この度中古の山荘を購入しました。
早速備え付けの薪ストーブを使用しましたが、
帰宅する際、燃えている薪をどう処分すればいいのでしょうか?
水をかけるのか、それとも別の方法が?
暖炉、薪ストーブをご利用の方、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実家で現在も薪ストーブを使っています。

ストーブに空気量を調節する窓のようなものがあると思うのですが、消す時はそこを閉めてしまえば自然に消えるので問題ないと思います。次に使う時残っている灰など(かなりたまっていたら)を取り除くと火力がぜんぜん違うので取り除いたほうがいいと思います。50年以上薪ストーブを使っていますが、この方法で火事になったとかトラブルは一切ありませんので大丈夫だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速やってみます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

実家でまきストーブを使っていました  消す時はまきを入れる所や小窓を閉めると自然に消えます  急いでいる時は灰をかけて消します  

水をかけるとダメらしいですよ  灰は山菜のあく抜きなどに使えるから取っておくそうです  そのまきストーブの前にいた時に地震が来たときは  私もどうしようかと悩んでしまいましたが  とりあえずやかんやなべを降ろして  空気が入らないように閉めてってやってるうちに終わってくれてほっとしました
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■輸入薪ストーブについて教えてください

新築で薪ストーブを設置したいのですがこみこみどれくらいかかるのでしょうか? 予定吹き抜け 垂直屋根抜きH=6m程度 部屋のコーナーに設置耐火ボード3枚 薪ストーブ30万程度予定です。

また、薪ストーブ本体を検索すると値引きで売っていないのですが、輸入薪ストーブは値引き無しなのでしょうか?

併せて教えてください。

Aベストアンサー

「薪ストーブ」で検索すると、値引きしているところ、ありますよ。

自分は以前検討し、購入を諦めました。
一切燃やさない飾りならいいですが、きちんと使用するストーブは、維持費と手間暇がかかります。
煙突掃除はもちろん、本体のサビや欠けの補修は絶対必要。部品交換などもそれなりに必要なのだそうで。
自分で薪入手、薪割りができるか?(できずに購入だと、灯油や電気暖房より燃料費がかかる)も、重要です。

また。薪ストーブについてのきちんとした法規制は、日本にはほぼありません。
達磨ストーブの時代の法のままだそうです。
ですので、安かろうで購入し、きちんとした薪ストーブ設置の安全基準を知らない業者/設計者に
設計/設置を頼むと、あとで後悔するかもしれません。
最初は問題なくても、5年、10年経つうちに、薪ストーブ周辺の壁が低温炭化して、
ある日、発火。という事があり得るからです。

質問主さんも、薪ストーブを飾りではなく使用したいのでしたら、「安い」で選ばず、
「設計段階からの、防火アドバイス」「メンテナンス請負、またはやり方の指導」
「交換部品等の取り寄せに責任を持ってくれる」「安全な設置ができる」
などを、重視されたほうが、よろしいかと思います。
自分が参考にした薪ストーブについてのサイト、URL貼っておきます。

参考URL:http://www.japanfirewoodstovelife.co.jp/,http://flamewatchers.com/

「薪ストーブ」で検索すると、値引きしているところ、ありますよ。

自分は以前検討し、購入を諦めました。
一切燃やさない飾りならいいですが、きちんと使用するストーブは、維持費と手間暇がかかります。
煙突掃除はもちろん、本体のサビや欠けの補修は絶対必要。部品交換などもそれなりに必要なのだそうで。
自分で薪入手、薪割りができるか?(できずに購入だと、灯油や電気暖房より燃料費がかかる)も、重要です。

また。薪ストーブについてのきちんとした法規制は、日本にはほぼありません。
達磨ス...続きを読む

Qこれから建築設計する山荘に薪ストーブを購入設置予定です。効果的な暖を得るための注意点は?

容積23坪で、一部吹き抜けです。設置場所の位置は家の端の方でも効果ありますか?煙突の取り付け方は、垂直で長距離がよいか、できるだけ短距離で外部に出すがよいかなどは?また、機器の購入にあたっての注意点は?

Aベストアンサー

北海道の自宅が薪ストーブでした。
薪ストーブは、薪の搬入と灰の廃棄が大変です。
居間の隅の、勝手口近くが便利です。
また、火が暖かいと言うイメージが強いですが、
火よりも、火で暖まったストーブの鉄部分が暖かいので、
煙突を長めにして輻射熱を生かせるようにしたら良いと思います。

Q薪ストーブ設置された方教えて下さい

教えて下さい薪ストーブは定価売りの店が多いのでしょうか? ある高級インテリア店に行ったら定価売りとのこと 薪ストーブチェーン店はあまり値引きしませんでしたストーブのみ1割引き位でした。

ここでお聞きしたいのですが薪ストーブはどれくらいの値引きが普通なのでしょうか?

煙突・炉台も値引きはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

高級インテリアショップではなくメーカーの日本代理店が正規店と認めた正規代理店に行かれることをお勧めします。

私も昨年新築時に検討し、薪ストーブ専門店と言われるお店と話を進めましたが技術的、金額的に納得できず、そのブランドの正規輸入代理店のホームページの正規代理店リストをみるとそのショップは正規ではありませんでした。そこで最も近い正規代理店に連絡し仕様を打ち合わせると先のショップより40万程安価に導入することが出来ました。

お尋ねの件はまずどのブランドか?輸入代理店はどこか?を調べて正規代理店に相談するのが良いかと思います。(他にもブランドはありますが、代表的なブランドの国内代理店です。)

ヨツール:http://www.tokep.co.jp/jotul/
モルソー:http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/morso/index.html
バーモントキャスティングス:http://www.firesidestove.com/

Q薪ストーブ購入検討しています。

自宅新築予定で薪ストーブを導入予定です。
叔父の会社に建築依頼するため、本体と煙突を用意すれば設置はやってくれると言われています。
こで北欧製か米国製のものを検討していますがネットで見る限り値段が非常に高いんですが、どこで買えば安く買えますか?
またインターネットで海外メーカーから個人輸入された方いらっしゃれば体験談をお聞かせください。

Aベストアンサー

あなたとやや同じで現在購入のみで設置は夏頃を予定しているので参考にならないかもしれませんが?
 
たしかに二次燃焼三次燃焼するストーブは目が飛び出るほど高いですよね~。
 
さらに二重断熱煙突となると煙突総体でストーブ本体より高価ですしね~。
 
薪がそれほど不自由なく手にはいるならいいのですが、薪の入手で諦めた方も相当いらっしゃるようなのでそこら辺も考慮して導入した方が良いかと思います。
 
薪が大量に安く手にはいるなら、中国製などの一次燃焼型のストーブとシングル煙突にすると相当安くできます。
 
余りこういったページを貼り付けるのはどうかと思いながら参考程度に。。。
そのほかにも薪ストーブで検索掛けるとそこそこ販売店は引っかかりますよ
 
http://www.iids.co.jp/26.html
 
http://www.honma-seisakusyo.co.jp/index.html
 

Q薪ストーブ

新築に薪ストーブを取り付け予定です。
広い敷地で分譲地ではありませんが、周辺にお宅がないわけではありません。

見渡すと、周辺に薪ストーブをしているお宅が4軒ほどあります。

薪ストーブをされている方にご質問です。

周囲への配慮をどのようにされておりますか?
おすすめメーカーなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
あと、薪置き場も重要ですね。
雨があたらず、風通しはよく、日当たりもよく、家の中から直接いける場所が理想です。
広さは焚き方にもよりますが一冬で4畳半は必要とも言われています。
広ければ広いなりに、翌年以降の薪の乾燥にも使えるので、無理のない範囲でなるべく広くしておいたほうがいいでしょう。
薪割りスペースも一緒に確保できるとベストですね。

Q薪ストーブ

新築の家に薪ストーブを考えています。
欧米製の値段の高いものが目に付きますが、ホームセンターで国産のストーブがありました。
メーカーに問合せると中国で製造したものなので値段も7700Kcalの熱容量、クリーンバーン方式で8万円台です。品質問題をメーカーに尋ねますとストーブの構造設計や鋳鉄の成分まで指導しており、これまで品質上の問題は起きていないとのことです。
ヨツールが一番良いという専門家もいるらしいのですが値段が数十万です。中国製にするかどうか迷うところですが、どなたか中国製をお使いの方が居られたら
ご意見を伺いたいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は10数年来、薪ストーブを愛用しています。

 ご質問の主旨は分かりますが、どの地域でどのような気候また住環境での使用を考えておられるのですか?また、何のために薪ストーブを設置しようとしておられるのですか?

 ちなみに、私の使用場所は信州の山里で薪ストーブを使わないのは6~8月ぐらいなものです。冬季は夜通し炊き続けます。もちろん、暖房器具としてある程度熱容量が大きくて燃焼効率がよいものを選びました。バーモンド キャスティング社のリゾリュートを使っています。今でも気に入っています。

 薪ストーブは、暖炉・オーブン・ストーブにも使えます。値段そのもので薪ストーブの価値を算定するのではなくて、長年欧米で評価を得てきているメーカー製の物を選べば後悔しないと思います。そのメーカーが海外(中国など)で生産されていても品質には大きな差はないと思われます.まずは、幾つかのメーカーの色々な薪ストーブをご検討するのが先決かと思います。値段の違いに気づかれると思います。また、煙突などの周辺器具や設置工事代金は薪ストーブ同等の費用がかかることはご承知おきください。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~timber/

 私は10数年来、薪ストーブを愛用しています。

 ご質問の主旨は分かりますが、どの地域でどのような気候また住環境での使用を考えておられるのですか?また、何のために薪ストーブを設置しようとしておられるのですか?

 ちなみに、私の使用場所は信州の山里で薪ストーブを使わないのは6~8月ぐらいなものです。冬季は夜通し炊き続けます。もちろん、暖房器具としてある程度熱容量が大きくて燃焼効率がよいものを選びました。バーモンド キャスティング社のリゾリュートを使っています。今でも気に入...続きを読む

Q長野県上田市で薪ストーブを使用されている方

長野県上田市で薪ストーブを使用されている方いますか?
薪ストーブの設置を考えているのですが、薪の入手をどのようにされていますでしょうか?
分かる範囲で教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 いいですね、薪ストーブの暖かさや温もりは最高です。燃えて揺らいでいる炎を見ていると安らぎます。前に座ると他に動けなくなってしまいます。

 薪材の手配は、薪ストーブを何のために設置してどのように使用されるのかによるものと思われます。これによって薪材の手配などが大きく左右されるからです。上田市と言いましても、結構広くて地勢も平地から山間部まであります。市街地・郊外それとも別荘地帯なのでしょうか?また、主暖房・副暖房・趣味でのご使用をお考えなのでしょうか?煙が出たり薪材を燃やしたその特有の臭いはかなり離れていても風向きによっては遠くまで届きます。

 私は、東信州の別荘で田舎暮らしなどを楽しんでいます。年間4か月はここで生活しています。薪ストーブは6~8月以外は使っています。冬季は温風暖房機2台と合わせての使用ですから外は氷点下であろうと家の中は室温20度と快適です。

 薪材は林野組合から6Tトラックで買い付けました。(結構な値段でしたよ。)これで5~6年はもちますが・・・。玉切りにするだけで家内と丸4日間かかりました。これに加えて敷地の立木を日当たりを考えながら伐採したり近隣の造園業者から廃木(生木)をもらって運搬したりとそれはたいへんでした。車を運転していても薪材になりそうなものが目につくと興味が移ってしまいます。でも、これが楽しいのです。田舎暮らしは楽しい反面、結構忙しくてたいへんです。

 薪材はドングリの仲間(クヌギ・ミズナラ・クリ・カシなど)や広葉樹が最適です。キリ・シラカバなどは柔らかくて火持ちしません。カラマツ・アカマツなど針葉樹は脂が多く出るので日中に他のものと一緒に燃やします。趣味での使用なら製材所などからの端材でまかなえるでしょう。

 薪ストーブの設置をお考えなら、老婆心ながら次のことをお勧めします。それは、ストーブの専門店(HMは不適)での相談(パンフレットの収集だけでも効果的)や実際に薪ストーブを使用している家主から話を聞いてみることです。設置に当たっては、薪ストーブの置き場所・煙突の回し方・屋根と煙突の位置関係・地勢と風向きなどによって燃え方が左右されます。もちろん、有効な薪材の判別や燃やし方などは多少の慣れが必要でしょう。

 薪ストーブのある空間・生活を楽しんでみてください。

 いいですね、薪ストーブの暖かさや温もりは最高です。燃えて揺らいでいる炎を見ていると安らぎます。前に座ると他に動けなくなってしまいます。

 薪材の手配は、薪ストーブを何のために設置してどのように使用されるのかによるものと思われます。これによって薪材の手配などが大きく左右されるからです。上田市と言いましても、結構広くて地勢も平地から山間部まであります。市街地・郊外それとも別荘地帯なのでしょうか?また、主暖房・副暖房・趣味でのご使用をお考えなのでしょうか?煙が出たり薪材を燃...続きを読む

Q薪ストーブ

こんにちは!山荘に薪ストーブを設置しようか迷っています。薪ストーブのメリット・デメリットは何だと思われますか?
また設置する際の要注意点、既にお持ちの方でこういうふうにすれば良かったというアドバイスがございましたらお願い致します。因みい薪ストーブの知識はほとんどなく、最近ネットで調べたりしている程度です。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

メリット:
・薪の入手に心配ないのなら暖房費は安上がり。
・一度温まるとなかなか冷えないので、朝起きたときや帰宅したときも部屋が暖かい。
・遠赤効果で、体や部屋の温まり方が石油ファンヒーターなどとは根本的に違う。
・外出時もつけっ放しができる(注意は必要)。
・ストーブの上や中で調理ができる。水を張ったなべを載せておけば加湿器は不要。
・薪割りで体が鍛えられる。→その薪の炎を見て飲む酒がうまい。
・なんとなく家族が集まってくる。
・音が良い。
・CO2ニュートラルである。

デメリット:
・点火に時間がかかる(その儀式が良いとも言える)。
・夏はちょっと邪魔。かといってしまうことができない。
・ご近所から煙の苦情が来る心配がないとはいえない。
・薪の保管場所が食う。(2シーズン分は確保したいので)
・薪に虫が付いて部屋に入ることがある。
・薪集めのために斧やチェーンソー、軽トラックが欲しくなる。
・初期費用が高い。

注意点:
・ストーブ背面や煙突のメガネ石付近の可燃物には充分注意が必要。すぐに火が出なくても、長い期間で徐々に炭化が進み、ある日突然火事になる。
・煙突はまめにチェック/掃除しましょう。煙道火災はかなりビビります。
・外部の煙突は2重にしましょう。本体より高くてもケチってはだめ。
・いろいろなタイプやデザインがあり選択に迷ったら、「一番愛せそうな」ヤツを選びましょう。好きなものならアバタもえくぼです。完璧なストーブはありません。
・なるべく大き目のストーブを選ぶ。寝る前にくべておけば翌朝まだ熾き火が残っていて暖かいし最着火もしやすい。ただし大きすぎはx。

メンテナンスさえしてあれば、特に外気導入型は部屋の空気を一切使わないし排気は煙突から外に出るので、石油ストーブなんかより部屋の中はよほどクリーンです。

メリット:
・薪の入手に心配ないのなら暖房費は安上がり。
・一度温まるとなかなか冷えないので、朝起きたときや帰宅したときも部屋が暖かい。
・遠赤効果で、体や部屋の温まり方が石油ファンヒーターなどとは根本的に違う。
・外出時もつけっ放しができる(注意は必要)。
・ストーブの上や中で調理ができる。水を張ったなべを載せておけば加湿器は不要。
・薪割りで体が鍛えられる。→その薪の炎を見て飲む酒がうまい。
・なんとなく家族が集まってくる。
・音が良い。
・CO2ニュートラルである。

...続きを読む

Q薪ストーブの煙突は壁だしOK?

新築に太陽光をのせる関係で、本来屋根だしが理想的な薪ストーブの煙突を、我が家は壁だしにします。

壁だしにすることは、百害あって一利なしとよく聞きます。
その理由も知ってます。

薪ストーブを壁だしにしている方、もしくは、詳しい方、壁だしにするわずかなメリットがもし!ございましたら教えてください。

一利なしなんでしょうが、何か専門の方もしくは、実際薪ストーブをされている方ならお分かりかなと、質問させていただきます。

あと、ペレっトストーブの良さや、薪ストーブに比べて維持費はどうなのか、こちらもあわせて、ご教示いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

壁からの煙突も良くありますし、北欧などでは集合住宅では各階のパイプスペース付近のダクトスペースに接続する場合もありますのでどちらでも可能と思います。

しかし、薪ストーブか太陽光発電のどちらかを止める方が良いと思います。

煙突とパネルの距離が相当開いていれば良いですが、そうでなければパネル面に煤が着いて行き発電能力が落ちてしまう可能性が有ります。

表面はガラスのようですから雨で流れますが、煤は意外と多く出ますし蓄積して行きます。

屋根に上がって発電パネルを清掃するのも素人では危険です。

又近所のお家とある程度の距離が無いと煙と臭いでも近所迷惑になる事も配慮が必要です。

煙突はパネルを止めて屋根面でなるべく高くするなどの考慮が必要かもしれません。

その場合の煙突掃除が可能かどうかの検討も必要です。

状況によりますから、専門の方に見て頂いてアドバイスをお願いする方が良いと思います。

Q値段の違う薪ストーブ

薪ストーブで名の通った輸入品とホームセンターの物では、価格が1桁違っているものが多いようですが、使ってみてその違いに差があると聞いたことがありますが、どんな点が違うのでしょうか。特に決定的な違いを教えて下さい。私の近くの田舎のホームセンターでは、5万円程度のものでも1シーズンに50台近くは売れているとのこと。それを使っておられる方は、どのような使い方をして、その違いをカバーしておられるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最も異なる点は「鋳物の質」です。
耐久性が比較にならないほど違います。
耐用年数で見ると、ホームセンターのものが5年で使えなくなりますが、一流メーカーのものは20年ほど使えます。
また、途中のメンテ次第ではそれ以上の耐久性があります。

次に異なる点は、燃焼気流の制御機能です。
ホームセンターのものは吸入外気量の調整のみの物がほとんどです。
メーカーものは「垂直燃焼・水平燃焼」が切り替えられることはもちろん、二次燃焼機能・触媒などが装備され燃焼効率が全く違います。
薪の消費量がメーカーもののほうが半分程度になると考えてよいでしょう。

但しメーカーものは良いことばかりではなく、価格カルテルがあるようで機能に対して高すぎます。
ある日本総代理店の販売マージンは『300%!』だそうです。
現地価格の4倍の値段で売られているということになります。

この結果、耐久性だけを考えると全く同じになります。
あとは薪の消費量の違いから薪が豊富にある方は安いほうを選ぶ傾向にあります。
しかし薪ストーブは家のステータスとして「見栄を張る」ことも重要な位置を占めていますので、メーカーものを選ぶ方はこれを大事にしています。

さらに、ストーブ本体よりも煙突設置費用のほうが金額がかかります。
日本には良質で手ごろな煙突が販売されていないので、手作りするか「高価すぎる」断熱煙突を購入することになります。

ちなみに私は市販の鉄板ストーブ(比較的良品)を改造してメーカーストーブと同等の性能に高めて使用しています。
煙突も二重煙突を市販のものを組み合わせて作って使用しています。

通常100万円以上かかるところを総額5万円程度で済ませました。
「田舎暮らしの本」に解説して記事がありますので探して読んではいかがでしょう。
詳細は、個人を特定される回答ができない決まりなのでお答えできません。
悪しからず。

参考になれば幸いです。

最も異なる点は「鋳物の質」です。
耐久性が比較にならないほど違います。
耐用年数で見ると、ホームセンターのものが5年で使えなくなりますが、一流メーカーのものは20年ほど使えます。
また、途中のメンテ次第ではそれ以上の耐久性があります。

次に異なる点は、燃焼気流の制御機能です。
ホームセンターのものは吸入外気量の調整のみの物がほとんどです。
メーカーものは「垂直燃焼・水平燃焼」が切り替えられることはもちろん、二次燃焼機能・触媒などが装備され燃焼効率が全く違います。
薪の消...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報