この度,学位を取得できることになり,ただいま論文を作成しています.
そこで,謝辞についてお聞きしたいことが2点あります.

(1) お世話になった先生の一人が招聘教授だったのですが,その方は亡くなられてしまいました.その先生の名前を書く場合どのように書くのがよいでしょうか?
その先生がご健在だった頃に,他の者が書いた論文の謝辞には「△△大学 ○○招聘教授に謹んで・・・」とあります.
今指導を受けている教授は,「故○○博士に謹んで・・・(大学名も書かない)」にしたほうがいいと言っておられます.これで間違いではないのでしょうか?

(2) 共同研究者やお世話になった方が,当時とは所属や勤め先が変わっている場合はどうすればよいでしょうか?
とりあえず今は「△△大学 ○○博士(現 □□株式会社 ☆☆研究所)に深謝します.」のように,当時の所属を書き,現在の所属をカッコで書くようにしていますがこれでいいのでしょうか? もしくは,今現在の所属のみで書くのでしょうか「□□株式会社 ☆☆研究所 ○○博士に深謝します.」のように.

もし前者のように当時の所属を優先して書くのでしたら,(1)の質問の亡くなられた先生には当時の所属(肩書き?)で,「故△△大学 ○○招聘教授に謹んで・・・」とするべきでしょうか?

長々となってしまいましたが,要するに当時の所属で書くのか,現在の所属で書くのかどちらがいいのでしょうかということです.
どれも間違いではないのでしょうか・・?よろしくお願いします.

A 回答 (4件)

> 他の人の例をまねるという意味では,当時の所属をメインにする書き方でいいんでしょうかね.



先ほどのレスでは「現在の所属を優先させるべきです」というような強い書き方をしてしまったので混乱を招いたかもしれませんが、周りの人が当時の所属をメインにしているならそれに倣うといいと思います。

謝辞というのはその意義や内容はとても大切なものなんですが、書き方は読者が混乱しない限り、それほど大切ではありません。とは言っても自分自身、学位論文を書く際に、tarou-jirouさんと同じように謝辞の書き方をかなり気にしました。どうしてなんでしょうね?そのうち気にしなくなってくると思います。基本姿勢としては、謝辞の書き方に注文をつける可能性があるのは指導教官だけですから、自分で良いと思うように書いた上で、指導教官の言う通りに直せばそれでOKです(内容ではなく書き方の話ですよ)。

当時の所属をメインにするかどうかについては、僕も学位論文ではtarou-jirouさんと同じ悩みを持ちました。書き手側としてはお世話になった方との関係がよりよくわかる「当時の所属」をメインにすべきだと思って提出したところ、指導教官に「現在の所属を先に持ってくるように」と指導されました。僕の友人は、同じく当時の所属をメインにしていたら、海外の研究者が「今の会社のみで書いてくれ」と言ってきました(彼は当時の所属機関とケンカ別れして独立したので、事情があったんでしょう)。

現在の所属をメインにすることは、いろんな利点があります。

・論文を読むのは未来の読者なので、書かれている人物を特定するためには現在の所属が大事。特に投稿論文などは執筆してから出版まで1年以上かかることもザラなので。
・社会一般的な慣習により近づく。例えば小泉首相の厚生相時代の業績を引用する時、小泉首相(当時厚生相)という風にしますよね。小泉元厚生相(現首相)とはしません。
・研究者が所属を変える場合は栄転が多いので、記述される側は現在の所属をメインにする方を好みやすい。またケンカ別れや独立など、元所属より現所属を重視して欲しい人もいる。
・学位論文には関係ないが、投稿論文や発表要旨には枚数規定があるので、できるだけ文字数を削りたい場合がある。読者の利便を考えると元所属は削れても現所属は削れない。

逆に元の所属をメインにすると、読者に著者との関係が伝わりやすいというのはあると思います。

こういう風に、考え出すといろいろありそうですが、基本的にはやはり、きっちり読み手に伝わる限りは「書き方はたいした問題ではない」と思います。

僕の読む雑誌では(国際誌しか知りませんが)現所属のみや現所属(元所属)が中心ですね。もしかしたら海外は所属をころころ変える人が多いので、特にこの傾向があるのかもしれませんね。でも元所属(現所属)とする人や、わざと元所属しか書かない人もいます。分野やコミュニティーによって慣習が違うことも十分考えられますし、謝辞に慣れるまでは、同分野の他の文献を参考にするのがいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません.
私が謝辞を気にしましたのは,学位論文を受け取った方の多くが謝辞を読むと聞いたからです.
学位論文は(私の大学では)非常にページ数も多く,内容を読まなくても要約や謝辞には目を通すと聞きましたので..
研究室においてあった他の方の学位論文では,過去の所属(現 現在の所属)となっている方がいてましたので,そちらにしようかと思いますが,まだちょっと迷っています.

お礼日時:2006/02/21 22:40

分野や大学、指導教員によって文化が違いますから、前例を探すのが一番です。


一般論ですが、謝辞では「フルネームで書く」、「感謝する内容を明示する」が原則です。主査の先生には感謝することは沢山あるでしょうが、副査の先生の場合、頼まれ副査で何も感謝することがないことがあり苦労します。最終審査でいろいろ意見を戴くことはありますが、論文審査前に書くわけにもいきませんね。
現職・元職の問題、故人の問題は指導教員に相談すると良いでしょう。
なお、語尾について、私だったら「何何についてこれこれをして戴いた○○大学大学院△△研究科教授××□□博士に記して謝意を表する」とします。「深謝します」とあるのを良く見ますが、本文が「です」調ならともかく、謝辞で突然「です」調にするのはおかしいと思いません?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません.
確かに前例に従うのが一番よさそうですね.
No.3さんの意見ももっともだと思いますので迷うところではありますが.
指導教員の先生は,謝辞をそこまで重要に考えておらず,私にまかせるとのことでした.
謝辞だけですます調なのも確かにおかしいですが,目上のかたばかりですし,言われているような言い回しにはなかなか私には難しいです...

お礼日時:2006/02/21 22:47

学位論文の形式については、各大学で異なります。

一般論として、指導教授(主査)、審査員(副査)に対する謝辞、その次に、協同研究者や研究室の同僚などについて謝辞を述べているケースが多いのではないでしょうか。お世話になった方が亡くなられていても、謝辞を述べたいのであれば述べるべきだと思います。また最近では、家族や恋人なども謝辞に書く人が出てきました。欧米化したということではないでしょうか。具体的な記載については先の方のような意見でいいのではないかと思いますが、学位論文を提出する大学の過去の例を参考にすればいいかと思います。図書館に保存してあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
そうですね,他の方のをもう少し見てみたいと思います.悩むところです.

お礼日時:2006/02/16 21:40

もう少しで学位取得なんですね。

おめでとうございます。

自分は詳しくないのですが、少なくとも謝辞についてきっちりとした取り決めは無いと思います。他の人の例をまねて書く、あとは自分で「おかしくないな」というように書くといいです。

謝辞の基本は、お世話になった方を明確に書き記すことなので、それが達成されているのが最低限です。逆に、それさえきっちりしていれば、少々おかしくても大丈夫です。

---
なくなった教授について:
「故○○博士に謹んで・・・」でいいんではないかと思います。
「故△△大学 ○○招聘教授に謹んで・・・」はなんとなくおかしい気がします。その人が(死んでいるのに)現在も教授であるような雰囲気が少しあって、また、故が先生でなく大学にかかっているようなおかしな雰囲気も少しあります。所属を示したいなら、例えば「故OO博士(元△△大学招聘教授)」というふうにするといいかもしれません。

所属先が変わっている場合について:
まず、お世話になった当時の所属よりも現在の所属を優先させるべきです。特に、例えば大学教官から独立して会社を興した人などの場合は、小さくても現在の会社名で書いて欲しいと強く望んでいます。だから:

「△△大学 ○○博士(現 □□株式会社 ☆☆研究所)に深謝します.」

ではなくて

□□株式会社○○博士に深謝します.
○○博士(□□株式会社)に深謝します.

また当時の所属を明記したい場合は

□□株式会社○○博士(元△△大学教授)に深謝します.

がいいんではないでしょうか?
ただ、基本的に謝辞は明確に伝わればいいので、別にtarou-jirouさんの現在の書き方がダメだとか、それで論文全体の価値が下がるとかいうことはないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
「故○○博士に謹んで・・・」もしくは(元△△大学招聘教授)と付け加えるのでよさそうですね.

二つ目の回答についてですが,私が参考にした謝辞には

「△△大学 ○○博士(現 □□株式会社 ☆☆研究所)に深謝します.」

のように,当時の所属を先に書いていたのがいくつかあったのですが,やはりNo.1さんの言われるように,現在の所属をメインにしたほうがいいのでしょうか・・・?悩んでしまいます.ちなみに独立して起業された方はいてません.

他の人の例をまねるという意味では,当時の所属をメインにする書き方でいいんでしょうかね.
もう少し他の方の謝辞も見たほうがよさそうですね.

お礼日時:2006/02/16 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

 一般的に、学術雑誌で出版する論文を執筆する際に、先行研究の図の引用にあたっては、その引用元を自分の出版論文原稿中に明記するのみならず、著作権者の同意を得る必要があると聞いています。

 これと同様に、学位論文を執筆する際の図の引用でも、著作権者の同意を得る必要があるのでしょうか。で、学位論文では先行論文の図表を色々引用する予定なので、著作権者の同意を得るには相当な手間がかかってしまう見込みです。できれば引用元・出典元の明記だけで済ませたいのですが。

 どなたかお知恵のある方からのご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

著作権法における公正な引用の範囲でしたら、著者の同意なく利用することが出来ます。

著作権法 第三十二条
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

公正な慣行や、正当な範囲内等、どこまでが引用に当たるかは、いくつかのサイトや本で解説されていますが、以下の資料は分かりやすく説明されているものの一つだと思います。

機関リポジトリと著作権 Q&A (Q1-1~1-3)
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/ZZT00003/Repository-Copyright.pdf

その他、「著作権 引用 図」等のキーワードで検索してみると、いくつかの学会誌でのQ&Aページが見つかりますので、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

Q謝辞-所属について

論文に書く謝辞について教えてください。

(1)指導を受けていた時は院生でしたが、現在は就職をし、その就職先を知らない場合、
院生だった当時の研究科のみで良いでしょうか?
例えば、「○○研究科博士課程修了の山田太郎さん」

(2)山本先生と山本先生の研究室の学生の場合、
「山本研究室のみなさん」
「山本花子教授と山本研究室の皆さん」
と、学生が複数いるので一人ひとり書かず、一まとめに括ってしまうのは、失礼でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

一般的には謝辞に所属を書きますが、絶対に書かなければならないというわけではありません。これを踏まえて、私なら

(1)当時**研究室で指導してくださった山田太郎さん
と、します。

(2)については、「山本花子教授をはじめ、山本研究室の皆様」で、全く失礼には当たらないと思います。ただ、謝辞対象の学生さんが2、3人ならば名前を全て書いてもよろしいかと思います。

謝辞は感謝の気持ちを表すものですから、それほど堅苦しく考える必要はないと私は思います。

Q古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか?

古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか?

120年ほど前に没したイギリスの学者の論文を、翻訳して雑誌に掲載する予定です。
その学者の論文は、20年ほど前に日本の出版社から抜粋・編集した英語版(anthology)が出版されていて、それを翻訳して、雑誌に掲載したいと思います。

このような場合、著作権料は発生するのでしょうか?
なお、20年前に編集を手がけた先生からは、すでに掲載OKをもらっています。
あとは、出版社になんらかの対応が必要なのか、それが知りたいのです。
著作権や出版業界に詳しい方、ぜひ教えてくださいますよう、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不要です。120年前に没という部分が正確ならば、すでにパブリックドメイン、すなわち著作権切れの状態です。

Q○○大学と××大学と△△大学と...

この時期になると○○大学と××大学と△△大学に受かったが、どちらに入るべきか?
などといった質問が目につきますが、これはどういうことなんでしょう?
『志望する理由』があるから『志望校』なのであって、『志望する大学』だから受験するのでは?
どちらの大学に入りたいかは受験する段階でもう決まっている筈なのでは?

ここに寄せられる○○大学とかいうのは全部滑り止めで受かった大学なのでしょうか?

Aベストアンサー

机上の空論的には仰るとおりですが、高校生の調査能力には限界がありますし。
願書を出す前に全部のことを把握することは困難でしょう。
むしろ、調べられるだけ調べても、行ってみたら全然違った、ということの方が普通かも知れません。
勿論、仰るように、受験をしたらどういうケースが予測され、各ケースでどうするのか、というような戦略性が欠片もないクルクルパーも少なからず見受けられます。
まぁ理想通りのことが理想通りに行くのであれば、そもそもどっちの大学がどう、なんてことにはならず、国立の難関大学にすんなり受かっているはずだ、とも言えるわけです。
日本人が仰るように上等なら、放射線による「不要な騒ぎ」は起きていません。テレビを作る側がもうクルクルパーなんですから、あとは推して知るべしかと。

二次募集等になって、ろくに調査する間もなく、それで受かってしまってどうしよう、なんてことならまぁ仕方ないでしょうね。

Q卒論・修士論文の著作権

卒論・修士論文を発展させた場合の著作権はどうなるのですか? 

Aベストアンサー

論文を学会誌や商業誌に載せると、著作権は学会や出版社の物になります。
知らない人が結構居ますが、自分で書いた図や表も、自由には使えないんですよ。

Q謝辞を書く時の順番

論文、本などの謝辞で複数の人物に感謝したい時、一番大切な人物を最初に持ってきますか、それとも最後に、スペースを取るか、どちらが一般的、あるいは効果的でしょうか。

一番最初ではありきたりすぎる感じがするので、最後に「一番お世話になったのは**先生で・・・」と言いたいのですがどうでしょうか。

謝辞をお受けになった先生、あるいは他の経験者のかたがたのアドバイス、ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

一番最初が普通です。こういうものは慣例に従っておいた方がいいと思います。自分の家族(両親とか)への謝辞は最後にもってきますが。

Q医学論文や医学ニュースのメルマガ配信と著作権法について

医学論文の内容や、医学ニュースからの情報を、私が入手した情報として、ニュース形式でメルマガ配信しようと思います。文章をそのまま配信する「転載」の形はとりません。
例を挙げれば、ある医学会で発表された内容をニュース速報で提供する医学情報サイトなどがありますが、それに近いような内容で配信することを今考えています。
このようなことは著作権法上、問題はあるでしょうか。
また、よくテレビやラジオ、新聞などのニュースで「こんな研究報告が発表されました」といった情報を流していますが、これは、著作権法上の問題をどのようにクリアしているのでしょうか。専門家の方のご意見を伺えれば幸いです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>「ニュースでの情報」と「文献の要約」の違いがよくわ>からないので、追加で質問させてください。

「要約」というのはその論文を、元の論文と分かるようなかたちでまとめたもの、ということになるでしょうか。
「ニュースでの情報」というのは、これこれこういう研究発表がありました、とか、こういう学術雑誌にこんな論文が載りました、ということです。

>ニュースでの情報でいう「事実」の範囲とは、厳密には
>どう解釈すればいいのでしょうか。

「事実」というのは、ある学術研究の発表や、論文掲載があった、ということです。

>「××をすると○○というということが、★★が行った>試験によって明らかとなった。この試験は、○○という>方法で行ったもので、内容は××であった。」というよ>うなニュースを見ることがありますが(ちょっと要約っ>ぽいニュース)、このようなものも著作権法上の問題は>生じないのでしょうか。

上記の「 」内の内容が、要約か、要旨か、という問題になろうかと思います。
要約であれば二次的著作物=無断で掲載すれば著作権法上、問題になります。

>論文発表内容に関するニュースと要約の法的な違いって>何なのでしょうか。

例えば、こんな発見がありました、といって概要をニュースで流すことがあります。あれはどう考えても論文の要約ではないですよね。
ところが、例えばある学術論文を、論旨も結論もそのままに短くまとめたような形にすれば、それは要約になりますよね。

論文が発表されて、それが「人類共有の知識」とされ、論文が勝手にコピーされてたりする、ということでは、著作権法の趣旨に反すると思います。
もちろん、ある学術研究のその内容そのものは「人類共有の知識」とされるものかも知れませんが、それと「著作物」とは分けて考える必要があろうかと思います。

ご参考になったでしょうか??

>「ニュースでの情報」と「文献の要約」の違いがよくわ>からないので、追加で質問させてください。

「要約」というのはその論文を、元の論文と分かるようなかたちでまとめたもの、ということになるでしょうか。
「ニュースでの情報」というのは、これこれこういう研究発表がありました、とか、こういう学術雑誌にこんな論文が載りました、ということです。

>ニュースでの情報でいう「事実」の範囲とは、厳密には
>どう解釈すればいいのでしょうか。

「事実」というのは、ある学術研究の発表や、論...続きを読む

Q法学部で有名な(質の高い講義が受けられる)教授が所属している大学

こんばんは。
以前、こちらで質問させて頂いた者です。

僕は、以前の質問で名古屋【法】を志望していると言ったのですが、尊敬している担任にそのことを告げたら、志望校選びの基準がおかしいと言われてしまいました。
確かに、名大を志望した理由は安直でした(安い、地元等…自分が選べるレベルでないことは百も承知です)。

その先生によると、「普通なら、この教授が大学に居るからこの大学へ行きたい」等、しっかりとした理由があってこそ大学へ行くものだ、と言うのです。
僕は、動機に不純もへったくれもないと思うのですが、確かに、勉強への熱の入りようが違う気がします。

俺は一体どうしたらいんでしょうか……正直深く考えると涙が出ます。
学力だってまだ高校レベルに達してないし。

すみません、話を戻します。
そこで、法学部で有名な教授と、その教授が所属している大学名を教えて頂きたく今回質問させて頂きました。
法学部の設備などが充実している大学や法学部に熱を入れている大学でも結構です。

私立・国公立は問いません。
出来るだけ根拠のある回答をして頂けると大変たすかりです。
急いで考えたもので、文章が滅茶苦茶ですがご回答宜しくお願い致します!

こんばんは。
以前、こちらで質問させて頂いた者です。

僕は、以前の質問で名古屋【法】を志望していると言ったのですが、尊敬している担任にそのことを告げたら、志望校選びの基準がおかしいと言われてしまいました。
確かに、名大を志望した理由は安直でした(安い、地元等…自分が選べるレベルでないことは百も承知です)。

その先生によると、「普通なら、この教授が大学に居るからこの大学へ行きたい」等、しっかりとした理由があってこそ大学へ行くものだ、と言うのです。
僕は、動機に不純もへった...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
愛知県出身者ですが、名古屋大学法学部って難関ですよ(^^;)

>普通なら、この教授が大学に居るからこの大学へ行きたい
→この理由で大学を選んだ人を自分の周りでは一人しかいません。
指導してほしい教授で決めるのは大学院からでいいと思います。
教授には各々の考え方・見方があってそれが自分の考えと共鳴できるかどうかは高校生にはまだ難しいかと思います。まだ専門の勉強をしてるわけではないのですから。

質の高い講義といいますが、その教授が行ってるのがよい研究かどうかの判断は世界の流れによって判断が別れてきたりすることもあるので何とも言えません。

法学部と言えば中央大学が看板学部です。

Q科学論文の著作権について

はじめて質問させていただきます。

現在、科学論文のデータベースを作り、webサイトで公開することを考えております。

公開する内容は、論文の題名や著者、掲載書籍といった基本的なことはもちろん、
目的・方法・結果・考察も、自分で数行程度にまとめ、掲載したいと思っております。

完成イメージは、(財)日本栄養士会さんの文献検索システムが近いです。
(ttp://www.dietitian.or.jp/jdainfo/syokuiki/03kenkyu/h18yobou_01_1.html)


そこでお伺いしますが、
著作権違反にならずにwebに公開できる情報は、どの程度でしょうか?

書籍や著者に問い合わせ、掲載許可を得るのが一番確実とは思いますが、
すでに廃刊になっている書籍もあり、著作権違反にならない範囲が分かりません。
(財)日本栄養士会さんも、原則として問い合わせには返信しないようで、聞くに聞けない状況です。

皆様のご意見・アドバイスをいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>公開する内容は、論文の題名や著者、掲載書籍といった基本的なことはもちろん、
>目的・方法・結果・考察も、自分で数行程度にまとめ、掲載したいと思っております。

元の論文の書誌事項を自分で収集して書誌データベース(書誌事項=タイトル、著者名、掲載雑誌、掲載ページ、出版者、出版年など、のデータベース)を作成するのであれば、著作権上は作成した書誌データベースを公開しても問題ありません。
しかし、書誌データベース自体は著作物ですので、他の書誌データベースを検索した結果をそのままコピーして自分の書誌データベースを作成するために使うことは、元のデータベース作成者の著作権を侵害していることになります。(財)日本栄養士会が医中誌の許可をとっているかどうかわかりませんが、とっていないのであれば、著作権を侵害しているとして訴えられる可能性があります。

書誌事項だけでなく、質問者様がそれぞれの論文の概要(抄録)をまとめたものを加えて公開する場合には、その概要(抄録)が二次的著作にあたりますので、著作権法上は、元の論文の著作者の許可が必要になります。(二次的著作物に対して、元の著作の著作者は元の著作に対する権利と同等の権利を持ちます。)

また、元の論文に含まれている抄録や概要を公開する場合も、論文そのものを公表する場合と同様に、著作者の許可が必要です。
元の論文の著者が作成した抄録をそのままコピーする場合もそれを質問者が要約する場合も、質問者が自分で作成した本文の中で引用するのでなければ著作権法上でいうところの引用にはあたりませんので(自分の作成した本文が主で、引用部分が従である必要がありますが、引用部分が主になってしまうような内容や分量では引用とは認められません)、引用として見逃してもらえる範囲ではないでしょう。

それから、掲載誌が絶版や廃刊になっているかどうかは、著作権の期限(日本では50年)とは無関係です。法律違反にならないためには、書誌事項のみのデータベースとするか、元の論文の著作者と論文の出版者に抄録作成・公開の許可を得るべきでしょう。

>公開する内容は、論文の題名や著者、掲載書籍といった基本的なことはもちろん、
>目的・方法・結果・考察も、自分で数行程度にまとめ、掲載したいと思っております。

元の論文の書誌事項を自分で収集して書誌データベース(書誌事項=タイトル、著者名、掲載雑誌、掲載ページ、出版者、出版年など、のデータベース)を作成するのであれば、著作権上は作成した書誌データベースを公開しても問題ありません。
しかし、書誌データベース自体は著作物ですので、他の書誌データベースを検索した結果をそのままコピー...続きを読む

Q大学の女性教授の旦那さんと、その教授のゼミに入っている女子大生が不倫しているのがその教授にバレたら、

大学の女性教授の旦那さんと、その教授のゼミに入っている女子大生が不倫しているのがその教授にバレたら、ゼミを追放させられますか?

Aベストアンサー

してるの?不倫?
追放の刑
慰謝料支払いの刑
社会的制裁などなど!
不倫よりスリリングな体験できますよ!


人気Q&Aランキング