母が脳梗塞で倒れました。現在右半身に麻痺があります。倒れて20日経ちます。母は今後の経過が心配らしく、毎日泣いてばかりいます。前向きにリハビリに取り組んで欲しいのです。その為に是非母と同じ脳梗塞でリハビリを克服し、社会復帰された方の体験談を聞かせて頂きたいのです。
母の症状は、先に述べた右半身麻痺と、構音障害、嚥下障害です。右半身はわずかに動きます。話し辛そうですが、始めは聞き取りにくかった言葉も少しずつ分りやすくなってきています。出来るだけ多くの情報を頂きたいので、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

去年父親が脳梗塞で倒れました。


心筋梗塞も併発し何日か意識もない状態でしたが、
momomamaさんのお母様とほぼ同じ状態で、嚥下障害のみは
無かった感じでしょうか。。。

痴呆も残るので当然意思の疎通も期待出来ない。
なんとか車椅子に乗れる様になれば…との診断で
二ヶ月後に、特注の車椅子も作りました。

間接が固まったりすると車椅子にも座れなくなるので
すぐにでもリハビリはした方が良いとの事でしたが
心筋梗塞もあるのでジレンマが…とのお話で
心臓の方の専門医と相談しながら動けない間から
膝を胸の所に折り曲げる様な運動をコマメにして下さったりリハビリの重要性をかなり言われました。
私も付き添ってる間、手をぐりぐりとまわしてあげたり
足を持ち上げたりと色々としていました。

意識が戻ってからは言語も分かりにくかったのですが
ベットまで言語リハビリの先生が通ってくれて
疲れない程度に家族も極力話し掛ける様に言われて
結構昔の事とか聞き出したりして話させていました。

兎に角、半年間は24時間リハビリを!と散々言われました。
それ位で状態が固定してくるそうですが、
反対にそれ位までは大幅な改善も期待出来るので。。。との事でした。


今、倒れて一年余りになりますが、車椅子は無駄になりました。
一応杖は持っておりますが、気持ち右足を引きづってる様な感じで、ゆっくりと歩いています。
階段も一人で上り下りが出来る様になりました。

痴呆の方も、最初診断された様な感じではなく、
これは歳のせいかも?って程度です。

人それぞれだと思いますので、うちの父親と同じ様に必ず!とは行かないかも知れませんが、
もしかしたら、うちの父親よりよくなるかも知れません。

うちは父親と私だけの家族なので、自分が動けなくなったら、私に迷惑がかかるからと言う事で本人が必ず直すよ!って意思を持って相当前向きに頑張ってくれたと思います。

医療が発達してる時に、そんな気力で直るかぁ~?と
専門の方には笑われちゃうかもですが(^^;)
最初の病院で本当に良くして頂いたのが、ここまで回復できた一番の要因だと思いますが、やっぱり「もう、ダメ」って思って諦めるより「必ず直るんだ」って気持ちも
大切かなぁ~と思いました(^^)

ご家族の方も大変かと思いますが、お体を壊さず頑張って下さいね(^^)

長くなって、すみません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご親切に、丁寧なご回答有り難うございます。お礼が遅れてしまって申し訳ありません。aicotさんも、もちろんお父様ご自身も大変なご苦労なされたのだろうなぁ、、、と思うと私達もがんばらなければ、、、と心強い思いになれました。
母もまだ自分で寝返りすら出来ない状態で、24時間の付き添いがまだまだ必要な状態ですが、まったく動かなかった右半身がかすかに動くようになり、言葉も倒れた当初よりは随分分りやすくなりました。嚥下障害も、食べる事が何よりも楽しみにしていたのでリハビリをがんばってくれて、なんとかヨーグルトやプリン一個位なら食べれるようになりました。ただ、今の病院はリハビリ施設が充実していないので一日30分しかリハビリできない状態なので早くリハビリ専門の病院に移れないかと探していたのですがようやく25日に転院することに決まりました。
本人はまだ49歳と若いのでaicotさんのお父様のように自分で歩けるようになったらいいのですが、、、家族全員で母の支えになれるようがんばりたいと思ってます。これからまだまだ寒くなりますがaicotさんご家族もお体には十分お気をつけて、お父様を大事になさってください。本当に有り難うございました。

