義母が直腸がんと、診断されました。肛門付近の癌なので、人工肛門は避けることが出来ないそうでうす。

今現在お世話になっている病院はそれほど大きくもないのですが、看護婦さんも、先生もとても親身になってくださり、心の支えになっているようです。
ただ、癌となると、再発の危険がともないますし、やはり専門の医療機関がいいのでは・・・と、相談しています。幸い車で1時間くらいのところに埼玉県のがんセンターがあるので、セカンドオピニオンするべきか悩んでいます。
今の病院は今月中に必要な検査をして、来月早々に手術することが可能のようです。
がんセンターなどは、ホームページを拝見すると、入院も満床で連絡待ちと、ありました。
早く直さないと、どんどん悪くなる気もして、やっぱり今の病院で治してもらったほうがいいのかな・・・それとも専門の病院で見てもらったほうがいいかな・・・。

皆様の自分だったら・・・と、いうアドバイスが欲しいです。それと、埼玉県立がんセンターの情報、ありましたら些細なことでもお願いします。
義母も人工肛門と、いう事に強いショックを受けています。肛門を残すことが出来ればいいのですが、直腸の肛門寄りにできた癌なので、無理と、言われました。でも何とかしてあげたいです。
どんな意見でもいいので宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

病院の認識が誤っています。

風邪をひいたといって大学病院に行く方がいます。さんざん待たされたあげく治療内容は近所の病院と大差はありません。近所の病院では難しい場合に大学病院に紹介患者という形で行くのが正しい道筋です。今回の場合も同様です。がんセンターに行っても半年待ちはザラです。リンパ節転移などで近所の病院では手に負えない場合に紹介で行く病院なんです。近所の病院だと来月早々で手術してもらえ、人工肛門という形ではあれ「治る」と言っている訳です。ショックである事はお察しいたしますが
「間に合わない」方がもっと多くいる事を知ってください。私個人としては「間に合ってよかったですね」と思いますが。義母さまの事を本当に親身になって考えてくれる心の優しい方とお見受けします。何より本人がショックでしょうから、これからも支えていただければと思います。手術の成功をお祈りいたしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。
確かにがんセンターでは待つことが予想されます。それなら今の病院で、すぐにでも手術を受けたほうがいいですよね。今の病院の先生は私も会いましたが、あいまいなことは言わず、時間をかけて説明してくれました。誠実で良い先生だという印象をうけました。義母とも良く話して決めてみます。意見を伺って、モヤモヤがすっきりしました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/18 01:24

病院に関しては、すでに他の方から意見が出されていますので、ここでは私の経験を書かせてもらいます。



直腸ガンによる人口肛門に関して、私のおばあさんも、若い頃こういう診断されて相当ショック受けたそうです。しかし、幸い術後経過が良く、なんと80歳以上も生きて、孫も見られて幸せと言っておりました。人工肛門でも、以外に長生きは出来るものです。(今は亡くなったけど。)
また、私の母親も50歳位で胃癌で胃をほとんど切除されましたが、70歳位になる今も元気です。

ですから、こういうケースもありますから希望は捨てないで下さい。病院は地元の普通の病院で手術しました。当初、大学病院で診てもらおうかと思ったのですが、やはり、地元の病院で良かったと思っています。貴方の話しからみると、信頼の置ける病院のようですから、あれこれと迷って時間が過ぎて手遅れになる前に迅速に地元の病院で相談をされるといいです。医師も人間ですから、信用してあげれば医師もこれに応えようと努力すると思いますから。

以上、治療の成功をお祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いご回答ありがとうございます。
症状がでてから少し時間があったようなので、転移の心配もあり、いろいろな人の意見を伺ってみたく、質問しました。御身内の方の体験談、とても元気付けられました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/18 10:49

 いや、ここで相談するのではなく、あなたが信頼しているその医師に


相談されては。転院されるからと、急には態度を変えない医師ではないのですか?直腸がんは転移性が高く、手術だけで、安心できるものではないと
思います。苦痛の日々が続くと思います。その時に家族として、患者さんに
愛情を、いたわりを続けられる環境は、どちらでしょうか?
 ある程度のお覚悟はされていると思いますが、それよりも、経済的に
相当の負担がかかります。
 私は毎日モルヒネを飲まなければいけない体なのですが、大学病院より
事務員さん、看護婦さんの笑顔と励ましの多い病院を選んでいます。
 あと、何年生きられるのか、いや、そんなことより、生きることを
放棄してしまうのでは?そんな時は、優しい医師とスタッフが支えて
くれます。
 確かに技術の世界なので成功率は気になるでしょう。
 でも、今一度、その先生と、素直に話しませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

