【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

姪っ子が高校に入学しました。漠然としてイメージなのですが将来は英語を使う仕事に就きたいそうです。
先日、国際教養大の学長さんがテレビに出演されていろいろ大学の紹介をしてくださってので興味深く拝見しました。
また、ネットや雑誌なのでいろいろ調べてみて以下のことがわかりました。

・高い就職率。しかも有名企業に即戦力として就職
・すべて英語で授業
・1年間は留学生と同部屋
・1年間の留学必須
・課題が多く、勉強している時間が他の大学生より遙かに多い
・東大並(文系)の偏差値の学生がほとんど

等々です。


国際教養大のいい面はよく理解できたのですが物事には必ずデメリットや悪い面が存在します。

国際教養大に進学して社会人になることについてデメリット、悪い面があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

元塾講師です。



 悪い面を挙げるとすると(他の方が挙げられていない内容に限ると)
・立地が田舎であること
・日本企業が求める要素を吸収しにくいこと
(就職時・入社以降でのデメリット)

 立地が田舎であるということは、遊べるかどうかということではなく、「現実の社会との接点がない」ということにつながります。仏門や芸術家が都会の喧騒を避け山にこもることはありますが、これこそ「現実社会との接点をなくす」ことが目的であり、教養や英語を勉強する大学が存在する場所ではありません。もちろん、アメリカ等の大学では田舎にキャンパスがあることは多いですが、彼らはそもそも英語を勉強するわけではありませんし、学問の発祥のほとんどが欧米という観点から、自国内のどこでもいいはずです(日本の文学を研究するのは、国内のどこでもいいという考えと同じです)。
 自動車の教習所などのように、基礎部分の勉強において「隔離された空間」で勉強することは有意義です(自動車教習所でいう第一段階です)。また、それだけではダメなことも分かっており教習所では実地教習、教養大では留学を取り入れているのでしょう。しかし早慶やICU、上智や東京外大等のように言語に強みがある大学は都心では多く存在し、そこで一生懸命勉強している人は、その立地で勉強し海外の大学へ留学しています。つまり、わざわざ田舎にこもって勉強しないと英語が勉強できない人達の集まりと見なされ、そうした人が先に挙げた大学の優秀層に適うと考えるには無理があります。彼らは都心で勉強し、社会との接点を多く持ち、英語能力も持ち合わせているのですから…。

 就職試験以降でのデメリットは、端的にいって「海外文化に染まった人ほど日系企業では使いにくい」という理由からです。
 欧米では自己の権利を主張し、そのぶつかり合いの結果、物事が決まります。日本ではそうした衝突自体を避ける傾向があり、そうした衝突を求めてくる人間は「めんどくさい奴」となります。大学において、英語中心の勉強をするとそうした発想になりやすく、自分にとって「当たり前のこと」が世間とずれていきますし、田舎にいてはそのズレに気づきにくく、卒業後会社で「自分が正しくて、会社がおかしい。なぜならちゃんと大学で勉強したから」という理屈で様々な人と様々な衝突を繰り返していきます。よく、英語に力を入れている大学が宣伝する「ディスカッション形式の授業」ですが、こうしたろくな知識も持たない人が考えた結果程、めんどくさいものはありません。以前は若者は「自分に知識がなく先輩の言うことを聞く」という状態で、会社のイズムが継承されていきましたが、会社の状態を知らない若者が自分の意見を主張し、それを変えない場合、先輩は彼(の意見)を無視するようになります(最初はアドバイスをしますが、それも聞かないのでほっておくようになります)。
 近年では、欧米的な考えが浸透していますが、人気企業のほとんどは従来のままです(人気企業で変化が激しかったらニュースになるはずですし、最近の好決算は円安や原油安が原因で企業の状態が変わったわけではありません)。

 大学の人気は、まず「ブランド」であり次に「立地」「学費」になります。国際教養大はその中で、学費は安く、立地は最悪です。その中でブランドを一生懸命上げようと努力しています。
 マスコミも取り上げやすい要素が満載の国際教養大を使えば視聴率などが取れますし、大学としても宣伝してもらえるのはありがたいことです。そうしたことで志望校を決めるような人が選択しているだけであり、人気が急上昇していますが、そうした人気の上昇は一時的であったり、ある程度までの上昇はしますが、早慶や上智・ICUを凌駕することはないでしょう。それらの大学に合格するような人がわざわざ田舎に言って勉強することの無意味さは理解しており、彼らが国際教養大に進学しない限り、学力的(難易度や偏差値)は上がらないわけであり、結果「地方の公立大学の中で人気大学」というレベルになるでしょう。そもそも首都圏在住の高校生であれば、早稲田の国際教養には自宅から通え、一人暮らしをする国際教養大よりトータルでの費用は抑えられる場合がほとんどです。わざわざ秋田に行くのはモノ好きであり、そうした状態では、大学のブランドは上がりません(特に最近は青学・東京理科大なども都心にキャンパスを戻しています)。

 田舎で英語を勉強する行為は、「お坊さんがわざわざ都心で修行をするくらい不合理なもの」であるはずであり、そのメッキも近いうちにはがれるでしょう。また、そもそもですが、企業における人気度では早慶を凌ぐことは永遠に来ないでしょう。というのも、日系企業の要職は早慶と旧帝大で占められています。そのため就職・昇進において学閥が強さを発揮するわけであり、こうした部分が個人の能力に次ぐくらい大事なのが現実です。入試偏差値においては上智が明治を圧倒しますが、OBの数で圧倒している明治が上智より強いことも珍しくありません。そのため国際教養大が早慶の倍以上の学生を輩出しその勢力図を数をもって塗り替えない限り逆転はできませんし、日大の数を持ってしてもその勢力が変わらない以上、ほぼ無理と言えます。
ご参考までに
    • good
    • 6

卒業をした本人側から見て、強いて言えば、目先の評価による社会的な効果を期待していたら、歴史の浅い大学なので、デメリットかもしれません。


 また、開拓精神が先行されがちなので、知識・技術で、時間をかけて醸成しなければ構築できないような文化的な土壌が浅いことにより、基本的なことから始めなければならないこともあるかもしれません。さらに、対象とする世界が広いので、学生間の差も大きいことも考えられ、そのギャップを自分なりに手当てすることも多く、暗中模索に伴う些細な不安や不満もあるかもしれません。

 さらに、採用側から見ると、良くも悪しくも、長年の歴史をバックに持つ大学(ある種の伝統社会)での経験が浅いため、その中で鍛え上げられ、洗練されるという過程を経ていない分、伝統的な基本的なものを身に着けていないと感じられるもの足りなさや、突拍子のなさが感じられる場合があるかもしれません。

 新しい概念や新しい用語が、一般社会に認知されるためには、それなりの時間を要するので、これまでの枠組みに拘ると、ハードルは高くなりがちかと思います。
 
 しかしながら、どんな伝統的な社会でも、日進月歩であり、誰もが、今並びに明日を新たに生きています。
 
 そう考えて、前向きに、丁寧に学んでいかれれば、どのような道のりを経ようと、豊かに成長していく可能性はあるのかと思います。

 どうか、温かい目で見守って下さり、支援が必要な時には、あなたなりの苦労を乗り越えた経験の一例と失敗例でもお話しし、姪御さんご自身の力で乗り越えられるように、アドバイスをなさったら如何でしょうか?
    • good
    • 3

ん~、ないんじゃない。

そんな学校、自分も行ってみたかったなぁ。
    • good
    • 1

東大京大早慶と比べてマイナーであることくらいではないかと思います。


良い大学のようですし、難関でもありますが
名門ではない、実社会に先輩が少なく、人脈が少し広げにくいかもしれません。
しかし、デメリットと言うほどでもないとは思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む

