ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

本を読むことを『読書』という言い方以外で表記したい場合、他になんと書くのでしょう?
よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

「読書」をもっと堅い言い方で探していらっしゃるのでしょうか。


「精読」なら「緻密に細かいところまで読む」という意味になりますが、
「読書」のように「書を」「本を」という意味が欠けているので
用いる場合は「~関係の本を精読すること」等といった感じになると思います。
(「熟読」と同じような感じですね。)
しかし、履歴書に記載されるのであれば、他の方がおっしゃっているように
「読書」で全く問題は無いかと思います。
同義語などを一括表示できるサイトがありますので、
参考になさってください。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

そうですね。読書以外にあったように思っておるのですが、思い違いのようです;

ありがとうございました!

お礼日時:2006/04/04 18:14

全然読書じゃないですけど、「書店めぐり」とかどうでしょ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

(笑)確かにそんな時もありますね

お礼日時:2006/04/04 18:12

まさか履歴書じゃないですよね?念のため。


自分個人でで使うにはいろんな言葉で表せますが、誰かが読む、見る、物には分かりやすい「読書」がいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

違うんですけど、ただ他人が見てもカッコいい(分かりやすくて)言い方があったと思うんですよ。
どうでしょう。。。

お礼日時:2006/04/04 18:04

 文策とかは?


 どういう意味?とか聞かれそうですけど。
 面接のじゃないよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

いいえ、違いまうす;なんだったけなぁ

お礼日時:2006/04/04 18:03

「書見」はどうでしょうか?


たいてい「読書」と置き換えられます。
ただ趣味の欄となると「読書」以外には無いのでは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

書見ですか!いいかもしれません。
なにか言い方がほかにあったような気がして、
ノド元まで出ていまして・・・

お礼日時:2006/04/04 18:02

「書に耽る」なんてどうですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2006/04/04 18:00

「読書」で十分です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

充分かどうかが問題ではないです。

お礼日時:2006/04/04 18:00

・「繙く」「紐解く」ともに(ひもとく)


・「ページを繰る(くる)」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答まことにありがたく思います!

言葉足らずですいません;
趣味「読書・美術鑑賞」と表記する場合に
「読書」以外でのかっこいい言い方は無いのでしょうか?!

お礼日時:2006/04/04 17:49

熟語ではないですが、「書をひもとく」という言い方もあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答助かります!

言葉足らずだったのですが、
例えば「趣味」の欄に表記する場合で考えているんです;;

お礼日時:2006/04/04 17:45

以下も読むと同じ意味ですね。



閲読
通読
熟読
精読
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがたく思います!!

わたしの言葉足らずだったのですが、
例えば、「趣味」の欄に表記する場合なら
で考えているんです;;

お礼日時:2006/04/04 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q”読むこと”を漢字2語でなんて言う?

 タイトルのままですが、もう少し状況を書きます。
資料を読でいた時の”資料を~”。”目を通す”、”読む”の意味の漢字2語が出てきません。 すみませんがおしえてください。 また、ついでに”お客さんに接すること”→”接客”、”寝ること”→”睡眠”等、漢字で2語で言うことをなんて言いますか?

語彙が足りなくてはずかし・・・。

Aベストアンサー

本を読んだり資料に目を通したりする意味では次のようにあらわすことが出来ます。意味は辞典で確認してください。

読書、検索、点検、書見、読破、一読、通読、精読、熟読、味読、音読、黙読、多読、乱読、解読、判読、

このように漢字を使って表現することは漢語表現、漢字表現、漢字描写、漢字化などで良いと思います。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q読むの尊敬語(熟語)は?

「読む」の熟語での尊敬語を教えて下さい。


「聞く」の「ご清聴ありがとうございました」のように
「読んで頂きましてありがとうございました」という
意味の文章を書きたいのですが、
「読む」の熟語が思いつきません。
「ご拝読」だと謙譲語になってしまいますし・・・。

どうざおよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 読まれるものにもよりますが…

・手紙や便箋、小冊子くらいの文章量なら以下でいいと思います。

  『ご清覧ありがとうございました。』

・本のようにページ数が多いものですと以下がベストでしょう。

  『お読みになって頂きありがとうございました』

 「読む」の尊敬語には「お読みになる」が一番ベストで一般的です。
 尊敬語は過剰に使用すると軽蔑、侮辱のニュアンスを相手方に与えてしまうことになってしまうので難しいですよね。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング