青色申告、複式帳簿で記帳しています

例えば12月1日~12月31日に使用した12月分電話料金の場合。

請求書記載の発行日は1/12日、郵送されたのが1/15日、実際の支払は1/20日の場合、この電話代金は1月の経費になりますか?それとも12月の経費となりますか?

また、記帳の日付は何時にすれば良いですか?




買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか?


としたら、

A 回答 (2件)

たぶん、いろいろな回答が出てくることと思いますが、私は、


【支払額が確定した日の属する月の経費】
としています。
ご質問の場合、支払額が確定するのは、1/15 ですから 1月分とします。

ただ、12月分として、12/31 付で「未払金」を計上すべきというご意見もあるでしょう。
今回は「12/1~12/31」と大変わかりやすいので、12月分とすることに大きな障害はありません。

しかし、電話や電気、ガスなどは 12/9~1/8 とか 12/25~1/24 とかなどいろいろあって、これらを 12/31 で分けるのは事実上不可能です。
特に、水道料金などは、検針が2ヶ月に1度で、12月後半に使用した分が、3月頃にしか請求されないこともあり、発生主義に固執していたら、申告受付期間までに決算できないことになります。
したがって、前述の基準は合理性があると考えています。

水道光熱費でなく、形のある消耗品などで、12月に買って支払いが 1月の場合は、厳格に 12月分として計上する必要があることは、言うまでもありません。

>買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか…

「買掛金」は商品や原材料の仕入れに使う言葉です。この場合は「経費帳」ですね。

1/15
通信費/未払金
1/20
未払金/普通預金
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/14 17:06

発生主義というのは、支払確定日ですから先の方がおっしゃるように1/15ですね。


ただ、何から何まで発生主義にすると手間がかかるので、うちは結構支払主義でやってます。
原価に関わる部分は発生主義にできるだけしていますが、細かい請求は支払日に計上しています。

あと、経費の支出の場合、発生時点の科目は買掛金ではなくて未払費用ですね。
買掛金は原価項目に対応するものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/14 16:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香典返しは経費になりますか?

弊社の取締役(社長の父)が亡くなりました。
会社から花篭を出し、それは経費になると思いますが、
社長が、香典返しの領収書を持ってきて経費にしてほしいと言われました。
金額は80個で17万円です。

しかし、香典を収入にあげていないので、香典返しは経費にならないと思うのですが、いかが思われますか?
御教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

香典返しは遺族が行う行為であることから、税務上、たとえ社葬であっても会社の経費とは認められません。

この場合、この17万円は役員に対する賞与と取り扱われ、全額否認及び源泉漏れダブルパンチとなります。

Q贈与は経費として計上できますか?

個人事業を営んでいます。

現金を贈与したいのですが経費として計上できますでしょうか?
金額は110万円です。贈与するのは妻です。
その場合 銀行通帳の記載だけで特に手続きは必要ないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現金を贈与したいのですが経費として計上できますでしょうか?
いいえ。
できません。
「経費」とは、その収入を得るためにかかった費用です。
そこからすれば、おのずと答えはでます。

>その場合 銀行通帳の記載だけで特に手続きは必要ないでしょうか?
必要ありません。
贈与そのものについては、そのとおりです。

Q会社の経費で香典を支払う場合

香典を経費で落とす場合なにか必要なものとかあるんでしょうか?
ちなみに、慶弔見舞金規定というものはあります。
おしえてください

Aベストアンサー

こんばんは

会社により違うと思いますが
ほんとうにその式があったかどうかの証明は必要だと思いますので
新聞記事や斎場からの案内状などを添付しています

Q確定申告で前年度経費を今年度分として計上できますか?

今年(平成16年)に個人事業主として新規事業を始めました。それまでは何も事業をしておりませんでした。平成15年にフランチャイズの開設認可料を支払いました(事業を始めたのは平成16年からです)。この場合、平成15年の開設認可料や、平成15年に支払い済みの内装費(テーブル、椅子などなど・・・)は平成16年の確定申告に経費として計上できるのでしょうか?可能な場合、その際の経費項目は開設準備金などの項目として一括計上してよいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「開業費 繰延資産」のキーワードでネット上を検索してみてください。参考となる資料が得られますよ。

Q会社の経費で香典。どの役職まで認められるのでしょうか?

私の会社では個人の香典をどこまで経費扱いにするか意見が分かれています。現在の経費扱いの取り決めは・・・
(1)客先の葬儀の場合→社長と担当者の2名
(2)自社の社員の家族等の葬儀の場合→社長と役員の2名
(2)に関して部長・次長クラスまで枠を広げるかどうかで意見が分かれています。
社長・役員・部長で合計5名分(約3万円)を毎回経費で落とすことは可能でしょうか?
会社ごとに自由に決めれるものなのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

慶弔規程は定めていないのでしょうか。
あくまで社会通念上で妥当な金額であれば慶弔規程により支出できると思いますが。
そもそも、会社として支出するのに個々の分という扱いをするのでしょうか。
個人で包む分は個人もちじゃないですかね。

Q貸家のセコム費用で、確定申告で経費に計上できるものはありますか。

貸家のセコム費用で、確定申告で経費に計上できるものはありますか。

実家が空いてしまったので2年前に貸家としました。
最近その近辺に物騒な話を聞くようになったのでセコムを導入しました。

 ○ 取付工事・・・・・・102,200円(税込107,310円)
 ○ 配管費・・・・・・・ 19,000円(税込 19,950円)
 ○ カメラ(買取)・・・159,000円(税込166,950円)
 ○ 月々料金・・・・・・ 6,900円(税込 7,245円)

のうち、確定申告(白色)で経費として計上できるものはありますか?
あるとすれば、何が何費になるのでしょうか。

Aベストアンサー

月々の料金は全額経費になると思われますが、上の3項目は資産になるので減価償却するべきものじゃないでしょうか。

Q香典返しについて: 兄弟でも5万円などの高額の香典をもらったときは香典

香典返しについて: 兄弟でも5万円などの高額の香典をもらったときは香典返しが必要ですか? 

Aベストアンサー

当方では、施主以外の人が葬儀の経費は持ちません。
その代わり、兄弟などの近い親戚は多くの香典を出して下さいます。
しかし、全くそれに甘えるわけには行きません。
ほとんどの場合施主はそれなりの経費を捻出出来る物で、葬儀後の会食費用と合わせて有る程度の品物を返しますが、49日の万中陰法要後に改めて香典返しの品をお返しする事になります。

Q経費未払計上について

経費の未払計上について、教えて下さい。

17年度は白色、18年度は青色申告に手続きしました。
白色の時には、経費は引き落された金額だけ計上していました。
ですので、例えば17年12月分の電話代が18年1月に引き落されているのは計上しておりません。
その場合、1月に引き落された分は経費として通信費で計上していいかと思うのですが、
未払金にした方がいいのでしょうか?
また、18年12月分は未払金で計上しようと思ったのですが、
それですと発生主義と支払主義が混合してしまって良くないのかな?
と考えてしまいました。
やはり、どちらかに統一した方がいいのでしょうか?

併せて、ネットのプロバイダー料金が毎月定額で発生しているのですが、
仕事以外にも私用でネットを使うことはあるので、そういった場合は定額のものでも
全額経費にしない方がいいのでしょうか?
(契約しなければネットができない=仕事ができないと言う場合なら、
定額全額を経費にしてもいいような気がするのですが・・・)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

誤解も多い所ですが、青色申告でも白色申告でも、発生主義が原則です。
現金主義が認められるのは、小規模の青色申告者で、事前にその旨の届出をした者に限られますので、白色申告であれば、発生主義により計上すべき事となります。

ですから、本来であれば、前年分の経費ですから、前年分について更正の請求をして、当年については、経費とすべきものでない事となりますが、ただ、金額が少額であれば、当年の経費としても、さほど問題にならないと思います。
(もしも調査で否認されそうになったら、その代わり、前年分について更正してもらうように言えば良い訳で)

プロバイダー料金については、私用で使う部分もある場合には、合理的に割合を求めて、その分は経費から除外すべき事となります。
仮に3割が私用分とすれば、年間の合計額の3割部分について、次の仕訳を決算時にされれば良い事となります。
(事業主貸) ××/(○○費) ××
                ↑
               当該経費科目

Q葬儀後のお礼状と香典返しについて

 先日父が他界し、葬儀を行いました。
 その際に主人方の親戚からお香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?
 また弔電を頂いた方へは礼状だけで良いのでしょうか?
 入院中にお見舞いを頂き、今回お香典をくださった方へは、その合算の額に相当するお香典返しを送るのでしょうか、それともお見舞い返しはお見舞い返しとして、お香典返しはお香典返しとしてそれぞれお送りするべきでしょうか?

Aベストアンサー

ご愁傷様です。
色々考え方があり、地方によっても違いますので参考程度に。

>お香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?

通夜の礼状か会葬礼状をおことずけになったのでしたら礼状は不要でしょう。そうでない場合は香典返しに添える方法もありますが、香典返しには、満中陰の丁重な挨拶状を添えるのが普通でしょうから、ダブってしまいます。(不要でしょう)

>また弔電を頂いた方へは礼状だけで良いのでしょうか?

それで充分でしょう。

>入院中にお見舞いを頂き、今回お香典をくださった方へは、その合算の額に相当するお香典返しを送るのでしょうか、それともお見舞い返しはお見舞い返しとして、お香典返しはお香典返しとしてそれぞれお送りするべきでしょうか?

亡くなった場合には、お見舞い返しは要りません。お見舞い返しはあくまでも(快気祝)で全快した内祝いとしてするものです。香典返しに上乗せする方法もありますが、香典返しの横並び上失礼に当たる場合もあります(同じ額の香典をしたのにお返しが違うという不平不満が出る)ので、お考えにならない方がいいと思います。

ご愁傷様です。
色々考え方があり、地方によっても違いますので参考程度に。

>お香典をことづけにて頂きました。参列に来てくださった方同様、お香典返しをするつもりですが、その前に礼状をお送りしてから後日お香典返しの品をお送りする方が良いのでしょうか?

通夜の礼状か会葬礼状をおことずけになったのでしたら礼状は不要でしょう。そうでない場合は香典返しに添える方法もありますが、香典返しには、満中陰の丁重な挨拶状を添えるのが普通でしょうから、ダブってしまいます。(不要でしょう)

...続きを読む

Q回線費等の経費計上について

なにもかもはじめての確定申告です。

自宅で作業にも使用しているパソコンの、回線費や電話代等を経費に入れようと思うのです。
引き落としで領収書などがないのですが、NTTなどから送られてくる、利用明細書があればよい、あるいはないといけない、のでしょうか?
ぜひ教えてくださいませ

Aベストアンサー

>引き落としで領収書などがないのですが・・・

ようするに、税務署から説明を求められた時に、きちんと説明や証明ができれば良いと思います。

そのためには、説明のつく「通帳」や「利用明細書」などを保管しておきます。青色申告みたいに「経費帳簿」を記録しておくと一番よいでしょうね。

>自宅で作業にも使用しているパソコンの、回線費や電話代等を経費に入れようと思うのです。

この経費は「個人使用分」と「事業使用分」ときちんと分ける必要があります。この「割合比」は自分で決めても良いですが、やはり税務署へ説明がつくように、根拠をきちんと決めておきましょう。

自宅を事業用に使われているのなら、ほかにも「電気代」「水道代」「固定資産税」「損害保険料」なども「経費」で落とせますよ。もちろん「個人使用」と「事業用」の「割合比」を計算する必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング