毎度,すみません。和訳に自信がないですが,よろしくお願いします。
Adhesive Wear :
Wear by transference of material from one surface to another during relative motion, due to a process of solid-phase welding.
Note : Particles which are removed from one surface are either permanently or temporarily attached to the other surface.

Fatigue Wear :
Removal of particles detached by fatigue arising from high cyclic stress variations.
See also : Spalling.
凝着磨耗:
固体の段階溶接のプロセスのため相対的な動作の間に、原料の移転によって1つの表面から別のものによる磨耗。
記録:一方の表面から取り去られる粒子は、どちら永久的または一時的に他の表面に付属しているでもある。

疲労磨耗:
高い周期的な圧力変化のため起きる疲労によりはずされた粒子の除去。
また見る:スポーリング

A 回答 (2件)

凝着摩耗



transferenceはいろいろな訳し方がありますが、ここでは「移行(いこう)」がよい訳語だと思います。
"solid-phase"はtechnical termで「固相(こそう)」と訳します。weldingは「溶接」で正しいです。そのまま訳せば「固相溶接」です。(ただし、そのようなtechnical termがあるかどうか、私は分かりません)
「相対運動の間に、物質が固相溶接により一方の表面から他の表面へ移行することによる摩耗」

saekowさんの訳の最後の「~による摩耗」というのはうまいです。

Note

attachはここでは「付着(ふちゃく)」と訳します。
Noteの英文をそのまま訳すと「一方の面から除去される粒子は...」で、これで正しいですが、「一方の面から除去された粒子は...」と過去形で訳すとさらに自然な日本語になります。
*その粒子が除去されるかどうかは、除去されるまでは分からないから。確実に除去されるなら「除去される粒子は」の表現でよい。

疲労摩耗

detachは「はずれる(外れる)」または「はずされる」で正しいのですが、このような学術的な文章では「脱落(だつらく)する」を使います。attach(付着する)←→detach(脱落する、脱離(だつり)する)
またstressは「圧力」でなく、「応力(おうりょく)」です。(「圧力」はpressure)
その他は上手に訳せています。
「高い応力の周期的変化のためにおきる疲労により脱落した粒子の...」

「周期的変化のため」の後の「に」はなくてもよいですが、入れた方が自然です。

See alsoについては質問155519で解説したとおりです。
「「スポーリング」の項も見よ」と訳します。
    • good
    • 0

 おおおっ! だいぶ上達していますね! 



 大筋は Umada さんが丁寧に解説・回答されていますので、Umada さんが分からないと言われている「solid-phase welding」についてを補足しておきます。

 この訳は、Umada さんが言われているとおり「固相溶接」です。圧力を加えながら金属同士を結合する方法で、「圧接」ということもあります。加熱は必須(must)ではありません。

 語順もだいたい正しくなってます。技術用語がまだ少し正確ではないですが、これは経験で分かってくるようになります。あと少しだ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q表面のスレ A surface thread 角のスレ A thread of a cornerこの英文は正解ですか?

表面のスレ A surface thread
角のスレ A thread of a corner

この英文は正解ですか?

ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

godhappyさんの他の質問も拝見させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5564703.html

オークションで何かを売るため、不良の部分を訳したいということでしょうか。

「スレ」をThreadに直訳したようですが、それは「書き込み」と言う「スレ」を訳したものになります。

godhappyさんが英訳したものを日本語訳にすると、「表面の糸」「角の糸」になります

表面が摩擦などで問題がある場合はsome parts of the surface and corners have worn out.

で大丈夫だと思います。

godhappyさんのプロフィールも拝見させていただきましたが、400回以上も質問してお礼数が4回。

顔が見えないからと言っても、見ず知らずの方たちに手助けを頂けるのがこのようなサイトのいいところです。回答者の方たちに「ありがとうございます」等お礼の一言ぐらい入れてあげると回答者の方たちも回答したかいがあるというものです。1分ぐらい余分に時間を割いて、お礼を書いてあげてくださいね。

godhappyさんの他の質問も拝見させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5564703.html

オークションで何かを売るため、不良の部分を訳したいということでしょうか。

「スレ」をThreadに直訳したようですが、それは「書き込み」と言う「スレ」を訳したものになります。

godhappyさんが英訳したものを日本語訳にすると、「表面の糸」「角の糸」になります

表面が摩擦などで問題がある場合はsome parts of the surface and corners have worn out.

で大丈夫だと思います。

godhappyさ...続きを読む

Q"From :-) to :-("の絵文字がわかりません

次の記事の出出しは、Economist の記事の一部です。
--------------
タイム・ワーナーとAOL

かつてインターネットの人気者だったAOLは、その立場の維持に懸命だ
--------------
といった意味だと思います。しかし絵文字がわかりません。何かキーワードのような意味があるのだと思いますが、・・。
教えて下さい。

Time Warner and AOL

From :-) to :-(
May 18th 2006 | NEW YORK
From The Economist print edition

Once the darling of the internet, AOL is struggling to remain relevant

Aベストアンサー

ネットニュースの時代には今のように顔文字が発達しておらず、日本でもアメリカ式の顔文字を使う人が結構いました。"smile" なんてプログラムをインストールしたものです。

皆さんの回答に蛇足を付け加えますと
:-) は喜び、微笑
:-( は渋面(口を「へ」の字に結んでいる)
でしょうか。

Qオリジナル?The risks of inaction are far greater than the risk of action

言葉のもともとの出典をご存知の方がいらっしゃれば教えていただけませんでしょうか?

The risks of inaction are far greater than the risk of action.

http://edition.cnn.com/2002/ALLPOLITICS/08/26/cheney.iraq/

この言葉、リンクの記事によれば、イラク戦争の半年前の2002年08月27日にチェイニー副大統領がイラクに対する作戦行動の正当性を主張する趣旨で語ったものだそうです。その後米国の軍事介入を擁護する言葉として位置づけられ、日本の書籍でも取り上げられているようですが、当人には失礼ながら、この言葉、チェイニー副大統領の口から出たにしては語呂が良すぎるような気がします。

もちろんコピーライタがいるのでしょうが、この言葉もともと彼の言葉なのでしょうか?歴史のある言葉であれば、もともとの出典をご存知の方ご教示いただければと思います。

Aベストアンサー

聖書の言葉のもじりではないかな?と思い色々検索してみましたが、参考URLのものしか発見できませんでした。

The Bible says that sins of omission are greater than the sins of commission;

.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=
(参考URL欄にコピーすると途中までしか表示されませんでした。上記は先頭の"http://www"を抜かしてありますのでご注意)
本当にこのような文が聖書にあるのか?あるならば、もっと検索すればhitしても良さそうに思うのですが・・・

このような表現「不作為の罪(もしくは不作為がもたらした結果)と作為の罪の対比」を結構見かけるように思いますので、無意識の内に質問者様が挙げられた言い回しがでてきてもおかしくはないように思います。

参考になれば幸いです

参考URL:http://www.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=

聖書の言葉のもじりではないかな?と思い色々検索してみましたが、参考URLのものしか発見できませんでした。

The Bible says that sins of omission are greater than the sins of commission;

.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=
(参考URL欄にコピーすると途中までしか表示されませんでした。上記は先頭の"http://www"を抜かしてありますのでご注意)
本当にこのような文が聖書にあるのか?あるならば、もっと検索すればhitしても良さそうに思うのですが・...続きを読む

Qチェックをお願いします。 There are a lot of pictures of the f

チェックをお願いします。

There are a lot of pictures of the father.
But there is also mine.

スペルとか文法間違ってませんか?

Aベストアンサー

There are a lot of picture of my father.
But there is also one mine.

Qthree types of particle

nativeが添削する有料の英文チェックを受けました。

戻ったきた文章で
"three types of particles (元の分)" が
"three types of particle"と訂正されていました。

一ヶ所でなく三ヵ所訂正されていたので、あちらのうっかりミス
ではないと思うのですが、最後のparticleが単数になるのは
正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

○ ある英々辞典には、「type」について次のような解説が載っています。

【解説1】Type, kind, and sort are countable nouns, and they must be plural after determiners with plural meanings:

○ 「type/kind」とするか「types/kinds」とするかで、その後に続く語の用法が少し異なります。

【用法1】this type/kind/sort of + singular noun
【例文1】
 (1) I don't like this type of thing.
 (2) This kind of mistake is easy to make.
 (3) Red wine goes well with this sort of dish.

【用法2】these/those types/kinds/sorts of + plural/singular noun
【例文2】
 (1) How common are these types of illness(es)?
 (2) Those kinds of colours look good with dark skin.

○ 「these types of ...」の場合には、複数形を続けても間違いではないと思います。「these」と代わりに「three」を用いても、同じ「2種類以上」ということを表すので同じことでしょう。

○ また、「these types/kineds of ...」とした場合、後ろに「冠詞をつけない単数形」を用いるのは「堅い言い方」だとしている辞書もあります。(ジーニャス英和辞典)
  ※ Those kinds of men bore me.(略式)
  ※ Those kinds of man bore me.(堅い言い方)

○ ある英々辞典には、「type」について次のような解説が載っています。

【解説1】Type, kind, and sort are countable nouns, and they must be plural after determiners with plural meanings:

○ 「type/kind」とするか「types/kinds」とするかで、その後に続く語の用法が少し異なります。

【用法1】this type/kind/sort of + singular noun
【例文1】
 (1) I don't like this type of thing.
 (2) This kind of mistake is easy to make.
 (3) Red wine goes well with this ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報