大体何か一定の学問を目指して勉強するのなら、親元から独立して自活するのが当たり前だと私は思います、また学費もなるべくなら働いて自分が稼いだ給料で払うのが常識だっと思ってます。
もちろん本当に大変でしたら親に迷惑にならない程度ならば、甘えても大丈夫でしょう。

海外での大学生のほとんどが自活しながら大学に通っています。(貴族学校やお金持ちは別です。)
しかし、日本の方が異常のように親が甘やかし過ぎている様です。
また日本どの大学に出ても、今の時代では社会や組織に通用しません。
大体、知識は有っても常識や社会で生きる智恵が無さ過ぎる。
日本の親は過保護だと思います、このままでは自力更生は出来ない人間が有り触れて、この日本はマスマス駄目になって、そのうちもっと深刻な恐慌時代の到来した場合もしくは日本も戦争に巻き込まれて21世紀アジア戦争でも引き起こされたら、我々若い人たちが何も役にたたなければ、正直にいって本当に恥ずかしいだっと思います。
本当に子供の事を思うのなら、せめて大学からは自力で卒業する必要があります。

何故日本の大学生の殆んどが学費と生活費を自己負担しないで、親の仕送りに頼るの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中11~20件)

私も親に補助してもらったクチですが。

。。davidさんは、外国の方ですよね?(そうじゃないなら、人の批判をする前に文法と文章の書き方を、もう一度勉強しなおすべきだと思います。)

完全に価値観の違いだと思います。アメリカや海外の大学生の場合、年齢によるリミットは就職時にはさして問題にならないでしょう?それだったら、先に働いてお金をためて、そして、大学に行くというのも選択肢としてアリです。ですが、日本だと年齢が上がれば、それだけ就職時にも不利になります。若い方が単価も安いですしね。それを埋める経験があれば別ですが、「留学」とかですね。でも、普通に大学に行って卒業ということを考えれば、22歳の新卒とはやっぱり比べるでしょうね。また、いきなり「高卒」で働くよりも、「大卒」で働いたほうが給料もいいですし、大体、募集要項からして「大卒」の所も多いですからね。自己負担してたら、自分の希望通りに職にもつけない可能性があります。

過保護かどうかは、各家庭によって違いますので、一括りにはいえませんが、そういう人達がいるのも確かです。でも、そうじゃない人達もいます。

質問の回答には、「自己負担できるだけの土壌がない」ということです。それがいいか悪いかは、別の問題でしょうし、日本はそういう国だと言うことです。ましてや、「必要」ではないです。日本において大事なのは、親にお金を出してもらったことについて、どれだけ感謝の念が持てるかとか、そういうことではないですか?
    • good
    • 0

私は地方の公立大学出身ですが、大学の選定からして自分の稼ぎ(バイトすると考えて見込み)から可能なところということを考えていました。

実際、生活費・授業料・教科書(コイツがむかつくくらい高い)代などギリギリでしたがなんとか生活していました…と書くとあなたに賛成意見のようですが、違います。
日本の親は結局裕福なのだと思います。子供の学費や仕送りを負担したら、家が破産すると考えれば普通は出しませんよ。そして、学歴をを少しでもつけてあげるのが『善』だと考える文化があるからでしょう。逆にどんなに賢くっても勉強なんかせずに技術を身に付けろっていう文化もありますね。子供をどの時点で一人前と判断するかも、文化によって大きく異なりますね。西洋人は多分に子供を早くから大人として扱う傾向にあるように思います。

ところで、大人としての常識を持ち合わせるか否かが親に甘えることにあるのかどうかは証明できないでしょ。証明できない以上タダの仮説であってあなたの持論の域を出ません。言えることは、あなたが子供を育てる時にはそうすればいいということだけです。私は自分の娘は『蝶よ花よ』で育てたいなあって自分の経験から思います。なかなか辛いんですよ、周囲の中で一人だけバイトのことで悩みが尽きないってのは(苦笑)。親なんて子供がかわいいに決まっているんです。…貴族学校やお金持ちは別です…ここに真理が隠されているとは思いませんか?
    • good
    • 0

環境が違いますね。



私も、最初の時は親に頼りました。
と言っても自宅通勤だったので、仕送りはなかったですけど。
周りのほとんどの子もそうだったので、特に何も感じなかった・・。
バイトもたくさんしていたけど、家に入れるわけでもなく
遊んだり洋服を買ったりしていました。
高校の延長という感じになっていると思います。

親が出してくれるのだから私はいいと思います。
現実的に出せなければ、出さないんだし。
でも、とても感謝はしています。

親は、大学までは私が行きたければ出すと言ってくれました。
その後、卒業して実家を離れ自立しました。
それでいいんじゃないかと思っています。
卒業しても、なお親のすねをかじっているというのでなければ、問題ない気がします。
大学生は、親の仕送りで遊んでるなんて言うけれど、
何だかんだいっても、ほとんどの人が卒業後しっかり働いている
と思います。やる事はやっているのでは?

ただ、現実問題として親が経済的に無理であって、奨学金を受けても生活の為の
バイトと学業の両立が大変で、遊ぶヒマもお金もないという立場だったら、
davidさんと同じことを考えるかもしれません。
    • good
    • 0

自己負担といっても現実問題として不可能な部分があります。


例えば国立大学でも授業料は年間50万円ほどです。
ひと月当たり4万円です。
これに交通費や(下宿している人は下宿費),食費,その他の学費を考えると,
月7,8万円から10万円以上も必要です。

学生自身がどうやってこんな大金を作り出せるでしょうか?
バイトすればいいと言っても,本来なら学生の本分は勉強のはずです。
ほんというとバイトなんてしていてはいけないのです。

こうした問題は根本的に矛盾しています。
もちろん,学費が高い,大学が義務化している,奨学金制度などいろいろな問題がありますが・・・。
    • good
    • 0

私も親のスネを齧って大学を(しかも私学)卒業したクチなので、耳に痛い話なのですが・・・。


まず、うちの親の話ですと、ちょっと特殊かもしれないですけど、「親として」学歴を持てるならそれを援助してやりたい、という気持ちが大きかったようなんです。
うちの親は戦争を経験していて兄弟も多く長男長女であった分、自分が働きにでて家族を養わなくてはいけない立場でした。昼間は働き、夜は兄弟の面倒をみて、家の事もする。けして両親がいないわけではありませんでしたが、働きにでないと暮らしていくのが難しいという状況でした。なので、私の両親には、私と同年代(24歳~)のお子さんをお持ちの代の方のように最終学歴が大学や短大まであるわけではありません。高卒と中卒です。
両親にしてみれば、自分達がお金がない事で苦労した事は、なるべくなら味あわせないようにしてやりたい、と考え、またお金がなくても俺達がここまでできたのだから、学歴のあるお前達はもっと頑張れるだろう!という後押しでもあるわけです。
今の日本は、実力主義の流れに変わりつつあるとはいえ、残念ながらまだ学歴尊重の風潮が消えたわけではありません。その子が「お勉強ができる」=「会社の利益をあげてくれる可能性が高い」と考えられがちですから。確かに、勉強が出来ることがそのまま社会で通用するわけではありませんが、少なくとも理解力、判断力など仕事をする上で優位に立てると考えられるわけですね。それだけの力があったからこそ、高い学歴を身につけられたんだ、と考えられますから。
働いて社会性を身につけることは本当は一番良いことなのでしょう。ただ、そうするとtweetieさんのおっしゃるように「勉強したい人には身体的負担をおわされ、結果どちらも満足に出来ない事態が起こる」ということもあり得ますよね。そのために、学業に打ち込むために親はその分の学費は出してやりたいと思うのではないでしょうか?
それに私はdavidさんがおっしゃるような「自力更生は出来ない人間が有り触れて」とばかり考えるのはあまりにも悲観的すぎるのではないかな、と思います。日本人もそこまで愚かではないですよ。ただ、ちゃっかりしているんだと思います。あの壊滅的な日本を、50年とちょっとでここまで復興させたのは日本人の頑張りです。
今は自堕落な生活をしていても、性根まで腐ってはいないと思います。思いたいです。
何故仕送りに頼るの?という問いですが、そこには「仕送りをする事で親も多少は安心する」という気持ちもあるし、親子供に助かるから、と考えるのは甘いのでしょうか。
    • good
    • 0

 各家庭の事情がいろいろあって,苦学生もいれば遊学生もいるだろうし,勤勉な学生もいるはずです。


 日本国内でさえ,そうなんだから,海外もいろいろです。
 飢餓さえなければと思って学校さえ行けない地域もあれば,あなたの言う
貴族学校に通っている人もいます。

 あなたは自分の生い立ちでハンディーがあって,こんな質問されているのかなと思ってしまって,失礼なこと言ってごめんなさい。

 ちなみに私は親に「バイトする暇があったら勉強しろ」と言われて勉学に励んだつもりです。

 まあ,勤めだしてから,大学時代の学費等を親に返済する方法もありますかね。
 でも,うちの妹はその返済したのを親が全部貯金していて嫁に行くときに通帳で
もらっていました。親は子供にお金を費やしたいのかもしれませんね。
 そのお礼に今度は自分の子供にできる範囲で費用を負担してやろうと思っています。
    • good
    • 0

済みません。

m(__)m私は親の仕送りで独り暮らしをして学生時代を過ごしました。

私の親は「本業が学業なんだからバイトなんかで勉強する時間を減らしてはいけない」そういう考えの人なので「長期休暇の時以外はバイトはしてはならない、するならば仕送りは打ち切り。」というお達しが出ていたのです。まあ女性と言うこともあるのでしょうが。
>しかし、日本の方が異常のように親が甘やかし過ぎている様です。
そうかもしれませんがあなたからそのように言われる筋合いはありません。
私の親は私に自活をさせまいとしていたのは先ほど申し上げたとおりですけれど私の親は自分がそれで(学業とバイトの両立)苦労したから子どもにはその苦労をさせたくないというただの親心らしいのです。私のうちに限らずほかのご家庭でもそう思われているところもそれなりにあると思います。
もちろんその親心に甘えている部分はあると思います。私の場合親からの仕送りをどううまく使って「小遣い」を貯めることが出来るかなんてことで節約することを覚えたりすることが出来ました。あなたから見れば「そんなの」って思われるかもしれませんが。
仕送りしてもらっている人間すべてがだめ人間で、自活している人間がすべて出来た人間になれるという考え方には承伏できません。「あなたの考えは飛躍しすぎです。」
あなたの危惧は仕送り云々なんかで語るより「平和憲法がもたらした弊害」で論議した方がいいんじゃないですか?
#私はここでそういう議論をする頭は持ち合わせていませんが。
それに外国があのようにしているのだから日本もそうするべきだと主張もいささか無理があります。よその国はよその国なんです。
また仕送りで優雅に生活できる世の中でも現在はないと思います。失業率5.3%なんて社会ですから...

ところでほとんどの回答に補足すらしてくれないようでうすがその意図をお教えください。回答してくれた人に失礼だとは感じないわけですか?常識やマナーを知らないと言う意味ではあなただってあなたの論法でいう「仕送りで生活している学生」と何ら変わりないんじゃないですか?

もしあなたのお考えがまっとうだとしてもすぐに変わるわけではないですからあなたが実行して広めていけばよろしいのでは?
    • good
    • 0

davidさん、こんにちは。



davidさんの言いたいことはよく分かりますが、国が違えば文化も習慣も考え方も違うんです。ですから、社会的な要素の一つである「教育」だってまったく違うはずです。何もかも外国と比較して「良い・悪い」を言っていたらキリがないと思いますよ。例えばアメリカの学生の良い面が、はたして日本で実現できるかといったら不明ですよね。下のtweetieさんが言うように、アメリカと日本の教育以外の面が違いすぎる限り、そこで生活して勉強しなければいけない学生達に実現不可能なことを言ってもしょうがないことだと思います。
小さな子供でさえ家事などをしてはじめておこづかいをもらう国と、何もしなくても月々いくらかのおこづかいを与えられ、子供に「勉強する時はそれに専念しろ」とハッパをかけている国と比較してもしょうがないことじゃないでしょうか。

学生をうんぬんするより、こういった問題を当たり前と考えて実行している親もまた、同じように更に親にそうしてもらってきたという連綿と続いている文化・習慣をなんとかしなければ意味が無いと思います。
    • good
    • 0

・学業に専念したいから。

(就職したら返済予定)
・奨学金が受けられるほど成績がよくなかったり、親の収入が少なくないから。

これが理由であって欲しいです。
なかには親にいわれて仕方なく大学に行く人もいるでしょう。私が大学受験するときに、就職する同級生に「あんた、大学に何しに行くの?遊びにいくんでしょ?」と言われました。
学生の中にも「大学は勉強するところ」という意識が少ないのだと思います。自分の知識を高めるために行くのではなく、学歴が欲しかったり遊ぶ時間が欲しかったり。

日本の親は甘い。私もそう思います。
甘やかしは少子化の影響でもあると思います。
中国の一人っ子政策でも聞きましたが、一人の子供を高学歴にしてやるという気持ちが親には出来てくるのです。
そうして甘やかしているから、思い通りにいかないとすぐにキレる子供が育って行くのです。

私の友人には親に私立、4大にやる余裕はないと言われ、奨学金も少ない状況で自分で払っていける公立の短大にいった人、親がいなくても奨学金を1つ受けても足りないから返さなくてもいい奨学金を探しさらに2つ借りた人がいます。
そういう人を知っているからなおさら学費と生活費を全部親に頼る大学生には怒りを覚えます。
せめて親に返済をして欲しいです。
    • good
    • 0

「日本の常識は世界の非常識」というところでしょうか。



私自身は、自宅から通ってましたのでメシ代・住居費は
親の厄介になったのですが、それ以外は自己負担で学生
生活をしていましたので、davidさんの考えには基本的
に賛成です。

なんでもアメリカに見習えというわけではないのですが、
こと大学制度や大学生の風潮については、アメリカ風に
なってもよいのではないかと思います。

私が聞いている話では、アメリカでは高校を卒業して
数年働いてから大学に入る人が多いとか。
学費を稼ぐためと、社会経験を積んで本当に自分が何を
学びたいかを知るためらしいです。

全ての大学生に当てはまるとは思いませんが、自分が
将来何になりたいかがわからずに、ただ入試にパスで
きる大学に入る学生が、日本には多いように思います。

もっとも、いい大学に入ることが進学を希望する学生
の価値観らしいので、その辺から間違っているように
も感じています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の学費を親が使う生活苦

こんにちは。 初めて投稿します。よろしくお願いします。
私には、高校3年生の姪っ子がいます。
姉の子で、来年短大への入学が決まりました。
でも姉の家は、旦那さんがリストラにあって、今年の7月から
半年近く週3~4くらいのバイトの様な仕事しか見つからず、
生活もままならない状態だったので、母のアドバイスで、奨学金を借りて、本人が返済すると納得の上、進学しようという事になったのです。
しかし姉は、生活の苦しさから入ったばかりの奨学金をもう下ろして
生活費にあててしまってるのです。入学する前からこれではと心配です。
「昼間働いたら?」と言ったら、姉には下に小学2年生の子供がいるので、学校の行事もあるし、来年は子供会だから、職場にも、子供会の人にも迷惑をかけるから、夜働きたいんだけど、パパが仕事決めてくれないと夜勤があるかとか分からないから、(夜小2の子供を一人にしない為に、高3の姪っ子は母と住んでるんです)働き始められないと言うんです。(パパの仕事が決まるまでどうしようか。という問題じゃ?と思うのですが・・・。働き始めて直ぐパパの仕事が決まって、その都合で辞める事になったら職場の人に迷惑かける。という気持ちもあるみたいです。)
母も心配して注意したら、「私に言われてもどうにも出来ないんだから、パパに直接言って」という感じで、母は旦那さんに色々相談したみたいですが。
私が旦那さんが奨学金を降ろしちゃうの?って聞いたら、
「違うよ」って言ってたので、「じゃあ旦那さんに言っても仕方ないんじゃ?」と言ったら「あなたが、そうゆう考え方なら、もういい!」
と電話を切られてしまいました。
私には姉がどうして怒ったのかが分かりません。
姉としては、「私だって使いたくて使ってるわけじゃないのに、旦那さんの仕事がなくて生活出来ないから仕方なくなのに!」という気持ちなのかな?と思うんですが、「それじゃあ仕事が決まるまで奨学金下ろし続けるの?」と聞いたら「そのつもりはない」という返事で、でも直ぐにパートとか働きに行く気もないという事で私にはそれじゃあ解決が見つからないと思ってしまいます。
色々「努力すれば働けるんじゃない?」というような事を言うと「じゃあ全部私が悪いんだね!私が働かないから!」と言い始めてしまいます。 
誰が悪いじゃなくて、どうしたら良いかな?
という話だと思うのですが、私の言い方が悪いのかもしれません。
私は姉程辛い状況を経験してるわけじゃないですし妹なので、姉の気持ちを分かってあげられないところがあるんだと思いますし、腹が立つのかもしれませんが心配です。 何か良い言い方とかアイデア、情報とかありますか?
それとも放っておいた方がいいのでしょうか?(主人は放っておけと言います)
姪っ子の将来、姉の将来が心配です。(奨学金が足りなくなって中退したら一括返済なので、困るのは名義人になった姉達だと思うのです。) 私がパートに出て、奨学金が足りなくなったら出せるようにしようかとも思いますが、家も生活が苦しく自分の子供が大きくなったら学費が出せるか心配な状態なうえ、私は心臓病であまり無理が出来ません。
なにかアドバイスがありましたら助言頂けたらと思います。
よろしくお願いします。
長くなってしまったうえ、上手くまとまらなくてすみません。

こんにちは。 初めて投稿します。よろしくお願いします。
私には、高校3年生の姪っ子がいます。
姉の子で、来年短大への入学が決まりました。
でも姉の家は、旦那さんがリストラにあって、今年の7月から
半年近く週3~4くらいのバイトの様な仕事しか見つからず、
生活もままならない状態だったので、母のアドバイスで、奨学金を借りて、本人が返済すると納得の上、進学しようという事になったのです。
しかし姉は、生活の苦しさから入ったばかりの奨学金をもう下ろして
生活費にあててしまってるのです...続きを読む

Aベストアンサー

お姉さまがあまりに苦労されて混乱して、自分が働けばすべて丸く収まる、という理屈を受け入れられなくなっているだけです。

姪っ子さんのためには、まず授業料などは先に納めて流用できないようにしてしまいましょう。

ストレスで参ってしまっているならば、お姉さんもカウンセリングなどで悪くならないうちに対応しておいたほうが良いでしょう。落ち着けば、働きに出る意欲もでたり、「親としてすべきこと」を思い出して自ら活動できるようになるでしょう。

Q日本でも戦争に対する準備はするべきでは?

日本でも戦争に対する準備はするべきでは?

皆さんはどう思われるでしょうか?
誤解の無いようにお伝えしておきますが、
私は戦争賛成派でも反対派でもありません。
リスクに対する準備は必要なのではないか。という立場からの質問です。
とりあえず、皆様にお伺いしたいことは、下記の通りです。

1:自衛隊・在日米軍がいれば問題ない。自衛隊と米軍を信頼することができる。
#私は不十分だと思います。なんとなくですw

2:日本がアメリカから卒業して、核武装をすることによって世界での発言力は強まると思いますか?
#現実的に核武装している国が、世界での発言力を持っている(NPTがいい例)。例えばアメリカは、イラクに核兵器がないことを知っていたから攻めることができた。しかし北朝鮮には責められない。

3:いざ戦争となったら、自分の命をかけて敵をやっつけに(アレする)行く覚悟はありますか?
#自分の家族を守れるなら、戦争で敵をアレすることも覚悟できると思います。

4:日本人って、敗者に浸ってませんか?
#なんか・・・負けても仕方ないなぁ的な文化を感じるのは私だけでしょうか?

5:戦争しないことと、戦争したときに勝つことどっちが大事だと思いますか?
#当然勝つことの方が大事だと思っています。第二次大戦の戦勝国の戦中戦後の傍若無人ぶりが、ほとんど知られていないことから、歴史は戦勝国が作るものだと考えているし、それが現実だと思います。

特に急ぎの質問でもないのですが、皆さんは・・・どうでしょう?

日本でも戦争に対する準備はするべきでは?

