原発関連で事故が起こっていますが、今の原発は核分裂発電だから核廃棄物が出るけど
核融合なら廃棄物は出ないんでしょうか?つまり核融合なら事故がおこっても安心?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

 核分裂炉では、ウランが核分裂してエネルギーを放出したあとに、放射能の強い高レベル廃棄物が残ります。

この高レベル廃棄物はかなり放射能が強く、1000年程度の長期にわたって、安定な深地層に埋設処理する必要があります。

 一方、核融合炉では重水素(原子核)と三重水素(原子核)の核融合反応が考えられています。この反応ではヘリウム原子核(アルファ粒子)と中性子が発生します。この中性子が、核融合反応が起こっている高温の気体(プラズマと言います)を閉じこめている容器の壁に照射されることで、放射性廃棄物が生成しますが、核分裂炉のように長期の管理を必要とする高レベル廃棄物は発生しません。核融合炉で生成される放射性廃棄物は、放射能の強さにより低レベル放射性廃棄物と中レベル放射性廃棄物に分かれます。これらのうち、低レベル放射性廃棄物は、地表から数メートルの地下に数10年にわたって埋設処理(浅地層埋設処理)すればよいような放射能レベルの低い廃棄物です。一方、中レベル廃棄物は、低レベルよりもやや深い地層に埋設処理する必要があります。現在の見通しでは、放射化が少ない物質を容器の壁材料に使うことで、中レベル放射性廃棄物を全体の放射性廃棄物の数%程度に抑制できる見通しです。ただ、容器の壁という大きな部分が放射化するために、放射能レベルは低いものの量的には多く発生します。

 また、核融合炉は以下のような安全性を有しています。
 (1)原理的に核融合反応が暴走することはありません。これは、核融合反応が暴走を始めると壁に大きな熱が来て壁の材料が溶けてプラズマ中に入り、その結果プラズマを冷やして瞬時に核融合反応を止めてしまうためです。
 (2)放射化された壁材料から発生する熱(崩壊熱)が少ないため、事故が起きたあと装置を強制的に冷却する必要がありません。
 
 つまり、核分裂炉での安全の3原則として、異常時に、
(炉を)止める、(炉心を)冷やす、(放射性物質を)閉じこめる、というものがありますが、最初の2つについては核融合炉では積極的に対処する必要が無いということです。
 
 核融合炉の安全性で最も大事な点は、燃料である三重水素を閉じこめることです。三重水素は、放射能を帯びているため、事故時でも外界に放出されないよう多くの安全対策を講じる必要があります。
    • good
    • 0

 廃棄物は出ます。

核分裂炉に比べると程度はましかと思いますが。核融合の一番の課題はトリチウムの安全管理
でしょうね。というわけで、安全性をより向上させる研究が盛んに行われているようです。
 ところで発電できる核融合装置はまだありません。実証炉の計画は2050年頃だとぼんやり言われています。たぶん核融合の恩恵にあずかるのは私たちの孫の代でしょう。その頃には、想像を絶するいかなる事故に対しても安全が確保できるように技術が成熟する事を祈っています。
    • good
    • 0

核廃棄物は出ます。

これは反応時にもれた中性子などのエネルギーが炉壁を放射化する事や、もともと燃料の三重水素が放射性を持ってることによります。
ただし、核分裂より核廃棄物の量は少なくなるでしょう。
核融合が核分裂より安全だといわれているのは核融合はほっといても反応が進むのに対して、核融合はかなり力任せに反応を制御しないと停止してしまうからです。
ただ、かなり高温度のプラズマが渦巻いている状況で炉の制御が外れるわけですから炉が爆発したり、燃料の重水が漏れ出したりする可能性は有ります。
#因みに重水はかなり体に悪いものらしいです。
    • good
    • 0

 原発関連の事故といえば、最近では燃料棒の手抜き製作等を思い浮べてしまう人も多いのではないでしょか?原発がクリーンであるという誇大広告が未だにあるのにははっきりいって驚きです。


 原発はクリーンでは有り得ません。何故なら,今の技術ではどうやっても放射線等は漏れてしまうし、発電で使用した海水の熱排水処理や原発にか代わる人達の
放射線被爆等、数々の欠陥を抱えているからです。
 そういった理由等から、現在原発は世界規模で廃止の方向に向かっています。
    • good
    • 0

水爆は核融合のエネルギーを使います。


爆発力から言えば、核分裂の原爆よりもすごい物です。
制御できなければ、そりゃ大変なことになります。
東海村のあの程度の事件で何人の首が飛んだでしょう。
核融合でひどい事故が起きれば、担当役員のみならず多くの官僚や政治家の首が飛ぶでしょう。
あ、それって良いことじゃん。やりましょう。核融合発電。
    • good
    • 0

暴走すると爆風や放射線以前にまずとてつもない熱エネルギーで周りの都市ごと一瞬で蒸発し、跡形も無くなるらしいです。

中性子の放射量も試算不可能なほどとか。      ちなみに、原子の固定は磁場を使うのはロシアなどで、アメリカなどはレーザー光線で固定するらしいです。                               この話は、化学が好きな方からの情報で私は信頼していますが、参考になる文献などが無い為、もっとくわしい情報や反論などあれば、ぜひ知っておきたいと思っています。  どなたか詳しい方、私からもお願いいます。
    • good
    • 0

bacさんのところに書いてあったULRにも出ていましたが、核は廃棄物は出ます。

ただし、核分裂よりは圧倒的に少ないはずです。事故がおこった時安心か、と言う点に関してはまだ未知の部分が有ると思います。核分裂発電だって「核爆発は起きないから安全だ」と宣伝されました。確かに核爆発事故というのは起きたことがありませんが、それ以外のタイプの事故はいっぱい起きています。核融合が実用化された場合でも、容器が破壊されて放射化された材質が外部に漏出したり、発電所以外の施設(例えば燃料精製施設)での事故は想定されます。
回答者の中に「太陽の核融合はクリーンだ」と書いていた方がいらっしゃいますが、とんでもない誤解です。太陽が周辺宙域に放射線を撒き散らしていることは周知の事実です。核融合発電所からも中性子線等の漏出はあるものと考えるべきです。
結論として、核分裂炉よりは安全性がかなり高いと考えられるが、油断しちゃダメよ、と言うところでしょうか。
上でいろいろと批判めいたことを書きましたが、私は核融合は早急に実用化すべきと考えています。
    • good
    • 0

答えでもなんでもなく、もはや質問なんですが、核融合発電は、実験段階ではないんですか? 取り出せるエネルギーより、加速器での原子ビームの照射にかかるエネルギーの方が、現段階では大きいと、何かで聞いたような気がします。

現在どうなんでしょう?
あと、僭越ながらtwinkleさんの補足です。鉄も一応核融合できますが、エネルギーは出ません。恒星の核融合が進んで、鉄にまでなると、星が冷えて、一気に収縮します。この収縮により、鉄の次に重い物質(何でしたっけ)の核融合が起こり熱を出し、再び一気に膨張します。この極端な膨張に耐えられない質量しかもっていない恒星(太陽くらいの大きさを含む)は、拡散し、消滅してしまいます。この膨張に耐えられる質量の恒星は、ここから、さらに核融合しつづけ、密度を増していき、終いにはブラックホールまでなる、のだったような気がしますが、間違えていたらすみません。
    • good
    • 0

核融合は、重水素を燃料にしてそれをプラズマ状態で強力な磁場で閉じ込めてヘリウムへ変換される時放出される熱を利用しようとするものです。

太陽と同じものを造ろうというものです。従って、太陽同様様々な放射線が出てくるだろうと思います。しかし、融合炉が核分裂のように暴走する事は無いかもしれません。また、重水素がヘリウムになるので廃棄物は出ないでしょう。重水素が何かの原因で爆発するのかは分かりません。重水素は水から作られるので、資源は無限という利点があります。間違っていることがあるかもしれません。つたない知識なので。
    • good
    • 0

今研究されている核融合を平たく言うと、“重水素”と“三重水素”を合わせて熱


エネルギーを取り出し発電に利用するというもので、実験には成功していると聞い
ています。原料の重水素は海水から、三重水素はリチウムから生産されるので安全
で安定していると言われています。排出されるのは“安全なヘリウム”と“中性
子”です。中性子は今の技術で解決できるとされています。核融合で事故に至る確
率や、事故になった場合の被害の予想規模などについてはわかりませんのではっき
りしたことは言えませんが、中性子が出ることを考えると絶対安全とはいかないと
思います。現在の原子力発電と比較すれば放射線レベルが低いので安全だ、といっ
たところでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて!一般廃棄物の焼却、溶融時に発生するばいじんはすべて産業廃棄物?

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

Aベストアンサー

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及び...続きを読む

Q一般廃棄物と産業廃棄物について

一般廃棄物をクリーンセンターで焼却、その後処分場まで運搬し処分を行う場合、クリーンセンターで焼却後に排出した灰は産業廃棄物になると思うのですが如何でしょうか。飛灰は有害産業廃棄物として無害化処理をした後焼却施設から搬出しなければならないと思います。
一般廃棄物の場合、焼却後も排出された灰は一般廃棄物であるという行政関係者の発言ですがどちらが正しいのでしょうか。
わりやすくお教えください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、関係する仕事をしていました。

法律では、産業廃棄物として定義されたもの以外は、一般廃棄物です。

一般廃棄物は基本的に煮ても焼いても(?)一般廃棄物です。
この場合、焼却残さ、飛灰とも一般廃棄物です。

ただし#1さんのご指摘のとおり、奇妙な点の多い法律です。
下水処理場で生じる廃棄物は産業廃棄物になります。

なお廃棄物行政は、以前は厚生省でしたが、今は環境省所管です。

参考URL:http://www.env.go.jp/recycle/

Q核廃棄物のエネルギー

使用済み核燃料は、強力な放射線を出しており、人を死亡させてしまう程といいますよね?放射線はエネルギーだと思うのですが、使用済み核燃料の放射線エネルギーは使えないのですか?

Aベストアンサー

確かに放射線はエネルギーですが、エネルギーの量としては大きなものではないのですよ。
放射線といってもγ線は電磁波であり、α線とβ線は荷電粒子・中性子線は電気的なエネルギーは持っていません。それほど大きなエネルギーではないのになぜ危険かというと、総量は小さくても、そのエネルギーが小さな一点に集中して働くからなのです。これは太陽の光自体は無害ですが、レンズで一点に集めた光は危険であるというのと似ているかもしれませんね。

γ線は電磁波ですが波長が非常に短いので小さな一点にエネルギーが集中しやすく、これが人体に吸収されると(放射線と言うとあたるだけで有害と言う印象があるが、貫通していってしまったものは無害です。貫通せずに放射線の持っているエネルギーが吸収されたときに有害なのです。エネルギーを放出した時点で放射線も消えます)細胞内のDNAや細胞自体をを破壊するため非常に危険なのです。

α線とβ線は電気を持った粒子で、これが細胞に当たると電気エネルギーを放出し、細胞や細胞内のDNAを破壊します。

中性子線は電気エネルギーは持っていまっせんが、α線・β線に比べ質量が重く、それが猛烈な速度で飛んでくるので、原子より小さな弾丸が飛んでくるようなものです、この弾丸が細胞に当たると物理的な破壊が起こります。

上記のような理由で人体や生物にとって非常に危険なもので、あるのですがエネルギー自体の総量としては決して大きなものと言うわけでは有りません。放射線のエネルギーを回収するよりは、自然に崩壊していく核物質の崩壊熱の方がエネルギーとしては利用しやすいでしょう。

放射線自体は先に書いたように何かにぶつかるなどして、エネルギーを放出してしまえば殆ど無害になってしまうのですが、問題なのは放射能の方で、これは放射性物質の崩壊が終わるまで消える事は無く放射線を出し続けます。これをとめる手段はありません。従って、放射線を吸収しエネルギーを解放させて無害化することを放射能が消えるまで続ける意外に方法がないのです。これは実に厄介で放射性物質には数日程度で放射能を出さない物質に変ってしまうものもありますが、数万年も掛かるものもあるのです。例えば毒性の強いことで有名なプルトニウムは半分に減るまで2万4千年掛かります。1/4に減るにはさらに2万4千年です。

確かに放射線はエネルギーですが、エネルギーの量としては大きなものではないのですよ。
放射線といってもγ線は電磁波であり、α線とβ線は荷電粒子・中性子線は電気的なエネルギーは持っていません。それほど大きなエネルギーではないのになぜ危険かというと、総量は小さくても、そのエネルギーが小さな一点に集中して働くからなのです。これは太陽の光自体は無害ですが、レンズで一点に集めた光は危険であるというのと似ているかもしれませんね。

γ線は電磁波ですが波長が非常に短いので小さな一点にエネルギーが...続きを読む

Q高濃度核廃棄物について

先日高濃度核廃棄物の展示でガラス固化した高濃度核廃棄物を厚さ20センチのステンレス容器に入れてさらに厚さ一メートルのタルクで囲って地下に保管して廃棄するというのを見ました 実際このくらいの容器に入れないと危ないということなんでしょうが それでも数年以上にわたって百度くらいの熱を発し続けるということらしいのですが もうちょっと詳しく教えていただけませんでしょうか どなたかご存知の方よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>濃縮しているのでなおさら 強烈なんでしょうね
これは、
E=MC二乗
という公式があります。「エネルギーの大きさ」は「質量」かける「光速」かける「光速」、という式です。
もうひとつ必要な式は、伝熱方程式
「時間あたりの通過エネルギー」は「表面積」かける「厚さ」かける「係数」かける「温度差」、という式です。

「容器が高温になる」というのは、内部で発生したエネルギーが外部に移動するときに、移動のしやすさ(上記式では「係数」)がわるい(値が小さい)と、温度差が大きくなる、つまり、容器の温度が上がりやすくなる、ということです。

内部で時間あたりに発生するエネルギーが小さいと容器表面の温度が低くなるけれども、時間あたりに発生するエネルギーが大きいと容器表面の温度が高くなります。

原子核反応にもよりますが、半減期の短い場合が、単位時間あたりの発生熱量が大きいです。しかし、例外があって、質量欠損(原子核反応によって失われる質量)が大きい反応では、長時間強い放射線を出しつづけることがあります。

だから、「半減期」と容器の温度とはあまり関係ないです。どのような原子核反応が起こっていて、その反応での質量欠損がどのくらいか、を知る必要があります。
しかし、推定値ですと比較的簡単に計算できますが、実際にそのとおりになるかというと、ならない場合が多い(発生した中性子等によって想定外の原子核反応が起こってしまう)です。

>濃縮しているのでなおさら 強烈なんでしょうね
これは、
E=MC二乗
という公式があります。「エネルギーの大きさ」は「質量」かける「光速」かける「光速」、という式です。
もうひとつ必要な式は、伝熱方程式
「時間あたりの通過エネルギー」は「表面積」かける「厚さ」かける「係数」かける「温度差」、という式です。

「容器が高温になる」というのは、内部で発生したエネルギーが外部に移動するときに、移動のしやすさ(上記式では「係数」)がわるい(値が小さい)と、温度差が大きくなる、つまり、容...続きを読む

QITER(国際熱核融合プロジェクト)

ITER の誘致を、日本とヨーロッパ(主にフランス)で競っています、が、あまり話題になっていないようです。数兆円のビッグプロジェクトなのに....?
また、建設候補地の六ヶ所で、再処理工場の劣化ウランを使用した試験運転も始まろうとしています。 これもあまり話題になりませんね。 どちらも高額(兆を超える)のプロジェクトであり、また将来に渡り日本に色々な意味で影響を与える、国民的課題と思うのですが(個人的に)、皆様のご意見(何でもいいです)をお伺いしたいものです。 よろしくお願いhします。 

Aベストアンサー

ITERは実質,日本とフランスの一騎打ちです.
誘致されれば,研究の主導的役割の他,世界中から研究者が来ますから,
地域活性化にも繋がります.是非とも誘致したいと私は思っておりますが,
外交カードに使われてしまっていると思います.
フランスが突然,日本の国連常任理事国入りに大賛成と言い始めました.
科学技術の発展,全人類のエネルギー問題も,政治家にかかれば単なる一枚のカード.
がっかりです.
ただ,日本もITER誘致の為に無茶してるんですよ.
小規模な大学の核融合研究が一時期閉鎖の嵐に遭ったことがありました.
核融合研究を一本化してITER誘致!がスローガンだったのかも知れません.
でも一本化と言って,核融合研と原研の2本柱ですから,中途半端です.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報