【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この二つの概念に対して、僕達は日本語で「夢」という同じ単語を使っていますが、どうしてなのかいまいち理解できません。全然違う概念ですよね??そしてさらにわからないのが英語でも"dream"という単語を二つの概念に対して使っていることです。

うーん。どなたか理由をご存知の方、ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

古語辞典を何冊か調べてみると、



【夢】
(1)寝ているときに見る夢
(2)現実とは思われないようなこと。(比ゆ的に用いて)ぼんやりとして不確かなもの

大きくこのふたつの使い方が説明されているのがわかります。
古い時代には、「将来の目標」「将来の希望」のような意味で使われていなかったのは間違いありません。

No.3様のご指摘のように、明治期以降に洋語を訳したときに日本語が影響を受けて、洋語の用法が日本語にまで当てはめられたような例が多く起こっていますので、「夢」においてもそうかもしれませんね^^

ところで、dreamについても、何冊か英和辞典を調べてみましたが、実は、dreamも、「将来の目標」「将来の希望」というような意味で使われることは無いようです。
日本語(古語)とは違う用法として「空想」の意味がありますので、これが影響したのもかもしれません。

dream:英和辞典↓
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=dream& …

まとめますと、

洋語を訳す中で、「夢」を表す言葉が、「将来の夢」のような使われ方をしていたのをきっかけに、日本語の中で、夢の、そのような用法が普及し、現在にいたる。
そして、日本語の夢の類推で、外来語のドリームについても同じような用法をするようになっている。

ということではないでしょうか。

裏付けとなる文献等十分ではありませんので、参考程度に^^
    • good
    • 0

定かではありませんが、寝ている時に見るものを夢と呼んだ方が先だったのではないでしょうか。



将来の目標を語るとき、普通はすぐに実現できそうに無い壮大な内容になることが多いように思います。
しかし、それは他からの借り物などではなく、確実に自分自身の脳内に宿っているものでもあります。

『現実的な裏づけは今のところ無いが、間違いなく自分自身の脳内に浮かんだ(あるいは、浮かんでいる)事象』
という要素が、寝ているときに見る夢との重要な共通点であるということで、同一の字が適用されるようになったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

No.5です。


大変失礼いたしました^^;

よく調べると、dreamに、「将来の目標」という意味の用例たくさん見つけられました。
そりゃそうですね^^;

dream comes true!

とかがまさにそういう意味の使い方ですよね。
    • good
    • 0

寝て見るのも夢。


起きてみるのも夢。
しかし、起きてみる夢には努力が必要です。
    • good
    • 0

確たる理由はわかりませんが、古代・中世の人々にとって、夜見る夢が、どの程度現実であったか、と言う事ではないかと思います。

つまり夢とは夢告や夢占が示すように現実と何らかのかかわりを持った、神仏などの神秘的なものによる人へのメッセージなのだと了解されていたという事です。そういう点で将来の目標というより将来来るべきもの、としての夢もこれに通ずるものです。つまり神仏などの神秘的な力がその実現を助けてくれる、という理解でしょう。

もっとも英語でもdreamという単語を二つの概念に使っている、と書かれていますが、むしろこれを訳した時から「将来の目標としての」夢という言葉が日本語にもできた、というような事ではないかとも思います。

というのは古文などで夢という言葉を夜見る夢、ないしその派生としての白日夢や夢想以外の意味に使っているのを見た事がないからです。将来の目標としての夢という用法は他の方の書いていらっしゃる例を見ても明らかなように古文にはないようです。
そういう意味では最初に書いた夢という言葉の解釈はむしろ英語にこそ当てはまるのかもしれません。その場合「神仏」ではありませんがそのかわりに天使や妖精や悪魔などが同様の役割を果たすわけでしょう。
    • good
    • 2

夢は、もともと「寝目(いめ)」が語源で、「寝(い)」は睡眠、「目(め)」は見えるもという意味だったようです。



平安時代頃より「ゆめ」に転じ、「はかなさ」など種々の意味で使われるようになったと
http://gogen-allguide.com/yu/yume.html
に書いてあります。

寝てみる夢も、将来の夢も、「はかなさ」という点で共通しているのではないでしょうか。

寝てみる夢は、寝ている間だけの「はかなさ」。

また、将来の夢も、実現するまでが夢だから「はかない」し、
実現しないで終わってしまっても同様に「はかない」からでしょうかね。

参考URL:http://gogen-allguide.com/yu/yume.html
    • good
    • 1

>全然違う概念ですよね??



両者は全然「違う概念」ではありません。

英語はおいておくとして、日本語の夢は「現(うつつ)」の対となる語です。日本人のそもそもの こころ としては、現実でないものを見るときのすべてが「ゆめをみる」なのです。(もともとは「寝目(いめ)」から転じたものらしい、上代まではすべて「いめ」)

「夢の浮橋」や「夢の通ひ路」は寝ているときだけのものではなく、うつつのときでも、気持ちだけでも逢いにいこうとすれば「夢の~」になります。理想も願望も幻想も(未来の)設計図も「見れば」、それは「ゆめ」です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜見る夢、将来のdream

「夢」という言葉は、睡眠中に見る夢、将来の展望としての夢、と2通りの使い方しますよね。
英語の「dream」も全く同様に2通りの使い方をするとういう点について、不思議に思うのは私だけでしょうか?

どちらの使い方も、「想像上の自分に関するイメージ」という点では共通しているので全くかけ離れた使い道とは言えないかもしれませんが、他にも共通する言葉はいくらでもありますし、英語と日本語というまるで成り立ちの離れた言語でぴったり同じ使い方をするのは偶然とは考えにくいですよね。

可能性として、
簡単な英語が日本人の大衆に広まった時代(戦後?)以前には日本語の「夢」には片方の使い道しかなく、英語の普及とともに、もう片方の意味を後付けした
という仮説を思いつきましたが、かなり無理があると自分で思います。統合以前の片方に相当する言葉がバッサリ根絶されたことになるし、とか。

ご存知の方や別の説を思いついた方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

確かにおっしゃるように日本語の「夢」という言葉は、元々「イメ=寝目」から転じたと言われていますから、最初は夜寝ているときに見るものだけを言っていたのかも知れません。

しかし、人間の発想や連想には共通点が多く、だからこそ言葉が違っても意思の疎通ができるのではないでしょうか。

先日、ネイティブの英語の先生に習ったばかりですが、「私は傘を(家に)忘れた。」というとき英語では「I left my unbrella at home.」というのが正式だそうですが、略式の言い方として「I forgot my unbrella.」とも言うそうです。ただし、この場合は「at home」という場所は言わないのが自然だそうですが。

この言い方は「忘れた」ということの感覚が日本語でも英語でも普遍的に通ずるところがあるという証拠のような気がします。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qスクリプトって、何ですか?どうすればいいのですか?

パソコンの使用中に
「スクリプトが原因で動作が遅くなっています。スクリプトを中止しますか?」
というダイアログが出ました。
この場合「はい」にするのですか、「いいえ」にするのですか。
どうして、この様な表示が出るのですか?

「はい」にチェックをしたのですが、これってどういうことになったのでしょう。

何も分からずパソコンをやっていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっと難しいかもしれませんが機械語への変換作業を
省略して簡単に実行できるようにした簡易プログラムの
事です。
通常、プログラムはソースコード(設計図)をもとにコンピュータの理解できる機械語に変換して実行されますが、
そのプロセスを自動化して簡単に実行できるようにしたものをスクリプトと言います。
特に、Webページ上で、HTMLだけではできない様々な機能を利用するための簡易的なプログラムをスクリプトと呼ぶ事もあります。

パソコンの操作中に、この変換が上手く行かなくなる事があってスクリプトのError表示が出る事があるのです。
重要な操作中で無ければ「はい」の選択で
問題は無いと思われます。

Qtoward と towardsの違い。

例えば、彼女に対してという時は、toward herでいいのでしょうか?

どういうときに、towardsを使いますか?

Aベストアンサー

towardはアメリカ英語、towardsはイギリス英語です。

基本的な意味は「~の方へ」「~に対して」という方向を表わします。

She was so kind toward(s) me.「彼女は私に対してとても親切だった」 のように、良い意味でも使えますし、
They took cruel measures toward(s) their colonies. 「彼らは植民地に対してひどい手段をとった」のようなagainst的な使い方もできます。

Go toward(s) the door.
であれば、「ドアの方へ行け」です。

the first step toward(s) world peace だと、「世界平和への第一歩」です。

Q履歴書に書く学歴はどこから?

転職活動中なのですが、履歴書に書く学歴について、


ある本には、「順当に進んだのならば、最終学歴だけでよい。」というものもあれば、「中学か高校から書き始める」の二つのパターンがあります。

どちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人事で採用を担当している者です。

順当に進んでいるかどうかは、年齢を数えれば分かりますが、中学卒の年月から書いてあると分かりやすいです。(浪人&留年)

履歴書を数多く見てますが、浪人&留年がある人ほど最終学歴の卒業年月しか書いていない場合が多いようです。

ご参考まで

Q「Aメロ」「Bメロ」・・・はどの部分のことか

曲の中でよく「Aメロ」「Bメロ」・・・などと言いますが、
それぞれどの部分をそう呼ぶのですか?

Aベストアンサー

↓下記参考になるでしょうか?

http://guiterboys.livedoor.biz/archives/15839090.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2061771

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1876388.html

Aメロ→歌いだしの部分で、比較的おとなしい部分

Bメロ→やや曲調が変わり徐々に盛り上がっていく部分

サビ→クライマックスに達して最高に盛り上がる、その曲の中での最も重要な部分

(一つ目URLより引用)

が一般的な呼び方(意味)のようです。

QiMovieの動画編集での動画のサイズ変更

Macのバージョン10.6.4を使用。
今iMovieで動画の編集を行っているのですが、イベントのところにある動画をプロジェクトの方にコピー(ドラッグ)すると、ビューアのところでズームの様になってしまい、
困っています。他の質問箱の回答を見ると、取り込んだムービーと、プロジェクトのアスペクト比を同じにすればよいと書いてあり、実行したのですが解決できません。または、その操作が間違っているのかもしれません。どなたか回答の方よろしくお願い致します。
ちなみに、iMovie09を使っています。

Aベストアンサー

> 2、取り込んだムービー(元の動画、イベント欄にある動画と解釈)の上で右クリックし、「プロジェクトの情報...」を見てアスペクト比が『iPhone(3:2)』であることを確認し、

それは名称どおり「プロジェクトの情報」であって、素材ムービーの情報ではありません。素材ムービーのアスペクト比がいくつかは、そしてプロジェクトのアスペクト比と一致しているかは、いまだに不明です。

なお、「プロジェクト情報」ウインドウで、「最初のビデオの配置方法:」を「フレームに合わせる」にしておくと、新しくイベントから配置するとき、「ズームのよう」になることはなくなります。その代わりアスペクト比が一致していないと、黒い帯が、上下か左右にできます。
すでに配置したクリップについては、対象の範囲を選択してから、「ウインドウ」メニュー「切り取り、Ken Burns、回転」を選ぶと、ビューアエリア左上に、下図のタブが現れるので、そこから「全体表示」を選ぶと、「ズームのよう」でなくなります。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q外国語で「夢」「希望」「お月様」など・・・・

カウンセリングルームを」開設します。

親しみがあり、呼びやすい単語で

夢や希望を叶えるような、笑顔がうまれるような

優しい、穏やか、平穏、喜び、幸福、祈りというイメージ

何語、スペル、読み方(カタカナ)の順で教えて下さい、お願い致します。

Aベストアンサー

再度m(_ _)m

フランス語で考えて見ました¢(。_。)

【フランス語】
祈りPriere (プリエール)
絆lien(リアン)
心ame(エイム)
友情amitie(アミティエ)
鐘carillon(カリヨン)
生命Bio(ヴィオ)
勇気couroge(クラージ)
純粋Pur(ピュール)
道chemin(シュマン)
春Printemps(プランタン)
お役に立てたなら幸いですが(^_^A;)


人気Q&Aランキング