将来、化学関係、それも新薬の開発などの仕事がしたいのでそういった事が学べる学科を今探しています
自分の中では応用化学科が一番よさそうな学科だと思っているのですが、この学科でよいでしょうか?
それと、できれば応用化学科が設置されている良い大学があったら教えていただけないでしょうか?お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は現在,応用化学科3年で勉強しています.


で,私の先輩(修士1年)の人が,先週やっと製薬会社の内定をもらっていました.アンド,私は院志望ですから別に就活はしないのですが,現在の応用化学系の就職状況について知っている範囲を申します.

まず,研究職に就く必要条件は,MiJunさん,ayaeさんらがおっしゃるとおり,大学院卒業です.学部卒では,研究職としては雇ってくれません.
また,「生化学」や「有機合成」に強い研究室のある応用化学科であれば,製薬会社への就職は可能です.が,製薬会社にも本当にいろんな部門があります.分子生命学をもとにした新薬の開発,有機合成をもとにした新薬の合成など,いろんな部門から製薬会社はオファーを出しています.
僕の先輩は,有機合成の研究室から,某製薬会社の有機合成部門に就職が決まりました.これは新薬の研究そのものと言うよりも,企画された新薬の有機合成が主だと言っていました.
しかし,「現状では,応用化学科からの製薬会社への就職はキビしい」
とも言っていました.

もしも「新薬の開発」一本に絞り込みたいのであれば,やはり薬学部,しかも生化学などを取り扱っている薬学部に行くのがいいかもしれません.少なくとも,募集人数の多い薬学部は充実していると思いますよ.応用化学科では,やはり臨床や生理活性という分野が弱いんで.

逆に考えると,製薬会社もいいけど,他の会社もいいなとか,他にもいろいろと学びたいなというのであれば,応用化学科もいいと思います.生物系,生化学系に充実した応用化学科であれば,製薬会社への就職も十分可能です.僕も入学当時は製薬系に行きたいと思っていたけど,生物で挫折して,今は分析化学を専攻しています.まあ,分析という分野も医療とは縁があるもので,結果的によかったかなと思っています.

また,第3の選択肢として,農学部や生物学科などのある大学もよいかもしれません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな選択ができるような学科に進んでおくとあとでいろいろと便利なんですね
そのためには大学の講座内容を事前ちゃんと知っておく必要がありますね
回答ありがとうございました

お礼日時:2002/02/02 17:20

>薬の研究でも薬剤師が一番えらく振舞っているのですか


化学の先生(化学系学部教授等)の話しでは.「セールスエンジニアに回されるか.薬剤師にあごでこき使われている卒業生がほとんど」ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか心配になるような回答です
やはりそういった事があるのなら本当に気をつけて大学を選ばないといけないですね
回答ありがとうございました

お礼日時:2002/02/02 17:22

MiJunです。


ayaeさんの回答のように、会社によって異なるでしょが、学部卒では研究職・開発職につける可能性は低いかもしれません。
特に研究職であれば、ほとんどが修士・博士ではないでしょうか?

ただ先の回答にも書きましたが、新薬の開発でもいろいろな部門が関わってますので、上記以外であれば学部卒でも
充分であると思います。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

部門によって色々あるみたいですね
ほかの事もやってみたいのならベつに薬学部とは限らないものなんですね
回答ありがとうございました

お礼日時:2002/02/02 17:16

>それも新薬の開発などの仕事がしたいのでそういった事が学べる学科



将来医薬品会社に就職するとの前提で回答します。
新薬の開発と言ってもいろいろな部門があります。
・研究部門
・臨床部門
・薬事部門
・新薬企画部門
・その他
各医薬品メーカーによって異なるかもしれませんが、必ずしも薬学部出身ばかりとは限りません!

sakazakiさんがどの部門で関わりたいのか(勿論就職後希望部門に配属されるかどうかは不明ですが・・・・?)によって薬学部でなくても応用化学科でも充分です。
但し、社内研修等もありますが、入社後薬学全般に関して勉強は必要になるでしょう。

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えたら大学卒業をしたあとのことを余り考えていませんでした
部門の事は全く頭の中にありませんでした、迂闊です
今までの回答で薬学部の方が有利かと思っていましたが部門やその会社の方向性によっては違うんですね
参考になりました、ありがとうございます

お礼日時:2002/01/31 21:39

薬学部だと思います。



私は化学科を出ていますが、応用化学科や化学科出身者で製薬会社に勤める人は少なかった気がします。(^_^;)
化学系の企業や食品会社、化粧品会社、石油会社なんてところが多かったかな?
不景気になってからは、製薬会社からの求人もガクンと減りました。(ーー;)

薬学部以外に製薬会社での研究を希望されるのであれば、化学科の「生化学系研究室」か、農学部の「農芸化学分野」、応用化学科でも「生化学」を扱っている研究室でないと厳しいと思います。
私自身は生化学系の研究室を卒業した後に農芸化学分野の大学院に行きましたが、どちらも製薬会社からの求人はありました。
ただ、薬学部の比ではないでしょうが…。
私の会社も食品と医薬品を開発していますが、医薬品研究に携わる人は薬学出身者が多いですね。
その他に、農芸化学や生化学の院卒がいます。

尚、新薬の開発を希望されるのなら大学院まで出た方が良いと思います。
学部卒で製薬会社に勤めた場合、十中八九、MR(医薬品担当営業)ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやら僕は間違っていたかも知れませんね、応用化学科の選択を
それと、やっぱり大学院は出たほうが良いんですね。
化学色の強いところはやめたほうが良いかもしれませんね
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/31 21:31

化学系で薬学関係に勤めた場合には.薬剤師のこま使い(雑役婦)くらいにしか考えてもらえませんので.薬学薦めます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
>薬剤師のこま使い(雑役婦)くらいにしか考えてもらえませんので
結構きついですね、そうなったら
でもこれは薬剤師のいる環境での事ですよね
薬の研究でも薬剤師が一番えらく振舞っているのですか?

お礼日時:2002/01/31 21:26

将来、本当に企業に就職して新薬開発に携わりたいと考えているのであれば、絶対に薬学部です。


薬学部では化学だけでなく生物・物理と広い範囲に渡って新薬開発に必要な知識を得ることが出来ます。

他の方も書かれていますが、「薬剤師国家試験合格率100%」を目指して国家試験のための勉強がメインで研究はあまり力を入れていないような大学もありますから、大学を選ぶ時には気をつけましょう。

ただ、化学のことをしっかり勉強したいという場合は、新薬開発にこだわらずに応用化学科に行かれるのもよいでしょう。勉強している間に興味とするものが変わってくるかもしれませんからね。

ちなみに、応用化学科の人って製薬会社に就職される方って多いんですか?私の知り合いにはいないもので、素朴な疑問です。

まずは、大学受験頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに国家試験合格率100%を売りにしている大学ってありますね
そういった所に気をつければ良いんですね
参考になりました
ありがとうございました

>応用化学科の人って製薬会社に就職される方って多いんですか
ただ僕がここの学科なら他の化学の事も学べそうだと思ったからです
広い視野を持てといわれたので

お礼日時:2002/01/31 21:19

> 将来、化学関係、それも新薬の開発などの仕事がしたいので


> そういった事が学べる学科を今探しています
 という事でしたら,「薬学部」はいかがでしょうか?これが一番近いと思いますが。全国の薬学部のある大学は参考 URL 1番目をどうぞ。

> できれば応用化学科が設置されている良い大学があったら
> 教えていただけないでしょうか?
 良い大学というわけではありませんが,「日本の大学」というページ(参考 URL 2番目)の「(おすすめ)大学逆引きガイド」で「応用化学科」を検索すると40件ヒットしました。参考になさって下さい。

参考URL:http://www.pharm.or.jp/link/college.html, http://www.gakkou.net/daigaku/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薬学部、下でも書いたように意外と良いんですね
回答と参考URLありがとうございました
参考URLは良い所を紹介して下さってありがとうございました

お礼日時:2002/01/31 21:14

新薬開発ならばやっぱり薬学部です。

それも薬剤師免許を取ることが中心にならないそれなりの大学です。
もしくは医学部、これもやっているところはあります。
しかし新薬開初(創薬)ですと、製薬企業に入ってからというきもします。

逆に化学はどうかといえば、合成系でないわけではないですが少ないです。

がんばって勉強してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薬学部はある人に薬学部に入ったらだいたい薬剤師にしかなれないから止めておいた方が良いと言われたのですが、そういうわけでも無いんですね。
回答ありがとうございました

お礼日時:2002/01/31 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東洋大の応用化学科と日本大の物質応用化学科

東洋大の応用化学科と日本大の物質応用化学科で悩んでいます。

日大の方が、就職に有利だと聞いたのですが、日大だと、寮に入る事になります。

自分は学費も奨学金で行く予定なので、正直寮費は厳しいです。

それでもやはり日大の方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>日大の方が、就職に有利だと聞いた

仮に、「現時点では」そうであると仮定します。
しかし、その状況が、質問者さんが就職活動をなさるタイミングでも
当てはまるかどうかは、だれにもわかりません。
そもそも、そのころには、化学関係の会社が軒並みリストラで、
新卒を採る余裕などないなんていう状況だってあり得ますよね。
昨今の経済状況を見れば。

どこの大学を出たから就職活動が有利に運ぶ、というようなことは
あまり考えない方がいいと思います。東大・京大クラスならともかく。

Q応用化学科、機械工学科、電気電子工学科

工学部でこのうちどれかにいこうと思って
決めあぐねてるんですが、何かアドバイスとかないですか?

ちなみに神戸大学です。

Aベストアンサー

特に希望がない場合は、電気系、機械系、化学系の順です。
理由は一つだけ。
就職の幅が違います。

Q理科大の化学科、応用化学科の違い

僕は化学に興味があり、理科大を受験しようと思っているのですが、理学部の化学科と応用化学と、工学部の工業化学科との違いが良く分かりません。授業や大学卒業後の進路などについて教えていただけませんか?
ちなみに将来は研究職に就きたいと思っています。

Aベストアンサー

外部の人間ですが、化学に携わっているので簡単なアドバイスを。

 特に化学などの実験系の大学の場合、学部3年後半から4年進級時に研究室に配属されますが、これが自分の進路に関してかなり大きな要素になります。

 研究職を目指す場合は自分の研究分野の方向性というだけではなく、ぶっちゃけた話、指導教官の人脈や学会への影響力も重要に成ってきます。(理科大の場合、大御所の先生が何人かいらっしゃいますが。)

 したがって、学科のカリキュラムよりも、その学科の研究室のHPや先生の出している本などを調べて、各学科で何を”研究”(勉強じゃなくて研究です)できるのか、その研究室が現在どの程度活発に研究されているのか?を調べたほうがいいですよ。後者は高校生などにはまだわかりにくい部分があると思うますが、研究室のHPでここ数年の発表論文(英語の論文)を調べるのが一つの指標になると思います。

 尚、その論文誌の評価の指針の一つにインパクトファクターというものがありますが、単純に数値が大きいほど引用されることが多い(=読まれる=価値のある)と考えておいてください。ちょっと古いデータですが
http://www.ibpc.fr/~dror/jif.html
などでインパクトファクター一覧が見れます。一般の人でも雑誌名ぐらいは聞いたことがあるScienceやNatureはかなり高い数字であることがわかりますね。

 因みに、有機化学分野で不斉(光学活性物質、野依先生が不斉触媒でノーベル賞取られましたね)関係に興味があるのなら、応用化学科の硤合憲三先生が世界的に有名です。不斉自己触媒反応というとてもセンセーショナルな研究をなされております。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/soai/

 また、理科大の場合、卒業研究を理化学研究所や産業総合技術研究所などの国内のTOPクラスの研究機関で行える外研も多く取り入れているようなので、研究職を目指すのならそのあたりも選択項目に入れて考えられたらいかがでしょうか?

 研究職につきたいのなら、研究能力(学力ではない)は必要ですが、それ以上に卒研・院生時代の経験と人脈が重要に成ってきます。

 外部の人間にもかかわらず長文駄文で申し訳ありませんが、何かの参考になれば幸いです。

外部の人間ですが、化学に携わっているので簡単なアドバイスを。

 特に化学などの実験系の大学の場合、学部3年後半から4年進級時に研究室に配属されますが、これが自分の進路に関してかなり大きな要素になります。

 研究職を目指す場合は自分の研究分野の方向性というだけではなく、ぶっちゃけた話、指導教官の人脈や学会への影響力も重要に成ってきます。(理科大の場合、大御所の先生が何人かいらっしゃいますが。)

 したがって、学科のカリキュラムよりも、その学科の研究室のHPや先生の出してい...続きを読む

Q理学部化学科、工学部応用化学科・・・

 こんばんは。私は高2のnora12という者です。理学部の化学科と工学部の応用化学科のどちらに進学しようか迷っています。
 今まで役に立つ物質を作り出したいという思いから工学部の方を志望していました。しかし、調べていくうちに産学協同と言えば聞こえがいいのかもしれませんが、就職予備校になっているような印象を受けました。
また、理学部の化学科の方が入るのが難しい大学が多いようで・・・高分子化学や化学工学などといった理学部ではあまり学べない分野について履修できる工学部の方がいいのではと私は思うのですが、
理学部の方に人気が集まるのは工学部に進学することで何か不利なことが生じるからなのでしょうか?理学部の方に有利な点があるとか・・・
 長々しくなりましたが何か助言をいただけたら幸いです。
 皆様の御回答お待ちしております。

Aベストアンサー

理学部は基礎科学を研究する場であり、学究肌の人間が集まりやすいです。
その中には勉強が恐ろしくできる人間がある程度混ざるため
難しくなりがちなのかもしれません。
また、理学部の方が定員は少ないことが多いので、それも関係してるのでしょう。

有利不利でいえば、工学部の方が就職では有利になります。

Q化学科と応用化学科について

今、山口大学の理学部化学科と工学部応用化学科のどちらに行こうか迷って
います。化学をまなびたいだけだったんですけど、環境に生かせたらと思って
もいます。化学科と応用化学科の詳しい違いを教えてくれませんか?
山口大学の方がいらっしゃったら山口大学について教えてください。
AO入試について知ってるかたも教えてください。たくさんすいません。

Aベストアンサー

某総合大学の応用化学科OBです。
  一応は、基礎的な化学を勉強するのが理学部の化学科、工業の現場に直結する化学を習うのが工学部の化学科(応用化学)という位置づけはあります。特に一般向けの案内や宣伝では、応用化学科は工業、化学科は基礎、というイメージをしやすい内容になっていると思います。しかし、 例えば、農学部の化学科(農芸化学)や水産学部の化学科(水産化学)との違いほど、中身についてはハッキリとイメージしやすい違いは無いと思ってよいと思います。研究というのは「どういうことに使うことができるか?」という出口イメージを常に考えるのですが、どちらもやはり最先端のテクノロジーということを見越した研究をする教授が多いですし、企業と連携した研究をする場合も多いので、理学部だろうと工学部だろうと、研究室での研究内容についてはそれほど大きなスタンスの違いは無いないと思います。逆に、純粋な基礎研究にしても、工学部でもやっている先生はたくさん居ます。日本化学会という、日本の化学者の集まりがありますが、この機関誌は「化学と工業」というタイトルです。結局理学部の先生だろうと、工業とは切っても切れない縁なのです。
  授業のカリキュラムには若干違いが生じます。例えば、基礎科目として最低限身につける内容は全く一緒です(違ったら困ります!)が、それ以外の、例えば選択科目などには学科の特色があると思います。例えば、応用化学科では「工業化学」とかいう名前で、化成品の工業的な製造法などの基礎を教わったりする場合があります。
  化学にもいろんな分野があります。「有機化学」「物理化学」「無機化学」「高分子化学」「生化学」「分析化学」などはどちらを選択しても(大学によりけりですが)学ぶことは可能だと思います。一方、「化学工学」のように工学部で主に扱われているものもありますし、反対に「地球化学」みたいに理学で主に扱われている分野もあります。要は、化学科と応用化学科、という選択肢ではなく、その学科を構成する研究室や教授の専門をよく調べて、その学科の得意分野や拾得可能な分野を検討し、自分のやりたいことの多い方を選ぶのがよろしいと思います。環境については、今トレンドの分野ですので、どちらを選んでも関われる可能性は高いですが、具体的に環境ということを念頭において研究をしている先生が居る方を選ぶのがよいでしょ   う。
  その他の違いですが、教員免許の取得科目が(たしか)違ったりします。(最近の制度のことはわからないので、必ず自分で確かめてください)あと、受験の偏差値は若干応用化学のほうが低い傾向があったと思います。(これも最近のことはわからないので、よく調べてください)女の子の割合が多いのは、私の時代(10年くらい前)は化学科の方でした。(上に同じく注意)

某総合大学の応用化学科OBです。
  一応は、基礎的な化学を勉強するのが理学部の化学科、工業の現場に直結する化学を習うのが工学部の化学科(応用化学)という位置づけはあります。特に一般向けの案内や宣伝では、応用化学科は工業、化学科は基礎、というイメージをしやすい内容になっていると思います。しかし、 例えば、農学部の化学科(農芸化学)や水産学部の化学科(水産化学)との違いほど、中身についてはハッキリとイメージしやすい違いは無いと思ってよいと思います。研究というのは「どういうことに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報