7年半ほど勤めた所を退職しようと思っています。
退職金にかかる税金はどれ位になるのでしょうか。計算の方法など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(注)#1の回答は、勤続年数の計算が違います。



退職金については分離課税となっていて、他の所得と切り離して退職金だけで税金を計算します。

計算方法は、次の通りです。
退職所得金額=(退職金の金額-退職所得控除額)×0.5 

この退職所得金額に税率を掛けたのが退職金に対する税金です。
退職所得控除額は次の通りです。
20年以下  40万円×勤続年数 (最低80万円)
20年を超えるとき  70万円×(勤続年数-20年)+800万円
勤続年数に1年未満の端数があるときは1年に切り上げます。

貴方の場合、勤続年数は8年になりますから、退職金から320万円を引いた額の半分に税率をかけることになります。
税率は所得税の税率と同じで、退職所得が330万円以下の場合は、10%です。

ただし、上記の退職所得控除を受けるには、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出する必要が有ります。
この申告書を提出しない場合は、退職金に対して20%が源泉徴収されて、後で、ご自分で確定申告をして精算することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい内容で教えていただきありがとうございました。
退職時の参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/11 16:37

 退職所得の計算は、(退職金-退職所得控除)×1/2=退職所得となり、退職所得控除は20年以下の勤務年数であれば、年数(勤務年数は端数を切り上げますので、8年で計算することになります。

)×40万円ですので320万円が退職所得控除となります。

 退職金を申請する際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出すると、税金などが調整されますのでそれで終わりですが、一般的にはその申告書は提出していませんので、その場合には20%の所得税が源泉徴収されますが、確定申告をすることによって清算が出来ます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1420.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速計算しました。ありがとうございました。退職時の参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/11 16:39

http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/zeikin/zeikin07. …

(退職金-40万×7年)×2分の1です

よほど高額な収入をもらわない限り心配はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そんなに収入がないので、気楽に考えて、退職届を出そうと思っています。

お礼日時:2001/12/11 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職時の給与、退職金の税金処理

すみません、ネットでうまく探せなかったので、
教えていただけると助かります。

今年の12月末付けで、5年勤めていた会社を退職することになる予定です。
その後は、主人の扶養に入ろうと思っています。
(パートなどは一切しない前提です)

1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを
11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、
退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、
個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?

2、退職金は、退職日以降に支払われることが多いと聞いたので、
2013年以降に支払われる前提の場合の税金処理は
以下のどれになるのでしょうか?
(退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)

・個別に確定申告を2014年にする、
・主人の年末調整の扶養者の欄に退職金の金額を給与所得として書く
・『退職所得の受給に関する申告書』を退職前に会社に提出する

初めてのことで分からないことだらけで、
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?
いいえ。
必要ありません。
12月に給料が支給されるなら年末調整してもらえます。

>退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)
103万円は給与収入の場合です。
退職金は違います。
扶養でいられる条件は「所得が38万円以下」で、給与の場合、103万円から給与所得控除(65万円)を引くと「所得が38万円」となり扶養の条件を満たします。
給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

退職金は、控除額が大きい(貴方の場合200万円)です。
なので、退職金から200万円を引いた額が「所得」で、その額が38万円以下なら扶養になれます。

>個別に確定申告を2014年にする、
いいえ。
通常、必要ありません。

>主人の年末調整の扶養者の欄に退職金の金額を給与所得として書く
いいえ。
記入の必要ありません。

>『退職所得の受給に関する申告書』を退職前に会社に提出する
そのとおりです。
それを提出してあれば、退職金の所得税も住民税もかかりません。

>1、2012年分は今勤めている会社で年末調整の手続きを11月上旬頃に行っており、その後退職することを決めたのですが、退職に変更したことで、新たに再調整などが必要になったり、個別に確定申告に行く必要があるのでしょうか?
いいえ。
必要ありません。
12月に給料が支給されるなら年末調整してもらえます。

>退職金は勤続5年ほどなので、不要から外れる103万は超えないと思ってます。)
103万円は給与収入の場合です。
退職金は違います。
扶養でいられる条件は「所得が38万円以下」で、給与の場合、...続きを読む

Q退職金にかかる税金について

先月、7年勤めた会社を退職し、今月退職金が振り込まれることになりました。金額は、中退共からと人員整理に伴う退職と言う事で会社からの割り増しも付き、以下のとうりです。

1・中退共から 423,405円
2・会社から   495,000円
    計     918,405円

質問させていただくのはこのお金にかかる税金のことです。
調べてみたところ、勤続年数×40万は控除されるみたいなので私の場合
は非課税と言う解釈でよろしいのでしょうか、よろしくお願いいたします。
       

Aベストアンサー

そうですね、「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出されれば、源泉徴収はない事となります。
その提出がない場合には、20%の源泉徴収をされる事となりますが、確定申告されれば、その全額が還付される事となります。

「退職所得の受給に関する申告書」は会社で用意されるはずですから、そちらに必要事項を記入して捺印されれば大丈夫、という事になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1420.htm

Q退職金に税金はかかりますか?

皆さん、こんにちは!

退職金には、所得税や住民税などの税金はかかるのですか?

ご存知の方、是非、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

課税対象ですが

退職金は退職所得控除額という大きな控除が有り
結果として控除額以下の退職金であれば税金はかかりません。

また控除額以上でも更に2分の1され、税額は安く設定されています。

これは長年働いた功労に対する税額の軽減や老後の保障を目的に
税法が作られています。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

Q会社都合による退職金の前払い金にかかる税金について

このたび会社より、生命保険会社による適格退職年金契約を解約し、当社独自の後継制度に移行するとのことで、それに伴い解約払戻金が発生するとのことです、その払戻金にかかる税金について質問します。
私は、現在50歳勤続30年、今回の払戻金は概算200万円です、現行制度のまま60歳で定年退職した場合の退職金は1000万円です、この場合は税金はかからないはずですが今回の払戻金は一時所得として総合課税されるとのことです(会社より)その税金はどれくらいでしょうか、また定年退職時には発生しない税金を今回の制度改正による払戻金には課税される、この場合の税金は会社に請求できるんでしょうか。
定年退職時の退職金は今回の払戻金を引いた金額になります
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 税制適格の年金の一時金は、退職時であれば退職所得、退職前であれば一時所得となります。

 計算方法としては、受け取った額から特別控除額の50万円を引いて、所得を半分にしたうえで、給料の所得と合算して計算します。
 給与の額によって税率が違うので、税額は一概には言えません。10%か15%くらいと推測しますけれども。

 その税金負担分を会社に請求できるかと言えば、厳しいです。
 
 一時金の形で受け取る保険金というのは、基本的には一時所得です。ただ、税制適格なので退職金課税になることもありますが、普通は一時所得で課税されます。
 今回は中途での一時金ということで、税制適格がはずれ一時金となったもので、その責任が会社にあるという主張もできなくはないでしょうが、一時所得というのは本来の課税形態なので、それは本来受取人が負担すべき税額です。

 ところで、掛け金というのは誰が負担していたのでしょうか?全額ご自分?会社と折半?全額会社?もしご自分が払い込んだ額を合理的に算定できるのであれば、それを一時所得の費用として控除することもできます。それは、一時金支払の際の生命保険会社からの通知書に載っているのではないでしょうか?

 税制適格の年金の一時金は、退職時であれば退職所得、退職前であれば一時所得となります。

 計算方法としては、受け取った額から特別控除額の50万円を引いて、所得を半分にしたうえで、給料の所得と合算して計算します。
 給与の額によって税率が違うので、税額は一概には言えません。10%か15%くらいと推測しますけれども。

 その税金負担分を会社に請求できるかと言えば、厳しいです。
 
 一時金の形で受け取る保険金というのは、基本的には一時所得です。ただ、税制適格なので退職金課税にな...続きを読む

Q退職金の税金

父が来年43年働いた会社を定年退職します。
退職金は3000万くらいだそうです。
一度にもらうと税金がかかるのでしょうか?
またいくらかをもらって残りを会社からの年金と言う形でもらった場合とではどちらが税金がすくなくてすむのでしょうか。

退職金の税金などについてわかりやすく説明してあるHPもおしえてください

Aベストアンサー

>退職金は3000万くらいだそうです
控除額は800+23×70=2410万円
課税対象額は
 (3000-2410)/2=295万円
退職金の所得税は
 295×0.1=29.5万円
定率減税がきくので
 29.5×0.9=26.55万円になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報