犬のブリーダーをやっているのですが、親犬が子犬を産むときに帝王切開の手術を受けることがよくあります。その手術費用はどのような勘定科目で処理したらよいのですか?また産まれてきた子犬はどのように処理したらよいのですか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

くわしく、ということですが、「経費」として出て行ったことに違いないのですから、「親犬医療費」「出産経費」とか項目を作って記帳していればいいと思います。

動物の医療費は医療費として扱われません(人間の医療費は経費じゃないけれど医療費控除がある)が、仕事で飼っている犬については商売道具扱いされるのではないかと思います。
他の業種と項目名まで無理に合わせると、どっちになるかな?というものが、例えば、2月には○○で処理したのに11月には△△出処理、とかいうことになることもあったりしますから、ご自身の経営形態に合わせた項目の方がいいように思います。

どうせ、申告は「経費」としてまとめるわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2002/03/18 22:38

ブリーダーの種別に疎いので、まったく自信はありませんが、


親犬が自分の飼い犬で、子犬をペットショップに販売することで収入にするのなら、手術費用は、個人タクシーのオーナーが車の修理をするのと同じ扱いでいけると思います。

「内訳書」の項目を考えておられるのではないかと思いますが、個人事業まで提出を強制されませんので、自分なりの項目をつけて区分しておいて、記録したほうがいいと思います。どこかの経費にはいっていれば、そうとうスカタンしないかぎり文句は言われません。(食事代を通信費にしたり・・)

子犬は「資産」にあたると思います。金額的にいくらぐらいになるか、というと、しろうとにはチョッと難しいですね。あるていど成長したら値段が下がったりするし・・。

この回答への補足

個人タクシーのオーナーが車の修理をする時の扱い方も分からないのですが・・。
すいませんが詳しく教えていただけませんか?

補足日時:2002/03/15 11:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の購入費用と維持費は経費として認められるんですか?

私は商売をしています。
店のマスコット犬として飼おうと思っています。
ブリーダーさんが番犬としてなら費用を経費できると言います。実際にされている人もいるとか。
本当ですか?

Aベストアンサー

友人の会社で経費で計上してます。
ペットをこんな言い方も何ですが
犬は20万円以上のため、「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」
別表1の「器具備品」の「生物」の「その他のもの」の耐用年数8年を適用で計上しました
当然、ペットにかかる食費、治療費も計上できます
ただし法令で規定されている飼育することにより、収益を得ることを目的としています。
従って、直接あるいは間接的に、収益に結びつかない生物の損金算入は認められないと考えられますので
この辺りの位置づけをすることが必要です。
しかし法人税の通達には熱帯魚、カナリヤ、番犬その他の生物を入れる容器
(器具及び備品に該当するものに限る。) と記載されていることから減価償却資産と
して取り扱って差し支えないと思いますが担当税理士がどう判断されるか確認して欲しいです

Q家畜の売上原価と棚卸について

自社牧場で飼育している羊を食用として出荷しています。
平均頭数は200頭で、その中から1歳未満の子羊をラム肉用として出荷し、すべて自社牧場で出産したもので賄い、羊自体を購入することはありません。
この場合の会計処理ですが、次のような方向性で妥当でしょうか?

(1)当期の飼育に要する費用(飼料費、人件費、減価償却費等)を平均頭数で割り、さらに365日で割って、1頭1日当たりの費用を算出。
(2)売上に対する原価は、(1)の1頭1日当たり費用×当該子羊の飼育日数。
(3)棚卸評価は、評価時点で個体ごとに(2)の数値を算出し、各個体分を合算

これを踏まえてPLの売上高と売上原価としては・・・
売上高:子羊の出荷実績より
期首棚卸:前期の期末棚卸
生産費用:出荷した各子羊の生産費用合計
期末棚卸:上記(3)の数値

稚拙な説明で恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1歳未満の子羊だけを出荷しているということは、繁殖用の雌羊と雄羊がいるということですよね。この繁殖用の羊の飼育費用は販売用子羊の生産費になるでしょうし、繁殖用に使えるようになるまでの飼育費用は固定資産の取得価額として把握すべきではないでしょうか。

販売頭数+販売用期末頭数-販売用期首頭数=当期生産頭数
と考えて良い(病気等で販売頭数が激減した場合を除き)でしょうから、
(繁殖用羊の飼料等費用+繁殖用設備の減価償却費+その他の繁殖直接費用)を、当期生産頭数で除すと1頭あたり繁殖費(出産までの費用)が算出できるでしょう。
ということで、まず繁殖用羊の飼育費用と販売用羊の飼育費用を区分して把握する必要があるかと思います。
繁殖用羊も販売用羊と同じ飼料で飼育しているならば、下記の飼育総日数に(繁殖用羊頭数×365)を加算し、それに対応する飼料費を算出します。

各羊について飼育日数を把握していいるのであれば、
販売羊頭数×365+期末販売飼育羊の飼育日数合計-期首販売飼育羊の飼育日数合計=販売用羊の当期飼育延べ日数  ですから、この日数で (当期飼育総費用-上記の繁殖費用)を除して、販売用羊の1日あたり飼育費用を算出します。
で、期末の棚卸高は
1頭あたり繁殖費×期末頭数+1日あたり飼育費用×期末羊の飼育日数合計  になります。
これで、期首棚卸高+飼育総費用-期末棚卸高=売上原価 です。

幾つか疑問点など
・販売する羊は1歳未満ということなので、販売している羊の飼育日数は365ではなく340とか350の方が良いのではないでしょうか。
・離乳前後の羊や妊娠中の羊は特別の飼料ではないのですか。飼料の値段がかなりちがうというのであれば区分して把握した方が良いかとも思います。
・繁殖用羊の法定耐用年数は雄4年、雌6年のようですが、実際のところそれだけあるのでしょうか。また取得価額が10万円未満であれば減価償却せずに期間費用とするでしょうが、その場合繁殖費用を適切に算出できるのでしょうか。
・どういう育成段階を経て出荷までになるのか全く理解していませんので、見当外れな回答になっているかもしれませんが、総合原価計算の応用として考えてみました。

1歳未満の子羊だけを出荷しているということは、繁殖用の雌羊と雄羊がいるということですよね。この繁殖用の羊の飼育費用は販売用子羊の生産費になるでしょうし、繁殖用に使えるようになるまでの飼育費用は固定資産の取得価額として把握すべきではないでしょうか。

販売頭数+販売用期末頭数-販売用期首頭数=当期生産頭数
と考えて良い(病気等で販売頭数が激減した場合を除き)でしょうから、
(繁殖用羊の飼料等費用+繁殖用設備の減価償却費+その他の繁殖直接費用)を、当期生産頭数で除すと1頭あた...続きを読む

Q動物の治療費の勘定科目は何が妥当でしょうか

飼っている動物が病気になったので病院に連れて行き、治療を受けたのですが、その治療費を何の勘定科目で処理するのが妥当なのか悩んでます。
動物であっても資産なので「修繕費」が一番妥当かなと思っているのですが。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

病院へ連れて行きということは、家畜ではありませんよね?
「耐用年数の適用等に関する取扱通達」に、以下の見解が示されています。

(生物)
2-7-16 別表第一の「器具及び備品」に掲げる「10 生物」には、動物園、水族館等の生物並びに備品として有する盆栽及び熱帯魚等の生物が含まれるのであるが、次のものについても生物について定められている耐用年数を適用することができる。
(1)  医療用の生物
(2)  熱帯魚、カナリヤ、番犬その他の生物を入れる容器(器具及び備品に該当するものに限る。)

ここに該当する「生物」として、固定資産になっている動物の治療費でしょうか?
病気治療は価値を高める行為ではないでしょうから、資本的支出にはならないでしょうね。
(免疫で抵抗力がついたから価値が高まるという見解もあるか??)

まずは、損金算入可能でしょうから、修繕費でも、あるいは餌代と同じ科目でも差し支えないかと思います。

あるいは動物プロダクションさんなど、動物が主体になったお仕事でしたら「治療費」などと、勘定科目を独立させるかも知れませんね。

こんにちは

病院へ連れて行きということは、家畜ではありませんよね?
「耐用年数の適用等に関する取扱通達」に、以下の見解が示されています。

(生物)
2-7-16 別表第一の「器具及び備品」に掲げる「10 生物」には、動物園、水族館等の生物並びに備品として有する盆栽及び熱帯魚等の生物が含まれるのであるが、次のものについても生物について定められている耐用年数を適用することができる。
(1)  医療用の生物
(2)  熱帯魚、カナリヤ、番犬その他の生物を入れる容器(器具及び備品に該当する...続きを読む

Q繁殖・肥育牛一貫経営の簿記

繁殖・肥育牛一貫経営の企業の会計についてですが,肥育牛はなぜ資産になるのでしょうか。
原価計算の時に,減価償却するのはどうしてですか。
普通の企業のように,材料を仕入れて,加工をするのと同じに考えては駄目なのでしょうか。
素牛に飼料などを与えて,まだ出荷しないなら,仕掛かり品か在庫としておいておくのではないのでしょうか。
簿記が分かりませんので,どなたか詳しく教えて下さい。

また,繁殖牛の農家でも同じようにしているのですか。教えて下さい。

Aベストアンサー

●繁殖・肥育牛一貫経営の畜産所得者用の簿記お答えします。

肥育牛は、通常「畜産部会」などのせり売り場から、子牛として買い付け、成牛(おおむね2年6ヶ月)体重780kg超まで、育成します。
●このとき育成中の牛はまだ、商品として出荷できないため、畜産所得の計算上(資産計上)されます。
このとき、肥育牛の成長速度が1年で、成牛になるのであれば、資産計上しなくても期中で仕入れて、期中で売りさば(認定市場)けば、資産に計上しなくてもいいわけです。
●資産に計上するという意味は、年末に事業用(牛)として生きているわけです。

 例えば、1年~若しくは 濡れ子から、成牛になるまで、育てて売りさばいたとしましょう。
 
 餌代金がかかりますよね・・・・・成牛になるまでの期間、要するに太らして売るために、餌を牛に与えたわけですから、食わせてしまった餌代に該当する(費用の合計額が)=親牛が棚卸資産として処理されることになります。

●<質問>素牛に飼料などを与えて,まだ出荷しないなら,仕掛かり品か在庫としておいておくのではないのでしょうか。
<回答>仕掛品や在庫という科目が↓育成費用で棚卸(成牛)と表示されただけです。
このことが、いわゆる農業収支計算書の、育成牛の計算(資産)に計上する金額です。
せり売りや、と殺場で出荷処理されるまでは、資産(家禽)=繁殖・成牛として帳簿残高に記載することになります。
<目安飼料費>各県連の畜産部会事務局へお問い合わせください(目安で説明しています)。
          子牛&肥育牛    搾乳牛の育成
月齢
生後 1ヶ月    1,000円     4、000円
生後 2ヶ月    2,000円    13,000円
生後 3ヶ月    4,000円    22,000円
生後 4ヶ月    6,000円    31,000円
生後 5ヶ月    9,000円    39,000円
生後 6ヶ月   14,000円    48,000円
生後 7ヶ月   20,000円    57,000円
生後 8ヶ月   27,000円    66,000円
生後10ヶ月   41,000円    84,000円
生後12ヶ月   58,000円   102,000円
生後14ヶ月   76,000円   122,000円
生後16ヶ月   98,000円   146,000円
生後18ヶ月  120,000円   170,000円
生後20ヶ月  142,000円   194,000円
生後22ヶ月  164,000円   218,000円
生後24ヶ月  186,000円   242,000円
生後26ヶ月  208,000円   266,000円
生後28ヶ月   230,000円   290、000円
生後30ヶ月  252,000円   314,000円
________________________________________

↑牛の年齢 ↑肥育牛の育成費   ↑搾乳牛の育成費
このような「育成費用」が年間(牛の年齢に応じて)かかると思われます。

 では、繁殖牛によって生まれた子牛が 2年6ヶ月いわゆる、30ヶ月で出荷できるまでにかかった育成費用の総額は、{1+2+4+6+9+14+20+27+41+58+76+98+120+142+164+186+208+230+252=1658}千円と計算されます。
成牛になるために、食べさせた餌の代金総額=育成費用は、1、658,000円となります。

畜産経営の難しいところは、1,000、000円超で牛がせりにかかって落とされれば、どうにか赤字経営は回避できると思われます。
●1歳4ヶ月で仕入れた牛は、この1,658、000円の金額から1歳4ヶ月までの育成費を差し引いた(生後16ヶ月までの飼料代の累計額を控除)=356,000円の餌代を控除後の金額が成牛にかかったことになります。
1、658,000円-356,000円=1,302,000円
●*餌代金の育成費用は、やや高めに設定しております。
その理由は、繁殖牛のさし(いわゆる)しもふりを形成させるために、必要な餌の食わせ方(順番)を今回、考慮して目安としてご説明しました。

●このように、餌代が、繁殖牛も成牛も出荷されるまでは、かかりますので、資産計上するわけです。
繁殖牛の農家は、F1とか ブレンド牛の種付け収入が、人工授精士を通じて、行われますので、濡れ子として出荷されたりします。
●生後数ヶ月の牛の飼料代が1,000円と低いのは、親牛の乳を飲んで太らせている期間に該当するためです。

○原価計算の時に,減価償却するのは、加齢による牛の老化を計上することです。

○<質問&答え>繁殖牛の農家では、濡れ子の循環サイクルが早くなりますので、棚卸の牛の頭数は、毎年、事業用として販売目的に飼育した頭数を資産計上をすることとなります。

●餌代は、配合飼料も価格差補填金もありますから、しっかり記帳と育成牛に専念され、より現実に近い会計記録で、収支計算書(農業=畜産所得者用)を作成ください。

他:家畜の死体の焼却又は埋却の支援 食品安全基本法 飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/strsearch.cgi
○その他は、↑に肥育牛と入力して、お調べ下さい。

●販売を目的として飼育している家畜及び事業の用に供する目的をもって飼育している未成熟の家畜について棚卸をおこなう。
●家畜の原価の価格の計算については、該当する家畜について成熟後、事業の用に供するに至ったときから計算する。
したがって、たとえ現に事業の用に供している場合であっても、未成熟のもの又は、成熟期に達しているものであっても、現に事業の用に供していない場合は、これらの計算をおこなわないものであるから注意してください。

●繁殖・肥育牛一貫経営の畜産所得者用の簿記お答えします。

肥育牛は、通常「畜産部会」などのせり売り場から、子牛として買い付け、成牛(おおむね2年6ヶ月)体重780kg超まで、育成します。
●このとき育成中の牛はまだ、商品として出荷できないため、畜産所得の計算上(資産計上)されます。
このとき、肥育牛の成長速度が1年で、成牛になるのであれば、資産計上しなくても期中で仕入れて、期中で売りさば(認定市場)けば、資産に計上しなくてもいいわけです。
●資産に計上するという意味は、年末に事業...続きを読む

Qブリーダーって儲かる仕事なんですか?。

 私はこれまでペットを飼ったこともないので、ペットの世話がどれだけ大変が知りません。
 そこで、知りたいんですがブリーダーさんっていますよね。
 あのお仕事ってすごい儲かる仕事なんでしょうか?。育てる技術も必要とされるんでしょうか?。
 自宅を改装して何十匹と飼っている方もいらっしゃいますよね。
 ご存知な方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

 何日か前、盲導犬の繁殖ブリーダーさんの話をTVでやってましたね。
殆ど無償でやってて、ボランティア団体の募金で、ほんの少し食費が貰える程度。
完全な赤字ですが、人の為に役立つ事をしたいと考え、ブリーダーに志願したとか?
一部の人間から、「動物虐待」とか「金儲け」だとか言われる事もあるとの事。
良質のブリーダーさんなら、金儲けの為ではなく、目的があっての子育て感覚だと思います。
大変だけど、稼ぎにはならないけど、やりがいのある仕事と言う感じでしょうね。

 悪質繁殖業者の話とか知ってますか? ウソのような本当の話。
「ばっちゃん」と言う絵本を読むと、その世界の一部が覗けるかと思います。
http://www.larryscompany.com/battyan.html
 犬小屋の掃除はしないとか、ゲージから1歩も外に出さないとか、
子供を身ごもるまで餌を与えないとか、体罰を加えるとか、あるらしいです。
これで子供が出来てしまうのだから、儲かるって事にはなるのかな?
でも、これはブリーダーでは無いですね。工場生産って感じですか?
うちに今居る子も、保護団体から引き取った子で、状況的には酷かったです。
推定8歳で、子供100匹以上産んだ形跡あり。全身の毛が抜け落ちて皮膚が壊死。
1~2メートル外を歩いただけで倒れ、50メートル歩いた時点で肉球から
血が滲むような状態。子宮は破裂しそうなくらいに腫れ上がってました。
推定8歳で100匹以上の子供って、計算合わない気がしましたよ。どうやって??って
考えました。1回の出産で5~6匹産んで、年2回として8年で70匹~80匹。
フル稼働しても無理な訳で、どうするかと言うと、親離れを、物凄く早い時期に
させてしまうのですね。子育ての終了した子は、直ぐに次の子を産むために、
身体が準備を始めるので、半年計算では無くなるとか?? 子供を産ませて、
子育てせずに、どんどん次って事になれば、餌代なんかもかなり浮きますね。
病気になっても放置されてた様ですし…。儲けられたとしても、絶対に
やって欲しくないです。

 うちの子、ずっと病院通いで、通常掛かる通院費が月5万とか。これで何か
他に病気とかに掛かったらと考えると、好きでなきゃやってられない金額ですね。


 今朝のニュースであった事と言えば、犬宿舎全焼で100匹の犬が焼死って
やつですね。犬宿舎に薪ストーブを使ってたとか言う事ですから、何かに
引火したと考えるのが普通かと思います。人間は煙に気づいて、即非難したとか?
なんで100匹も飼ってるのか理解出来ません。そして、何故、火事と気づいて
犬を助けなかったのか?? 想像でいくなら、犬が逃げ出して、他人を
怪我させる事を心配したか、商売道具が逃げてしまう事を恐れたかですね。
躾がきちんとされてる子で、飼い主がしっかり面倒を見きれる範囲なら、
緊急時に外に逃がしても、遠くまで行かない気がしてます。それが出来ないって事は、
許容量を超えてるって事じゃないかと思いました。腹立たしい事件ですね。

 何日か前、盲導犬の繁殖ブリーダーさんの話をTVでやってましたね。
殆ど無償でやってて、ボランティア団体の募金で、ほんの少し食費が貰える程度。
完全な赤字ですが、人の為に役立つ事をしたいと考え、ブリーダーに志願したとか?
一部の人間から、「動物虐待」とか「金儲け」だとか言われる事もあるとの事。
良質のブリーダーさんなら、金儲けの為ではなく、目的があっての子育て感覚だと思います。
大変だけど、稼ぎにはならないけど、やりがいのある仕事と言う感じでしょうね。

 悪質繁殖業者の話...続きを読む

Q固定資産「生物」で子供が生まれて増えた場合の会計処理は?

固定資産の種類の中には「生物」がありますが、
この生物に子供が生まれた場合、どういった仕訳が起きるのでしょうか。

借方は資産(生物)が増えそうな気がするのですが、相手勘定が全然わかりません。
営業収益かなとも思ったのですが、1期で全額収益計上はおかしいような。。。

ずっと気になっています。
ご存知な方、ぜひご教授ください。

Aベストアンサー

少し後の家畜の処理に対する質問を参照してください。
繁殖用家畜と種付け用家畜は固定資産です。

(固定資産家畜の減価償却費+飼料代等+飼育舎などの減価償却費)
が、生まれた生物の取得価額です。
したがって、生まれた生物が繁殖用だったり、乳牛だったりの固定資産に該当するものであれば、使えるところまで成長させる費用を含めて

 生物 / 飼育原価(他勘定振替) という仕訳になります。

生まれた生物が肉牛だったり、豚だったりの販売用のものであれば、
1頭当たり繁殖費用(上記の取得価額)+期末までの飼育費用を仕掛品として計上することになるはずです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5258958.html

Qブリーダーって儲かるんですか?

今、チワワとかすごい人気ですよね?
そこで、たくさんブリーダーさんとかいらっしゃるけど、
あれって儲かるんですか??

どんな金額でやりとりされてるんでしょうか??
ペットショップでは50万とか、60万とか高額で
売られてますけど・・・。

何かすごく気になるんで、誰か教えてくださーい!

(*- -)(*_ _)ペコリ

Aベストアンサー

ほとんどのブリーダーは、儲かっていません。
収入が支出よりも多い人は、人数的には多いのですが。
しかし、そこから自分や家族の働いた時間を時給1000円で差し引いたら、99.9%は赤字だそうです。
まぁ、好きだからやっていけるのだと思います。

ごく一部の、コンテストに入賞するようなブリーダーでしたら、儲けがある人もいるようですが…

子犬の卸値は、安い物です。
販売店は、予防注射とか、子犬が死んだ場合の保険とかも加算して、あの値段になります。
そもそも、店の家賃と店員の人件費を加算しているわけですから、タダで貰った子犬でも10万以下では売れない計算になります。

ちなみに、ブリーダーから直接購入すると、安いかわりにそれらの手間と経費がかかりますし、万一の場合の保証が全くありません。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Qフレンチブルドックの交配

12月で2歳になるフレンチブルドックのメスを飼っています。交配を希望しており、前回の発情期にチャレンジしたのですが失敗してしまいました。
近日中にまた発情がくるので、またチャレンジしようと思っています。前回は購入先のブリーダーさんにお願いしました。その際に鼻から人工受精でやるとのこと。信じて疑わなかったのですが、その後、うちの近くのブリーダーさんに自然交配しなかったの?と言われ(そのブリーダーさんとは動物病院で偶然出会い、その際に妊娠中のフレンチを連れていたのですが)本来フレンチも自然交配、自然分娩の方が良いのでしょうか?自然交配には人の手助けが必要と何かで読んだので、どちらにしてもプロにお任せするしかないものと思っているのですが・・・フレンチブルドックの交配の情報をお願い致します。また、交配の相場もご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

交配は自然交配が多いと思われます。
交配価格については牡犬のクオリティーによって変わります。
AM.CH・INT.CH・JKC・CH、そしてノンタイの順に安価になるはずです。
更に申上げれば同じタイトルホルダーでも
ブリーダー所有犬と一般オーナー所有犬でも価格に差異があるはずです。

分娩に関しては切開が基本でしょう。
自然分娩で生むにはとても厳しい犬種です
無理に自然分娩を行えば仔犬、母犬に負担がかかりますし
仮に生まれたとしてもスカルの形成が悪くなり
カバのような犬になってしまう可能性もあります。
自然分娩で安産となるような子もたまに居るようですが
その仔犬はフレンチブルドッグとしては論外
確実にカバ顔の駄犬になることでしょう

他の質問を見ていて思うのですが
ブリーダー、ブリーダーという書込みを目にしますが
真のブリーダーとエセブリーダーをきちんと見分けましょう
交配を行う=ブリーダーではありません。
ショーに勝てるクオリティーの高い個体を作り出すべく努力し
且つ、健康にも十分配慮し先天性疾患が発症しないよう
努力を怠らない者こそブリーダーです。
つまり、素人ブリーダーやパピーミルブリーダーは
真のブリーダーとは言えないということ頭の片隅に置いておいて欲しいと思います。

ところで・・・鼻から受精って一体なんですか?
本当に鼻からなんですか??
鼻腔と生殖器の接点が判らないのですが
そのへんきちんと確認しておいた方が良いですよ

交配は自然交配が多いと思われます。
交配価格については牡犬のクオリティーによって変わります。
AM.CH・INT.CH・JKC・CH、そしてノンタイの順に安価になるはずです。
更に申上げれば同じタイトルホルダーでも
ブリーダー所有犬と一般オーナー所有犬でも価格に差異があるはずです。

分娩に関しては切開が基本でしょう。
自然分娩で生むにはとても厳しい犬種です
無理に自然分娩を行えば仔犬、母犬に負担がかかりますし
仮に生まれたとしてもスカルの形成が悪くなり
カバのような犬になってしまう可能...続きを読む


人気Q&Aランキング