アテロームの除去手術について経験者の方にお伺いしたいのですが…。
私の彼なんですがお尻にアテロームらしきものができています。
痛いということでそれを切る覚悟をしたみたいなのですが手術時どれくらいの痛みを伴ないますでしょうか。
あと料金はどれほどかかるか教えて頂きたいのですが。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

手術は麻酔薬を切除部位周囲に注射する局所麻酔


でされると思います。ですから針を刺して薬を
注入するときには痛みがあります。我慢できます。
それと手術操作のときに麻酔の範囲を超えるような
時には痛みを感じると思いますが、医師は痛くないか
声をかけながらするので、心配ないと思います。
費用は腫瘤の径により異なりますが3cm未満だと
手術手技料だけで11000円(位だったと思います)
それに薬の費用、術後のガーゼ交換、初診料などが
含まれます。薬とかガーゼ交換の期間によりそれらの
金額は変動しますが、入られてる保険で自己負担額が
大体判るかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pinhu様、早々とご回答頂きまして有り難うございます。
痛みに関してはおかげさまで分かったような気がします。
ただ、しこりの大きさがかなり大きいので料金が心配ですね。
安く済めばよいのですが…。
とても分かり易いご回答誠に有り難うございました。

お礼日時:2002/01/27 20:51

aterom、とか簡単にcyst、粉瘤等と呼ばれる皮膚の良性腫瘍ですね。

切除は簡単なものです。
医学部学生時代(本科3年当時)に友人の2センチ径のを切除した事があるくらいですから、極々簡単なものです。
痛いのは膿んでいる訳ですね。取ってしまいましょう。

しかし・・・自己診断でよくご存知ですね。病院に行かれて、診断を受けた訳ですか? 
医学生なのかな。それなら学友に切って貰えば簡単です。私が使ったのは、使い捨てのメス(形状は何でも可)と滅菌手袋、マスク(必要ないけど"(^_^;)")、外科用の糸と針で(普通のをアルコールで滅菌してもOK)。70%アルコールもね。
単なる毛根への細菌感染では? 
まあ、どちらにしても私の処に来たら、見た瞬間に切除しています"(^_^;)"

その他にも同じような症状を起こすものが結構有りますが、どれも簡単なものです。

アテロームと聞くと血管硬化で全身病ですが、皮膚のは麻酔もいらない程度です。
特に、殿部は鈍いですから、局麻をすれば、終わったのも気がつかないでしょう。(*^^*)  費用は当該病院の経理に聞いてください。

経験者と言う事だと・・・・・えっと、大分昔(高校生時代)に・・・。
東京・九段坂病院の外科へ行ったら、その場で黙って切られていました。 \(^O^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

fukunokami様、早々とご回答頂きまして有り難うございます。

他の方の過去のご質問を拝見して症状的にアテロームと勝手に判断致しました。
う~ん違う場合もあるかもしれませんね。
とりあえず病院に行かせます。歩くと振動でズキズキするらしいので。

色々と参考になりました。誠に有り難うございました。

お礼日時:2002/01/27 21:04

部位によって痛みは変わるのは否定しませんがそんなに変わらないだろうと強引に近似した上で…



豪気な医者だと、目に見えるところだと自分で局麻して自分で切開してってことが出来るくらいです。大きさもそんなに大きくないでしょ?まあこんなのは自分で注射も点滴もしちゃうような人ですが…

麻酔の痛みはツベルクリン反応、BCG接種の時の痛みを思い出してください。あんなものです。手術時の費用はpinhuさんが書かれていますから…再診察(消毒)のときは数百円程度です。1週間から10日後には抜糸です。

なんの経験者かはご想像にお任せします(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_s様、早々とご回答頂きまして有り難うございます。
そうでした、抜糸もあるんですよね。何かと大変ですね。

それはそうと男性のお尻を診察しないといけないお医者様が気の毒です(-_-;)

なんの経験者か勝手に想像させて頂きました(笑)
誠に有り難うございました。

お礼日時:2002/01/27 20:58

chomomoさんこんにちは



アテロームの除去手術経験者ではありませんが、一応他の手術を受けた身としての回答です。

まず痛みに関しましては、麻酔下で行われますので全く痛みは感じませんし、オペ後も鎮痛剤など良い医薬品がありますのでほとんど感じませんので安心してください。料金に関しましては詳しくは存じませんが、一部負担金額が63,600円以上かかる場合はその全額が返ってきますのでご心配なく。

それでは

参考URL:http://www.city.urasoe.okinawa.jp/urasoe/top/kok …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kuaaina様、早々とご回答頂きまして有り難うございます。
彼は麻酔の痛みを心配しておりました。
麻酔も痛くないと良いのですがそう言う訳にもいきませんよね。
料金が心配ですね。参考URLの方も参考になりました。
今回は誠に有り難うございました。

お礼日時:2002/01/27 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q首にできた粉瘤(アテローム)の手術について

首にできた粉瘤(アテローム)の手術について教えて下さい。
近くの市民病院に行くと、1日手術で切除すると言われました。
言われるがままにお願いしようと考えておりますが、
傷跡はどれほど残りますでしょうか?
そのときの医師に聞くと、私の場合ふくらみが2~3cmなので
2.5cmほど切り込みを入れることになる。傷は、2.5cmほどと
傷に対し直角になん箇所か縫うことになるといわれました。
話を聞くと ”+--+--+--+”こんな感じのが首の真横に目立つ位置に
残りそうです。
実際傷跡っていうのははっきり残るのでしょうか?
ちなみに私は色白のほうだと思います。

見てもらっている先生は外科の先生です。

以上

Aベストアンサー

傷跡が気になるなら、形成外科に行くといいですよ。
私はそうしました。
同じくらいの長さの傷跡が残っていると思いますが、傷跡のケアまでしてくれますよ。(私のは首でも後ろなので自分じゃ見えないんです)

傷跡がどれくらい残るかは人それぞれですので何とも言えませんが、形成外科はそういった傷跡などの専門医ですから。

Q傷跡の除去手術

私は一ヶ月程前にカッターで足を切ってしまいました。
それが傷跡になってしまったので、形成で傷跡を除去する手術をする事になりました。
傷跡は太ももに4cmくらいで少しへこんでて赤くなっています。
手術はその傷の部分を切り取り、縫い直す方法なんですが、
私は今までに手術をした事が無いので、どうなるのか全くわかりません。
糸で縫って、抜糸までの間体の表面に糸は見えるんですか?
それは目立ちますか?
抜糸した後の状態はどんな感じになるんですか?

わかりにくい文章でごめんなさい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はっきり傷跡がどの様になっているか分かりませんし手術内容も分からないので適切な回答は出来ませんがご参考になれば・・・。

基本的に形成外科の先生は傷に関してはエキスパートです。
どちらかと言うと見た目、重視と言った感じでしょうか?質問者様の体質にもよりますがきれいに縫って下さいますよ。
ケロイド体質の方の場合は赤く盛り上がってしまう場合もありますがほとんど線が1本入った感じの傷になります。

傷をの部分を切り取り・・・。と言う事なので一度、赤くなった部分を切り取って表面から深い部分を吸収糸と呼ばれる細い糸で縫われます。
それは自然に体内で溶けて行くので心配は無いと思います。
その上を(皮膚から見える部分)縫います。
それは1週間程で抜糸されると思います。
私が知っている手術方法ですが・・・。

その後、テープで固定したりして傷跡が目立たなく工夫して下さると思います。

Qアテロームについて

私は2週間ほど前に以前からあった首のしこりが腫れだし、痛みもあったので10日ほど前に総合病院の形成美容外科に行ったところアテロームと診断されました。インターネットなどで少し調べた私はすぐに切開手術するものだと思っていたのですが、腫れがひくまでは手術できないと言われパセトシンという炎症を抑える薬を処方されましたがいまだに腫れがひかず痛みもなくなりません。この診断に間違いは無いのでしょうか?また患部は首の真ん中より少し右側にありますが麻酔をうっても大丈夫なのでしょうか?どなたかわかる方おられましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

アテロームが細菌感染すると、膿がたまって腫れてしまいます。あまり膿がたまっているときは、排膿のために切開し、膿を出しますが、それは一時的な処置です。
根治的な治療は、やはりアテロームの袋ごと取り除く手術です。ある程度、腫れがひくのを待って切除します。
受診なさった病院の診断は、正しいですよ。
麻酔は局所麻酔で、アテロームの周りの皮下に何箇所か麻酔の注射をします。神経の近くじゃないかとご心配でしょうが、大丈夫です。(痛いですが・・・)
アテロームというのは、腫れがひけば、また小さくなってしまいますが、感染を起こすと腫れて痛くなり、何度も繰り返すので、やはり根治的に治した方がよいです。
また、形成外科での切除術は、傷を綺麗に縫合してくれるので、正解だと思います。

Q扁桃腺摘出手術についてお伺いします

48歳男性です。
かかりつけ医(内科)で昨年10月より3回扁桃腺炎で
40度以上の高熱が出て処置してもらいました。
今回、このペースだと手術を検討した方がいいということで
扁桃腺摘出手術についてお伺いします。
病歴、既往症
 ・高血圧(服薬治療中)
 ・気管支喘息(最近2年程発作は出ていません)
 ・20年前に慢性副鼻腔炎の手術をして術後嚢胞になっています
 ・過去に虫歯を治療した際の根に対する処置が完全でないため歯根嚢胞が出来ている
 ・扁桃肥大(口蓋、舌根、下咽頭)
完全摘出となると、肥大している扁桃全部(口蓋、舌根、下咽頭)を
取るということでしょうか?
それとも口蓋扁桃だけ取るのでしょうか?
病歴、既往症から、全身麻酔によるリスクと再発はどうなんでしょうか?

してみれば何ともないかもしれませんが、
扁桃腺摘出手術まで、どんどん進んでしまうのではと不安があります。

Aベストアンサー

 お辛い状況、お察しいたします。
 まずは、かかりつけの医師から、診療情報書をかいていただいて、大学病院か総合病院の耳鼻咽喉科を
受診してから、考えたらいかがでしょうか。
 病歴や既往症をメモしていくと良いでしょう。
 あくまでも、専門医の判断です。私は、もっとリスクを持っていますが、必要であれば躊躇なく治療していますよ。心配でしたら、扁桃炎を耳鼻咽喉科で治療してからでも、手術は良いと思います。まずは、
専門医と納得いくまで話し合いながら、治療して行くことが大切です。
 お大事にしてください。

Q遊離軟骨の除去手術について

右肘に遊離軟骨があるようです。
普段の生活には全く支障がないのですが、机に軽く肘をついた位でもタイミング(または場所)によって激痛が走ることがあり、コリコリとした軟骨が動くのが分かります。
自己診断ですが、遊離軟骨という症状で間違いないと思っています。
除去手術って簡単にできるんでしょうか?
また、それ以外に治療方法ってあるんでしょうか?
サッカー選手なら足首、野球選手なら肘に発生して手術するというニュースをたまに見ますが、彼らはスポーツ選手なので復帰に数ケ月もかかっていますよね。
あまり入院とかもしていられないので、困ったなぁって思っています。
手術をしたことのある方、または詳しい方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そのような症状で遊離軟骨を断定されるのは、ちょっと難しいと思いますが、いちお簡単に遊離軟骨を説明しておきますと・・・
小児から青年期にかけての男児で肘関節や上腕小頭部や膝関節に好発し、軟骨下の骨組織に壊死がおこり、健常組織と分離し遊離体を形成するものを解離性骨軟骨炎といい、関節の運動障害と痛みで発症します。

中年男性に多く肘・膝・股・肩関節に好発し、関節の滑膜から軟骨や骨が形成されそれが成長し遊離するものを骨軟骨腫症といいます。遊離体は大小不同で、時には数100個におよぶときもあります。

推測ですが、年齢がお若いようですし、遊離軟骨だとすると解離性軟骨炎でしょうね。
遊離体を作る前に発見されれば単なる関節炎ということで患部の安静で治癒することもありますが、遊離体を形成した場合は、手術によって摘出することになります。

その際の手術ですが、遊離体の大きさや、数によって、切開をして、観血的に開放で行うこともあれば、鏡視下手術のこともあります。
現在は、鏡視下手術が主流です。関節鏡という細いスコープを関節内に挿入し、遊離体や滑膜をハサミのようなカンシで取り除きます。鏡視下手術のほうが、創も小さくすみますし、回復も早いという利点もありますが、遊離体が大きい場合や数が多い場合は、適用とならない場合もあります。肘の手術の場合は、全身麻酔となりますので、ある程度の入院期間が必要となります。
日帰りで軽く・・というのは、まず無理です。
とりあえず、まずきちんと整形外科を受診して、確定診断をつけることをおすすめします。
もしテニスなどのスポーツを頻繁にやっていらっしゃるようでしたら、スポーツ外来などのある大学病院をお勧めします。手術件数も多くこなしているので、いいと思いますよ。

そのような症状で遊離軟骨を断定されるのは、ちょっと難しいと思いますが、いちお簡単に遊離軟骨を説明しておきますと・・・
小児から青年期にかけての男児で肘関節や上腕小頭部や膝関節に好発し、軟骨下の骨組織に壊死がおこり、健常組織と分離し遊離体を形成するものを解離性骨軟骨炎といい、関節の運動障害と痛みで発症します。

中年男性に多く肘・膝・股・肩関節に好発し、関節の滑膜から軟骨や骨が形成されそれが成長し遊離するものを骨軟骨腫症といいます。遊離体は大小不同で、時には数100個におよぶと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報