教育心理学の青年期発達論での質問です。自分のなかではあらかたは分かってるつもりですが、いざ文章に表すとなると、いまいちうまくできませんのでみなさんの知恵をお借りしたいと思います。
 質問「自己決定(選択)とエゴアイデンティティーの関係とは?」
かなり困ってますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「自己決定とエゴアイデンティティの関係」をお尋ねのようですが、エゴアイデンティティの説明を試みれば、自ずと「自己決定(選択)」についても、語ることになるように思います。



エゴアイデンティティ(自我同一性/単に「アイデンティティ」とも)は、「自分は何者か」とか、「自分のめざすべき道は何か」とか「自分の存在意義は何か」といった具合に、自分を社会的(人間関係的)に位置付ける力ですよね。そういうことであれば、自分を社会的にどう位置付けるか、という「決定(選択)」が、青年期の重要な仕事になる…と、簡単に言えばこんな感じだと思いますが。

ご期待に添えましたか、どうか…。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEQとエス・エゴ・スーパーエゴについて

「EQ」と「エス・エゴ・スーパーエゴ」って相互に関係があるのですか?

もし関係があるとすれば、
同じEQ値だったとしても「エス・エゴ・スーパーエゴ」自体はその人の環境で構築されると思うのでEQという値だけでは誤解をまねくときもあるのではないのかなと思いました。

なんといいますか、スカラー値ではなくベクトル値みたいな。

ちょっと聞いてみたくなって投稿致しました。

Aベストアンサー

個人的見解ですが、関係あると思います。

物理に置き換えるとEQは宇宙論であり、「エス・エゴ・スーパーエゴ」は電磁の運動エネルギーにあたるでしょう。

そんなに近い関係ではないでしょうね。

Qエス、エゴ、スーパーエゴと意識の有り・無し

「エゴ」と「スーパーエゴ」が意識して「エス」を制御したり、無意識で制御したりするらしいですが、
それを見分けたりはできるのですか?

見た目で区別できるのか、なにか測定したら区別できる(脳波等?)とかあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

それはあくまでも、理論上の話だったような気がします・・・。
人間のエゴ(自我)、スーパーエゴ(超自我)と呼ばれるものも、エス(無意識)から発達したものです。
無意識は、発達以前のものなので、本能的な欲求(生の欲動)などを中心に動いています。
それとは逆に死の欲動(タナトス)などがあります。これは、本能的な欲求ではないものです。
名前の通り、生存活動には全く関係ない欲求のことを指します。
生の欲動は主に、衣食住の3つが中心となっていると思われます。
ただし、「衣」はファッション要素などを全く含まないものです。
このように考えて、生活に必要最低限のものを「生の欲動」、
それ以上の社会的ストレスなどから起こるものを「死の欲動」と考えるとよいのではないでしょうか。
「死の欲動」を起こすのは、主に自我であり、同時に「退行」を起こします。(詳しくは調べた方が早いです。)
また、これらの欲動を抑える役割として、超自我が存在します。
なお、乳児あたりの発達段階においては「無意識」しか存在しないので、それを手当たりにして、区別しても良いかと思います。

私が説明するのには、まだまだ未熟であるので、以下に、私がお世話になったサイトの方を載せておきます。
このサイトですが、「無意識を知ろう」というトピックスに詳しいことが載っているので、一度、そこを見て頂くと良いかと思います。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/act-prc/

それはあくまでも、理論上の話だったような気がします・・・。
人間のエゴ(自我)、スーパーエゴ(超自我)と呼ばれるものも、エス(無意識)から発達したものです。
無意識は、発達以前のものなので、本能的な欲求(生の欲動)などを中心に動いています。
それとは逆に死の欲動(タナトス)などがあります。これは、本能的な欲求ではないものです。
名前の通り、生存活動には全く関係ない欲求のことを指します。
生の欲動は主に、衣食住の3つが中心となっていると思われます。
ただし、「衣」はファッション要素...続きを読む

Qエゴグラムで

心理テスト「エゴグラム」の結果を用いて何か自分に変化をもたらすのは可能なことですか?

Aベストアンサー

#1の補足を元に回答します。

CPをあげるには「私はこう思う」など自分の意見を述べることです。

NPをあげるには困っている人に「手伝いましょうか」など親切にしてあげることです。例:お年寄りに席を譲るなど(金銭的な援助は含まない)

FCをあげるには「やってみよう」と何事にもとりくんでみることです。

ACですがこれはストレスに関係するので下げたほうがよろしいと思います。CPがあがればACは下がると思いますので努力して自分を変えていってください。

質問者さんが成長していくことを、心から応援させていただきます。(私ももう少し成長していきたいと思う今日この頃です)

Qエゴグラムについて

ご覧いただきありがとうございます。

 交流分析理論に基づき、デュセイが考案した「エゴグラム」に関してお尋ねします。
 CP,NP,A,FC,AC の「5つの自我状態」をグラフ化するものが発行されていますが、最近 RC(反抗する子ども?)を追加した「6つの自我状態」という言葉を聞きました。

 エゴグラムの最新バージョンは「6つの自我状態」を含めたものに改訂されたのでしょうか。
 心理検査カタログにも見当たらないのですが、宜しく御教示いただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

rcはacに含まれます。
いい子し過ぎて、切れちゃう訳ですね。

ですから、テストは5つでいいのですよ。

Q「エゴグラム」について

「エゴグラム」について教えて下さい。
ネットで検索したら、CP NP A FC AC の5項目のエゴグラムはでているのですが、RCの項目が加わった6項目あるエゴグラムが見つかりません。6項目あるエゴグラムの診断と結果について知っている方がいらっしゃったら、是非教えて下さい m(__)m

Aベストアンサー

こんばんは、

誰がいつ、RCという概念を導入したか、知りませんが…
また学んだ流派が違うだけかも知れませんが、
20年近く前に、最初に交流分析を学んだ時には、RCという概念はありませんでした、

また、「エゴグラム」の開発者であるMデュセイが提唱した時も、
RCの反抗の子どもというの概念は、ACの中に含まれていましたので、
RCがなくとも、エゴグラムの理解に特に不自由しませんけどね。

他人に合わせて我慢すること(AC)と、我慢の挙句に切れてしまうこと(RC)は、
同質の心理から発生しているものと、思いますが、
現代は「単純化されたなわかりやすさ」が好まれる時代なので、
しょうがないのかな、とも思います。

そんな訳です、回答ではなくてスイマセン!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報