私達家族も、もちろん母も、前向きに考えたいと思います。

お礼日時:2001/12/21 16:05

脳梗塞で倒れ、右半身麻痺があるとの事。


 ご自宅に、松が植えてありませんか、この松の生葉が、その半身麻痺・舌が回らないなどの障害を助けますので、松の生葉を毎朝5本から10本位を口に含み、噛み砕いて下さい、その汁を飲み込んで下さい、粕は吐き出して下さい。
 これは1日1回続け、2ヶ月位から、段々と治りますので根気良く続けて下さい。
 只、倒れられてから、20日位ですので、少し早いかも知れませんが、2ヶ月位過ぎてから、この松葉療法を始めてください、キツト良い結果が出ますよ。
 ご自身で噛めないならば、松葉をスリバチですり、水を少し入れてからその汁を飲んで下さい。
 やがて、箸とか鉛筆・包丁等が持てるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても興味深いお話です。まだ流動食なので管が
取れたら早速試してみたいと思います。心のこもったお返事
本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/12/13 19:49

現在どのような病院でリハビリされているのか分かりませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「医療機関情報」
このページの左端で「29.リハビリテーション専門の医療施設」をクリックすると病院名が表示されますので、参考にして下さい。

大阪であれば、以下のURLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=83980
この中で#1で紹介した病院が良いのではないでしょうか?

さらに近くの図書館で以下の本を探してみてください。
======================================
全国リハビリテーション病院ガイド/本田哲三[他]/実業之日本社/1997.12
======================================

ご参考まで。


ご快復をお祈りしてます。

参考URL:http://www.iryo-joho.com/hospital.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごく役に立つ情報でした!!早速父と相談したいと思います。
家族みんなで母を励まし、頑張りたいとおもいます。
本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/12/13 19:56

私の父の話です。



脳梗塞ではありませんが脳出血で倒れ、左半身麻痺とmomomamaさんのお母様と同じになるのでしょうか?話をする事が出来ない状態でした。
父の場合は血管の奇形があり出血した部分と同時に摘出手術を受けました。

はじめは話す事も間々ならず左半身は完全に麻痺していましたが母が泊まりで付き添い、手足をマッサージしていたそうです。
その後リハビリが始まり、歩行のリハビリが始まるとその日に足が上手く前に出たそうで翌日からは補助の道具を使い自力でトイレに行けるようになっていました。
当時私達家族も今後どうなるのか、どの程度回復するのか等不安だったのですが、父はリハビリが上手くいき言葉も徐々に出るようになり冗談も言えるようになっていたので元気になってよかった、と安心しました。
3ヶ月の入院後、他県のリハビリ専門の施設で3ヶ月間父1人で過ごしていましたがその間、本人はとても努力したのだと思います、軽く走る事も出来るようになり簡単な事なら自分で出来るようになっていました。

1月に倒れ、夏には自宅に戻り、秋には仕事に復帰、倒れた1年後には車の運転も出来るようになりました。
ただ、父はとてもおしゃべりでしたが思っている事が上手く言葉に出ないもどかしさからか倒れた後は口数が減りました。

倒れてからもうすぐ4年、完全に元通りとは行きませんがここまで回復するとは想像も出来なかったほど普通に生活しています。

リハビリに前向きに取り組んで欲しいと言う事ですので父の回復振りが少しでも励みになればよいのですがこればかりは個人差があります。
こんなに回復した人がいる「だから頑張ろう」と思っていても順調にいかないと「こんなに頑張っているのに・・・」と本人はとても辛いと思います。
回復しないのは本人が頑張っていないから、と言うものでもありません。
私も父の入院中同じ病棟で頑張っているたくさんの患者さんに出会いましたがなかなか結果がついて来ない方もみえました。
本当に運としか言い様のない部分もあるのだと感じました。

1番焦って、不安になり悲観的になってしまうのは本人だと思います。
途中で行き詰まってしまう事もあると思いますが焦らず、本人が積極的にリハビリを頑張れるように家族で支えてあげてください。

momomamaさんのお母様のご回復を心からお祈りいたしております。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧なお返事有り難うございました。早速母に聞かせたい
と思います。主治医の先生は重度の麻痺だけに、
どうしても最悪の場合のお話しかしてくれません。本当に
有り難うございました。

お礼日時:2001/12/13 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞回復期の父をリハビリ専門病院へ転院させたい

主人の父(80代)が脳梗塞で左半身麻痺です。要介護3の認定を受けています。急性期を過ぎて(発症して丸2ヶ月)、リハビリを積極的にしたい時期なのですが、今の入院先では10分程度のリハビリしかありません。

本人も家族も積極的なリハビリを希望しております。また、時期を逃したくありません。自宅近くの老人保健施設の入所待ちをしていますが、空きそうにありませんしリハビリの評判もイマイチです。

それで、リハビリ専門病院を探しましたら「回復期リハビリテーション病棟」のある病院がありました。入院してリハビリを受けれるし、脳卒中患者が7割程度ということで、ここに転院させたいと思っています。
しかしこのリハビリ専門病院に問い合わせると、現在の入院先を通してくれということでした。

そこで、今日ナースステイションで師長さんや看護士さん達がいらっしゃる場で相談しましたが、なかなか聞く耳を持ってくれません。現在の入院先の直系の老人保健施設を勧めるばかりです(そこは場所的にも、費用的にも難しい)。

今度、院長に転院の件を直談判することになるのですが、なんとか話がうまく進むよう、心構えとか、病院の繋がりの裏事情?など教えて下さい。また、看護士さん達から反対されましたが、正当?な理由が考えられるのであれば教えて下さい。

話がそれますが、「治療が済んでリハビリだけの状態になった患者は、病院の利益がなくなるので、入院先を追い出される」というようなことを聞いたのですが、もしそうであれリハビリ専門病院はどうやって経営が成り立っているのでしょうか?父のような「治療は済んでいて、リハビリだけ必要」な場合は、リハビリ専門病院に入れるのでしょうか?それとも老人保険施設に入るしかないのでしょうか?

因みに、自宅に帰っても高齢で腰の弱い母しかおりませんので、デイサービスなどを利用するにしても自宅生活は無理です。

主人の父(80代)が脳梗塞で左半身麻痺です。要介護3の認定を受けています。急性期を過ぎて(発症して丸2ヶ月)、リハビリを積極的にしたい時期なのですが、今の入院先では10分程度のリハビリしかありません。

本人も家族も積極的なリハビリを希望しております。また、時期を逃したくありません。自宅近くの老人保健施設の入所待ちをしていますが、空きそうにありませんしリハビリの評判もイマイチです。

それで、リハビリ専門病院を探しましたら「回復期リハビリテーション病棟」のある病院がありま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。度々失礼します。
すみません。諦めるようお勧めしたつもりではなかったのですが、言葉が足りず申し訳ありませんでした。

よろしければまず、先方の病院に再度連絡をとってみてください。
「発症2か月を経過しているため、回復期リハビリテーション病棟は本来ならば受入れ対象外だそうですが、条件(自宅退院前提、期間限定など)次第では相談にのってもらえる余地があるでしょうか?」と確認。
ここで「あります」との回答が貰えたら、その条件を確認。
そこで折り合いが付きそうでしたら、今度は主治医(院長が主治医でなければ、院長直談判は逆効果の場合があります)に相談です。
「発症2か月を経過しているが、先方では相談に乗ってくれると言っている。ただし先生からご紹介いただかないと話が進まないとも言われた。本人、家族ともやる気はあり、在宅での生活を希望している。今後これ以上の回復が見込めないのであれば諦めざるを得ないとは思うが、可能性があれば賭けてみたい。なんとか御検討いただけないものか…」
不本意?かもしれませんが、なるべく丁重に、丁寧にお話ししてみてください。

