経理のこと勉強初めて間もないものですが決算が終わった時点で貸借対照表の負債の短期借入金が2億3千万円もある会社にアドバイスをしなさいという宿題がでたのですがどのように回答すべきか教えてください その会社の資産の部の流動資産は約2億円で固定資産は約3億円で純売上高は4億7400万円で売上原価は3億5800万円で売上総利益は1億1600万円 以上すべて決算時の数字です 借入金が多いということはいけないことですか?今後この会社はどういう点に注意すべきか 良きご回答よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

借入金が多いこと自体は、すこしも悪いことではありません。

よくそのように言われる事がありますが、それは間違った考え方です。借入金は、レバレッジの効果を生み出すものです。それを利用しないということは、経営が下手である事を意味します。一口に言うと借入金が少ない会社は、経営が下手な会社と考えればよいでしょう。
ただし、借入金には利子というコストがかかるので、あまり多く借りると利益を大幅に減らしてしまう事になります。借入金が多いと利益が変動する可能性も高いわけですから、借入金の多い会社はリスクの大きな会社です。
要するに借入金は、諸刃の剣なのです。うまく使えばとても強力な武器になりますが、使い方を誤ると自分を苦しめる最大のネックになります。リスクを避けるのは簡単ですが、それは単なる逃げに過ぎません。多くの日本企業が逃げてばかりいるので、日本経済は一向によくなりません。悲しむべき事態です。
さて、本題に戻りましょう。今後この会社が気をつけなければならない点は、次の点です。質問には、金融費用が示されていないので借入金がメリットになっているかデメリットになっているかを判断することができませんが、すくなくとも金融費用支払後で利益がプラスであれば、問題はありません。金融費用支払後に利益がマイナスになるのであれば、借入金を減らす必要があります。現状で、利払い後利益がプラスであるかどうか、今後それを持続できるシステムが確立できているかどうかが、見るべきポイントになります。
    • good
    • 0

流動資産<短期借入金ということは、資金ショートする可能性が高いです。


固定資産を圧縮し、手元流動性を増やさないと、資金ショートで不当たりを出して倒産してしまうでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【帝国ホテルの】ホテルマンがバイトで時給が試用期間が910円で正式採用で時給1000円の時給910-

【帝国ホテルの】ホテルマンがバイトで時給が試用期間が910円で正式採用で時給1000円の時給910-1000円のバイトで東京都の最低賃金が時給907円で、帝国ホテルは最低賃金の3円多い金額でバイトを雇っていたという話。

1流の帝国ホテルのホテルマンが最低賃金より3円高いバイトがやっていたというニュースで驚きましたが、こういう超1流店なのに時給が安い会社って帝国ホテル以外にどこが思い当たりますか?

今や自分が小さいときにバカにしていたクレヨンしんちゃんのダラしない野原ひろしですら35歳で一軒家で車持ちでみさえと結婚して子供が2人いる家庭だった。あんなダラしない子供のときはこんなダラしない大人が居て良いのかと思ったが、今や野原ひろし以下の生活を送っている。ドラえもんの家庭も当時見てたら金持ちの家庭はスネ夫でのび太の家庭は貧乏に見えたがそれも今の若者が実現出来る家庭ではなくなっている。

時給が安すぎるとかもうそういう次元の話じゃなくて、大人の40%が短期仕事で食いつないでいる状態が異常なのだといつ気付くのでしょう。

経営戦略の歴史で学者が提唱した経営戦略を経営者が都合良く解釈、経営戦略自体が時代に則しなくなって変えたわ良いが、その昔の経営戦略の残骸、残党を昔は違うビジネスを作ってそこに入れていたが、今の経営戦略では新ビジネスは新ビジネスの人材で行い、古いビジネスで雇った人材はリストラするという経営戦略の学者は今の経営戦略は誤っているのに新しい経営戦略を作らない、作れないのはなぜでしょう?