治るための手術と言えど、麻酔や術中のトラブルで何があるかはわからない・・・そう思うと大きい病院がいいのでは・・・と、思いこんでいました。今の病院は大きくはないので看護婦さんもみんな顔を覚えることができるくらい。先生も聞けば何でも納得いくまで説明してくれて、誠実な印象を持ちました。皆様の意見を伺って、大きいから、と言う理由で選ぶのは違うと、思いなおしました。心のモヤが取れたようです。もう一度良く相談したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/18 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緩和ケア専門と病院での緩和ケアの違いは?

 癌性髄膜炎で入院していて、もう長くはないのですが
少しでも楽なようにしてあげたいと思います。
 入院している病院は、緩和ケア病棟がないのですが
お医者さんに頼んで、緩和ケア的ものをしてもらうと思っていますが

 緩和ケア専門病と病院での緩和ケアには、違いがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

看護師です。以前一般病棟(消化器外科)で勤務していました。
病棟の性質上、末期の患者様も多く担当させていただきました。一般病棟も緩和病棟も、することは同じ…というか、するべきことは一緒でした。しかし、緩和病棟よりは医師の(看護師など医療スタッフ全般に言えることですが)緩和に関する知識が少ない、薬品も限られている(私の病院は緩和病棟がなかったので…)のは否めません。
私が担当させていただいた患者様も緩和病棟(のある病院)に行くか、このまま一般病棟に残るか…を悩み、緩和病棟へも短期入所されましたが結果、一般病棟を選ばれました。決め手は「人」だったそうです。入院を繰り返しておられ、医師や病棟スタッフとの信頼関係ができていたからです。私は今まで、末期の方は緩和病棟へ行くことがよいこと、その患者様の意志が一番尊重されることだと思っていましたが、人それぞれなんだな…って気付きました。
質問者様にとって、よい選択ができますように…。長文になりすみません。参考になればと思います。

Q実母が直腸がんのため 半年前に人工肛門の施術をしました。

実母が直腸がんのため 半年前に人工肛門の施術をしました。
人工肛門には慣れてきたようですが お尻のほうの肛門周りが痛むらいしのです。
「中にガーゼでも残っているのでは・・カサカサした感じがある」
「出るはずのない 便意を感じる」とも言います。
立っているとあまり痛くないようですが 座っている時や体勢を変えるときにひどく痛むようです。
主治医もいろいろ調べてくださり、先日は「水が溜まっているようだから」と抜いて下さり
しばらくは 痛みも引いていたようですが 3週間ほど経つとやはり痛むようです。
主治医は外科医ですが、こういう症状のときは他に何科を受診してみれば良いでしょう?

主治医を信頼しないわけではありませんが 「○○さんのようなことを言う人は初めてです」と
言われるだけで 他の科を紹介してくださるわけではありません。痛み止めや その他の薬は
色々試されましたが 理由がはっきりしないままでは 私もどうしたら良いか・・・
「精神的なものじゃない?」と言っては見ますが 本人でなければわからない痛みにどうすることも
できません。

どなたか よいアドバイスをお願いします。
主治医には訴え続けていますが これ以上の解決策を見出せず 皆様の中で「○○科」へと思われる科が
あれば 教えてください。

実母が直腸がんのため 半年前に人工肛門の施術をしました。
人工肛門には慣れてきたようですが お尻のほうの肛門周りが痛むらいしのです。
「中にガーゼでも残っているのでは・・カサカサした感じがある」
「出るはずのない 便意を感じる」とも言います。
立っているとあまり痛くないようですが 座っている時や体勢を変えるときにひどく痛むようです。
主治医もいろいろ調べてくださり、先日は「水が溜まっているようだから」と抜いて下さり
しばらくは 痛みも引いていたようですが 3週間ほど経つとやはり痛...続きを読む

Aベストアンサー

慢性疼痛は、「気のせい」ではありません。
もっと、複雑な機構で痛みを感じるのです。

簡単に説明をしましょう……
「痛みを感じるのはどこですか?」
傷口ですか? 具合の悪い部分ですか?
いいえ、違います。
痛いと感じるのは、「脳」なのです。
指を切って、指が痛いと言うのは、
指を切ったときに神経が反応して、刺激が脳に伝わり、
脳が「指が切れていたい」と反応するからです。

慢性疼痛というのは、この反応の異常なのです。
つまり、指が治ったのに、脳の中では、指からの痛みの刺激が残っている
ので、痛いと感じるのです。
もともとの指が治っているので、痛み止めを飲んでも効きません。

どうしてこんなことが起きるのか、まだ、はっきりとしていませんが、
痛みを放置しておくと、脳の中で勝手に「痛いのが当たり前」に
なってしまって、本来の痛みの刺激が伝わってこなくても、
脳の中で勝手に痛みを作り出してしまうのです。
だから、どんな痛み止めを飲んでも効きません。

通常の痛みとは違うのです。
問題は、頭の中なのです。
つまり、外科、内科、整形外科というように、痛みの元を直す医者には
太刀打ちできない痛みなのです。

ここで、心理的な問題を特別に担当している心療内科や
普通ではない痛みを専門に扱っている麻酔科の出番になるのです。

再度、言いますが、肛門が痛いのではなく、「脳」が問題なのです。
これは、気のせいでも、精神的な問題でもなく、
「慢性疼痛」という特殊な病気なのです。

その可能性があるので、専門医の診察を受けてくださいと、
申し上げているのです。

慢性疼痛は、「気のせい」ではありません。
もっと、複雑な機構で痛みを感じるのです。

簡単に説明をしましょう……
「痛みを感じるのはどこですか?」
傷口ですか? 具合の悪い部分ですか?
いいえ、違います。
痛いと感じるのは、「脳」なのです。
指を切って、指が痛いと言うのは、
指を切ったときに神経が反応して、刺激が脳に伝わり、
脳が「指が切れていたい」と反応するからです。

慢性疼痛というのは、この反応の異常なのです。
つまり、指が治ったのに、脳の中では、指からの痛みの刺激が残っている
の...続きを読む

Q緩和ケア病棟の施設基準について

緩和ケア病棟の施設基準として、緩和ケア認定看護師やがん看護師専門看護師は必須ではないのですか?

Aベストアンサー

入院料のほうでは、必須ではありません。
看護師の人数と研修を受けた医師、医師・看護師等に対して研修を実施していることなどが必須。

ただし、緩和ケア診療加算のほうでは”緩和ケアの経験を有する常勤看護師”が必要になります。
でも研修を受けていたり、緩和ケア病棟での5年以上の経験があればいいので、資格は必ずしも必要ではないです。

http://www.hpcj.org/what/baseline.html
サイトから引用


緩和ケアチームが設置されていること。
  ア 身体症状の緩和を担当する常勤医師
  イ 精神症状の緩和を担当する常勤医師
  ウ 緩和ケアの経験を有する常勤看護師
  エ 緩和ケアの経験を有する薬剤師
ウに掲げる看護師は、5年以上悪性腫瘍患者の看護に従事した経験を有し、緩和ケア病棟等における研修を 修了している者であること。
なお、ここでいう緩和ケア病棟等における研修とは、次の事項に該当する研修のことをいう。


ア 国及び医療関係団体等が主催する研修であること。(6月以上かつ600時間以上の研修期間で、修了証が交付されるもの)
イ 緩和ケアのための専門的な知識・技術を有する看護師の養成を目的とした研修であること。
ウ 講義及び演習により、次の内容を含むものであること。
  イ)ホスピスケア・疼痛緩和ケア総論及び制度等の概要
  ロ)悪性腫瘍又は後天性免疫不全症候群のプロセスとその治療
  ハ)悪性腫瘍又は後天性免疫不全症候群患者の心理過程
  ニ)緩和ケアのためのアセスメント並びに症状緩和のための支援方法
  ホ)セルフケアへの支援及び家族支援の方法
  ヘ)ホスピス及び疼痛緩和のための組織的取組とチームアプローチ
  ト)ホスピスケア・緩和ケアにおけるリーダーシップとストレスマネジメント
  チ)コンサルテーション方法
  リ)ケアの質を保つためのデータ収集・分析等について
エ 実習により、事例に基づくアセスメントとホスピスケア・緩和ケアの実践

入院料のほうでは、必須ではありません。
看護師の人数と研修を受けた医師、医師・看護師等に対して研修を実施していることなどが必須。

ただし、緩和ケア診療加算のほうでは”緩和ケアの経験を有する常勤看護師”が必要になります。
でも研修を受けていたり、緩和ケア病棟での5年以上の経験があればいいので、資格は必ずしも必要ではないです。

http://www.hpcj.org/what/baseline.html
サイトから引用


緩和ケアチームが設置されていること。
  ア 身体症状の緩和を担当する常勤医師
  イ 精神症状の緩...続きを読む

Q人工肛門ですが、自然肛門から出始めました。

90才の祖母の件で、相談いたします。10年前に、大腸ガンということで、人工肛門にしました。ところが、2週間前から、自然肛門(10年前迄通常使用していた肛門です)より、便意を感じるようになり、とうとう1週間前から、自然肛門より、小豆大の黄色い汚物が、3ー4個出るようになりました。3ー4回/日です。
また、水も出るようになっています。
手術した病院で、自然肛門を受診してもいましたが、問題ありませんと、本人が聞いてきましたが、非常に不安です。
病院を変えるべきか、何でも結構ですので、アドバイス願います。

Aベストアンサー

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全に塞いでいるのにも拘らず、そこに炎症粘膜が少しだけ残存していたために血便を呈した患者様を経験したことはありますが、今回黄色(=便中の胆汁成分)の固形便が出ているとのことですから、上記のような吻合法をとっている可能性が最も高いのではないでしょうか?
実際に手術を受けた医療機関でご相談なさるのが最も近道ではないかと思います。もし何か新たな病気の発生が疑われるようであれば、経肛門的にでも経人工肛門的にでも、そこから大腸ファイバーを挿入して内部を観察して診断に結びつける方法をとることが可能です。

人工肛門と言っても、腸管を切断して断端を体外に出す場合だけでなく、腸の壁に穴を開けてそこを持ち上げて人工肛門とすることがよくあります。この場合、腸管自体は腫瘍の切除後に吻合して肛門までの道筋を確保してありますから、人工肛門だけでなく、もとの肛門からも便の排泄が見られます。便の殆どはより手前にある道筋(=人工肛門)から排泄されますから、肛門からの排泄の方が量は少ないですが。
潰瘍性大腸炎という病気で全結腸切除後人工肛門とした場合で、肛門側から指先が少し入るくらいの範囲で完全...続きを読む

Q緩和ケアについて

緩和ケアとは、癌と診断されてから可能と聞きました。
緩和ケアをする場合は入院中の病院に言うのでしょうか?
何か、入院・緩和ケアの手続きなどがあるのでしょうか?
その場合、費用は更にかかりますか?
現在は、抗がん剤を開始するところです。

在宅でも可能という事ですが、その場合は近くに病院は必須ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の父が入院してた病院の場合ですが・・・。

父の病院では、主治医に緩和ケアに移りたいことを申し出てから、医師や看護師などで会議を行ってその患者を緩和ケアに移すのか決定していました。

緩和ケアでは全く治療をしないわけではありませんが、主に痛みを和らげたり、患者本人が少しでも楽に過ごせるようにすることが目的なので完治などに向けた本格的な治療は行いません。

私の父は癌に加え、リュウマチの痛みも酷く、入退院を繰り返してたので主治医の方から緩和ケアを勧められました。
リュウマチや心臓が弱ってたこともあり手術は止血手術しか受けられなかったのと、リュウマチの痛みが酷くてもリュウマチは違う病棟の治療になるので、そうゆう面でのサポートも緩和ケアのほうがスムーズに受けられるということで緩和ケアに移りました。


病院によって様々なので、入院中の病院の方に聞くことをおすすめします。
基本的に末期の癌の方や本当に最期を迎える前の方がほとんどなので、長期に渡って緩和ケアに入院している方はあまり居ませんでした。

どのような病状なのかわかりませんが、まだ抗がん剤を開始したばかりのようなのでもう少ししてから緩和ケアのことを考えてみても遅くは無いのではないかと思います。

私の父が入院してた病院の場合ですが・・・。

父の病院では、主治医に緩和ケアに移りたいことを申し出てから、医師や看護師などで会議を行ってその患者を緩和ケアに移すのか決定していました。

緩和ケアでは全く治療をしないわけではありませんが、主に痛みを和らげたり、患者本人が少しでも楽に過ごせるようにすることが目的なので完治などに向けた本格的な治療は行いません。

私の父は癌に加え、リュウマチの痛みも酷く、入退院を繰り返してたので主治医の方から緩和ケアを勧められました。
リュウマ...続きを読む

Q大腸がんで人工肛門。術後の痛みがつらい

61歳になる父の事で教えて下さい。

大腸がんで去年の10月半ばに大腸を15センチほど切除しました。その後1ヶ月入院、1ヶ月自宅療養し仕事に復帰しましたが3月に再発が見つかり再手術しました。

再発の場所が1回目の手術で切除した部分のすぐ上だったらしく、本当に再発?(取り残しなのでは?)という疑問も残りましたが、「再発です」とおっしゃるのでその件に関しては本人も家族ももういいと思っています。

2回目の手術で大腸がほとんどなくなってしまったので人工肛門になりました。

問題は、人工肛門のために肛門を縫って閉じたのですが手術から2ヶ月近く経ついまだにその縫った肛門から突き上げるような痛みがあるようです。若い頃痔を患ったことがあるらしく、その時手術もしたそうですが、痔の痛みに似ているそうです。

素人考えでは、なぜ縫い合わせただけの部分がこんなに痛いのか、何か原因があるのではないかと思うのですが、病院で痛いと訴えても「仕方ない」「我慢するしかない」ような答えしかなく、最近痛み止めでモルヒネを使うようになったそうです。

おなかの方も痛いみたいですが、そちらより肛門の痛みの方がつらいようです。

長くなってしまいましたが、教えて頂きたいのは

・肛門を縫い合わせた部分がこんなに、モルヒネを使 うほど痛いものなのでしょうか。

・術後の痛みはどれくらい続くのでしょうか。

という事です。

ちなみに、現在放射線治療を10回終えたところです。

どうぞよろしくお願いします。

61歳になる父の事で教えて下さい。

大腸がんで去年の10月半ばに大腸を15センチほど切除しました。その後1ヶ月入院、1ヶ月自宅療養し仕事に復帰しましたが3月に再発が見つかり再手術しました。

再発の場所が1回目の手術で切除した部分のすぐ上だったらしく、本当に再発?(取り残しなのでは?)という疑問も残りましたが、「再発です」とおっしゃるのでその件に関しては本人も家族ももういいと思っています。

2回目の手術で大腸がほとんどなくなってしまったので人工肛門になりました。

問...続きを読む

Aベストアンサー

 どのような経過で再手術となったのかは大体想像できますね。

 まず感じるのは、主治医とうまくコミュニケーションがとれていないということです。痛みの原因として、
 (1)単に傷(縫合創)の痛みなのか
 (2)放射線を当てていることと関係がないのか(放射線による皮膚障害という意味ではなく、放射線治療が必要だという病状との関連)

 手術をした後での`痛み`については、何が原因であれとりあえずは鎮痛剤による対症療法しかありません。そういう意味で、`痛い`と訴えても`仕方がない`と言う返答だったのかもしれません。
 あなたの質問への答えは、はっきりと`何が痛みの原因なのか`を主治医に質問することではっきりするとおもいます。痛みの原因がわからないことも確かにあるかとは思いますが、それも含めてきちんとした説明を受ければ納得できるのではないでしょうか。

Q県民共済に加入していますが、緩和ケア病棟に入院した場合、入院給付金は出るのでしょうか?

現在、ガン治療のため入院中ですが、いづれ同じ病院に併設されている、緩和ケア病棟にうつる予定でいます。
緩和ケア病棟に移った場合、抗がん剤等の治療はしませんが、モルヒネ等を使用した疼痛治療は、続けます。
県民共済では、この緩和ケア病棟に入院した場合、入院給付金は支払われるのでしょうか。
どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

ご自身の保障内容についてはご自身の加入共済へ問い合わせるのが一番です。

下記内容は、質問に興味が湧いたので私の家族5人の保険内容を調べてみた結果です。

現状、一般的な入院給付金は、緩和ケア病棟への入院でも給付されるようになっているものが多いようです。

明確に約款に記載されているもの、疼痛治療は給付されるが精神的なケアは給付されないものがある。

がん保険やがん特約などに加入されている場合
疼痛治療は給付されるもの、疼痛治療は根治治療(病気を治す)でないので給付されないものがあるようです。

など詳細部分については加入時期や保険会社により差がありました。
そんな訳で、最初に書いたようにご自身の加入共済へ問い合わせるのが一番です。

Q人工肛門から元の肛門排泄に戻すデメリット

80歳の祖父が昨年秋に初期の直腸がんであることが判明し、直腸を切除して現在は人工肛門を付けています。

この度の診察で医師より
「肛門の括約筋の状態も良いので元に戻しましょう」
とのことで、祖父も大変喜んでいます。
元に戻すメリットは、やはり「袋」の手入れをしなくてもよいことや
公衆浴場にも気楽に行ける等々、本人の精神的負担がグッと軽くなるのかなあ・・と素人の私には思えてしまうのですが。

もし、元に戻す手術をしたとして、デメリットがあるとすれば何かある
のでしょうか。また他にもこのようなメリットがありますよ、ということをご存じであれば教えてください。

Aベストアンサー

 戻せるなら戻したほうがいいでしょう?

 周りの人は気に成らないかもしれないのですが、袋がずれて、匂いがしてても、本人が気がつかなかったり、ストーマの部分がきれいならよいのですが、化膿したり、痛かったりもするらしいのです。

 ですので、外出が嫌いになり、引きこもり状態になったりするらしいです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/5601/sub4.htm

Q緩和ケアをするタイミングを教えてください

2週間前にガン末期で父は亡くなったのですが、緩和ケアの事でわからないことが
あったので教えてください

父は、入院4日目にして亡くなったのですが、4日目の朝に病院から電話があり
かけつけると、担当医から今日がヤマですと言われ延命治療をしても父が痛くて苦しい
思いをすると言われモルヒネ投与を進められ同意しました。

説明を受け、父の病室に戻ると緩和ケアチームですと言われ今は、2人ですが後4人
いますのでと良く分からない簡単な説明をしてサインくださいと言われ、父が死んでしまうかもと
気が動転していたのでサインをしました。

ですが、モルヒネ投与から5時間弱で父は亡くなりました。


緩和ケアとは、今日か明日にでも死にそうな患者に行うものなのでしょうか?
それとも、モルヒネ投与をする場合は、緩和ケアチームが出てくるのでしょうか?
ネットで色々調べて見たのですが、よくわからず緩和ケアをする
タイミングが、いつなのかわからないのです。。



父は、亡くなってるので今さらなのですが
わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

(Q)緩和ケアとは、今日か明日にでも死にそうな患者に行うものなのでしょうか?
それとも、モルヒネ投与をする場合は、緩和ケアチームが出てくるのでしょうか?
(A)緩和ケアとは、色々な意味で使われていますが、
質問者様の場合は、終末医療、ホスピス、ターミナルケアという意味で
使われているようです。
ならば、余命6ヶ月以内と診断されて、延命治療を拒否した段階から
緩和ケアとなります。

つまり、積極的な治療や延命治療をせずに、
患者の苦痛を取り除くことを中心に考えます。

例えば、患者が呼吸困難になったとき、
気管内チューブを入れて、人工肺につなぐのは、延命治療。
モルヒネなどを投与して、意識を混濁させて苦痛を取り除くのは
緩和ケア(ターミナルケア)ということになります。

Q大腸がん、直腸がん

大腸がん、直腸がん等で人工肛門になった場合は力むことはなく便が無意識に袋に溜まるとのことですが痔や便秘症だった人は便秘にならないのですか?便秘の場合は薬を飲むのでしょうか?下痢の時だけ大腸の動きを感じるのでしょうか?

Aベストアンサー

人口肛門は、袋で、腰に装着され、本来の肛門は閉じてしまいます。
最早、便秘も、痔疾も有りません。
後は袋を清潔に保つ作業が残りますが、オスメイト洗浄が必要の成ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報