ご入院中の病院に医療ソーシャルワーカーがいるようでしたら、間に入ってもらうと話が通り易くなったりする場合もあるのですが…
ご参考になれば幸いです。

#4です。度々失礼します。
すみません。諦めるようお勧めしたつもりではなかったのですが、言葉が足りず申し訳ありませんでした。

よろしければまず、先方の病院に再度連絡をとってみてください。
「発症2か月を経過しているため、回復期リハビリテーション病棟は本来ならば受入れ対象外だそうですが、条件(自宅退院前提、期間限定など)次第では相談にのってもらえる余地があるでしょうか?」と確認。
ここで「あります」との回答が貰えたら、その条件を確認。
そこで折り合いが付きそうでしたら、今...続きを読む

Q父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症してい

父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症しています。
最初は左半身の痺れ。その後、不眠、頻尿に悩まされて現在に至ります。
現在は母親が自宅介護を行っております。
1年前に転倒。左大腿骨を骨折して以来、歩行も困難な状況です。

問題は『痺れ』『頻尿』『不眠』という後遺症(?)が原因で不安障害になってしまいました。
現在ではこの三重苦に悩まされ、四六時中不安状態にあり、排尿の時間を気にして毎日時計と睨めっこ。
痺れを解消させるためと言い、母親に身体のマッサージを一日に何時間も強要させています。
私も母の手助けをするのですが、父の不安障害は、母以外の人間を受け入れないという問題もあります。
子供の私、ホームヘルパーには非常識な要求はしませんが、母に対してだけは常識を逸脱した要求をするのです。(例えば、日中の外出を禁止したり、夜間眠れない場合は徹夜でマッサージをさせます。またパニック状態になった時はモノを投げたり、杖を振り回して母に当り散らします。)

半年ほど前に歩行障害のある高齢者も受け入れてくれる心療内科に入院させましたが、3ヶ月の入院生活も効果が少なく、日に日に症状は悪化しています。

このままでは母をはじめ、家族の者が精神的にも体力的にも限界に達してしまいます。

このような父を強制的に施設に入れるのも不憫に感じますが、今後の事を考えると自宅介護の限界を感じています。
この場合、どのような対処、また父を施設に入れる場合はどの様な施設が良いのか・・・などアドバイスいただければ幸いです。

父(現在71歳)が3年前に脳梗塞で倒れ、その後、後遺症が複数発症しています。
最初は左半身の痺れ。その後、不眠、頻尿に悩まされて現在に至ります。
現在は母親が自宅介護を行っております。
1年前に転倒。左大腿骨を骨折して以来、歩行も困難な状況です。

問題は『痺れ』『頻尿』『不眠』という後遺症(?)が原因で不安障害になってしまいました。
現在ではこの三重苦に悩まされ、四六時中不安状態にあり、排尿の時間を気にして毎日時計と睨めっこ。
痺れを解消させるためと言い、母親に身体のマッサ...続きを読む

Aベストアンサー

ウチも非常に似たケースです。
似過ぎていて少し驚いていますが、もしかしたら程度やその人の性格の差はあれ、よくあるケースなのかも知れないとも思っています。
数年前に父親が脳梗塞で倒れ、左半身に障害が残っていて、その後他にも色々併発して現在も基本的に同居の母が介護しています。朝昼夜構わず大声で叫んだりで起こしては何かと理不尽なことを言い付けたり、基本的に昔から自分勝手な性格ですので私にもそれはありましたが、それよりも特に母親には我侭放題でした。(傾向としては今でもそうです)
ただ、一時期はウチも正直言って酷いもんでしたが、周囲の方々の協力のお陰もあって今はだいぶマシです。

最初に何をしたかというと、まず母親の負担を少しでも軽減させるため、普段は別のところに住んでいる私が半同居しました。暫く後、母親を週に数日は別居させました。(私は日中は仕事のため外出しますので、その時は母親が日中は通う形にしました。私が1日中いられる場合は来なくて良いということにしました)
母親が倒れては元も子もないので、自分としては当然のことと思っていました。当然ですが、これだけで母親の負担は随分軽くなりました。
他、協力可能な者の応分の負担や、ケアマネージャーさんにも積極的に相談して(迷惑な話なのだと思いますが、こっちも必死でしたので、ケアマネージャーさんが余り親切でなかったり要望に応えてくれないようなら役所に強く苦情要望をするぐらいの覚悟でした)、可能な限りの公的なサービスを受けて、父親が希望する些細なことや要望も可能な限り叶えられるようにし、できるだけ会話するようにし、無理なものは無理と理解を求めながら、父親の不安の解消に努めました。
勿論、色々と何だかんだと問題もあって、簡単なものではありませんでしたが、今は母親と完全同居でも問題ないぐらいにはなっています。
今思えば、あれは我慢比べでした。
1つだけアドバイスするとすれば、お父様に対して決して感情的にならないこと。放置しないこと。厳しくしないこと。
もしかしたら、無茶な要求や理不尽なことを言われれると感情的になってしまって難しいことがあるかも知れませんが、怒ったり何か罰的なものを与えたりするのは殆ど逆効果のようです。
今でも夜中に叩き起されたり余りにムシの良い要求などされると時々腹立ってきますが(笑、結果的にいくらかでもマシになってるのだから、間違ってはなかったのかな、と思っています。

現在も定期的に受けているサービスは、週4回のデイサービスと週2回のマッサージです。
現在のところ特養は考えていません。また何かの弾みでおかしくなって、どうしても、ということになれば仕方がないとは思っていますが、同時に、そこには期待もしていません(気の遠くなる順番待ちのため)。自分達で何とかするしかないと思っています。
私のところは今のところは運良く何とかなっていますが、社会的に、これからもっとそういう人達って多分増えていく気しかしませんから、私のところも含めて、この先大丈夫かなぁと余計な心配はしています。

ウチも非常に似たケースです。
似過ぎていて少し驚いていますが、もしかしたら程度やその人の性格の差はあれ、よくあるケースなのかも知れないとも思っています。
数年前に父親が脳梗塞で倒れ、左半身に障害が残っていて、その後他にも色々併発して現在も基本的に同居の母が介護しています。朝昼夜構わず大声で叫んだりで起こしては何かと理不尽なことを言い付けたり、基本的に昔から自分勝手な性格ですので私にもそれはありましたが、それよりも特に母親には我侭放題でした。(傾向としては今でもそうです)
...続きを読む

Q脳幹梗塞 大脳無事 65歳の父親が脳幹梗塞で倒れて1ヶ月以上になります。 今は自発呼吸なし、人工呼

脳幹梗塞 大脳無事

65歳の父親が脳幹梗塞で倒れて1ヶ月以上になります。
今は自発呼吸なし、人工呼吸器使用、血圧が不安定のため都度昇圧剤で調整しています。

脳幹梗塞で倒れた時、大脳が無事だったことは確認できています。

そろそろ今後の対応を考えるよう病院から言われています。

そこで質問です。

父は耳が聞こえているのか、痛みがわかるのか、脳幹が梗塞して大脳が無事というのは、本人がどういう状況にいることを示しているのか。

経験談でも構いません。
教えてください。

Aベストアンサー

眼球などが話しかけに対応して動くようで有れば、少なくとも見えて認識が出来ていると思いますが、運動能力が無くなって居るので体が反応できないだけだと思います。
ただし、耳が聞こえていて認識できているのかは、見えていない所での音に反応するかで判断できるでしょう。
ただ残念ながら、私の知って居る何人かは他の臓器が委縮して、回復しないまま何年か後にお亡くなりに成って居ます。
痛さに関しては、それに反応できないだけに知る由も有りません。

Q肺がんで入院中、脳梗塞で倒れた祖父の入院先を探しています。

私の祖父が末期の肺がんで入院中、放射線治療を始める直前に脳梗塞で倒れてしまいました。今は寝たきりの状態(癌のため手術もできず、全身麻痺のある状態)です。入院先の病院からこれ以上治療は出来ないので年明けまでに転院先を探すように言われたのですが、色々探していくつかの病院に「障害度の申請後に」と早くて3月以降じゃないと入院できないと言われてしまいました。とても困っています。今の祖父の状態で受け入れてくれる病院はないのでしょうか?教えてくれる方がいましたら、是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここで聞いてもないと思います。(^^;;
先ずは現在の病院のソーシャルワーカーに。
そして介護保険の関係で3月以降以降しかできません。
それまで置いてください、でなければ探してください、と言うしかありません。
是非、相談してみてください。
それとお住いの福祉事務所にもご相談を。
お大事に

Q交通事故で脳挫傷、その後、脳梗塞。因果関係は?

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々もといたリハビリ病院に再々転院の予定です。

私が伺いたいのは事故と脳梗塞との因果関係についてです。交通事故の被害者であるため、治療費はすべて保険会社が支払っていましたが、脳梗塞を発症してからは「脳挫傷は事故によるものだが、脳梗塞は事故とは無関係なので支払わない」と、保険会社は主張しています。また総合病院の脳神経外科の主治医も、「脳挫傷の位置(右脳)と脳梗塞の位置(左脳)が違うし、脳梗塞は事故後1ヶ月以上たってから発症しているので、脳梗塞と交通事故との因果関係はないと考えています。しかしこれを判断するのは保険会社なので、ご家族と保険会社の間で話し合いをして下さい」とのことでした。

しかし今まで70年間、一度も脳梗塞を起こしたことのない人(患者は数年前、物忘れを気にして自分で医者に行きMRI診断を受け、大丈夫とのお墨付きをもらっている)が突然、しかも交通事故の1ヵ月後というタイミングで、事故と無関係な脳梗塞を発症するものだろうか?、仮に直接の因果関係はないとしても脳挫傷による入院・リハビリ生活が引き金となって、脳梗塞を起こしたのではないか?、もしかしたら保険会社から医者に何か変な物でも渡っているのではないか??、などと疑心暗鬼になっています。

因果関係があるとしたらその立証責任は患者側にあるので、法律にも医療にも素人の私が訴訟を起こすのは難しいとは思いますが、お詳しい方のご意見を参考までに伺いたいと思います。なお念のため、今回の事故の件では弁護士を立ててあり、弁護士にもこれまでの経緯は逐一報告してあります。

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々も...続きを読む

Aベストアンサー

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます)
http://www.ajronline.org/cgi/content/abstract/154/6/1293

要約でも触れてますが、本文の冒頭では
「外傷後脳梗塞は頭蓋脳外傷後の合併症として知られている。多彩な複数のメカニズム(脳血管攣縮・血管圧迫・ヘルニアや偏移をきたすような近隣の圧排性病変による減衰・直接の血管損傷・塞栓症・脳全体の低かん流 等)がこの合併症に関連しているのかもしれない。」
と述べて13の参考文献を示してます。

ちなみに著者はメリーランド大の診断放射線科学の教授で
外傷放射線科診断学のプロ中のプロですな
http://www.umm.edu/doctors/stuart_e_mirvis.html

他にも関連する論文はいっぱいあります。

今回のケースで関連性が有るといえるかいえないかは
質問文からの情報では不足で詳細な経緯やCT画像がほしいところです
可能性はなくはないと思います

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報