経営者は経営戦略の歴史を理解していない人をトップに立たせたらダメだと思う。

人の人生をなんだと思っているのでしょう。捨て駒、使い捨てで心が痛まない。他人の人生など知ったことではないという人間が経営者になるべきではないし、せめて経営戦略の過ちの歴史を実践し続ける無能経営者は違う人にその席を譲るべきだと思います。

【帝国ホテルの】ホテルマンがバイトで時給が試用期間が910円で正式採用で時給1000円の時給910-1000円のバイトで東京都の最低賃金が時給907円で、帝国ホテルは最低賃金の3円多い金額でバイトを雇っていたという話。

1流の帝国ホテルのホテルマンが最低賃金より3円高いバイトがやっていたというニュースで驚きましたが、こういう超1流店なのに時給が安い会社って帝国ホテル以外にどこが思い当たりますか?

今や自分が小さいときにバカにしていたクレヨンしんちゃんのダラしない野原ひろしですら35歳で一軒家で車...続きを読む

Aベストアンサー

どんな仕事もそんなものです。落語家なんて1円も給料はありません。便所掃除をして、食べさせて貰ってありがとうと言う世界です。でもそうやって何10年も頑張ったら一流の落語家になれます。笑点に出ている全ての落語家がそうなのです。だからおもしろいのです。そこら辺のお笑い芸人には出来ない。お笑いの芸なのです。
 相撲取りもそうです。白鳳は新人の頃は毎日泣いていたそうです。そうやって横綱になるのです。
 新人のホテルマンは給料を貰って勉強しているのです。叩かれて怒鳴られて、そうやって仕事を覚えていくのです。
数年後にその職場のチーフになります。それから10年20年したらホテルの支配人になっているかもしれません。
 熊本のホテルキャッスルはそんな料理人が支配人です。
 私の義兄も料理人です。結婚した頃は10万位の給料で居酒屋で働いていましたが、そのやり方を勉強して自分で居酒屋を経営しています。たいして儲かっていないと言いますが、公務員夫婦の我が家よりも確実にリッチです。
 でも忙しくて金を使う暇がないというのが現実です。

Q卸売業の売上拡大策について

ある卸売業の売上拡大策について指南いただきたいのですが、その会社は、地方で
漆器、食器の卸を経営しています。販売先は、結婚式場、旅館、ホテルが主です。
最近の不況もあって、特に旅館の伸び悩みが目立ちます。また、大手の競合企業の進出もあって、売上は、毎年減収です。(売上の内訳は、漆器20%、食器80%です)
特に、漆器の売上減少が目立ちます。何か起死回生の拡大策はないでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

『卸の起死回生の拡大策は』との事ですが、基本的に既存のままで留まっていれば売上拡大はありえないと思います。新たな取組み『イノベーション』を行っていく事に尽きると思います。
一例として、下記のような切り口で『新たな取り組み』の例示をしますと

(1)市場浸透戦略(現状の市場で、現状の製商品を売っていく):起死回生は厳しいところかもしれませんが、ANo.#1の方の同業者との組合を通じた『共同化』展開は可能性があると思います。

(2)新製品開発戦略(現状の市場で、新たな製商品展開に取り組む):同じく厳しいと思われる漆器メーカーとのプライベートブランドを立ち上げ、新ブランド漆器共同開発を行っていく、海外物のブランド系食器の輸入販売を考える等高付加価値品で対応していく方向性が有るかと思います。

(3)新市場開拓戦略(新たな市場で、現状の製商品を販売していく):既存のホテルや旅館に加え、居酒屋チェーンや飲食チェーン等の新たなターゲットの開拓を行う。居酒屋で実験的に使っていただき、ユーザーの意見を吸い上げ、料理にマッチする、温かみのある食器・漆器の開発につなげる等の手段も有効的と思われます。新たなホテルルートの開拓(都内近郊は新ホテルの立ち上げも有りますので・・・)、小売店に卸す卸売業としての新展開、現金問屋(キャッシュ&キャリー展開)、小売への進出、ネット販売(小売とのクリック&モルタルでシナジー発揮が出来ると思います)等新たな販路で対応していく方向性が有るかと思います。

(4)多角化戦略(既存のノウハウ等の活用も含めて、全く新たな市場に、新たな製商品で取り組む):漆器のノウハウを核とした、民芸品やお土産、インテリア事業などへの拡大

(5)その他(撤退戦略など):事業売却もしくは同業との経営統合(M&A)によって生き残りをかける。これには『ヒト・モノ・カネ・ノウハウ』等の有効資産をどれだけ保有するか、と言うところになると思います。

繰り返しますが、売上拡大を図るためには、どのような戦略を取るにせよ、『イノベーション』は不可欠と思います。

『卸の起死回生の拡大策は』との事ですが、基本的に既存のままで留まっていれば売上拡大はありえないと思います。新たな取組み『イノベーション』を行っていく事に尽きると思います。
一例として、下記のような切り口で『新たな取り組み』の例示をしますと

(1)市場浸透戦略(現状の市場で、現状の製商品を売っていく):起死回生は厳しいところかもしれませんが、ANo.#1の方の同業者との組合を通じた『共同化』展開は可能性があると思います。

(2)新製品開発戦略(現状の市場で、新たな製商品展開に取り組...続きを読む

Q銀行借入の返済額を下げたい。

会社を経営していますが、銀行借入の返済額ですが、
資金繰りが厳しく、毎月の返済額を
下げたいのですが、可能でしょうか。
可能な場合にどの様な手続き、書類が必要でしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

>毎月の返済額を下げたいのですが、可能でしょうか。

可能です。

一般的に『条件変更』と言いますが、つまり一定期間利息のみを支払うなど返済条件(契約)を変更するのです。
短期・中期事業計画書を作成し、事業回復期間を定め、元の返済条件にまたいつ頃戻すかなどを金融機関とよくご相談なさってみて下さい。

銀行信金等の金融機関・信用保証協会・国金は地域によりましては本来の弁済期限内で完済するよう求める所もあります。
そうしますと元利込みの返済に戻した場合には月額支払高が据え置き期間のしわ寄せで増えることになります。

ここは無理な回答をなさらず、かつ受身的な姿勢ではなく充分に「交渉」なさって下さい。

Q売上が激変した(対処の仕方)

実際の例です。公開企業で将来有望で増収増益できました。取り扱い製品は電子部品で通信会社に納入しています。対米向けがかなりの割合を示しています。ワ-ルドコム事件がアメリカの通信会社が設備投資を抑制して売上が1/3になってしまいました。創業以来、はじめてリストラをしたそうです。
それでも過去の蓄積から無借金です。いままで順調にきていたリスク管理にはなれていません。

もし、経営者であればどういう対処しますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>もし、経営者であればどういう対処しますか?

1/3の売上のままいつまでも事業継続が出来るとは思えません。緊急にしなければいけないことと、将来の売上回復の為の手段を無借金である今のうちから講じる必要があるでしょう。

まず緊急にしなければいけないこととして、過去の蓄積によっていつ位まで耐えられるのか、またどのくらい経費が節減できるのかも併せて正確に算定する必要があります。この算定した期間が業績回復までのデットタイムとなります。一旦赤字に陥ると不良債権先と見なされ株価も大きく下げて信用力も失いかねません。
この仕事には特命チームを編成し期間を区切って直ちに作業に当たらせます。

次に売上回復の手段構築に取り組む必要がありますが、リスク分散の点から言っても対米向けだけに頼らず多方面展開の戦略が必要でしょう。これも精鋭部隊を編成して直ちに開拓作業に当たらせます。
なおこれら特命部隊のトップには会議や打合せ時間などを多用するような上司は極力排除し、より実践的な人物を選出します。またメンバーも感覚など常識に囚われない行動的な人員を多用します。

なおより詳しい情報があれば違った角度からアドバイス出来るかも知れませんが、取り合えず今回の質問内容で判る範囲でお答えしました。

こんにちは。

>もし、経営者であればどういう対処しますか?

1/3の売上のままいつまでも事業継続が出来るとは思えません。緊急にしなければいけないことと、将来の売上回復の為の手段を無借金である今のうちから講じる必要があるでしょう。

まず緊急にしなければいけないこととして、過去の蓄積によっていつ位まで耐えられるのか、またどのくらい経費が節減できるのかも併せて正確に算定する必要があります。この算定した期間が業績回復までのデットタイムとなります。一旦赤字に陥ると不良債権先と...続きを読む

Q売上計上のタイミング(帳簿のつけ方)

個人事業主です。今年の売上を青色申告をしようと思っています。
事業の内容は、オーダーメイドのぬいぐるみ販売です。

困っていることは売上計上のタイミングです。
私の場合は、このような感じで、商品引渡し、入金となっております。

その1.卸の場合

○○会社から弊社にオーダー

弊社は仕入れ先にオーダー

○○会社へは弊社の売掛で納品

○○会社には代金は当月納品される商品を翌月20日までに弊社の口座へ入金してもらっています。

弊社は仕入先に当月納品された分を翌月月末払いしています。

その2.小売の場合

お客様から直接弊社へオーダー

オーダーメイド製品なので、前入金していただきます。

入金を確認したら、仕入れ先にオーダー

お客様に納品

弊社は当月納品された商品を仕入先に翌月末払い

このような形でお金と品物が流れているのですが、
どこで売上に計上するのか(注文を受けたとき、それとも納品されたとき?)が良く分からず、また前金でお客様に御代をいただいたときの処理の仕方もわかりません。

本屋でいろいろと本を探ってみたのですが
しっくり解決する本が見当たりませんでした。

どなたか助けてください。

よろしくお願い致します。

個人事業主です。今年の売上を青色申告をしようと思っています。
事業の内容は、オーダーメイドのぬいぐるみ販売です。

困っていることは売上計上のタイミングです。
私の場合は、このような感じで、商品引渡し、入金となっております。

その1.卸の場合

○○会社から弊社にオーダー

弊社は仕入れ先にオーダー

○○会社へは弊社の売掛で納品

○○会社には代金は当月納品される商品を翌月20日までに弊社の口座へ入金してもらっています。

弊社は仕入先に当月納品された分を翌月月末払いして...続きを読む

Aベストアンサー

原則からいえば、商品を引渡ししたときが売上の発生となります。

卸売の場合は、3行目「○○会社へは弊社の売掛で納品」の際に売上を計上します。

小売の場合は、4行目の「お客様に納品」の際に売上を計上します。

処理の仕方を、帳簿上の仕分けと考えて回答しますと

卸売
3行目:○○会社へは弊社の売掛で納品(仕入も同時とします)
> 仕 入 買掛金 △△円
> 売掛金 売 上 ××円

4行目:○○会社から入金
> 預 金 売掛金 ××円

5行目:仕入先に支払い
> 買掛金 預 金 △△円

小売
2行目:前入金
> 預 金 前受金 ××円

4行目:お客様に納品
> 仕 入 買掛金 △△円
> 前受金 売 上 ××円

5行目:仕入先に支払い
> 買掛金 預 金 △△円

となります。先に受け取ったお金は「前受金(負債項目です)」として処理することがちょっと特殊ですよね。

ただ、規模がもしそれほどでなければ、どちらの場合も現金入金時を売上としてしまっても、問題はないと思いますよ。年末だけ、実際に納品したかどうかで「売掛金」や「前受金」に振り替えた方が、処理は楽ですよね。

原則からいえば、商品を引渡ししたときが売上の発生となります。

卸売の場合は、3行目「○○会社へは弊社の売掛で納品」の際に売上を計上します。

小売の場合は、4行目の「お客様に納品」の際に売上を計上します。

処理の仕方を、帳簿上の仕分けと考えて回答しますと

卸売
3行目:○○会社へは弊社の売掛で納品(仕入も同時とします)
> 仕 入 買掛金 △△円
> 売掛金 売 上 ××円

4行目:○○会社から入金
> 預 金 売掛金 ××円

5行目:仕入先に支払い
> 買掛金 預 金 △△円

小売
2行...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報