Q秋田の国際教養大学

今年4月に高3になります。

理系なのですが、英語にも興味があります。
国際教養大学の偏差値や就職、その他特徴を教えて下さい。
できればメリットとデメリットも教えていただきたいです。

ちなみに秋田県外の者です。

Aベストアンサー

どこの大学でもそうですが、遠方にいると情報が入らないので
遠方者ほど評価が高くなるものです。

どこの大学にも陽の部分も陰の部分もあります。

私は日本全国、いろんなところに住んだ経験もありますが、
まず申し上げたいのは、雪国を知らなければやめたほうがよいですよ。
秋田市内は積雪は少ないほうですが、それでも東京や大阪出身者には応えるものです。

メリット
 ・下の方の回答にならんでいます(殆んどがメリットです)
 ・その他、東京外国語大学の学長が現在の学長をされており、優秀なスタッフや人脈を
  持っています。
 ・目的意識のない人間ならば、上からどんどん押しつけられるので、成績がどんどん伸びます

デメリット(秋田市のこともよく知っているので、かえってこういうことを書き込んでしまい
悪いと思うのですが)
 ・遠方にあるぶん、評価は高めです。
  地元の進学トップ高校がほとんど受験しない。この事実ってどうよ、ということです
  (秋田高校以外にも隣県の山形東、弘前、盛岡一高や近隣の仙台二高、仙台一高、
   新潟高校など)
  代わりに地元の3番手高校以下からの受験が多い

  クラスを3クラスか4クラスに分けているようだけど、この下のほうのクラスの雰囲気、
  実態がどうなのか の情報が伝わってこない。
  (このへんはあんまりやる気のある人は多いとは思えない。)
  地方都市の3番手以下の高校の内部実態も結構分かっているので。
  つまり上智大学や同志社大学と比べても、ベスト20の常連高校のレベルが違います。
  

 ・就職100%というけれど、東北地方の中小企業名にもなじみのある私なら判断できるけれど、
  東京や大阪の人は数値しか分からない。地方都市ではスーパーや卸会社などが
  地元では有力企業に入っていることが多いので。
  就職率が100%でない立教大学や関西学院大学の就職数とは就職先の会社のレベルが違うので。

 ・経営的な面から見て、秋田県からの補助金だけでやっていけるのか(秋田県立大学もあるし)。
  現に県議会でも毎年教養大の予算が県会議員から指摘されている
  
  経済学部出身の目から見ても、受験者数と入学者の受験料と学費を計算して、それに教授や
  スタッフの人件費、学校施設の維持費(固定資産税や税金は不要だろうけど)を引いても
  経営は楽ではない。特に外国人は待遇面はシビアだしね。あの定員数、受験者数で
  やりくりできるのか。

  県別生産額でも40位前後の秋田県、人口減少率が日本一の秋田県だから予算の
  やりくりは相当に苦しいはず。
  
 ・秋田市という立地上、他大学からの交流・刺激は期待できない。
  せいぜい秋田大学との人的交流か?  海外に留学するから大丈夫というわけにもいかない
  上智や東京外国語大、立命や同志社、阪大外国語といった都会の大学ならば、
  大学内、他大学との交流も頻繁にはかれる。
  こうした他大学との交流が都会の大学の大きな魅力であり、4年間の大学生活の大きな財産
  なる。

 ・最近は都会の大学でも似たような教育をやる大学が増えている。
  今後は生徒集めで苦しいのでは?
  (早稲田国際、法政グローバル、立命国際、関学総合政策などなど)
  
  理系学部は培ってきた伝統の力(研究力・技術力)は抜き難いものがあるけれど、
  語学教育などは、すぐに追いつけるものだからね。

結論
 要は、あなたが現在どこに居住しているかですよ。
 東北6県や北海道、新潟や北陸あたりだったら構いませんが(地元に国際教養より
 上の大学がないから。
 (もちろん東北大に合格したら、東北大へ行く。それ以外の大学の文学部、外国語学部なら
  国際教養へということです)
 
 それでも経済的に余裕があるなら、やはり東京や関西の有名私立大を薦めます。

 四国や九州の人に、わざわざ秋田までも薦めかねるしね。
 秋田へ行く途中に、国際教養に負けないくらいの良い大学がたくさんあるからです。

 年末、年始に両親や地元の友達と楽しんだ後で、雪の積もる秋田へ一人で「行ってきます」
 という情景を想像してみてください。 今や東京や大阪生活になれてしまった私には酷ですね。

 東京や大阪育ちの人に言いたいのは、秋田市はブラんド店もなければ、デパートなども
 限られたお店しかありませんよ。
 知っている人にもすぐに顔を合わせるのが地方都市です。

 福岡の天神や広島の八丁堀や紙屋町くらいだったら、我慢できますけどね。

 地方都市の生活の経験があれば我慢できるのですが、東京や大阪や名古屋出身の人には
 無理だと思います。 



  

どこの大学でもそうですが、遠方にいると情報が入らないので
遠方者ほど評価が高くなるものです。

どこの大学にも陽の部分も陰の部分もあります。

私は日本全国、いろんなところに住んだ経験もありますが、
まず申し上げたいのは、雪国を知らなければやめたほうがよいですよ。
秋田市内は積雪は少ないほうですが、それでも東京や大阪出身者には応えるものです。

メリット
 ・下の方の回答にならんでいます(殆んどがメリットです)
 ・その他、東京外国語大学の学長が現在の学長をされており、優秀なスタッフ...続きを読む

Q国際教養大学の偏差値ってどのくらいなのですか?

国際教養大学の偏差値ってどのくらいなのですか?

入学したいと思っているのですが、結構難しいのでしょうか?

また、それまでに留学を一年とか二年とか行っていた場合、何か特別な扱いはあるのでしょうか?
入試についての詳細など知っている方がいらっしゃましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

国際教養大3年、現在アメリカに留学中のものです。

>>結構難しいのでしょうか?

どうなのでしょう…?
難易度や偏差値などを見ると結構上のほうにランキングされていてびっくりしますよね。私もそうでした。定員が少ないので倍率が上がってしまうのはもう仕方ないと思います。

A日程、B日程、C日程の3日程で試験科目が異なるのはご存知でしたか?私は数学が苦手だったのでA日程(国語・英語・社会科目[私は公民を選びました]の3科目)を受けましたが、…不合格。
C日程(英語小論文)でなんとか受かることができました。

A日程は文系科目中心、B日程はオールマイティーに5教科、C日程は英語だけの一本勝負、
ほかにも秋入学、留学生選抜など入試制度が多様化しているので一概に "難しいかどうか"
を言う事はできないのではないかと思います。

難易度や偏差値はもう無視して、
自分にはどれが合っているのかをよく考えて(何日程で受けるのか?条件を満たしているから推薦か?など)そして出来るだけのことをして試験に臨むのがポジティブだと思いますよ。

>>それまでに留学を一年とか二年とか行っていた場合、何か特別な扱いはあるのでしょうか?

留学経験者を対象にしたAO入試があったと記憶しています。
これは人に聞くよりも募集要項を手にとって実際に確認されることをオススメします!
そのほうが確実ですしね^^


受験勉強これからが勝負ですね!応援しています~!

参考URL:http://www.aiu.ac.jp/japanese/admission/admission0214.html

国際教養大3年、現在アメリカに留学中のものです。

>>結構難しいのでしょうか?

どうなのでしょう…?
難易度や偏差値などを見ると結構上のほうにランキングされていてびっくりしますよね。私もそうでした。定員が少ないので倍率が上がってしまうのはもう仕方ないと思います。

A日程、B日程、C日程の3日程で試験科目が異なるのはご存知でしたか?私は数学が苦手だったのでA日程(国語・英語・社会科目[私は公民を選びました]の3科目)を受けましたが、…不合格。
C日程(英語小論文)でなんとか受かることが...続きを読む

Q国際教養大学か東京外国語大学

大学進学についての質問です。

僕は4月から大学生となります。
現在秋田の国際教養大学に合格しており(入学手続き済み)、
数日後にせまった東京外国語大学(国際社会学部)の合格発表待ちという状況です。

国立に落ちた場合はそのまま国際教養大学に進学するつもりですが、
国立に合格した場合どちらに進学したらよいか決めかねています。
(どちらの大学にもそれぞれ魅力を感じており、優劣をつけることができません。)

以下、僕が考える、両大学の良いところです。
〇国際教養大学〇
・真面目に取り組めば、英語が格段にできるようになる。
・将来のヴィジョンがはっきりしていない僕にとって、リベラルアーツのほうが好ましい。
・勉強をする環境が整っている。(逆に言うと勉強しかすることがない?)
・生活コストが東京よりも安い。(留学に対する支援も良い。)
・学生数が少ないことと、寮生活により、より密な人間関係を築くことができる。

●東京外国語大学●
・専門性(語学)をしっかり身に付けることができる。
・自分次第で、東京の他大学の学生と交流を持つことができる。
・国際教養大学よりも、歴史や伝統がある。
・学生数が国際教養大学よりも多く、様々な人との出会いがある。
・東京にいたほうが、就活の時に有利または楽である。

将来、どのような仕事に就きたいかはまだはっきりとしていません。
大学では、語学をしっかりと身につけた上で、国際関係論や、国際法、国際経済などを
学びたいです。(両大学でそのようなことは学べると思います。)

そこで、ぜひ意見やアドバイスを聞かせていただきたいです。
どんな些細なことでもいいので、よろしくお願いします。

大学進学についての質問です。

僕は4月から大学生となります。
現在秋田の国際教養大学に合格しており(入学手続き済み)、
数日後にせまった東京外国語大学(国際社会学部)の合格発表待ちという状況です。

国立に落ちた場合はそのまま国際教養大学に進学するつもりですが、
国立に合格した場合どちらに進学したらよいか決めかねています。
(どちらの大学にもそれぞれ魅力を感じており、優劣をつけることができません。)

以下、僕が考える、両大学の良いところです。
〇国際教養大学〇
・真面目に取り組め...続きを読む

Aベストアンサー

 僕も東外大に1票。
例えば、外大で学部時代にある言語文化を専攻し、その後に東大や一橋の院に進む学生も多くいます。将来の専門領域に関して、原書を難なく読解しある程度の意思疎通を図る程度の語学力を身に付けるのであれば、国際教養などの選択肢は必然的に消えます(国際教養の元学長もそれ以前は東外大の学長を務めていた方です)。
 >語学をしっかりと身につけた上で、国際関係論や、国際法、国際経済などを学びたいです
それならば尚更のこと東外大で、学部の4年間程度では国際関係論や国際法などを学ぶことは不可能ですので、院への進学それも一橋をお勧めします。

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q早稲田国際教養とAIUなら?

こんにちは、進学についての質問です。

●早稲田の国際教養学部(私立)
●秋田国際教養大学(公立)
に現在合格しています。後者には入学手続き(支払い)を済ませました。名前の通りどちらも国際的なカリキュラムをとっていますし、また新しいところなので、情報不足は否めません。偏差値で見れば差は明らかなのですが、これからは偏差値でないと言う人もありますし。
早稲田はやはりネームバリューがありますが、秋田は学費が安いことや二十四時間の図書館開館などの特色もあるのです。

当時新しい学部や大学に入学していたという方や、偏差値の異なる大学を決める経験をした方、また一般での評価を知っている方、どうかアドバイスをして下さい。

Aベストアンサー

nasebanaruさん、大学合格おめでとうございます!
私がもしnasebanaruさんの立場でしたら、秋田県在住(もしくは近隣県
在住)で、卒業後も秋田県内や近隣県に就職を希望しており、事情で
できるだけ学費負担を少なくしたいのであれば、秋田国際教養大学に
進学します。先の3つの条件のうちひとつでも外れているのでしたら、
早稲田に進学します。

特に卒業後東北地方以外での就職をお考えなのでしたら、学費を
負担できるのでしたら、個人的には早稲田への進学をお勧めします。
私もNo.1さんと同意見です。

Q東京外大の英語は難しいのですか?

自分は外国語学を勉強したいので東京外大を目指しているのですが、ここは英語の入試が東大並みに難しいと聞きました。
恐る恐る東進の過去問データベースで過去数年分見てみましたが、長文自体はベネッセ模試で英語偏差値70前後の私でも大まかな内容はつかめました。ここ数年の問題を見てもそれほど難しく感じないのですが、
東京外大の英語はどういったところが難しいのですか?
英語の偏差値はどれくらい必要ですか?

Aベストアンサー

今年東外大を受験して撃沈した者です。

私も文章を読んで大まかな中身は理解できるのですが、設問に的確な日本語で答えるとなるとやっぱり難しいです。正確に読んで、頭の中で整理して、言葉にするという点では、英語だけでなく日本語の能力も必要でした。

二問目と三問目は記号で答える問題ですが、あれは同じ記号を一つしか選べないので、もしミスで一個間違えると、もう一個も間違えることになります。配点は一つ5点ですが、結局10点マイナスになるわけです。

英作文も難易度が高いです。受験だと、似ている問題を出す大学の過去問も練習のために解くのですが、同じタイプが無いので困ります。なので、確かに外大を目指す人の偏差値は高いですが、模試と出題の仕方が違うのであまり参考にならないです。

偏差値70前後ということは同じ頃の私よりもずっと優秀なので、がんばれば受かると思います。ちなみに二次試験の挽回は難しいので、センター試験で失敗すると後で苦しいです。

Q浪人で四谷学院か河合塾どちらが良いですか?

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせそう。
・実績があり、バックアップが良さそう。
・国公立コースなので、授業の内容がしっかりやってもついて行くことができるのか不安。
・テキストの質は良いと思う。
・夏の合宿や日曜対策講座などがなく、一定のペースで一週間勉強できる。
・国公立コースでも日曜は必ず休み。

【四谷学院】
・授業についていけないことにはならないと思う。
・個別指導もあるので自分の補強必要部分がわかりやすいと思う。
・あまり良い評判を聞かない。
・55段階個別指導で入試に間に合うのか疑問。
・夏の合宿や秋からは日曜対策講座もあり、日程が変則的でペースが乱れそう。
・日曜も講座があれば休みが1日もない。
・受験生でも週1日は休みが必要で、気分転換や次の一週間に向けての準備が必要だと思う。

もちろん、どちらに入ったとしても、全力でやります。
実際にどちらも説明にも見学にも行っていませんが、資料はしっかり見ました。
どちらの予備校が良いですか?
予備校経験のある方、詳しい方は特にお願いします。

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせ...続きを読む

Aベストアンサー

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていても何も言われません。四谷の場合は、55段階の時は雰囲気的にサボりにくく、結局勉強する環境になります(集団授業でもあてられることがあるので、勉強する環境になりやすいです)。特に55段階は、「自分で分かっているつもり」の箇所を徹底的に突っ込まれ、基礎が分からず、勿体ない失点を教えてくれます。
 大手は「多くの人数に良質な授業をし、その中から生き残った人間が合格」していく構造です。そのため、大手予備校のCMは環境より合格者の数字を前面に押し出しています。あれは「数字がいい=いい環境と思う=いい人材が集まりやすい」だけであり、その連鎖で数字が出ているだけです。成績がイマイチな人は予備校からすれば「数字(宣伝材料)にならないが貴重な利益貢献者」となります。その証拠に大手予備校では名門進学高校の生徒の授業料は無料が多く、普通の高校からはしっかりお金を取っています。生徒には合格の数字かお金の数字を出すようになっています。そのため、費用と授業の質を考えると(先に挙げた名門講師は難関大対策にしかいないことも考えると)優秀な受験生は非常に割安いで、そうでない生徒は(優秀な人の費用も負担していることになるので)非常に割高です。ちなみに四谷学院は解く体制度は一切ないと思います(私の時はなく、今もないでしょう)。

 あなたの目指すレベルであれば自分でしっかりやっても到達できますが、大手の場合は実績にほとんど関係ない大学なので、予備校としてのフォローも期待できません。特に大手は年間費用を一気に先に払うので、フォロー等のクレームでやめられてもお金の損失がないからです。大手予備校のテキストは情報に無駄がないものですが、白黒の(私には)使いにくいものでした。四谷は市販の参考書のようなカラフルな教科書・参考書です。

 ちなみに55段階の到達ですが、これは心配ありません。55段階全部終わらないと意味がないものではなく、最初の30~40%で出題範囲の内容は終わります。それ以降の級・段は演習形式になっており、残りの30%は早以上の人だけに必要なもので、全部終わったら「どこでも大丈夫」というカリキュラムです。私自身、英語・国語は終わらなかったものもあります。ちなみに、1時間でやれるだけやっていいので、初めのころは1時間で5級くらい進みます(秋以降は2~3級程度が多いです)。55段階の一番の目的は、範囲を網羅することと、自分が勉強したことを可視化でき、やる気が出る点です。授業を受けっぱなしの予備校だと感じにくい部分です(それを感じなくても自発的にやれる人には効果はありませんが)。
 ちなみに日曜講座や合宿に私は一切参加していません。夏季・冬季の講習はそこそこ取りましたが、通常の時期と同じかそれより少ない授業数で十分です。

 ちなみに、四谷は3月中に申し込むとその時点で55段階の指導を受けられます(今やっているかは確認してみてください、私の時はそうでした)。私は4月から通ったのでできませんでしたが、既にハンコをもらっている人がいて、「しまった」と後悔しました。評判に関しては、正直集団授業の講師の質は大手に及びません。ただ、四谷はそれ以上に学習システムがしっかりしていると思います。

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていて...続きを読む

Q国立と公立は併願できる?

併願という表現が適当かはわかりませんが、

国立大学は前期後期で一校ずつしか受験することができませんが、
公立との関係はどうなっているのでしょうか?

一度、受験日だけ、しかも一校の公立の受験日と
国立の受験日を比較したら同じ日でした。

基本的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

殆ど前のお二方が言い尽くしていますが、軽く補足をしてみます。

国公立大学の一般入試は『分離・分割方式』と呼ばれる選抜方式を採用しています。
これは前期日程・後期日程に定員を分けて募集を行う方式です。
(前期は2月25日、後期は3月12日頃に行うのが一般的です)
国立大学は全て、前期・後期の両方(もしくは片方)しか募集しません。
(大半の公立大学も前期・後期での募集を行っています)
そして、一部の公立大学のみ「中期日程」という特別枠を設けています。
(3月8日頃に入試を行います)
なので、受験生は前期・中期・後期の計3回受験が可能となります。


ちなみに、国公立大学に出願する際、大学入試センターが発行する
『センター試験成績請求票』が必要となります。
(この請求票を願書に貼り付けます)
この請求票が前期・中期・後期日程用に1枚ずつしかありませんので
各日程で1校ずつしか出願できない仕組みです。


また最後になりますが、公立大学でも
・国際教養大学
・新潟県立大学
の2校のみ独自の日程で一般入試を行いますので、前期・中期・後期に加えて
受験することが可能です。

殆ど前のお二方が言い尽くしていますが、軽く補足をしてみます。

国公立大学の一般入試は『分離・分割方式』と呼ばれる選抜方式を採用しています。
これは前期日程・後期日程に定員を分けて募集を行う方式です。
(前期は2月25日、後期は3月12日頃に行うのが一般的です)
国立大学は全て、前期・後期の両方(もしくは片方)しか募集しません。
(大半の公立大学も前期・後期での募集を行っています)
そして、一部の公立大学のみ「中期日程」という特別枠を設けています。
(3月8日頃に入試を行...続きを読む

Q早稲田 商学部と社会科学部 倍率がどうして高い?

早稲田大学の商学部と社会科学部は倍率が日本でトップのようですがどうしてですか?
そんなに人気なのですか?

Aベストアンサー

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高いのはなんでも学べるという学部の特性にあるでしょう。

社会科学部では、法学部並みに法律学を学べ、政治経済学部並みに政治学・経済学を学べ、また商学についても同じです。


社会科学部については昔は夜間であったということでお歳の方には簡単な学部だと勘違いされるのですが、
今や普通にハイレベルです。


以下参考情報です。


参考書:http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/dai.html
受験相談スレ:http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング