ドラマ『グッド・ドクター』主題歌を無料おためし!

現在、輸入住宅(2×4工法)で新築を検討中です。
しかしながら、私はこの件につき全くの無知であります。
そこでこの「長所」「短所」および「注意点」を教えてください。
また、「短所」を補う為の、適切な施工と設備等も合わせて教えてください。

実際に住んでいらっしゃる方、専門家の方などからの、生の声(回答)を
頂ける事を望んでいます。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

海外 住宅」に関するQ&A: 海外の住宅

A 回答 (1件)

輸入住宅(2×4工法)をご検討ですか、素敵ですね。


ちなみに2×4工法の国内最大手の三○ホームやフランチャイズのアーデ○ホームは、決して輸入住宅ではありませんので、みなさんご注意を。
「輸入住宅」とは、輸入住宅産業協議会では一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。

私も輸入住宅建築の経験者です。長所や短所はたくさんありすぎて、ここでは書ききれないほどなのですが、少しだけお答えします。

まずデザイン。国産住宅はご存知のようにほとんど似たよーな家が多いでしょ。住宅メーカーもあまり変わった家作りたがらないのですよ、クレームを恐れて。主観ですが、あんな没個性の家によく大金を払えるなーと思います。
女性の城、キッチンではキッチンキャビネット等の特有のデザインがたまらない。扉がムク材で使うほどに味がでる。国産だと確かに機能的(拭き取りやすいように鏡面など)ですが、なんとなく金属って感じしませんか。アメリカなどでは日本と違い油物などは揚げることがなく、ほとんどオーブン使用なので、日本でムク材扉を大事に使うのなら軽く拭いてあげれば大丈夫です。

床材。一般的に輸入住宅は床材にオーク材などのムク材(ほとんどが19mm厚)を使用します。これはめちゃくちゃいい。夏はひんやりと程よく冷たいし、冬はやんわり暖かい。こちらは雪国ですが床暖不要です。
一方国産はいまだに合板フローリングがほとんど。これはなぜか。国内で市販されているムク材(ほとんどが15mm厚)は高かったからです。
短所もあります。生の木なので隙間が多少でます。働き巾が狭いもの(57mmくらい)を使えば反りはそんなにありません。

住み心地。国もようやくシックハウスの発生源をどうのこうのと新聞で言っていますが、真っ当な施工業者が建てる輸入住宅でしたら最初からこんな問題ありません。だってほとんどがムク材なのだから。ただし水には弱いので気をつけないと色が少しあせますね。
輸入住宅は一般的に高気密・高断熱ですがメリットは各社すべて謳っていますのでお分かりでしょうが、デメリットは大きく二つ。一つは機密が高いためにドアの開け閉めや上階の足音などすごくうるさく感じます。もう一つは乾燥すること。冬場は湿度30%台のときもあります。

まだまだたくさんありますので、ご質問があれば承ります。

参考URL:http://www.enquete-japan.ne.jp/ejver3/Enq/AEnq.a …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

SUNBELTさんご回答頂きありがとうございました。
今後の参考とさせて頂きます。

>こちらは雪国ですが床暖不要です。
●私も雪国に新築予定です。「青森」です。近いかな?

お礼日時:2002/02/08 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸入住宅は値段が高いか

海外で、煉瓦造り、白い壁、木枠の窓、屋根裏、天井の高い住宅を経験してから、こんな家に住みたいと思うようになりました。輸入住宅ってやっぱり値段が高いのでしょうか。日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる、と聞いたことがあるのですが、どんなもんでしょうか。将来的に規制が緩和されて安くなったりする見込みがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

輸入住宅に魅力を感じるかたって多いようですね。
とくに海外経験のあるかたは・・・実は私も海外に行っていたことがあり(今でも家族は向こうにいます)、そして何よりも私の勤めている会社でも輸入住宅を手がけていました。
ところが平成10年ぐらいを最期に撤収したのですが理由は
1)円安になり提供価格が維持できなくなった。
2)部材の安定確保が難しく、アフターが発生した際に部材を取り寄せるのに時間がかかる。
3)我々の使っているCADソフトが使えない。(フィートモジュールに対応できない)
というのが主な理由でした。
最近はジェトロ輸入住宅センターなどの輸入住宅専門の部材をある程度、安定供給してくれるような団体もあるのですが円安だけはどうすることもできません。
で、私が造っていたときに価格(これは原価の話ですけど)
>日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる
という実感はありませんでした。確かに輸入コストはかかるし、職人が不慣れなため、人工がかさみ、その分高くなるということはありました。しかし、最近では輸入住宅を完全に商品化しているハウスメーカー(例えば東急ホームや住友不動産ホーム)もありますから、その辺のことは十分に考慮されてますし、東急ホームさん辺りの価格を見る限りでは(オプション等でも変わってくるとは思いますが)坪単価で5万~7万程度のアップといったところでしょうか。
ただ、No.1・No.2のかたが言っているように微妙に日本風にアレンジされていることは間違いないし、本当に海外経験者の方にはちょっと物足りないとは思います。ただし、住宅設備機器類は絶対に日本製もしくは日本のメーカーのものをお勧めします。上述してあるとおり、アフターが発生したときに部品がすぐに手にはいるので・・・

輸入住宅に魅力を感じるかたって多いようですね。
とくに海外経験のあるかたは・・・実は私も海外に行っていたことがあり(今でも家族は向こうにいます)、そして何よりも私の勤めている会社でも輸入住宅を手がけていました。
ところが平成10年ぐらいを最期に撤収したのですが理由は
1)円安になり提供価格が維持できなくなった。
2)部材の安定確保が難しく、アフターが発生した際に部材を取り寄せるのに時間がかかる。
3)我々の使っているCADソフトが使えない。(フィートモジュールに対応できない)...続きを読む

Q輸入住宅を建てた会社が倒産しました。メンテナンスは?

8年前に北米型の輸入住宅を地元の会社で建てました。ところが、最近、倒産したらしいのです。
そういった場合、これからメンテナンスをどうしたら良いのでしょうか?

水周りは日本製を使いましたし、外壁や屋根の塗り替えは、どこでもやってもらえると思うのですが、一番の問題はサッシや建具関係かな~と思っています。

網戸の取っ手が壊れてますし(それなりに使ってますが)、合鍵を作りたいのですが、アメリカメーカーの鍵は合鍵屋さんにありませんよね。

倒産した輸入住宅会社で建てた住宅のメンテナンスを引き受けてくれる会社はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 10年前に北米型輸入住宅を地元の会社で建築、5年前に倒産。似てますね~(^-^)。
 実は3年前に雨漏りになりました。原因は2階のサッシでした(日本では考えられないような作りだそうで、雨漏りして当然だと言われました。北米型は雨に弱いみたいです)。この時見積を3社に出させました。全国規模の輸入住宅メーカー、地方の輸入住宅メーカー、輸入住宅を扱ったことがない地元の小さな工務店です。結局、地元の工務店に頼みました。(人柄が気に入りましたので)

 聞いてみると普通の工務店でも輸入住宅用の建具を仕入れることができるそうです。それに輸入住宅のハウスメーカーでも工事は地元の工務店がやりますので、大差ないのではないでしょうか。要は、信頼できる工務店を見つけることと思いました。

 ちなみにサッシは、既に規格の合うサッシがありませんでした(輸入住宅メーカーにも)。泣く泣く日本規格のサッシにしましたが、できあがれば結構良かったです。(高温多湿の日本では、日本製の方が優秀みたいです)

 合鍵は普通の鍵屋にはありませんが、大きな鍵屋に行けば、大丈夫です。

 確かに網戸も特殊ですが、工務店の人は壊れたら作ってあげるよと言われました。
 輸入住宅を特殊と考えないで、信頼できる人を見つけるのが重要ではないでしょうか

 10年前に北米型輸入住宅を地元の会社で建築、5年前に倒産。似てますね~(^-^)。
 実は3年前に雨漏りになりました。原因は2階のサッシでした(日本では考えられないような作りだそうで、雨漏りして当然だと言われました。北米型は雨に弱いみたいです)。この時見積を3社に出させました。全国規模の輸入住宅メーカー、地方の輸入住宅メーカー、輸入住宅を扱ったことがない地元の小さな工務店です。結局、地元の工務店に頼みました。(人柄が気に入りましたので)

 聞いてみると普通の工務店でも輸入住...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q建売と注文住宅どっちがイイかな・・・

漠然とした質問なのですが、建売と注文住宅のメリット、デメリットが知りたいです。

建売のほうが若干安いような気がします。

私はコレといって変わった家にしたい訳ではないのですが、材料の質がやっすいのとかはイヤなんです・・・。

建売ってコスト削減のためにと聞いたことがあるのですが、そんなものばかりなんでしょうか?

分かる方や、建売に住まわれた方の意見よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

最近はレベルを上げてはきていますが、会社によってです。キッチンや洗面台その他を同じものを何台も(色や配置は違いますが)何軒分も使う事によって仕入れ単価を落としているのです。

また、設計図どおりで追加工事などもでないので時間もかかりません。

建売工事を行っている工務店に「建売と同じ仕様で」と言ったら普通の注文住宅より安くはできるでしょう。

但し、床材・キッチン・バス・洗面所・クロス・外壁・玄関ドアなど決まった中からしか形や色は選べませんけど。

最近は新興住宅地などでは大手の住宅メーカーが建売をしています。やはり見た目はいいですね(やはり高いですが)

建売住宅の設計は無駄を無くし、坪数以内に収める事で万人向けの設計ですが、面白みに欠けます。また、使い勝ってまではあまり考えないでしょう。

造作は職人さん次第なので一概には・・・
建売でも注文でも上手な人は上手で、下手は下手ですから。

昔から、「本当に満足する家は3回建てないと解らない」なんて事も言われますが、最近は個性派の設計士さんもいますので相性のいい人に当たればいい家ができますよ。

ちなみの私の親は大工で2回家を建て替えましたが、私は建売をやっている不動産会社で現場やお客さんとの打ち合わせをしていました。
始めの家は建売を買い、今は自分で間取りや仕様など考え設計士に頼み工務店に発注した家に住んでます。(やはり材料は違いますね)

棚ひとつでも、テレビの置き場所でも使い勝っては最高です。

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

...続きを読む

Qツーバイフォーと在来工法の寿命

ツーバイフォーと在来工法はどちらが寿命が長いのでしょうか
ちなみに,一般的にどれくらいの寿命なのでしょうか

Aベストアンサー

気密性能と断熱性能が十分であり、外壁通気層があり、きちんと機能する24時間換気があれば、どちらも同じです。

気密と断熱がセットでないと、暖房を使用する現在、北海道で昔問題となったナミダタケ事件のような壁内結露を引き起こし、木が腐り極端に寿命が短く可能性があります。
日本の高温多湿の気候のためだとか、風土に合っているいないとかいう、根拠の無いことを言う人がいますが、そうではありません。
温度と相対湿度の関係、温度により露天温度がどうなるかを調べてみれば、明らかなことです。

気密性能と断熱性能を具体的に言えば、東京の気候でC値0.5cm2/m2、Q値1.5W/m2Kくらいを下回るのが望まれます。
日本の住宅が短命なのは、先進諸国に対し、これらの性能がまだまだプアーなことも一因です。
http://allabout.co.jp/house/longlifehouse/closeup/CU20030731A/
「200年住宅」では、「省エネルギー等級4相当以上もしくは次世代省エネ基準に対応していること」が、性能基準として条件となっています(東京でQ値2.7W/m2K以下と相当甘いですが)。
http://allabout.co.jp/contents/sp_eco_c/housetrend/CU20080605A/index/

スウェーデンも住宅先進国ですが、特にドイツを調べてみれば分かりますが、日本の超高断熱のQ1住宅(Q値1W/m2K以下)より厳しい省エネ基準が掲げられています。
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/50366906.html
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/51448572.html
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/50698819.html

また、24時間換気ですが、現在は測定まで義務付けられていないため、ただ付けただけのもの、家の気密が不十分でショートカットが生じている場合など、正しい換気量が確保されていない場合が多いことに注意が必要です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/554

上記以外が十分な上で、消耗部分のメインテナンスがされていれば、家の寿命は、基礎のコンクリートの中性化が進みますから、かぶり厚がどれだけあるかによって強度が保たれる期間は決まってくるでしょう。
多くは、60年程度が想定されているはずですから、実際には、100年くらいは持つのではないでしょうか。

気密性能と断熱性能が十分であり、外壁通気層があり、きちんと機能する24時間換気があれば、どちらも同じです。

気密と断熱がセットでないと、暖房を使用する現在、北海道で昔問題となったナミダタケ事件のような壁内結露を引き起こし、木が腐り極端に寿命が短く可能性があります。
日本の高温多湿の気候のためだとか、風土に合っているいないとかいう、根拠の無いことを言う人がいますが、そうではありません。
温度と相対湿度の関係、温度により露天温度がどうなるかを調べてみれば、明らかなことです。

...続きを読む

Qラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

たびたびこちらでお世話になってます。
新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。

当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。
しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、
50万円UPすると工務店に言われました。

そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、
「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよいが、
梅雨のある日本にはむかないし、最近のゲリラ豪雨のように横から吹き付ける激しい雨
によって、雨が侵入する。施工も大変だし、扱ってるメーカーも少ないからやめたほうがいい」
と言われました。

納得いかない気持ちでしたので、メーカー(東レ)に問い合わせたところ
「サイディングの種類によって雨漏りしやすいということはない。どんなサイディングボードを
使っても横雨にたいしてはサイディングの裏側に水は入る。そのために防湿シートを施工するし、
水が抜ける穴もつける。」
というものでした。
メーカーだから、悪い事は言わないのは当然かもしれませんが、工務店側の言い分は本当に
正しいのでしょうか?

ラップサイディングって、施工がそんなに難しいのでしょうか?
工務店がやけにラップサイディングをいやがっているのは何なのでしょうか?
施工の技術に自信がない?
それとも本当に雨漏りするので施主側のことを思って言っている?

土地にくっついている工務店なので、変更することはできません。
この工務店にやってもらうしかありません。

ラップサイディングは雨漏りしやすいのか?
ラップサイディングは施工が難しいのか?

この2点についてお知恵をお貸しください。

ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

たびたびこちらでお世話になってます。
新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。

当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。
しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、
50万円UPすると工務店に言われました。

そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、
「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよい...続きを読む

Aベストアンサー

昼休み前から・・・・自分の投稿記事で気が気で無かったのですが・・・・
 #1です。 追加で書き込んだ 回答で やっぱりミスってました。すんません!!。

窯業系サイディングの 施工後の収縮率ですが・・・単位を間違ってました。
通常品で 4‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.4% 3Mの板で 12mm
セラディール18 で 1‰( %0 パーミル 1000分の1)= 0.1% 以下 3Mの板で 3mm以下
となります。

取り急ぎ・・・以上訂正致します。
  
  

Qグラスウールを高性能にすれば・・・・

都内で家を新築予定(木造軸組み)のものです。
建築を依頼している工務店では16kのグラスウールで施工するようです。
オプション料金で高性能グラスウール24kや32Kのものに変更すれば、
期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか?
また部屋と部屋の壁にも防音としてグラスウールをいれてもうおうと思いますが
防音性能は期待できますでしょうか?
グラスウールは施工する業者によるところが大きいようですが、
みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

グラスウールにも色々ありますから一概にはいえませんが、断熱性能は断熱材の熱伝導率でわかります。
それと厚さで性能が変わります。
NPO新住協が作ったQPEXというQ値を計算するソフトで計算してみました。
同じ厚さでは高性能GW24Kと34Kではあまりかわりませんが、高性能ではない16Kでは少し差が出ました。
グラスウールの評判はいろいろですが、安く厚さによって性能がでやすいので私もグラスウールにしました。
一番、流通しているのは高性能16K、24Kあたりでしょうから、安く手に入るのではないでしょうか?
断熱性能を上げるのは、窓の強化(樹脂サッシ等の導入)、断熱材を厚くする、熱交換システムを導入。バランス良く強化すると良いと思います。

グラスウール、セルロースファイバー、断熱材はしっかりした業者に施工してもらった方が良いと思います。そのときは隙間値(C値)が参考になるのではないでしょうか?
HMがC値2.0以下、平均1.0、0.5以下は秀逸だと思います。1.0以下であれば問題ないと思いますが。

以上、参考になれば幸です。


人気Q&Aランキング