冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

個人事業主(青色申告届出済)で広告のデザインをやっています。

平成17年2月に取引先の方(先方様はご家族連れ当方1人)に誘われ、東京ディズニーランドへ行って来ました。気が進まなかったのですが、いままで仕事上でとてもお世話になっており、今後の仕事のこともあり同行いたしました。その際の私が負担した費用(交通費・食事代・宿泊代・その他)は自分のを含め経費として接待交際費で計上できるのでしょうか?
また、デザインの仕事で旅行のパンフレット等も手掛けていますので、ディズニーランドの風景や園内で配布されているパンフレットetc、とても勉強になったことも事実であります。
もし経費として計上できる場合、この場合には、研修として参加したと認識し、研修費で計上した方がよいのでしょうか? また、どちらもNGでしょうか?

私が負担した費用は「私が出しますよ」と言って自ら支払いました。金額は10万円弱です。

どうかご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

交際費として経費に計上しても問題ないと思います。


法人の場合は、交際費は限度額があるので全額損金にはなりません。それで「交際費」にするか「研修費」にするかにより税金がちがってきます。しかし個人の場合その様な規定はないので、科目についてそんなに神経質にならなくてもいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。参考にさせていただきました。

お礼日時:2006/02/01 10:21

>取引先の方(先方様はご家族連れ当方1人)に誘われ…



とのことですすから、接待交際などではありません。接待とは、あなたが誘う方の立場の場合を言います。あなたは接待された方にもかかわらず自費で支払っただけです。

>ディズニーランドの風景や園内で配布されているパンフレットetc、とても勉強に…

お気持ちは理解できますが、ちょっと無理でしょう。
監督官庁や同業者団体、親会社等から研修目的を明示して案内があったのなら、研修費も良いでしょう。しかし、先方は家族連れであったとのことですから、ただの行楽に間違いありません。
多少参考になることがあったとしても、最初から情報収集が目的であったのなら、よその子供と一緒に行く必要はありません。
また仮に、あなたが従業員を雇っていて、従業員を連れて行ったのであれば、従業員の分は「福利厚生費」になります。それでも事業主本人の分は「事業主貸」かと思います。

>その際の私が負担した費用(交通費・食事代・宿泊代・その他…

百歩譲って、研修費が認められたとしても、交通費、宿泊費、入園料などだけで、食事代が経費になることはあり得ません。

>私が負担した費用は「私が出しますよ」と言って自ら支払いました…

相手の分まで支払ったのなら「接待交際費」でよいでしょう。しかし、払ったのはご自分の分だけですね。やはり、税務署を説得するには無理があるかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。No.1 & No.3の方々とは逆のご回答でしたので少々戸惑っています。どちらのご回答も「そうか!」という所まで納得出ませんので、よく考えた上で申告したいと思います。

お礼日時:2006/01/30 19:22

そのような場合、私は接待交際費に計上しています。


仕事上のお付き合いですから問題ないです。
税務調査でも指摘されたことはありません。
どこにも当てはまらない事項があれば、新しく項目を作れば良いだけのはなしです。
聞かれた時にきちんと説明できれば良いのです。
経費項目で税務署に質問したことがありますが、基本的に自分が分かりやすく記入するのが一番との回答を得ました。
青色申告の場合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/01/30 15:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅費交通費と交際接待費の境界線

派遣社員として税務を担当しているものです。今回は派遣先での旅費交通費と交際接待費の境界線で悩んでいます。以下のケースです。また、税務上の影響についても教えてください。

 派遣先の社長が遠距離(飛行機利用)へ2泊3日で出張をしました。日程と社長が支払った費目は以下のとおりです。

1日目
  ・往路交通費
  ・××会(出張の本来の目的である社長が出席した会議)
  ・会議終了後の会食の会費(お酒を伴う食事)
  ・宿泊費

2日目(休日)
  ・ゴルフと観光(ゴルフプレー代と観光費)
  ・会食の会費(お酒を伴う食事)
  ・宿泊費
  ・なお、××会(社長が出張する本来の目的の会議)は開催されていない

3日目(休日)
  ・復路交通費

 また、これとは別に社長には日当が支払われているそうですが、遠距離のために通常途中での期間は不可能であると判断し、2泊3日の出張扱いとのことです。また、2日目と3日目が休日のため、倍の日当(つまり合計5日分)が支払われたとのことです。休日出勤的な取り扱いでしょうか。

 これらの費用について、旅費交通費と交際接待費との区別が難しく悩んでいます。とはいえ、往復交通費は旅費交通費として損金に落とせるはずですし、会食費やゴルフプレー代、観光費用は交際接待費として有税になるでしょう。
 一番の問題は宿泊代になります。1日目の宿泊費は本来の出張の目的である××会がありましたので旅費交通費と解釈できると思いますが、2日目は××会はなく、観光のみになりますので、交際接待費と考えるべきでしょうか。

 また、上記の私の認識で税務上おかしいと思われる方はズバリとご指摘ください。

 宜しくお願いします。

派遣社員として税務を担当しているものです。今回は派遣先での旅費交通費と交際接待費の境界線で悩んでいます。以下のケースです。また、税務上の影響についても教えてください。

 派遣先の社長が遠距離(飛行機利用)へ2泊3日で出張をしました。日程と社長が支払った費目は以下のとおりです。

1日目
  ・往路交通費
  ・××会(出張の本来の目的である社長が出席した会議)
  ・会議終了後の会食の会費(お酒を伴う食事)
  ・宿泊費

2日目(休日)
  ・ゴルフと観光(ゴルフプレー...続きを読む

Aベストアンサー

会社によって旅費規定が全然違うなと感じました。

私の勤務先では、

役員は日当無し、宿泊費は実費精算。
社員は日当有り、休日割増有り、宿泊費は固定金額を
支払う(1000円のホテル、7000円のホテルでも
    同額です)

と言う規定ですが、これは置いといて、

それで二日目に付いては戻ってまた行くのもなんだからと
説明が付きますのでこれは立派な交通費です。
(筋が通っています)

ただ、会食、ゴルフ、観光がお客様無しで
やっているのであれば若干問題かと、
特に観光は会社が払うんじゃなくて自腹が
普通じゃないかと思います。

Q研修費?交際費?

社員が研修(シンポジウムなるもの)に行き、
その後懇親会に行った場合の経費の仕訳はどうなりますか?

ちなみに領収証(金額は↓)は別々で、

 ・研修費 ¥4,000 (シンポジウム参加費)
 ・交際費 ¥6,000 (懇親会費)

でいいかな?と思うのですが、いまいち自信がありません…。
もしかしてどっちも交際費?とも思うし…。

お詳しい方、教えて下さい!

Aベストアンサー

 質問者様のお考え通りです。

 領収証自体に、「参加費」「懇親会費」と表記されているものを、
 全額「研修費」、全額「交際費」とすることはできません。

 仮に全額「研修費」として、税務調査等により、その事実が明らかとなった場合、
 処理した質問者様が責めを受ける事となります。

 御存じのとおり、交際費課税される事となりますが、高々10%ですよ。
 6,000円の10%は600円です。これに対する法人税は15%で90円、税金は100円未満
 切捨てですから結果税額は0円です。
 このようなレベルのお話しなのですから、質問者様は正規の経理処理をすべきです。

 交際費支出額800万円(旧法600万円)までは10%が所得加算です。
 仮に800万円交際費があったとしても、加算は80万円でこれに対する税額は12万円です。

 私であれば、12万円の税金をケチって、取引先等との付き合いが悪くなり、結果業績が
 悪化するぐらいであれば、どんどん交際費を使いますがね・・・
 あくまで個人的な考えですが。。

 話しが脇道に逸れましたが、結論としては、「研修費」「交際費」と別々に処理するのが、
 正しい処理であります。

 質問者様のお考え通りです。

 領収証自体に、「参加費」「懇親会費」と表記されているものを、
 全額「研修費」、全額「交際費」とすることはできません。

 仮に全額「研修費」として、税務調査等により、その事実が明らかとなった場合、
 処理した質問者様が責めを受ける事となります。

 御存じのとおり、交際費課税される事となりますが、高々10%ですよ。
 6,000円の10%は600円です。これに対する法人税は15%で90円、税金は100円未満
 切捨てですから結果税額は0円です。
 このようなレベル...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報