公認会計士の2次試験合格後、入社は4月ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は監査法人に勤務している者です



合格発表が10月初めで10月初め~中頃に入所します。在学中に合格した方は10~3月まではパートで4月から常勤職員になるという感じです。

個人の事情や中途採用もあるのでそれ以外の時期に入ってくる方も時々います。
    • good
    • 1

大部分は合格後すぐの入所です。

入所の希望があれば、相談してみるとよいでしょう。
だけどchicago2さん、そんなことは合格してから考えましょう。それより先に、勉強すべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに。考えるより、行動の方が大事だとわかっていてもつい、先の事を考えてしましました・・・。

お礼日時:2001/10/13 17:49

そんなことは無いはずです。

 発表会場に行けば会計事務所関係の方も来ているはずですし、合格者に対して名刺をくばるなどのアプローチをかけてきます。
条件さえ折り合えば面接後即入社になります。ただし、給料はそんなに高くありません。
会計士は3次試験合格をもって「公認」されるのであって、会計士補登録資格保持者では少し待遇の良い一般社員というところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 12:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有限責任監査法人について

今10の監査法人が有限責任監査法人に移行しています。
有限責任監査法人には財務内容の公表が義務付けられてると思うんですが、その財務内容はどこに掲載されているのですか?
調べてみた所、新日本有限責任監査法人しか見つけられなかったのですが、詳しく知っている方ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホームページに掲載されていない、ということでしょうか。各有限責任監査法人のホームページを閲覧した限りでは、そういうことかな、と推定しております。

有限責任監査法人を含む監査法人は、業務及び財産の状況に関する説明書類を、同法人の事務所に備置し、公衆に縦覧することが義務付けられています(公認会計士法34条の16の3第1項)。これに替えて、電磁的記録を用いるときは、ホームページに掲載するなどの電磁的方法でも構わないとされています(同3項)。

従って、ホームページに掲載されていないときは、その監査法人に問い合わせれば、縦覧方法や縦覧場所が分かると思いますよ。

Q高校生で『司法試験・公認会計士』試験に合格した人はいますか?また中学生でも『司法試験・公認会計士』試験に受験できますか?

高校生で、『日商簿記1級』に合格するのは、新聞に載るくらい珍しいと聞いたことがあります。

ここからが質問なのですが、高校一年生で、『司法試験』『公認会計士』試験に合格した人っているのでしょうか?
また、『司法試験』も『公認会計士』試験も、受験資格は「誰でも受験可能」とか「特に無し」と書いてあります。
と言う事は、中学生でも、極端に言えば小学生でも受験可能と言う事でしょうか?
とても気になるので、知っている方は是非教えて下さい。

Aベストアンサー

<司法試験について>
旧制度の司法試験では、年齢や資格等による受験の制限は特にありません。
ただし、高校生の場合には短答式試験および論文式試験からなる教養試験の第一次試験は免除されません。
この第一次試験については、過去に高校生が合格したことが新聞記事になりました。

旧制度の司法試験制度廃止までは、極端なことをいえば中学生でも、小学生でも受験可能です。

2011年以降の新司法試験からは法科大学院課程を修了することが必須条件になるため、法科大学院を修了せず新司法試験を受験するには予備試験の受験および合格が必須となります。


<公認会計士試験について>
2006年度から公認会計士法の改正により、試験制度が変更になり受験者資格が原則廃止になったため、司法試験と同じく高校生、中学生でも受験可能です。

Q企業が監査法人に監査を依頼することについて

企業が報酬を払い監査法人に監査をを依頼する制度に疑問を感じています。

監査法人は、企業の財務諸表を粉飾すればするほど仕事、報酬がもらえることになると潜在的にもしくは顕在的にわかっていると思います。国が監査法人に仕事、報酬を出し、依頼する方がまだ公平に監査が行われると思います。

何故監査をする監査法人を企業が選べるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会計監査の制度は戦後GHQが持ち込んだ経緯もあり、談合がまかり通る日本の風習になじまない点があり、質問者のおっしゃるとおりの疑問を誰もが抱くところです。
しかし、監査法人は信用を売る営利企業なので、いったん粉飾に加担したことがバレれば、契約を打ち切られることもありえますし、商法等で会社、株主などの利害関係者に対し無限の責任を負っています(損害賠償請求され、それにつき責任があるならば 資本の額にかかわらず、賠償額を払うということ。たとえ法人がつぶれても、社員が個人的に負担します。)
この無限責任があるため監査法人側には、積極的に粉飾に加担することのメリットが少ないです。
また、企業が監査法人に対し報酬を払うことにより、監査法人も企業に対し適正な財務諸表の開示の指導をおこなうことが期待されます。

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

Q新規株式公開における監査法人の選び方

新規に株式公開を狙って会社の方針を決めたばかりの会社です。

ベンチャーキャピタル等からは、この監査法人が良い、といったような意見を頂くことは出来ているのですが、

1.監査法人によってどんな違いがあるのか?
2.やはり有名な監査法人を使ったほうが良いのか?

といったあたりが今ひとつよくわかりません。

詳しい方がいらっしゃいましたら、監査法人の選び方についてアドバイスを頂けますと、大変嬉しく思います。

Aベストアンサー

> 1.監査法人によってどんな違いがあるのか?
・海外に事業展開している場合、有名な大手監査法人は海外の監査法人と提携していてノウハウを持っているけれど、
中小では対応能力の弱いところがある。

・有名な大手監査法人は監査に来社するのは新人中心で監査責任者はほとんど来ないけれど、
中小では監査責任者がメンバーを率いてくることが普通。
この結果評価損を計上するかしないかなど決算上の判断について、中小の監査法人ではすぐに相談でき調整がつくけれど、
有名な大手監査法人では責任者との連絡が悪い所も一部に見られ返事がなかなかもらえないケースも見受けられる。
と言う程度の違いは見受けられますね。
この辺をどの程度重視するかですが・・・

Q公認会計士の仕事とは? そして、自分は、司法試験ではなく、公認会計士の試験を目指すべきか?

  現役の公認会計士の方々、およびUSCPAの資格を持っている方々の全てに質問します。
(1):公認会計士およびUSCPAの仕事の中に、国際政治や国際経済に関する知識を用いる仕事はありますか? そして、それは具体的にどんなものですか? 解答がどんなに長くなっても、結構です。

(2):かような自分は、公認会計士を目指すべきですか?
 自分は、中学生の頃から国際政治や国際経済に大いに興味を持っていて、関連分野の岩波新書を読んだり、朝日新聞朝刊に掲載される海外支局発の記事には、全て毎日目を通しています。また、具体的な資格は何も持っていませんが、英語も得意です。大学受験段階の模擬試験の結果も良い方でしたし、また、大学受験の準備として、NHKのラジオ放送の『優しいビジネス英語』を聴いていました(今もたまに聴きます)。
 一方で自分は、大学法学部法律学科を卒業後、現在、司法試験の勉強をしています。24歳で、2001年5月にて25歳になります。
ただ、司法試験の勉強を始めた動機の一部は、「周りの人達がそうしているから」というものでした。また、司法試験の勉強をしていても「弁護士や裁判官になっても、国際政治や国際経済に関する知識なんぞ、使うのかな?」という疑問を抱くようになりました。また、司法試験の模擬試験や答練会の成績もあまり良くありません。司法試験の勉強を開始したのが大学2年の秋ですが、当初の1年半年間にて勉強の方法論を誤ったことに遠因があるのかもしれません。
 また、「『難関資格』最短合格の道」(株式会社すばる舎刊)の139ページにて、「勉強期間が3年を経過しても合格できなかった場合、その資格試験と自分との適性を考え直した方が良い」とありました。
 こういう自分は、司法試験の勉強を続けているべきですか、それとも公認会計士等の別の資格試験を目指すべきですか?

  現役の公認会計士の方々、およびUSCPAの資格を持っている方々の全てに質問します。
(1):公認会計士およびUSCPAの仕事の中に、国際政治や国際経済に関する知識を用いる仕事はありますか? そして、それは具体的にどんなものですか? 解答がどんなに長くなっても、結構です。

(2):かような自分は、公認会計士を目指すべきですか?
 自分は、中学生の頃から国際政治や国際経済に大いに興味を持っていて、関連分野の岩波新書を読んだり、朝日新聞朝刊に掲載される海外支局発の記事には、全て毎日目を通...続きを読む

Aベストアンサー

公認会計士でもUSCPAでもありませんが、国際政治
や国際経済に関わることをなさりたいのでしたら、弁護士
なら国際関係に強い法律事務所に入られたり、USCPA
を目指されるのもよいのでは?
私の友人で今年USCPAを受ける人がいるのですが、
その人の英語と会計学の知識では、勉強時間は800時間必要
だと申しておりました。(ちなみにその人は、税理士と
CFPの資格を持っています。)

英語が得意とのことですから、それを活かしてがんばって
くださいね。

Q監査法人の中途

会計士として大手監査法人に就職後退社し、公務員などの他の業種に就職したとします。

その後、再び監査法人に再雇用されるとしたら、また新人として採用されるのでしょうか?
それとも、監査経験のある人用に中途採用のような制度が監査法人に存在するのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

辞めるとしても実務経験2年と補習所に3年勤めなきゃ公認会計士じゃないですからまずはそこまではしないと。それにその後他業種に就くならそれなりの待遇だしもどる必要はないんじゃないですか?公的な仕事に就きたければ監査法人の中の公会計の分野に進んでみたらどうですか?ちなみに今年は合格者多数で、来年も同じくらいの合格者数って言われてるので売り手市場から買い手市場に移るみたいですよ。

Q今年、公認会計士試験を受けるのですが、仮に5月の短答式試験で不合格にな

今年、公認会計士試験を受けるのですが、仮に5月の短答式試験で不合格になってしまった場合、8月の論文式試験の受験へは進めないということなのでしょうか?

ご伝授、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのとおりです。

5月に受かった人のみ、8月の論文試験を受験します。
論文試験の採点は大変なので、短答式試験で人数を減らすんです。

Q監査法人について

監査法人の財務諸表は公開されていないということですが、監査法人は独立行政法人?特殊法人?

Aベストアンサー

社会常識を持ちましょう。
投資家保護など、何らかの社会的要請から
財務情報公開を義務付けられている訳ではない者が
なぜそのような情報を教えなければいけないのですか。
あなたは、市井の中小企業の売上をどうやって知るつもりですか???
同じことです。
 
・・監査法人社員の無限責任を有限責任化する代わりに監査法人の財務情報公開制度化の動きはありますけどね・・

Q公認会計士の試験合格後の実務経験について

現在、会計とはまったく関係ない仕事についてます。「金持ち父さん貧乏父さん」とか、今後投資の知識が必要だったりすることとか、その他いろいろとお金に関する知識を得ないといけない時代だな、という思いと、大学進学してないことで若いとき思いっきり勉強しておきたかった、という後悔の思いがあいまって、趣味のレベルで公認会計士の資格にチャレンジしたいと思うようになりました。どうせなら難関資格にチャレンジという思いで。

質問ですが、公認会計士試験に合格した後は、2年間の監査法人の補助業務つかないといけないと書いてあります。あと、公認会計士協会が主催する勉強会(?)に通ってその試験に合格しないといけないともあります。

ペーパー試験合格後、何年以内に2年間の実務業務に着手しないとペーパー試験合格資格を取り消されるってことはありますか?
あと、公認会計士主催の勉強会とは週に何回くらいの何時間拘束のものでしょうか?

Aベストアンサー

それならYahoo!のインターネット検定にズバリ「株式投資検定」と
いうものがありますので受けてみては?それ以外では「Kabu検」なる
個人投資家向けの検定もありますよ。(下記URLをご参考に)

参考URL:http://skill-gate.jp/kabuken/kabuken_info/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報