します.

コーラなどの炭酸飲料には二酸化炭素という気体が溶けています.これがピリピリする味のもとになります.
さて,水にものが溶けるというのは,たいがいの場合いくらでも溶けるわけではありません.ある程度以上には溶けません.この,いっぱいいっぱいに溶けた状態を「飽和している」といいます.満員電車のイメージです.
しかし,ラッシュアワーの満員電車...続きを読む

Q氷の溶け方について質問です。

自由研究で「どの飲み物に入れた氷が早く溶けるか」を実験しました。
飲み物は、コーラ、オレンジジュース、牛乳、水、コーヒーです。
飲み物の温度、量はすべて同じです。
その中に氷3つを入れどの飲み物に入れた氷が溶けるか調べました。
氷の大きさ入れた時間すべて同じです。
それで1番早く溶けたのは水でした。
2番がコーヒー。
3番が牛乳。
4番がオレンジジュース。
最後がコーラでした。
この結果を見て普通は炭酸のコーラが早く溶けるって言うんですが
私の実験はコーラが最後でした。
これってやっぱり実験に失敗してしまったのでしょうか?
それと水が1番早く溶けた理由も分かりません。
私なりに調べてみましたが分かりませんでした。
なので分かる方いましたら
なぜ水に入れた氷が早く溶けるのか?
なぜコーラに入れた氷が最後なのか?
教えてください。
お願いします!!!!

Aベストアンサー

さほど不思議な結果ではないように見えます。
液体に入れた氷が溶ける速さに影響するのは主に液体の粘度と熱伝導率です。
粘度が高いと熱の対流(拡散)が起こりにくくなります。水をかき混ぜると氷が速く溶けることを考えれば分かるように、かき混ぜる効果が小さいほど氷の溶ける速さは遅くなります。

つまり例えば牛乳と水とを比べた場合、おそらく牛乳の方が粘度が高いことが予想されるので、水の方が熱を拡散させる効果が高く、より速く溶けることが予想されます。
また、熱伝導率の大きさも一つの要因です。
90℃のサウナと90℃の熱湯は同じ温度でも熱湯の方がより熱く感じると思います。これは理由があって、液体というのは気体に比べて熱を伝えやすいのです。熱湯は自らの温度を素早く物体に伝えるため、より熱く感じるというわけです。
だからコーラが最後なのはかなり納得できる結果です。コーラに入れた氷はたくさんの炭酸ガスの粒で覆われているはずです。水やコーヒーなど完全な液体に包まれた氷と比べると、氷に熱が伝わっていくスピードはかなりゆっくりなものなはずだと考えられます。
またこれは何も液体と気体の間だけにある違いではありません。熱の伝わり易さというのはあらゆる物体の間で異なります。コーヒーと水との間では、水の方が熱伝導率が高いということもあり得ます。

なので、この実験結果はさほどおかしなものとは思いません。きちんと分析すれば優れた自由研究になると思いますよ。

さほど不思議な結果ではないように見えます。
液体に入れた氷が溶ける速さに影響するのは主に液体の粘度と熱伝導率です。
粘度が高いと熱の対流(拡散)が起こりにくくなります。水をかき混ぜると氷が速く溶けることを考えれば分かるように、かき混ぜる効果が小さいほど氷の溶ける速さは遅くなります。

つまり例えば牛乳と水とを比べた場合、おそらく牛乳の方が粘度が高いことが予想されるので、水の方が熱を拡散させる効果が高く、より速く溶けることが予想されます。
また、熱伝導率の大きさも一つの要因です。...続きを読む

Qマモニャンと一緒に行ってみたい場所を大募集!【教えて!gooウォッチ編集部のmacoからのお題】

みなさん、こんにちは。
教えて!gooウォッチ編集部(http://oshiete.goo.ne.jp/watch/)のmacoです。

twitter(https://twitter.com/mamonyan_mamori)や4コマ漫画(http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB00000021010000_68/)で話題のマモニャンを皆さんはご存知でしょうか??

マモニャンは神様のお庭にある大きな世界樹にそびえ立つイチジクの実から誕生した
お守りの猫で、マモニャンがそばにいると、神様からのご褒美で美味しい食べ物と
巡り合うことができるのです-☆(≧▽≦)ノ

地球上の生き物の中で猫がイチバン☆好きなmacoは、
マモニャンの愛らしさに一目惚れ♪(* ̄∇ ̄*)
そして、マモニャンと一緒にいろんなところに行って、
アレやコレや美味しいものが食べたい~!と妄想が止まらない=3=3

マモニャンを初めて知った方も知っていたよという方も、
マモニャンと一緒に行きたい場所はありませんか?
アレを食べるために行ってみたい!とか、あそこに行ってコレを食べたい!などなど。

マモニャンと一緒に行ってみたい場所を大募集しちゃいます!

【注意】
編集部メンバーからのお題は毎週木曜日に出題で、翌週の木曜日にベストアンサーの選出
を行います。※木曜日が祝祭日の場合は前後しますのでご了承ください。
なお、このお題は教えて!gooウォッチの記事と連動する可能性があり、その場合、回答は
記事に掲載されることもございます。


2017/3/3からキュートなLINEスタンプ(http://pr.imgs.jp/r.php?bFn3xhBoc2)配信♪
ぜひ、チェックしてみてね-☆

みなさん、こんにちは。
教えて!gooウォッチ編集部(http://oshiete.goo.ne.jp/watch/)のmacoです。

twitter(https://twitter.com/mamonyan_mamori)や4コマ漫画(http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_EB00000021010000_68/)で話題のマモニャンを皆さんはご存知でしょうか??

マモニャンは神様のお庭にある大きな世界樹にそびえ立つイチジクの実から誕生した
お守りの猫で、マモニャンがそばにいると、神様からのご褒美で美味しい食べ物と
巡り合うことができるのです-☆(≧▽≦)ノ

地球上...続きを読む

Aベストアンサー

四国の香川県に骨付き鶏という名称で売られているものがあるのですが、とてもおいしいらしく家内と食べに行きたいなと話をしています。ぜひマモニャンと行きたいです。

Q皆さんは、どんな時にお赤飯を食べますか?

皆さんは、どんな時にお赤飯を食べますか?

Aベストアンサー

食べたくなったときに食べます。
ローソンの赤飯おこわおにぎりはよく食べますよ。

Q炭酸飲料を振ったらどうして?

炭酸飲料を振ったらどうして二酸化炭素があんなに出てくるんでしょうか?

学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。名前忘れました)の法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよくつかめません。

その法則というのが、気体は温度が低く、気圧が高いほどよく液体に溶ける、という内容のものでした。

そこで、考えてみたんですが・・・
1.炭酸飲料を入れたペットボトルを用意する。
2.振る→ペットボトル内の温度が少し上がる
3.二酸化炭素が出てくる
4.ペットボトルの中の液体がない部分に二酸化炭素がたまる。→気圧が上がる。
5.ふたを開ける→気圧が急激に下がる
6.炭酸飲料に溶けていた二酸化炭素が一気に出てくる
7.二酸化炭素と一緒に炭酸飲料もペットボトルから吹き出す。
こんな感じでいいんでしょうか?

でも、よくわからないのは、2のところです。
ちょっと振ったくらいで、そんなに温度があがるものなのでしょうか?

とりあえず、そこで考えがつまってしまい、
どうしようもなくなってしまいました。
ちょっと振っただけではペットボトル内の気圧を
外気圧との差がたくさんできるほどあげることはできないのではないでしょうか?

分子どうしがぶつかって、どうにかなってるものなのでしょうか?

それと、学校の先生が言ってたのですが、高分子有機化合物が高速で動く際に
何かと衝突してその結合が離れることがあるらしい、ということです。

よくわからないのですが、それが何か関係あるのでしょうか?

よくわかりません。
高校2年生くらいのレベルで理解できる内容で、詳しく説明をお願いいたします。

炭酸飲料を振ったらどうして二酸化炭素があんなに出てくるんでしょうか?

学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。名前忘れました)の法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよくつかめません。

その法則というのが、気体は温度が低く、気圧が高いほどよく液体に溶ける、という内容のものでした。

そこで、考えてみたんですが・・・
1.炭酸飲料を入れたペットボトルを用意する。
2.振る→ペットボトル内の温度が少し上がる
3.二酸化炭素が出てくる
4.ペットボトルの中...続きを読む

Aベストアンサー

> 学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。名前忘れました)の
> 法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよく
> つかめません。

んー、すぐにはわからんのでは。
以前の方の回答を参考にして、私の考えを述べます。

まず、ふたを開けると泡が出るのを説明します。
高い圧力ではたくさん二酸化炭素が溶けることが出来ていたのが、
ふたを開けると、入れ物の中の圧力が下がり、あまり二酸化炭素が
溶けることが出来なくなったからですね。
これはヘンリーの法則(というのかな?)です。
しかしこれだけでは振った方が振らないよりたくさん泡が出ることは
説明できません。そこで、泡の出方を考えてみましょう。
これは、前の回答にもありますように、泡がよく出るためには
核というものが必要になります。核がないと泡はできにくいです。
コップに炭酸飲料を注いだとしましょう。
このとき、そっと注ぐと泡はあまり出ませんね。
このときの炭酸飲料の中の二酸化炭素は本当はぶくぶくと外に
出たいのですが、核があまりないため(つまりコップが綺麗なため)、
出にくくなっています。でも、コップに少しだけ汚れがあると、
そこからしばらく泡が出続けるのを見たことがありませんか。
ここでもしたくさんの汚れがあればたくさん泡が出ることが期待され
ますね。

ここで問題の、振るとどうなるかですが、振ると容器の中で小さな
泡がたくさん出来ますね。よく振れば泡が細かくなり、細かい泡は
なかなか上にあがってこず、いつまでも液の中に漂っていますね。
これが核になるのでしょう。非常にたくさん核があることにな
ります。そこで、ふたを開けるとたくさんの核から二酸化炭素
が出てきて結果としてたくさんの泡が出来ることになります。

> 学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。名前忘れました)の
> 法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよく
> つかめません。

んー、すぐにはわからんのでは。
以前の方の回答を参考にして、私の考えを述べます。

まず、ふたを開けると泡が出るのを説明します。
高い圧力ではたくさん二酸化炭素が溶けることが出来ていたのが、
ふたを開けると、入れ物の中の圧力が下がり、あまり二酸化炭素が
溶けることが出来なくなったからですね。
これはヘンリーの法則(というのかな...続きを読む


人気Q&Aランキング