マンションの地下に設置してある揚水ポンプを交換した場合、単純に1.修繕費
2.資本的支出 3.修繕費か資本的支出か明らかでない のどれに該当すると
思いますか。

A 回答 (2件)

3のような気がしますが。


いくつかの要因が関係すると思います。
設備そのものと見るか一部と見るか。法定耐用年数。修理可不可。価格など。

修繕費と言うのは経費であり税金(固定資産税)の対象になりません。
交換は修繕不可能なものを(全面取替えと言う方法で)修繕したとも考えられますが、正確には設備更新というべきでしょう。つまり除却と設備投資ですね。
ただ、揚水ポンプを地下設備の一部と見れば部品交換とも考えられますね。

正解は、専門家にお任せしましょう。
    • good
    • 1

基本的には、その修理を行ったことにより、その機械の使用可能年数が伸びたり、資産価値が増えた場合は資本的支出となり、そうでない場合は修繕費となります。



1.金額と修繕期間の周期により判断します。
その修理の費用が20万円未満か、修理が3年以内の期間を周期として行われることが、過去の実績から明らかである場合は修繕費として処理できます。
(法基通 7-8-3) 

2.資本的支出か修繕費か明らかでない場合は、次に該当する場合は修繕費として損金経理をすることができます。(法基通 7-8-4)。
(1)その金額が60万円に満たない場合
(2)その金額がその修理、改良等に係る固定資産の前期末における取得価額のおおむね10%相当額以下である場合

詳細は、参考urlをご覧ください。

又、下記のページで判定が出来ます。
http://www2.ocn.ne.jp/~caravel/caravel04a3.html

参考URL:http://www.jusnet.co.jp/business/07h.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポンプ、運転状態、真空計の適切な組み合わせはどれ?

ポンプ、運転状態、真空計の適切な組み合わせはどれでしょうか?

a.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」ドライポンプ
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s)がN2ガス流量20Pa・m3を排気
B-A真空計

b.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」油回転真空ポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
ピラニー真空計

c.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
B-A真空計

d.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」ドライポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
B-A真空計

e.
「主」ドライポンプ
ドライポンプの到達圧力
B-A真空計

Aベストアンサー

先ず、「a」の回答例がおかしいことを指摘しておきます。
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s) →(正)2m^3/s
N2ガス流量20Pa・m3 →(正)20Pa・m^3/s

第一ステップ
まず、ポンプの組み合わせの適否をチェックします。

「c」は不適。
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプには、油回転真空ポンプ、ドライポンプ、などの粗引きポンプと組み合わせが必要で、「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプだけで使用したら、両ポンプともオーバーヒートするでしょう。

{c}以外は適切

第二ステップ
次に到達圧力Pと各真空計の測定可能圧力Pgとが合致しているかどうかのチェックを行います。
「a」P=10(Pa)、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 不適切
「b」P=10^-8、Pg=0.5~2,000 → 不適切
「d」P=10^-8、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 適切
「e」P=10^2、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 不適切

従って、「d」が正解

ポンプの使用可能圧力範囲やポンプの組み合わせについては、メーカーホームページになりますが、http://www.shinku-pump.com/vacuumpump/が参考になるかと思います。

先ず、「a」の回答例がおかしいことを指摘しておきます。
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s) →(正)2m^3/s
N2ガス流量20Pa・m3 →(正)20Pa・m^3/s

第一ステップ
まず、ポンプの組み合わせの適否をチェックします。

「c」は不適。
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプには、油回転真空ポンプ、ドライポンプ、などの粗引きポンプと組み合わせが必要で、「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプだけで使用したら、両ポンプともオーバーヒートするで...続きを読む

Q修繕費と資本的支出

経理初心者です。
修繕費と資本的支出の境界線がよくわかりません。
会社で70万円ぐらいで修繕費として計上されていたのですが、
資本的支出にはならないのでしょうか。
よく、現状維持のための支出は修繕費、価値が増大するものは
資本的支出と聞きますが、具体的にどうやって判断しているのでしょうか?また20万円以上なら資本的支出になるとも聞きます。

Aベストアンサー

実務で経験しているのでそれなりに理解しているつもりですが、言葉にするのが難しいので、「資本的支出」でググったら結構色々出てきました。
例えば↓あたりが具体的で分かりやすいと思います。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeichosa/zchs_108.htm

Q斜流ポンプ

斜流ポンプ、軸流ポンプ(ターボ型ポンプ)=スクリューポンプ=ターボ分子ポンプという認識はあっているでしょうか?

Aベストアンサー

ほとんど構造上はあってるように思いますが最後のターボ分子ポンプは少し違う感じがします。
前者の三種類は用途的に高容量に向いていますがターボ分子ポンプは主として真空ポンプに使用されています。
斜流ポンプは軸流ポンプの耐キャビテーションポンプと認識すればよいと思います。
斜流ポンプは高速、高容量、低粘土流体軸流は逆に高圧低容量の印象があります。
的外れでしたらごめんなさい。

Q資本的支出と修繕費について

個人の不動産所得の確定申告でシャッター工事(既存のシャッターが壊れたので全部入れ替え)をしました。
個人の店舗併用住宅のうち一部を事務所として賃貸している部分にかかる不動産所得で、シャッターは個人の建物を固定資産計上した当初にすでに取得原価に含まれており、取得当初のシャッターが壊れたので入れ替えをしたためにかかった費用がシャッター工事です。
この場合、シャッター工事は資本的支出になるのか修繕費となるのかどちらでしょう。また資本的支出の場合、その耐用年数は既存建物の構造が鉄筋コンクリートのため建物の耐用年数38年にあわせるのかそれとも残存耐用年数にあわせるのかどちらになるのでしょう

Aベストアンサー

改良等で新たな機能が付加したり耐用年数が長くなる場合は資本的支出ですが、
ご質問のケースは従来のシャッターが壊れたことによる原状回復に過ぎませんので収益的支出の修繕費になります。

Q靴下を履かせず小学校に

とにかく靴下が大嫌いな小学生の男の子。
朝、学校へ行く時は、なんとか靴下を履かせても、
学校に着くと、すぐに靴下を脱ぎ、
脱いだ靴下は、いつも学校に忘れ、
いくら注意しても、やっぱり脱ぐ、忘れる…。
でも、学校で靴下履かないくらいたいした問題じゃない?
こんな子は、靴下を履かせずに学校に通わせるべき?
小学生に靴下を履かせずに、学校に通わせている方はいますか?

Aベストアンサー

うちの子も靴下嫌いで、家では玄関で出かける直前に履き帰宅したら玄関で靴と一緒に脱いでいます。

家以外では我慢して履いているようです。

お友達に一年中半袖素足の女の子がいましたが、サンダルならいいでしょうがスニーカーや上履きを履くので、やっぱりとにかく臭いんですよ強烈に・・・足が。

それでお友達の家に遊びに行ったりもするもんですからよくは思われてなかったですよ。

自分は臭くないのか?親があのニオイに気づかないのか?家中あのニオイ?などとひそひそ話す結果となっていました。

「臭いから靴下履いて」とは、誰も言えなかったんでしょうね・・・

そんなことがありましたよ。

Q資本的支出か修繕費か

20年ほど前に1億円で建てた重量鉄骨トタン葺き工場の屋根の葺き替えについて
雨漏りが酷く、屋根の葺き替え工事を考えています。  今まで通りの仕様同様の
トタン葺き屋根にすると、約500万円の費用がかかります。  近年流行のエコ屋根
にすると750万円かかります。  エコ屋根は屋根鉄板の材質と表面塗装の効果
により、受熱熱量が25%低減するため、延いては工場内エアコンの省エネになる
との謳い文句で宣伝している商品です。  いづれも取得価格の10%以内ですが
単なる雨漏り補修として500万円でトタン屋根の葺き替えの場合は、修繕費だと
思いますが、エコ屋根への葺き替えの場合は、全額資本的支出となるのでしょうか?
それとも、全額修繕費にできるものなのでしょうか?  あるいは750万円のうち
250万円は資本的支出で500万円は修繕費に というようになるのでしょうか?
ご教示賜りたくお願いします。
 

Aベストアンサー

修繕費とは元に戻すための費用(原状回復費用)です。修繕に伴って、より高性能なものに切り替えた場合には、修繕のための費用を上回る部分の金額は資本的支出になります。ご質問のケースでは500万円が修繕費、250万円が資本的支出になるでしょう。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/genka2/gnk2_6_1.htm

Qポンプの使い分けについて教えてください

ポンプについて学んでいるのですが、実物を見たことがないせいなのかポンプの使い分けがよくわかりません。
渦巻ポンプ・ギアポンプ・ねじポンプ・ピストンポンプの構造は調査したのですがその先にどうしても辿りつけません。

粘性というのは水を送るのか、石油を送るのかの違いなのでしょうか?

素人目線からの回答であれば嬉しいですm(_ _)m

Aベストアンサー

ギアポンプ・ネジポンプ、ピストンポンプの使い分けとしては、ギアポンプは加工精度により隙間が大きくなるので、比較的高粘度の流体で使用する例が多いです。(安価に作れるので、灯油・軽油・潤滑油ポンプとして利用される例が多いです)
ピストンポンプの場合は、その構造上吸い込みと吐出の動作が分かれます。
したがって、脈動が大きくなります。
特に脈動が問題にならない場合に使用されます。(一般的には、手動の井戸ポンプなどに採用されています)
ネジポンプの場合は、吸い込みと吐出はほぼ連続的なので、脈動が少なくなります。
ネジポンプは特に流体の粘性に関わらず使用できますが、脈動を嫌う場合や、高い圧力が必要な場合に使用されます。

Q修繕費と資本的支出

税の実務での話しなんですが…
8月のはじめにうちの会社の新人たちで研修会を開くんですが、それの私の担当が修繕費と資本的支出なんです。

どんなものが修繕費になり、またどんなものが資本的支出になって、その後の実務においてどうなるかっていうことを詳しく教えていただけないでしょうか??
自分でも調べてるんですが、なかなかよい実例がなく、しかもわかりにくい…


面倒くさいことをお聞きして申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

ちなみに研修時間は30分ほどです。

Aベストアンサー

>どんなものが修繕費になり、またどんなものが資本的支出になって、その後の実務においてどうなるかっていうことを・・

以下のサイトに詳しく書いてあります。読んで見て下さい。↓


資本的支出と修繕費の判断基準
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kigawa/taxnews/zaimu/houjin/keisan4-6.htm

資本的支出後の減価償却資産の償却方法等
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5405.htm

資本的支出と修繕費
http://www.tabisland.ne.jp/explain/genka2/gnk2_6_1.htm

中古資産に資本的支出をした後の耐用年数
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/18/tutatu/ta1-5-3.htm

Q1次ポンプと2次ポンプ

 冷温水ポンプや冷却水ポンプに1次・2次ポンプが
ありますけど、

 どこからどこまでが1次側ポンプ(往?)で
 どこからどこまでが2次側ポンプ(還・返?)なのでしょうか?

 知っている方、ご指導願います。

Aベストアンサー

極単純に説明します。

冷温水一次ポンプ:
冷温水を作る機械(冷温水発生器等)から冷温水ヘッダー(管よせ)まで冷温水を送るポンプ。

冷温水二次ポンプ:
ヘッダーから空調機、「ファンコイル」等の負荷に冷温水を送るポンプ。

冷却水ポンプ:
冷却水の「一次ポンプ」、「二次ポンプ」と言うのは聞いたことがありません。  普通は冷温水発生器から冷却塔(クーリングタワー)へ冷却水を送るポンプのことを冷却水ポンプと言います。  最初の回答者さんが仰る「往」を一次、「還」を二次と呼ぶのなら話は別です。
貴社の上司、先輩に確かめられては如何でしょうか。

Q修繕費、資本的支出について

修繕費、資本的支出について

会社の2階トイレを全般的に取り換える予定なのですが、
1階天井裏にある排水管(汚水管)も取り替える予定です。
取替える際に1階天井を壊す為、修復費用がか
かってしまいます。

排水管は取付費用も含め資産計上する予定ですが、
この1階天井の修復費用も排水管の取得原価として含めないといけないのでしょうか?

何か証拠としてそういった説明が書いてあるものがあれば一緒に教えてもらいたいです。
(国税庁のHP等)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

簡単にまとめます。

工事が資本的支出になるのか修繕費になるのかは、資産の取得時に当該工事をおこなったとして、耐用年数を延長するか資産価値を増加させるかのいずれかなら資本的支出、との判断をおこないます。「鉄管から塩ビ管に変更予定」でしたら、耐用年数の延長は明らかですから、実質判断により資本的支出と判断すれば税務リスクはありません。

範囲は、独立で完工できる工事の単位で差し支えありません。2階トイレの取換工事と1階天井裏の排水管取替工事とがそれぞれ独立で完工できるものでしたら、一体で判断する必要はなく、それぞれで判断して差し支えありません。逆に、今回のトイレ工事のために排水管取替工事もおこなうのでしたら、一体で判断すべきです。

金額は、当該工事のために支出した金額です。付随費用の考え方はそもそも採用されていません。1階天井の修復費用も排水管工事のために支出した金額ですから、金額的に僅少でない限り排水管工事に含めるべきものです。

以上は、ご質問に即して税務署で先日裏を取っています。ご心配でしたら、ご質問者さんも税務署にお問い合わせになっていいと思います。匿名で受け付けてもらえます。

簡単にまとめます。

工事が資本的支出になるのか修繕費になるのかは、資産の取得時に当該工事をおこなったとして、耐用年数を延長するか資産価値を増加させるかのいずれかなら資本的支出、との判断をおこないます。「鉄管から塩ビ管に変更予定」でしたら、耐用年数の延長は明らかですから、実質判断により資本的支出と判断すれば税務リスクはありません。

範囲は、独立で完工できる工事の単位で差し支えありません。2階トイレの取換工事と1階天井裏の排水管取替工事とがそれぞれ独立で完工できるものでしたら、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報