皆さんはどう思われるでしょうか?
誤解の無いようにお伝えしておきますが、
私は戦争賛成派でも反対派でもありません。
リスクに対する準備は必要なのではないか。という立場からの質問です。
とりあえず、皆様にお伺いしたいことは、下記の通りです。

1:自衛隊・在日米軍がいれば問題ない。自衛隊と米軍を信頼することができる。
#私は不十分だと思います。なんとなくですw

2:日本がアメリカから卒業して、核武装をすることによって世界での発言力は強まると...続きを読む

Aベストアンサー

>1:自衛隊・在日米軍がいれば問題ない。
急作りの「軍隊」は混乱を招くだけで、何の役にも立ちません。少なくとも二十年出来れば百年必要です。
武器が一般に出回ったら、自殺数は莫大になるでしょう。また現在の大学生が(厳しさではぬるい)自衛隊の訓練について行けるはずはありません。それに給料だけで既にギリシャ並みの赤字予算は破綻します。

>2:日本がアメリカから卒業して、核武装をすることによって世界での発言力は強まる
それは正しいですが、日本は「交易国家」です。最大の相手国である中国とアメリカを怒らせたら、その時点で経済が崩壊します。

>3:いざ戦争となったら、自分の命をかけて敵をやっつけに(アレする)行く覚悟
当然ありますが、じじいなので役に立ちません。

>4:日本人って、敗者に浸ってませんか?
自虐的なのは日本人の特性で、それがあったからこそ外国からの文明の導入に積極的だったのです。

>5:戦争しないことと、戦争したときに勝つことどっちが大事だと思いますか?
しない事が第一です。これは孫子の兵法の大原則の一つです。大体外交で勝負するのが前提です。軍事は外交の手段でしかないのです。

>1:自衛隊・在日米軍がいれば問題ない。
急作りの「軍隊」は混乱を招くだけで、何の役にも立ちません。少なくとも二十年出来れば百年必要です。
武器が一般に出回ったら、自殺数は莫大になるでしょう。また現在の大学生が(厳しさではぬるい)自衛隊の訓練について行けるはずはありません。それに給料だけで既にギリシャ並みの赤字予算は破綻します。

>2:日本がアメリカから卒業して、核武装をすることによって世界での発言力は強まる
それは正しいですが、日本は「交易国家」です。最大の相手国である中国とア...続きを読む

Q太平洋戦争で日本に空母っているの?

何ていうかミッドウェーで日本は空母を失いましたけど
太平洋に限っていえば、もう数百・数千という島がある訳ですから
そもそもそんな物最初から作らずに

島を攻略してそこに要塞化してを飛行場にすれば
空母なしでも全然いけそうな気がするのですが駄目だったんでしょうか?

日本寄りの海域の方がこうした島にも恵まれている訳ですし

Aベストアンサー

そもそも「空母とは何か?」ということなんですよね。

旧日本軍は、太平洋戦争の開始時の真珠湾攻撃において、航空兵力と潜水艦だけを利用しました。艦船による砲撃は一切行っていないわけです。

それであれだけの損害です。つまり空母を利用した攻撃力は有効である、ということです。

これなら「戦略上必要な島を要塞化し、航空基地を作る」のと航空母艦を可能な限りたくさん作る、ということを足し引きで考えられますし、運用や補給もどちらが効率がよいか、で考えることができます。

また、島を要塞化し兵力を輸送するということはそれだけで大きな人員投入を意味します。それだけのコストが掛けられたのか、それも考えなければなりませんし、そもそも輸送中の危険(輸送船が敵艦船や潜水艦に撃沈される)も考えれば、島嶼にそれぞれ飛行場を設置するのはコスト高、だったのではないでしょうか。

一旦設営した島の飛行場は敵方に落ちるとすぐに再利用されてしまうのも問題でしょう。サイパンのテニアン島は最初は日本軍の飛行場でしたが、米軍陥落後はすぐにブルドーザーで整地し、鉄板をひいてエプロンを作り、B-29が日本本土を空襲する拠点となってしまいました。

そういうリスクまで考えないといけないのが戦争であるといえます。
だからこそ、空母のほうが有用だったのでしょう。

そもそも「空母とは何か?」ということなんですよね。

旧日本軍は、太平洋戦争の開始時の真珠湾攻撃において、航空兵力と潜水艦だけを利用しました。艦船による砲撃は一切行っていないわけです。

それであれだけの損害です。つまり空母を利用した攻撃力は有効である、ということです。

これなら「戦略上必要な島を要塞化し、航空基地を作る」のと航空母艦を可能な限りたくさん作る、ということを足し引きで考えられますし、運用や補給もどちらが効率がよいか、で考えることができます。

また、島を要塞化し兵...続きを読む

Q米墨戦争 アメリカとメキシコの米墨戦争でメキシコは広大な土地を失ってしまったと知りましたが。それ

米墨戦争


アメリカとメキシコの米墨戦争でメキシコは広大な土地を失ってしまったと知りましたが。それはアメリカが悪いんですか?

アメリカがメキシコの良さそうな土地を狙い、ずるい手を使って勝ったと聞きましたがホントでしょうか?またどのような手を使ったのですか?

Aベストアンサー

アメリカとメキシコの米墨戦争でメキシコは広大な
土地を失ってしまったと知りましたが。
それはアメリカが悪いんですか?
   ↑
現在の価値観で評価すれば、米国が悪いです。
しかし、歴史を現代の価値観で評価するのは
問題です。
現代の価値観で評価すれば、歴史の英雄はほとんどが
侵略者、独裁者、殺人鬼です。

当時の感覚としては、侵略は悪いことではありません
でした。
侵略が悪いことになったのは、第二次大戦後
からです。



アメリカがメキシコの良さそうな土地を狙い、
ずるい手を使って勝ったと聞きましたがホントでしょうか?
    ↑
本当です。
勝手に移住して、ここは米国の土地だ、と
やったのですから横暴もよいところです。
現代なら許されないでしょう。
しかし、繰り返しますが、当時は悪いことでは
なかったのです。


またどのような手を使ったのですか?
   ↑
有名なアラモの砦を、メキシコ内に造り
メキシコを挑発し、攻撃させてアラモを全滅させます。
そして、
「リメンバー・アラモ砦」を合言葉に戦争を正当化し、
国民を鼓舞し戦争にもっていきました。

相手を挑発し、先制攻撃させてから、反撃する
というのは、米国の常套手段です。

スペインとの戦争では、米国の商船を沈没させて
スペインの仕業だ、と国民を煽り、戦争に
もちこみました。
後日、米国政府は、あれは事故だったと発表しました。

第二次大戦では真珠湾攻撃です。
31代大統領フーバーは、ルーズベルトを、日本を
無理矢理戦争に引き釣り込んだ狂気の男、ルーズベルトは
真珠湾を知っていた、という書見を残しています。

ベトナム戦争ではトンキン湾事件を自作自演し
本格的な戦争に進みました。
これがやらせであることを、ワシントンポストが
暴露しました。

湾岸戦争では、米国は介入しない、と約束して
おきながら、イラクが侵略するや多国籍軍を編成
して撃退しています。
米国は約束を否定しましたが、
約束したとされる米国全権大使、グラスビーは以降、公の場には
姿を見せないようになります。

アフガン、イラクについては911が噂されて
おります。
後、ロンドンタイムズ紙は、米国は911以前から
アフガン、イラク攻撃を計画していたことを
暴露しました。

アメリカとメキシコの米墨戦争でメキシコは広大な
土地を失ってしまったと知りましたが。
それはアメリカが悪いんですか?
   ↑
現在の価値観で評価すれば、米国が悪いです。
しかし、歴史を現代の価値観で評価するのは
問題です。
現代の価値観で評価すれば、歴史の英雄はほとんどが
侵略者、独裁者、殺人鬼です。

当時の感覚としては、侵略は悪いことではありません
でした。
侵略が悪いことになったのは、第二次大戦後
からです。



アメリカがメキシコの良さそうな土地を狙い、
ずるい手を使って勝ったと...続きを読む

Q日本、日本人とは何ですか? 日本、日本人の奥底にあるものはなんだと思いますか?

日本、日本人とは何ですか?

日本、日本人の奥底にあるものはなんだと思いますか?

Aベストアンサー

日本、日本人とは何ですか?
   ↑
1,日本
 日本という国土があり、国民があり、それが
 統一的な国家権力によって統治されている
 のが日本です。
 これを国家三要素説といいます。

2,日本人
 日本の歴史を共有している人間です。



日本、日本人の奥底にあるものはなんだと思いますか?
     ↑
美、だと思います。

欧米では正義論が盛んです。
何が正義で悪なのか、という見解を巡って延々と
数百年も議論しています。

しかし、日本では少し異なります。
何をすれば美しいか、で日本人の行動が
評価されます。

悪いやつ、といわれるよりも、汚いやつ、と
言われた方が嫌です。

潔いのは美しいですが、弱いモノ虐めは
美しくありません。

美しいか醜いかは、歴史によって培われた
価値によって判定されます。

仲良きことは美しきかな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報