お正月になぜ、お雑煮を食べるのでしょうか。

五節句に餅を食べるのだという話をきいたことがあります。なんでも、ご飯を蒸して、つくという2次加工をするので、餅は高級品。だから節句というお祝いの日に食べるというのですが、なぜ、餅でなくてはならないのでしょうか? ほかの高級食材でも、いいのではないでしょか?

また、雑煮というのは、もともと、正月だけに食べたものではないという話も聞いたことがあります。では、なぜ、今、「正月は雑煮」という風に定着したのでしょうか?

この2つが疑問です。学校で発表があるので、出来るだけ早く知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>長く保存できる野菜というのは、やはり冬場だからということでしょうか??



そうです。昔は室という物に野菜を保存していましたがそれで長持ちする物に大根などがあったんですね。

>五穀豊穣を願って神様にお供えする日がどうして、大晦日なのか

お供え物自体はいつも行っていたと思いますが大晦日には新たな年を迎えるにあたって貴重な野菜をお供えしたのだと思われます。

お餅は米作文化の日本において日常生活に最も近いところ高級品だったんです。
昔は米というのは作っても実際には自分たちが食べれることはなくほとんどを搾取されていてあわやヒエといった雑穀を主に食べていましたので特に真っ白なおもちという物には特別な思い入れがあったのでしょう。
もちろんお雑煮にはそのほかの貴重な鶏肉や魚などを入れる地方もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、なるほど。
お百姓さんたちは、お米などは、滅多に食べられない上に、それをさらに加工して食べるというのは、今では思いもよらないほど、高級なものだったんですね。

やはり、五節句の日には、何かしら高級なものをいただくという風習があるという考えは正しかった…。

どうやら、学校の発表には間に合いそうです。

asucaさん、ありがとうございました!!

お礼日時:2002/01/16 16:56

自信は無いのですが・・・


五節句の餅というのは
やはり米に手間がかかっている点に高級感があったのではないでしょうか・・・
ちょっと昔は現在のように食べ物は豊富にありませんでした。
主食の米も収穫できれば良い方だったでしょう。ききんなどで飢え死にする人も多かったでしょうし、貴重な主食の米に手を加えてより力がついて元気になるような食べ方をすること自体とても贅沢だったのでは?

お雑煮はどうでしょうか?
お正月はあまり煮炊きをすると歳の神様のごきげんをそこねると言われていました。
そこでご飯を炊かずにすむ保存食のお餅をやいたり、スープに入れたり(お雑煮)してできるだけ簡単な食事をしてたのではと思ってましたが・・・
全く自信はありませんので、違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

21pyonpyonさんありがとうございました。

>現在のように食べ物は豊富にありませんでした
まともな食事にありつけない生活の中で、五節句の日だけは、という思いから、力強い「餅」を食べる風習へと繋がったのですね。

>煮炊きをすると歳の神様のごきげんをそこねる
なるほど、こういう伝承のようなものも、文化とは密接に結びついているんですね。

お礼日時:2002/01/16 17:07

昔は五穀豊穣などを願って神様にお供え物をしました。

この神に供えた物を翌朝、すなわち元旦に食べたのが雑煮であったのです。つまり神様からのお下がりを食べることでその力をもらおうという物だったんです。これは平安時代頃からあったようです。
また、それに使われる野菜などは長く保存できる物が使われることが多かったようです。
もちも当時高級品で正月にご祝儀として食べられていたんです。今でも「餅代」といってボーナスを出すことが言葉として残っていますよね。

また、餅は伸びますので「長く伸びる」ー>「長いつきあい」の意味合いもあったそうです。
正月のおせちの子宝のための数の子、喜びの昆布などのように語呂合わせの意味もあったんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asucaさん、ありがとうございました。
五穀豊穣を願って神様にお供えする日がどうして、大晦日なのか、また、そのころの、お雑煮には、お餅が入っていたのでしょうか? もし、そうなら、なぜお餅をお供えしたのでしょうか。ほかの高級品でもいいのではないでしょうか? ご存じでしたら、教えてください。どうも、しっくりこなくて…。
それから、長く保存できる野菜というのは、やはり冬場だからということでしょうか??

お礼日時:2002/01/14 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもち粉で糯米を蒸して搗いたようなお餅は出来ますか?

海外在住で、タイ産の糯米を粉にした米粉しか手に入らないのですが、米粉といえば水で練って茹でたり蒸したりしてだんごを作るくらいしか想像がつきません。 この粉で糯米を蒸してついたようなお餅を作ったり、それをまとめてなまこ餅を作り、後で切り餅にして焼き餅が作れるかどうかが分かりません。ご存知の方、お願い致します。

Aベストアンサー

味で言えば格は落ちますが、作れます。

正直、イマドキの日本で市販されている大量生産のパックの餅も、全て「もち米の粉」から作っています。
蒸したもち米を直接搗いて作っている餅は、ごく一部でしか売っていません。

親戚が米屋で、年末には毎年昔ながらの餅を搗いて売っておりますが、お客様から「アンタのところの餅は、不純物が入っていて質が悪い!」と言われる始末だそうです。
(蒸したもち米から餅を搗くと、胚芽の一部などがうす黄色い粒状に餅の中に残ります。それが「不純物」に見えるらしいです。
全て粉にしてから搗くと、真っ白い餅になります。
どちらがおいしいか?質が良いか?正当か?と言われれば、当然蒸したもち米から作ったほうです。
なにしろ、もち米粉は安い輸入品で、国産もち米の半値以下ですからね・・・。)

一番簡単なのは、もち米粉と水を混ぜて、レンジでチン(もしくは蒸す)し、それをグルグルとよく練る。
それで餅もどきになります。

Qお餅の日持ち教えて下さい。昨日開封して残りは冷蔵庫に入れてます。個包装ではないです。今日食べなかった

お餅の日持ち教えて下さい。昨日開封して残りは冷蔵庫に入れてます。個包装ではないです。今日食べなかったら、冷凍できるのだとしたら。冷凍したほうが良いですか?冷凍したら、どのくらい日持ちしますか?

Aベストアンサー

餅は基本的に保存食でまず腐ることがありません。気をつけなければいけないのはカビなので、そのためには酸素を遮断してやることが重要です。タッパーなどの密閉容器に入れ、市販の脱酸素剤(100均でも売ってます)を入れておいてやれば冷蔵でも数か月間は充分長持ちするはずです。
 冷凍保存もできるんですが、餅というのは実は水分が30%くらいもあって、家庭用冷凍庫で保存していると内部の水分が飛んで、いわゆる冷凍ヤケという部分乾燥を起こしやすくなります。こうなるとなかなか美味しく食べることは難しくなりますので、私はあまり冷凍はしません。

 ちなみに冷凍庫では菌は増殖しませんので、冷凍した食品は理論上は何年後でも腐ることはないとされます。ただ腐りはしないけれどもどんどん品質(味とか食感とか)は落ちてゆくと。一般的には、冷凍庫に入れたものは生鮮食品は数週間で、加工食品も1~2か月で使い切るのが美味しく食べるコツと言われますね。

Q宮城県で正月用の杵つき餅を製造販売している店を探してます

宮城県仙台市周辺で、杵つき餅を(個人用)製造、販売しているお店をご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください

Aベストアンサー

仙台市青葉区宮町「遠藤餅店」
仙台市宮城野区鶴谷「白鳥餅店」
みやぎ生協各店、コチラは注文制。

Q高い餅安い餅

100円均一で売っているお餅と、一袋何千円もするお餅の違いは、安全性ですか? それともおいしさだけの違いですか。

Aベストアンサー

安い米は確かに餅米粉100%で作っています。
餅米を使った高い餅や他のものを作った材料の残りくずから再生したようなものなのでしょう。当然材料費はやすいでしょう。
味ですが、粉のほうは、なんか片栗粉をぬるま湯で溶いたようなプラスチックのような?感じの味で確かにいまいちです。

Q蒸して食べるもの皮

蒸して食べることができる皮を捜しています。

1.豚まんの皮
2.ギョーザの皮
など中に包むことができて、それ自身が食べることができるものってありますか?

たい焼きの皮などは多分蒸して食べるものには向いてないような気がしますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ゆばとかはどうでしょう?
豆腐料理のお店で、ゆばで巻かれたしゅうまいを食べたことがあります。

あとは野菜の葉っぱとか....?

そうそう、米ナスの薄切りでぎょうざの皮の代用にしてるのも
見たことあります!
中華バーガーみたいに切れ込み入れて挟んでたかな??
これは焼き餃子でしたが、肉汁がナスに染み込んで、かなりおいしそうでした.....


人気Q&Aランキング

おすすめ情報