ずばり、hepaticと、liver の使い分けを教えてください。
例えば、肝炎は、hepatitis 肝硬変は、liver.c. ですが、どういう使い分け方なのでしょうか?何か決まり事があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

学術的・専門的には両先生にお任せするとして、



私の感じとしては、卒業医大別に慣用的に使っているみたいです。

各肝炎は略語でHA/HB・・・と書きますし、以前NANBだったのが今はHCだし。
でもLiver cirrhosisって書くし・・・

うーん、英語の出来る人に説明するのには英語、偉そうなふりをしたい時はラテン語・独逸語(単語だけだけど)かな"(^_^;)"・・・しかし、チャートに書く場合等を中心に、「短い方」を私は選んで使っています。

集中治療室などで一応家族の人は入るが、他の人にあまり知られたくない場合、しかし病院関係者にははっきりい分からせる必要がある場合に、隠語的にラテン語・独逸語を使っている場合もあります。

 
    • good
    • 0

「基本医学英語のマスター」 (金芳堂)


 語根の意味 のところに、

    hepat/o  ギリシャ語 hepatos に由来する
    gastr/o ギリシャ語 gaster に由来する

と書いてありました。
ほかの言葉でもギリシャ語由来は
けっこうありました。
    • good
    • 1

使い分けは多分に慣習だろうと思います。



論文を書くときに悩むものなのですが、学術系は(前者がラテン語と聞いて納得)前者が多く(形容詞タイプで使うほうが語句がコンパクトにまとまりますからね。)、臨床系は後者が多いと思います(これはカルテ記載が日本語・英語主体に変わってきていることと関係があると思いますよ)。
それに加えて、実際の臨床での慣例が加わるので…結局慣習だけかな。
    • good
    • 0

医学英語研究家ではありませんが、・・・私は慣用的に使っています。


同様に腎臓はrenalとkidney、胃はgastricとstomach、とありますが・・・。

たぶん前者はラテン語系で形容詞句としてor尾形を変えて用いられることが多いのに対し、後者は一般的に名詞として広く使われる英語表現ではないかと思います。たーーーだ感じたままに書きました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相関係数についてくるP値とは何ですか?

相関係数についてくるP値の意味がわかりません。

r=0.90 (P<0.001)

P=0.05で相関がない

という表現は何を意味しているのでしょうか?
またMS Excelを使ってのP値の計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場合はp=0.1%でもいいと思いますが)
相関係数においても相関の有無を結論つけるにはそのrが偶然出る確率を出すか、5%の確率ならrがどれぐらいの値が出るかを知っておく必要が有ります。

>r=0.90 (P<0.001)

相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下だと言ってます。

>P=0.05で相関がない

相関がないと結論。(間違っている確率は5%以下)だと言ってます。

エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。xデータがA1からA10に、yデータがB1からB10に入っているとして

r=CORREL(A1:A10,B1:B10)

次にそのr値をt値に変換します。

t=r*(n-2)^0.5/(1-r^2)^0.5

ここでnは組みデータの数です。((x1,y1),(x2,y2),・・・(xn,yn))
最後に関数TDISTで確率に変換します。両側です。

p=TDIST(t値,n-2,2)

もっと簡単な方法があるかも知れませんが、私ならこう計算します。(アドインの分析ツールを使う以外は)

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場...続きを読む


人気Q&Aランキング