私は以前から国民健康保険に加入しています。
妹が8月末に退職し、国民健康保険に加入しました。
世帯主が母の為、母の名前で2人分まとめて請求が来たのですが、
一人分の正確な金額が判りづらく困っています。
「被保険者別算出表」の「月割後賦課額」でしょうか?
妹は派遣の仕事が決まり、12月から社会保険に加入するそうですが(手続は派遣会社がやって下さるそうです。)
9月1日~11月末迄の国民健康保険料はどのように計算すれば良いのでしょうか?
「被保険者別算出表」の「算出額」を12で割って3をかければ良いのでしょうか?
年末調整の書類記入で困っています。
私も確定申告時の参考にさせて頂きたいと思いますので、
御回答頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 国保税の計算は、ちょっと複雑です。

現在あるお手元の算出表や月割後総賦課額からは、正確には算出できません。
 確定申告に使うため、それぞれの国保税を計算したいと言うことですよね。

 国保税は、通常4方式で算出されています。
(1)平等割・・・1世帯当たりの1年間の金額です。
(2)均等割・・・1人当たりの1年間の金額です。
(3)所得割・・・前年所得に割合を乗じた金額です。
(4)資産割・・・固定資産税に割合を乗じた金額です。

 これらを合算して、年間分の国保税を算出します。役所からの明細に、これらの計算内訳とそれぞれの料・率が記載されています。市町村によっては、3方式で資産割が無い場合もあります。

 順に、説明しましょう。厳密に2人分を分ける場合は、まず(1)の平等割額は1世帯に対しての金額ですので、tt0420さんの加入期間は1年間の12ヶ月、妹さんは3ヶ月ですので、平等割り額を12/15と3/12で振り分けて下さい。(2)の均等割額は、1人当たりの年額ですのであなたの分は1年分、妹さんは年額の3/12となります。(3)の所得割は、明細書に記載されていますが、あなたの分は今年最初に来ている明細書に記載されている額です。妹さんの分は、国保に加入した翌月頃に届いた変更後の明細書=被保険者別算出表の所得割額の額ですが、その額は年額分が記載されていて、加入した9月から来年3月までの7ヶ月分(7/12)が最終的に記載されていると思いますので、年額分の3/12を計算して下さい。
(4)の資産割額は、お二人のそれぞれの名義の固定資産があれば、明細書に記載されていますので、所得割と同様に計算して下さい。なお、国保税は100円単位ですので、計算をして100円未満の額は「切り捨て」となります。

 それらを、お二人それぞれ合計した金額が、年末調整や確定申告に使う社会保険控除の金額となります。なお、12月から社会保険に加入しましたら、国保から抜ける手続きと、年金の資格変更手続きを役所でして下さいね。必要な物は、印鑑、国保の保険証、社会保険の保険証か社会保険資格取得証明書(会社で発行してくれます)です。この手続きをすると翌月に、国保税の変更通知が来て、妹さんの3ヶ月分が計算されることになります。その段階で、最終的な税額が決定しますので、妹さんの年末調整はまもなく提出ですから、最終の税額から妹さんの分として計算した額を差し引いて、tt0420さんが確定申告に使うと良いでしょう。自分の計算と役所の計算では、端数処理の関係から100円の誤差が出てくる可能性があります。

 確定申告や年末調整には、国保税を振り分けた計算書を添付すると良いでしょう。確定申告の場合で役所に提出する場合は、国保税の領収書が無くても領収金額は役所でわかっていますので、添付しなくても良い役所もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細な御回答、本当に有難うございます!
明細表と照らし合わせてみて、計算の方法や根拠が判ってきました。
「明細表をコピーしたものにhanboさんに教えて頂いた計算式を記入して提出しようか」
と妹と話し合いました。
本当に助かりました。有難うございました!

お礼日時:2001/11/20 13:45

 お父さんの口座から引き落としをしていても、その分を国保に加入しているお二人がお父さんに返しているのなら、実際の負担はお二人がしていることになりますので、お二人がそれぞれ計算して年末調整や確定申告に社会保険料控除として申告することが出来ます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、有難うございます!
これで疑問が解決しました。あとは計算頑張ります(^^;)
いろいろ疑問に答えて頂き本当に助かりました。お世話になりました。
重ね重ねお礼申し上げます。本当に有難うございました~!

お礼日時:2001/11/20 15:12

 追加です。

社会保険料控除は、「支払った人」が控除を申告することになっています。国保税は、世帯主であるお母さん宛に納付書が届きますが、お母さんは社会保険でしょうから、お母さんは自分の保険料は給料から天引きとなっています。

 国保に加入しているお2人分の保険税を、支払った人が控除の申告をしてください。

この回答への補足

追加の御回答、有難うございます!
今迄ずっと、国保料は父(家計)の口座から自動引落で支払って
その分を母に返すと云う形を取ってきました。
妹が加入してからは、国保料を年収比でどんぶり勘定した額をそれぞれ母に返していたのですが…。
母は、単身赴任の父の遠隔地扶養家族です。収入はありません。
この場合、私達の国保料は父にかかってしまうのでしょうか?
それとも、実際にお金を出しているのは私達姉妹と云うことで
申告して良いんでしょうか?
度々本当に申し訳ありません!教えて頂けると幸いです。

補足日時:2001/11/20 13:49
    • good
    • 0

保険料を払うのは世帯主であるお母さんですから、


あなたや妹さんは年末調整の書類に記入する必要は
無いと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂き有難うございます!
今迄私一人国保加入の時も、年末調整なり確定申告なりで申告してきたので、
そういう物だと思っていたのですが…。違ったのかな(^^;)

お礼日時:2001/11/20 13:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世帯分離のメリットデメリット

詳しいことが解らないので教えてください。

私(子供)が2013年11月に社保から国民健康保険に切り替えました。
2014年の1~3月の保険料がすでに請求として上がっています。
2014年4月末で父が70歳で会社を退職したため社会保険から国民健康保険になります。
が、まだ自分で国保の手続きをしていない状態だったことがわかり健康保険証が発行されていない状態です。そのため市県民税の通知も届きません。

保険証がないのは怖いので早急に手続きをと思っていますが世帯全員(3人)が国保加入となったら健康保険料が高額になり両親の金額は大きいものになると思うのです。

そこで知人から 世帯分離 を勧められましたがネットで調べると国保の料金を安くするために世帯分離をしてもメリットがない可能性があるというものも見かけました。

この条件だった場合、両親と私(子供)を世帯分離してしまえば両親の国民健康保険は安くなるでしょうか?だとすれば両親が国民健康保険の手続きに役所に行く前に世代分離の手続きをしてしまいたいと思っています。

ワタシは数ヶ月の間に社保に切り替える予定ではありますが私が同世帯ということで両親の国保料金が上がってしまうことは避けたいのです。

メリット・デメリットあると思いますが私の家庭のケースであれば、どういうことが想定できるでしょうか?ネットで調べたけどサッパリ解らないのです・・今、我が家は本当にお金がないんです。
詳しい方、どうか教えてください。

詳しいことが解らないので教えてください。

私(子供)が2013年11月に社保から国民健康保険に切り替えました。
2014年の1~3月の保険料がすでに請求として上がっています。
2014年4月末で父が70歳で会社を退職したため社会保険から国民健康保険になります。
が、まだ自分で国保の手続きをしていない状態だったことがわかり健康保険証が発行されていない状態です。そのため市県民税の通知も届きません。

保険証がないのは怖いので早急に手続きをと思っていますが世帯全員(3人)が国保加入となったら...続きを読む

Aベストアンサー

>そのため市県民税の通知も届きません…

市県民税と国保加入かどうかのこととは、直接の因果関係はありません。
市県民税の納税通知書が来るのは、一般に 6月です。
もうしばらくすれば来るはずです。

>世帯全員(3人)が国保加入となったら健康保険料が高額になり両親の金額は大きいものになると…

「両親の」ではなく、『世帯主の』です。
国保は一世帯分まとめて世帯主に納税義務がありますので、1人か 3人かで納税額が異なるのは当然のことです。

>国保の料金を安くするために世帯分離をしてもメリットがない…

国保税の算定方法は自治体によって千差万別ですが、基本的には次の 4つから構成されます。

・所得割・・・加入者全員の前年所得による
・資産割・・・加入者全員の固定資産保有状況による
・均等割・・・加入者 1人あたりいくら
・平等割・・・加入世帯 1世帯あたりいくら
(某市の例)
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/life/kokuhonenkin/43/000351.html

世帯分離すれば、上記のうち「平等割」が二重に発生しますので、家族全体で考えれば余分に出費しなければいけないことになります。

確かに低所得世帯には減免などの特例もありますが、

>私(子供)が2013年11月に社保から…
>2014年4月末で父が70歳で会社を退職…

どちらも前年はしっかり働いていた以上、減免はありません。
世帯分離などしても、平等割が 2軒分になるデメリット以外、メリットは一つもありません。

>数ヶ月の間に社保に切り替える予定ではありますが私が同世帯ということで両親の国保料金が上がってしまうことは…

国保でなくなくなった人の分まで国保税に反映されません。
あなたが抜ければ、世帯主 (両親ではない) に課せられる国保税はそれなりに安くなります。

>メリット・デメリットあると思いますが…

メリットなど一つもありません。

>そのため市県民税の通知も届きません…

市県民税と国保加入かどうかのこととは、直接の因果関係はありません。
市県民税の納税通知書が来るのは、一般に 6月です。
もうしばらくすれば来るはずです。

>世帯全員(3人)が国保加入となったら健康保険料が高額になり両親の金額は大きいものになると…

「両親の」ではなく、『世帯主の』です。
国保は一世帯分まとめて世帯主に納税義務がありますので、1人か 3人かで納税額が異なるのは当然のことです。

>国保の料金を安くするために世帯分離をしてもメリット...続きを読む

Q国民健康保険の世帯分離について

始めまして。
自分でも一通り調べてはみたのですが
一番知りたい所がいまいちよくわからず、
こちらで質問させていだだく事にしました。


私は不安障害の症状のせいで通院以外は一年近く家の外に出る事が出来ず、
やっと半年程前からどうにか一人で外出ができるようになり
三ヶ月程前から近くの小売店でパート勤務を開始、
現在は月70時間程出勤が出来るようになりました。
お恥ずかしい事に現在26歳の独身で、実家暮らしです。

前職もなのですが、親の扶養の範囲で働いていたので
健康保険も父の扶養で入っていたのですが
この度父の会社の系列の親会社が変わり、
健康保険から私が扶養から外される事になり
私のみ国民健康保険に入る事になりました。
国民健康保険の保険料は各自治体で違う様なのですが、気になっているのは

・父、妻である母は父の会社の社会保険加入者。
 国民健康保険にはいるのは私だけ。
国民健康保険は各自治体によってかわるらしいのはわかりましたが
 1番影響がある世帯主の所得+国民健康保険の被保険者(私)の所得で計算される所を考えると
やはり割引制度が利用できる世帯分離をした方がいいのか。
(ちなみに月収は安定しませんが大体五万前後です…)

・世帯分離をした場合に困るような事はあるのかどうか

・世帯分離をする場合国民健康保険に入ってから手続きを行うのか
先に世帯分離の手続きを行うのか

・同居、又は資金的援助を親から受けなければ生活できない場合(年収103万以内なら)
税金の方の扶養からは外れないらしいですが
住民票などはどのような状態になるのか。


自分で調べてもこのくらいしかわからなかったので
整理仕切れておらず、乱文になってしまって申し訳ありません…

1番良いのは私が早く不安障害を完治させて、
尚且つ社会保険に入れる仕事についてしまう事なのだとは
重々承知してはいるのですけれど…。
(1番良いのは正社員での就職でしょうけど)
今の職場にも社会保険に入りたい旨は伝えてはありますが
まだやっと試用期間が終わったばかりなので
勤務時間が増えるかどうかは私の頑張り次第、といった状況です。

これ以上はとにかくなるべく親への負担を減らしたいので
払える物は自分で払いたいのですが、
金銭的にどうしても限界があるので…。

どなたか回答のほど、よろしくお願い致します。

始めまして。
自分でも一通り調べてはみたのですが
一番知りたい所がいまいちよくわからず、
こちらで質問させていだだく事にしました。


私は不安障害の症状のせいで通院以外は一年近く家の外に出る事が出来ず、
やっと半年程前からどうにか一人で外出ができるようになり
三ヶ月程前から近くの小売店でパート勤務を開始、
現在は月70時間程出勤が出来るようになりました。
お恥ずかしい事に現在26歳の独身で、実家暮らしです。

前職もなのですが、親の扶養の範囲で働いていたので
健康保険も父の...続きを読む

Aベストアンサー

世帯主であるお父様をそのまま世帯主にしてあなただけを加入させる状態(擬制世帯といいます)にすべきか
世帯分離をしてあなたを世帯主にした方がいいのかを迷われているのですね。

>世帯分離をした方がいいのか
昨年1月~12月までの収入がとても少ない、
そして今後もその状況が続くのであれば世帯分離された方がいいのではないでしょうか。

保険料に関してはあなた1人の収入状況だけで算定されますが
収入の少ない世帯に対しての軽減措置が、お父様を世帯主にすれば受けられない可能性があります。
多分「一番影響がある世帯主の所得」云々については
この軽減措置が受けられるかどうかの話ではないかと思われますが。

月収が質問文の通りであれば、世帯ごとにかかる分と加入者ごとにかかる分は
間違いなくそれぞれ7割(地域によって差のある場合あり)軽減されますが
世帯主であるお父様は収入がそれなりにある筈ですから
お父様を世帯主にする場合であれば軽減措置はありません。
例えお父様が別の健康保険に加入していたとしても、軽減措置の判定材料になってしまうのです。
同じ世帯に収入がそれなりにある人がいるのに軽減措置は出来ませんよね?

>世帯分離をした場合に困ること
これといって無いとは思いますが。

>世帯分離をする場合の手続き
住民票を分け、あなたが世帯主になる作業が先決です。
先に国保に入ってしまったら、国保上でも世帯を分ける作業をしなければならなくなり
その場合国保番号が変更になってしまうことがあるので、結構面倒な話になります。

世帯主であるお父様をそのまま世帯主にしてあなただけを加入させる状態(擬制世帯といいます)にすべきか
世帯分離をしてあなたを世帯主にした方がいいのかを迷われているのですね。

>世帯分離をした方がいいのか
昨年1月~12月までの収入がとても少ない、
そして今後もその状況が続くのであれば世帯分離された方がいいのではないでしょうか。

保険料に関してはあなた1人の収入状況だけで算定されますが
収入の少ない世帯に対しての軽減措置が、お父様を世帯主にすれば受けられない可能性があります。
多分...続きを読む

Q世帯主について(親と子を別にする場合のメリット・デメリット)

この度、任意継続から国民健康保険へ切り替えます。
※2年間の期限が満了したため。

国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい意向を
市役所に申し出たところ世帯主を別にしないと、個別の支払いは出来ないそうです。

現在父親と私と私の嫁と娘の4人暮らしで、世帯主は父親です。

そこで質問です。

世帯主を別にする事で、何かメリット・デメリットはありますか?
例えば税金が変わるとか、相続上に問題があるとか・・。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支払いを分けたい理由まで詮索しませんが、家族として高くなることをじゅうぶん念頭に置いてご判断ください。

>例えば税金が変わるとか…

税法上の「生計を一にしている」と言えなくなるおそれがあり、親御さんを扶養家族にすることができなくなります。結果としてあなたの所得税が高くなります。
何歳ぐらいの方か存じませんが、現在は関係なくても、いずれは親御さんを扶養しなければならないわけで、そのあたりのデメリットも出てきます。

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/kokuho/

>国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい…

国保に関してのみ言えば、それは損です。トータルした保険税は高くなります。

国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。
このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。
「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。

保険税の支...続きを読む

Q国民健康保険料、いくら払ってます??

30歳の夫婦で子供が一人増えまして
私は専業主婦です
お互い、独身のころから社会保険に加入することなく
結婚しました
私自身は今まで国民保険料って
5000円ぐらい支払いしてたとおもいます
たまに34万とかびっくりするような通知が
きてましたがその場合は相談したりしてたとおもいます

去年マイホームを購入しまして
その時、ローンを組むために所得金額を上げて申請しまして
その時のでしょうか?
保険料金額が40万近くあり、もちろん支払いは
分納という形をとりました
はっきりいって分納なんて借金しているよな感じでイヤですし、
国民健康保険の期間も短くてとても気持ち的にイヤです。

国民健康保険料って所得によって金額が変動する
らしいのですが、まともに所得を申請してたら
年間、かなりの金額を納めなければならないとおもいますが
みなさん本当そんなに収めているのでしょうか?

最近、窓口に相談に行くと
今期から月に18000円という金額になってました
家族三人、働いてるのは主人だけで
この金額は値するものなのでしょうか?
私は正直、高く感じています
国民保険や生命保険、学資保険、車両保険などいれると
月の支払い保険に関係するものだけで
5万円以上ありますがこんなものなんでしょうか?
来年にはもう一人子供が増える予定ですが
心配でなりません。

みなさんの家庭はどんな感じですか?
またなにかよいアドバイスありましたら回答おねがいします

これも主人の所得申請からきているものだと
いわれましたが、

30歳の夫婦で子供が一人増えまして
私は専業主婦です
お互い、独身のころから社会保険に加入することなく
結婚しました
私自身は今まで国民保険料って
5000円ぐらい支払いしてたとおもいます
たまに34万とかびっくりするような通知が
きてましたがその場合は相談したりしてたとおもいます

去年マイホームを購入しまして
その時、ローンを組むために所得金額を上げて申請しまして
その時のでしょうか?
保険料金額が40万近くあり、もちろん支払いは
分納という形をとりました
はっきりい...続きを読む

Aベストアンサー

御住まいの地方自治体のHPを参照してください。
保険料計算の内訳(税率等)が出ています。
No4様の回答にあるとおりですが、大体以下の金額になります
国民健康保険税
所得割:所得の3~8%
資産割:固定資産税の50%
平等割:1万~3万(1世帯に付き加算)
均等割:1万~3万*被保険者数
の合計が年額となります。
ですので家族が一人増えると1万~3万増えます。
保険料が跳ね上がったのは所得に比例した分と、固定資産が増えたからと解釈して差し支えないようです。

対して
社会保険(健康保険)料は
標準報酬月額(月給と考えて差し支えありません)と言うもので決まり、世帯の構成人数や資産により変化が起きません。単身者も妻帯者も給与が同じなら変わらないわけですね。更に労使折半が原則ですから半額以上は雇用側が負担します。

社会保険(健康保険)が有難がられるわけですね。
社会保険とは希望して加入するものではなく、社会保険適用事業所に正社員もしくは正社員の3/4相当の勤務実態があることにより加入の義務があります。バイトやパートも例外ではありません。
社会保険適用事業所は法人であること、もしくは個人事業主が5人以上の従業員を雇用している時点で義務が発生します。
適用事業所のはずなのに適用されていない企業もありますが基本的に違法行為です。社会保険事務所に訴えることで行政指導が入ります。指導が実を結ぶかどうかはケースバイケース(罰則がないため無視している)ですがやらないよりマシです。個人の権利ですから主張して当たり前なのですね。

御住まいの地方自治体のHPを参照してください。
保険料計算の内訳(税率等)が出ています。
No4様の回答にあるとおりですが、大体以下の金額になります
国民健康保険税
所得割:所得の3~8%
資産割:固定資産税の50%
平等割:1万~3万(1世帯に付き加算)
均等割:1万~3万*被保険者数
の合計が年額となります。
ですので家族が一人増えると1万~3万増えます。
保険料が跳ね上がったのは所得に比例した分と、固定資産が増えたからと解釈して差し支えないようです。

対して
社会保険...続きを読む

Q親の国民健康保険料を私の控除にできるか

下記の条件の親の健康保険料を私の控除にできるか教えてください。
控除にできるかどうかは、「誰が払ったか」が問題だと思うのですが、私が払っていることを証明できるか微妙な状態なので、悩んでいます。

・親は自分の国民健康保険料を、親名義の口座から自動引き落とししています。
・私は親と同居しており、親の口座に月5万円以上振込をしています。(ボーナス時はさらに30万ほど入れています)
・親は年金生活で、私の税扶養には入っていませんが、確定申告をしていません。

同居ですので、「生計を一にする」ということは問題無いと思うのですが、親の名義の口座から自動引落になってしまっているとこが気になっています。
もしも、控除にできなさそうでしたら、私の口座か引き落とすようにしなければならないと思うのですが……。

アドバイス、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私が払っていることを証明できるか微妙な状態…

「社会保険料控除」の申告には「実際に支払ったのは誰か?」の証明は不要です。

ですから、「国民健康保険料の支払い分を含め、betty1234さんが親御さんの口座に振り込みをしている」ならば、原則としてbetty1234さんの「社会保険料控除」として申告してかまいません。

たとえば、「親御さんに収入がない」「親御さん自身の預金もない」場合を考えてみてください。
その場合は、「betty1234さんが社会保険料控除を申告できない」とするほうが【不自然】です。

もちろん、「紛らわしいので、支払う人の口座から引き落とすべき」であるのは言うまでもありません。

---
ちなみに、「税務署が誰の口座から引き落とされているか調べるか?」と言われれば、「調べない」と断言することはできませんが、「可能性はほぼゼロに近い」と言えます。

理由としては、「徴税できる可能性が低い案件にこだわっているほど税務署も暇ではない」ということもありますが、そもそも「生計を一にする親族」というのは「生活の財布がはっきり分かれておらず、誰が何の費用を負担しているかが分かりにくいことが多い」という点が挙げられます。

たとえば、「夫婦」や「親子」が、日常生活で「今回は私が○○を払っておくから、代わりに××を払っておいて」という行動を取ることは特に不自然ではありません。

これは、「税法」以前に、「民法」で「親族間の扶養義務」が規程されていることからも「そういうことが社会通念上も不自然ではない関係である」と言えます。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

このような背景があるので、まともな税務署職員さんならば、「この支払いをあなたが行ったということを客観的に証明しなさい」と要求することが、「社会通念上ずれている要求である」ということを認識していますので、はじめからそんなことは聞かない(確認しない)わけです。

『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

---
とはいえ、「たまたま、納税者以外の口座から引き落とされていることを職員さんが知ってしまった」→「それを理由に社会保険料控除が否認され、訂正するよう求められた」ということが「絶対ない」とは言えません。

そういう場合は、「自分の家庭の家計状況を詳しく資料にまとめ、納得してもらえるように交渉する」ということが必要になります。

ですから、「なるべく紛らわしい状況は避けておいたほうがよい」ということになるわけです。

「国税庁」のサイトにも以下のように指針が示されていますから、「口座名義人=支払者」としておくべきです。

『社会保険料控除 Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130_qa.htm
>>Q6  生計を一にする妻の後期高齢者医療制度の保険料を私が口座振替により支払いました。その保険料について、私が社会保険料控除の適用を受けることができますか。
>>A6 …あなたが口座振替により支払った保険料については、あなたに社会保険料控除が適用されます。

『妻名義の生命保険料控除証明書に基づく生命保険料控除』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/35.htm
>>当社の従業員Aは、妻Bが契約者となっている生命保険の保険料を支払ったとして、妻B名義の生命保険料控除証明書を添付した保険料控除申告書を提出してきました。…
>>Aがその保険料を支払ったことを【明らかにした場合】は、生命保険料控除の対象として差し支えありません。…

---
「理屈は分かったが、やっぱり心配だ」という場合は、「事前に税務署に確認しておく」以外にありません。

ただし、税務署は異動が多いですから、いつでもその職員さんがそこにいるとは限りませんので、「いつ、どこの部署の、何という職員さんに回答をもらったか?」は控えておいたほうがよいです。

なお、「税務署の職員さんごとに判断が分かれる」ような「難しい案件」の場合は、以下のような制度も用意されています。

『税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm

ちなみに、【仮に】、「税務署の職員さんの対応に納得がいかない」場合は、以下のような制度も用意されています。

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

*****
(備考1.)

>親は自分の国民健康保険料を、親名義の口座から自動引き落とししています。

とのことですが、「国民健康保険の保険料」には、「一人ひとりの保険料(納付書)」は存在しません。

あくまでも、「住民票上の【世帯全体】の保険料」を「住民票上の世帯主がまとめて納める義務がある」ということです。

つまり、「今現在は、国保の加入者がたまたま世帯主のみ」と考えることになります。

ですから、もし「住民票上の世帯主」をbetty1234さんに変えれば、保険料の納付義務は「betty1234さん」が負うことになります。

※そのような世帯主を「擬制世帯主」と呼び、「保険料」に影響が出る場合がありますので、「世帯主変更」には注意が必要です。

『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/

>親は年金生活で、私の税扶養には入っていませんが、確定申告をしていません。

「【親御さんの】確定申告」は、「【親御さんの】所得税の過不足精算の手続き」ですから、「betty1234さん自身の税務申告」とは【無関係】です。

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

*****
(備考2.)

>親の口座に月5万円以上振込をしています。(ボーナス時はさらに30万ほど入れています)

これは、税法上は「財産の贈与」に当たります。

ただし、以下のリンクにありますように、「贈与税の課税対象外」になる贈与もあります。

また、「課税対象の贈与」でも「基礎控除(110万円)以下であれば「贈与税の申告不要」とされていますので、今回のケースでは問題にはなりません。

『贈与税>贈与と税金』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/zouyo31.htm

*****
(出典・参考URL)

『扶養控除>「生計を一にする」の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも「税法上の考え方」です。「生計を共にする」とも違います。
---
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm
>>この申告書は、本来、給与の支払者を経由して税務署長へ提出することになっていますが、給与の支払者は、税務署長から特に提出を求められた場合以外は、税務署へ提出する必要はありません(給与の支払者が保管しておくことになっています。)。
---
『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『誰も教えてくれない住民票の話>■世帯、世帯主 』
http://members.jcom.home.ne.jp/hitosen2/juumin2.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私が払っていることを証明できるか微妙な状態…

「社会保険料控除」の申告には「実際に支払ったのは誰か?」の証明は不要です。

ですから、「国民健康保険料の支払い分を含め、betty1234さんが親御さんの口座に振り込みをしている」ならば、原則としてbetty1234さんの「社会保険料控除」として申告してかまいません。

たとえば、「親御さんに収入がない」「親御さん自身の預金もない」場合を考えてみてください。
その場合は、「betty1234さんが社会保険料控除を申告で...続きを読む

Q国民健康保険料いくら払っていますか?

派遣社員だった去年、年収が250万円で、国民健康保険料を約133,000円払っていました。(もちろん国民年金はまた別払い)

今年は契約社員で、年収は300万円になり、社会保険料を月に8,500円引かれています。(厚生年金はまた別)

計算すると派遣社員で国民健康保険料を払っていた時のほうが高いのですが、それが普通ですか?

また、年収が240万円で、国民健康保険料が133,000円というのは高すぎると思うのですが、いかがでしょうか?(一昨年の年収も250万円)

自営業や非正社員の方など、国民健康保険料を払っている方、年収がどれくらいで、いくら国民健康保険料を払っているか教えて下さい。

Aベストアンサー

国保は確か都道府県によって料率も異なったと思いますが、
原則、金額の決定基準は「前年度の年収」です。
kiki1978さんの場合は、現在契約社員で、社会保険のため、
半額は会社負担となっているはずです。
私が以前会社を辞めて、一時的に国保に入ろうとした時、
前年度年収が480万で、国保が月額42,000くらいと
言われました。
(その時は健康保険の任意継続を選択しました)

Q現在無職です。来年度からの国民健康保険料、市民税について

現在、一人暮らし三年目の無職、24歳です。
平成18年の11月に正社員を退職し、その時に世帯を実家から切り離し、自分一人の世帯で世帯主になりました。(世帯を切り離さない方が国保の月額保険料は安く済むそうでしたが、自立のためあえてそうしました)
また、その11月から今まで一度も所得を得ていません。
ですが、18年度所得計算の健康保険料(毎月19700円)をおさめ、
市民税も二ヶ月で約26000円をおさめてきました。
まず、ここで少しお話がずれるのですが無収入の状態でも親の扶養に自動的に戻ることはあるのですか?
またこれも申告が必要なのでしょうか?
(親の保険証には私のなまえは無いままだと言われました。
また現在22歳の実家暮らしの妹は収入が無いようですが、親の扶養には入れないそうなのです。。。)

去年一度も所得が無いため、この四月から保険料の軽減措置を受けることができ、市民税の方も安くなるはずなのですが、それはやはり自分で申告しなければならないのでしょうか?
また申告期限は過ぎてしまっているのでしょうか?



18年の年度末には、はじめて自分で確定申告をし、11月から所得が無い分の前職の所得税分が少し還付されましたが、
去年(平成19年分)一年間無職の状態で払い続けた、18年度計算分の健康保険料と市民税分が確定申告(もしくは何かしらの申告)によって還付されることはあるのでしょうか?
19年は今年は所得が無いのと、自動的に通知が来ると勘違いしていて、この3月は確定申告をしないでいいと思っていたので3/15が過ぎてしまい今になって困っています。
(そもそも確定申告の仕組みがあまり理解できていないので愚問でしたらすいません)

また私の退職、無職時期がちょうど市民税と所得税のバランスの制度が変わった時期らしく、申告により差額が還付されるようなのですが(確か申告時期は今年の七月だった気がします)、
これについても詳しい方教えて頂きたいです。

まとめると、
今年度払いすぎていたものが、還付されることがあるならばその方法と、
来年度から支払いが少なくなるものがあるならば、その方法を教えて頂きたいのです。
よろしくお願いします。

現在、一人暮らし三年目の無職、24歳です。
平成18年の11月に正社員を退職し、その時に世帯を実家から切り離し、自分一人の世帯で世帯主になりました。(世帯を切り離さない方が国保の月額保険料は安く済むそうでしたが、自立のためあえてそうしました)
また、その11月から今まで一度も所得を得ていません。
ですが、18年度所得計算の健康保険料(毎月19700円)をおさめ、
市民税も二ヶ月で約26000円をおさめてきました。
まず、ここで少しお話がずれるのですが無収入の状態でも親の扶養に自動的に戻ることは...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
わかる範囲でお答えします。

> ここで少しお話がずれるのですが無収入の状態でも親の扶養に自動的に戻ることはあるのですか?

世帯分離があるのだから世帯統合ができると思います。
しかし、一人暮らしということから統合は難しそうです。
一度、役所へ相談されてみてください。


> またこれも申告が必要なのでしょうか?

申告というか申請が必要です。
役所の戸籍関係を扱う部署へ問い合わせてください。


> 去年一度も所得が無いため、この四月から保険料の軽減措置を受けることができ、市民税の方も安くなるはずなのですが、それはやはり自分で申告しなければならないのでしょうか?
> また申告期限は過ぎてしまっているのでしょうか?

今まで貴方は何をされていたのでしょうか?
役所から確定申告の書類が送られてきているはずです。
無所得であるという確定申告を行ってください。
それにより平成20年度の住民税は課税されません。
既に締め切られたと思いますので、役所の税務関係の部署へご相談ください。


> 去年(平成19年分)一年間無職の状態で払い続けた、18年度計算分の健康保険料と市民税分が確定申告(もしくは何かしらの申告)によって還付されることはあるのでしょうか?

所得税を払っていない以上、還付される元がありません。
よって、還付されません。
平成18年の確定申告で還付されたのは、それまでに納税した所得税から
還付を受けていることになります。

また、国民年金や国民健康保険への加入は義務になっていますので、
これを支払ったから返せ、というのはできません。

但し、制度を利用すれば殆ど払わずに済む場合があります。
国民年金は、所得が無いことを証明すれば免除が受けられます。
国民健康保険は、所得が無いことを証明すれば減免が受けられます。
減免ですので、0円にはなりません。
絶対に無病・無傷、というリスクを背負うようであれば、
いざというときに10割負担をする、「国民健康保険 資格証」というのを
受け取ることが出来ます。
この場合、保険料は一切払う必要がありませんが、
風邪を引いたりしても窓口で何万も請求されるということもあります。
なので減免を受ける形がベターかと思います。


> また私の退職、無職時期がちょうど市民税と所得税のバランスの制度が変わった時期らしく、申告により差額が還付されるようなのですが(確か申告時期は今年の七月だった気がします)、
> これについても詳しい方教えて頂きたいです。

たしか所得税と住民税のバランスが逆転したってやつですね。
同年1月から所得税が安くなる代わりに、
同年6月からの住民税が高くなるというものです。
但し、トータルして金額は変わらないというものです。
還付はありませんよ。

こんばんは。
わかる範囲でお答えします。

> ここで少しお話がずれるのですが無収入の状態でも親の扶養に自動的に戻ることはあるのですか?

世帯分離があるのだから世帯統合ができると思います。
しかし、一人暮らしということから統合は難しそうです。
一度、役所へ相談されてみてください。


> またこれも申告が必要なのでしょうか?

申告というか申請が必要です。
役所の戸籍関係を扱う部署へ問い合わせてください。


> 去年一度も所得が無いため、この四月から保険料の軽減措置を受け...続きを読む

Q住民税は無職でも払うのでしょうか?

平成18年~平成20年8月まで無職の期間があり、その間に現在の所得の状況を教えて欲しいような書類が来ました。所得がなかったので税金がかからないと思い、返送しなかったのですが、無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?ちなみに国民保険は無職の期間も払っていました。
現在は平成20年9月から始めたアルバイトの仕事で月13万程度の収入があります。現在もアルバイトの方は続いていおり、社会保険、雇用保険に加入しています。その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
今まで確定申告をしたことがないのですが、今までの分をさかのぼって申告できるのでしょうか?
質問がわかりづらくてすみませんがわかる方教えてください。

Aベストアンサー

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年もかかりません。

>確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
年収103万円以下なら所得税かかりません。
バイト先で年末調整というのをしてあれば、確定申告しなくても還付されているはずです。
バイト先から「源泉徴収票」をもらったと思いますが、その中で「源泉徴収税額」の欄に数字が0(もしくは未記入)であれば、年末調整されていて所得税は還付されています。

そうでなければ、所得税天引きされたままになっています。
源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行ってください。
所得税全額戻ってきます。
なお、確定申告の時期は3/16日までですが、貴方の場合は還付の申告なのでいつでもできます。
急ぐ必要ありません。
明日は税務署めちゃ混みです。
避けたほうがいいです。

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q国民健康保険料っていくら払う?

家族4人で国民健康保険に加入しようと思えば毎月、いくら支払わないといけないものでしょうか?それぞれ課税対象によって違うと思いますが、平均的(年収400万~500万世帯)はどうでしょうか?

Aベストアンサー

国民健康保険は、市民税をもとに計算しますので、市民税がわからないと単純に年収だけではわかりませんし、また市町村によって国民健康保険の料率もかなり違いますので、単純には金額は出てきません。

参考程度に概算で計算してみます。

家族4人の内訳を、ご主人(40歳未満)、専業主婦、小学生の子供2人、という前提でまず市民税から計算してみます。
(市民税、国民健康保険共、私の手元にある福岡市の率で計算してみます。)

給与収入 4,500,000円
給与所得 3,060,000円

社会保険料控除(収入から概算) 490,050円
生命保険料控除(勝手に予想) 35,000円
損害保険料控除(勝手に予想)  2,000円
配偶者控除 330,000円
扶養控除 330,000円×2=660,000円
配偶者特別控除 330,000円
基礎控除 330,000円

所得控除合計 2,177,050円

課税所得金額 3,060,000円-2,177,050円=882,000円(千円未満切捨て)

所得割額 882,000円×3%=26,460円
定率控除 26,460円×15%=3,969円
差引税額 26,460円-3,969円=22,400円

均等割額 3,000円

合計市民税額 22,400円+3,000円=25,400円


次に国民健康保険料の計算です。

所得割 25,400円×748/100=189,992円 
均等割 31,547円×4人=126,188円
世帯割 24,165円

合計国民健康保険料 
189,992円+126,188円+24,165円=340,300円(百円未満切捨て)

ただ、国民健康保険については、市町村によって違いますし、今検索してみると、計算の方法も上記の方法とは限らずいろいろ違いますし、資産割額も課せられたりしますので、単なる参考程度に見ていただければよいかと思います。

一番良いのは、お住まいの市町村で尋ねられる事だと思います。

国民健康保険は、市民税をもとに計算しますので、市民税がわからないと単純に年収だけではわかりませんし、また市町村によって国民健康保険の料率もかなり違いますので、単純には金額は出てきません。

参考程度に概算で計算してみます。

家族4人の内訳を、ご主人(40歳未満)、専業主婦、小学生の子供2人、という前提でまず市民税から計算してみます。
(市民税、国民健康保険共、私の手元にある福岡市の率で計算してみます。)

給与収入 4,500,000円
給与所得 3,060,000円

社会保険料控除(収...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング