AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ヨーグルトプリンを作ろうと思って、ゼラチンを水でふやかし、湯せんにかけて溶かした後、ヨーグルトに入れて混ぜました。
するとゼラチンの周辺だけが、もろもろとダマ状に固まってしまい、舌触りの滑らかなプリンにはなりませんでした。
ヨーグルトが冷たいので、温かいゼラチンが、急激に固まってしまったのが敗因だと思うのですが、うまく作るには、ヨーグルトを温めないとダメなのでしょうか?
ヨーグルトプリンの失敗しない作り方を、どなたか、どうぞ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ヨーグルト」に関するQ&A: ヨーグルトの作成

A 回答 (3件)

#2さんの通り、ヨーグルトを温める必要があります。


ただ、#1さんの通り、酸化が強い食品なので
1.粉ゼラチンを十分ふやかし、一旦固化。
2.ヨーグルトをある程度温める。
3.温まったヨーグルトにゼラチンを入れて溶かす。
4.溶かしたあと、氷水などで30℃くらいまで冷やす。
5.レモン水などを少量いれてあわせる。
6.すぐに、小分けして冷蔵庫にいれる。

環境にもよりますが、たぶん経験上、もしも...というときにやってみてください。
一応、一番よく使われているレシピを一番優先的に使ってみてください。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~gizura/oyatu8.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
ヨーグルトを温めたら、乳酸菌が煮えて死んでしまったり、スッパイ匂いがぷんぷんしてすごいことになるのではないかな?と思っていたのですが、ボコボコに沸騰させない程度に温めて、もう一度作ってみます。

お礼日時:2006/09/06 00:06

ヨーグルトを室温にしっかり戻し、滑らかになるようにしっかり混ぜてください。



おそらく、熱いゼラチンが、冷たいヨーグルトにびっくりしてしまったのだと思います。
1番の方に申し訳ありませんが、ゼラチンでヨーグルトは固まりますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
熱いゼラチンが、冷たいヨーグルトにびっくり・・・確かにそんな気がします。入れた瞬間、「あっ」と言うが早いか、もろもろになってしまったので・・・。
そう言えば、このときのヨーグルトは、直前まで冷蔵庫に入れたままでした。
次はしばらく室温に置いて、よ~く混ぜてから作ってみます!

お礼日時:2006/09/06 00:00

こんにちは。


ヨーグルトはゼラチンではうまくいかないと思います。
確か酸性の強い食品だとゼラチンその物がうまく固まらないと記憶します。

寒天をお使いください。
寒天を煮てとかし、冷めても固まるまでにはかなり時間がありますので、十分混ぜる余裕があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
市販のヨーグルトには、一部、ゼラチンで固めたものが売られているので、「お菓子工場にはできても、もしかしたら家庭ではむつかしいのかも」と思っていたのです。
粉寒天を買ったときについてきたリーフレットを、もう一度確認してみますね。

お礼日時:2006/09/05 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼリーが固まりません。ゼラチンを足しても大丈夫ですか?

ゼリーを作りましたが固まりません。
ネットで調べてみた所、「温めすぎた」「クリームに混ぜる前にゼラチンの熱を取らなかった」などが理由のようです。
水分量に対してのゼラチンの量には問題ありません。

そこで質問なのですが、このゼリーにさらにゼラチンを足しても大丈夫ですか?
上記の失敗理由を気をつけて、再度ぬるま湯にゼラチンを溶かし、この固まらなかったゼリーに混ぜたら固まりますか?

回答いただけますようよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

『クリームに混ぜる前にゼラチンの熱を取らなかった』??
それは関係ないように思います。

加熱後、溶けたゼラチンは温かいまま、ゼリー液(今回はクリームにあたるのかな)に入れて問題ないはずですが。

ゼラチンの加熱は、4~5g程度なら、水大さじ2に振り入れ、5分以上おいて戻し、500wのレンジで20秒加熱で十分です。
ゼリー液を温めたところへ戻したゼラチンを入れるなら、ゼラチンを加熱する必要はないです。ゼリー液の余熱で溶けます。
ゼラチンは決して加熱しすぎてはいけません。
NO1さんも仰るように、凝固力のなくなったゼラチンはもう固まりません。

ご質問の、『このゼリーにさらにゼラチンを足しても大丈夫ですか?』は
足してもかまわないと思いますが、ゼラチンくさくなると思います。
においが気にならなければよいのでは…。

Qムース作りのこつを教えてください。

ふわふわした泡いっぱいのヨーグルトムース。
作り方は粉ゼラチンを水に振り入れて湯せんでとかしとく。
ヨーグルトに溶かしたゼラチンを入れてとろみをつける
泡立てたメレンゲと生クリームをそれに入れて混ぜる。
というのを作ったのですが(大まかに)、
粉ゼラチンが細かいだまになりました。ぷちぷちする感じで。
こういうときはヨーグルトを温めておいたら
ゼラチンはだまにならないのでしょうか?
なにせ、ムース作りは初めてだったもので・・・
味はおいしかったのでどうやったらきれいに
混ざるのか、教えてください。
それとも、そういうお菓子だったのでしょうか??

Aベストアンサー

ゼラチンを使ったお菓子は、ゼラチンを分量の水でふやかした後、
牛乳などの温めてもよい液体にゼラチンを入れ、火にかけてゼラチンを混ぜ溶かすのが基本です。
こうすることでゼラチンがまんべんなく溶けます。
その場合、ゼラチンが溶けたらすぐに火からおろしてください。
(沸騰させるとゼラチンが変質して、固まりにくくなるそうです。
また、ゼラチンは水にふり入れてふやかすのであって、
ゼラチンに水を加えてふやかすのではゼラチンが均一にふやけません)

ダマになったのは、多分指摘されるように冷たいヨーグルトに混ぜたので
湯せんしたゼラチンがすぐに固まってしまい、ダマになったのではないのでしょうか?
(温かい中にでしたら湯せんしたゼラチンもキレイに攪拌したのかもしれませんが)
レシピどおりではなくなってしまいますが、生クリームを少し減らして、
減らした分ほど牛乳を入れて、温めた牛乳でゼラチンを溶かすと今度はうまくいくと思いますよ。

あと、ムースのコツはメレンゲを特にしっかり泡立てることですね。
(ボールをひっくり返してもメレンゲが落ちない固さ。
また、砂糖を分量よりも多く減らしすぎるとメレンゲはしっかり泡立ちません)
私はメレンゲを作る場合、電動ミキサーで一気に高速回転で混ぜ、
ひっくり返しても落ちない固さになったら、今度は低速回転で1~3分程混ぜます。
こうすることによって、高速で泡立てた時にできた大きな気泡が小さくなるとためしてガッテンでやっていました。
大きな気泡があると、小さな気泡を取り込んで、ますます大きな気泡になるのだそう。
ちょっとガッテンとは違う方法ですが、こういうやり方もあるということで…)
メレンゲを「(生クリームなどに)さっくり混ぜる」と書いてあると思いますが、ヘラで混ぜるよりも
(手動の)泡立て器で混ぜてしまった方がメレンゲが均一に混ざり、またこっちのほうが泡が潰れにくいです。
(ヘラだとどうしても均一にまざらず、均一に混ぜようと時間をかけすぎて泡が反対に潰れたり、
混ぜ方が足りなさ過ぎてメレンゲが残ることが多いですね)
また、メレンゲを混ぜる際は3回ぐらいに分けて混ぜたほうが泡もちはいいですね。

失敗は成功の母なり!で再チャレンジしてみてください。
(特にお菓子作りは失敗しないとわからないものだと思います。
私も失敗して初めてコツというものが解るようになりました)

ゼラチンを使ったお菓子は、ゼラチンを分量の水でふやかした後、
牛乳などの温めてもよい液体にゼラチンを入れ、火にかけてゼラチンを混ぜ溶かすのが基本です。
こうすることでゼラチンがまんべんなく溶けます。
その場合、ゼラチンが溶けたらすぐに火からおろしてください。
(沸騰させるとゼラチンが変質して、固まりにくくなるそうです。
また、ゼラチンは水にふり入れてふやかすのであって、
ゼラチンに水を加えてふやかすのではゼラチンが均一にふやけません)

ダマになったのは、多分指摘されるよ...続きを読む

Qムースが分離します。

温度を同じにして混ぜたのに、液と生クリームの泡と分離して、脂っぽいムースになってしまいます。

友人の誕生日パーティーの為に、デザートを研究中ですが、スポンジケーキを焼いてもうまくいかないし、ムースを作ってもうまく行かず、気がおかしくなりそうです。

ムースを作るときに、生クリームの温度と駅の温度が違うと分離すると聞きましたので、液のほうを氷水で冷やして作ってみましたが、やっぱり分離してしまいました。生クリームを泡立てすぎたのでしょうか・・・。

どなたかご教示ください!!

Aベストアンサー

こんばんは。

> 液体を冷蔵庫に入れて、1時間半待ち、

これだけ長時間 冷蔵庫にいれてゼリー状に固まらないのなら
ゼラチンが相当 少ないレストランのデザートのようなレシピだと
推測します。

だとすると、生クリームを泡立てる時も氷水にあてて暖まらないようにして
ゼラチンを加えた液体も 氷水にあて攪拌しながら冷やし
少しとろみがついたところで生クリームと混ぜると解決すると思います。

温度計については、普通の100℃まで計れる棒状のもので
十分 役に立つと思います。
ただ何度で生クリームと混ぜたらよいのかは、レシピによって
大幅に違うので ご自身でトライアンドエラーで探すしかありません。

レストランのデザートのようなゼラチンの弱いものなら
ゼラチン液は、10℃くらい
ケーキ屋のようなある程度の形が保てるほどのものなら
18℃くらい
まるで泡だった羊羹のようにガチガチに固めるゼラチンの強い
配合なら 25℃くらいといった感じです。

では、うまくいくことを祈っていますね。
ジルより

Q牛乳寒天が分離!?してしまいました。

粉寒天8gを水200mlである程度煮溶かしてから、冷たいカルシウム入り低脂肪牛乳を600mlをドバ~っと入れて煮立たせてから型に注ぎました。そして常温で荒熱を取っていました。すると今見てみると上の薄い部分と下の濃い部分に分離していました。。。。何がいけなかったのでしょうか??牛乳の種類でしょうか???それとも冷たい牛乳をいっきに入れてしまったせいでしょうか??ダイエット用の寒天ですが、できれば綺麗なのがいいなぁと思います。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寒天は液温度が35度以下になると凝固します。
なので200mlのお湯に600mlの冷たい牛乳では、35度以下になってしまうので分離して当然です。
面倒でしょうが牛乳は温めてお使いください。

Qゼラチンを使ったムースの作り方のコツを教えて

ゼラチンを使った ムースやレアチーズケーキを作ると、ゼラチンがうまく混ざらず、粒粒になり触感が悪くなりました。コツを教えてください。

Aベストアンサー

こつはいろいろありますが、私の場合は、まずはふやかしたゼラチンはリキュールなどにいれ湯煎で溶かします。ゼラチンが完全に溶けたら、(ムースでしたら)ピューレにこしきを通して入れます。
ゼラチンの入ったピューレを今度は冷水につけ、生クリームと同じ硬さになるまで(←これ!こつ!)、ゴムべらでボールの底から固まってきたゼリーををこそぎとるようにしながら冷やします。大体同じ硬さになったら手際よく生クリームと混ぜ合わせます。
コツは、生クリームをゼリー液は同じくらいの硬さで混ぜるということでしょうか。

Qゼリーを作るときのゼラチンの割合について

ゼリーを作る時に入れるゼラチンの割合について教えて下さい。

内容総量300g 固形量175gのみかんの缶詰でゼリーを作りたいのですが、
ゼラチンは何gぐらい入れれば普通の固さのゼリーができますか?

また、他の物で作るときの目安を教えていただけますか?

併せて砂糖の量をどれくらい足すかもお教えいただけるとありがたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼラチンは水分量の2~3%が一番食べやすい固さになります。
パナップル、キウイ等酵素が含まれるものはちょっと固まりが悪くなるので
少し多めがいいと思います。

砂糖は缶詰のシロップ使うなら入れない方がさっぱりした甘さに仕上がっていいと思います。
甘いのがいい方は匙1杯でも十分甘みがでますよ。

参考になれば幸いです
美味しいゼリーできるといいですね^^

Q寒天とゼラチンの違いを教えて下さい

レシピによって寒天を使用したりゼラチンを使用したり…。
書いてある物と逆の物を有り合わせで使ってはいけないのでしょうか?
まだ試した事はないのですが、どっちでも同じ固まるのには変わりない…そう思うのは私だけ??

Aベストアンサー

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓子にという用途が考えられます。
ゼリー代わりに、「寒天」を使う位は問題ないかと思います。
ゼラチンの代用品としては「アガー」というものがあります。
食材専門店、業務用食材を扱う卸店などで購入できます。
よくケーキなどにフルーツが飾られている時その上にゼリー状のものがコ-ティングされていることがあるかと思います。それは「アガー」」を使っています
アガーは植物由来の増粘多糖類で、ゼラチンよりも凝固力が緩いです。
寒天の代用品としては、杏仁(アンズの種の仁)の粉などがあります。これは字からおわかりのように、杏仁豆腐の原料です。本格的な飲茶の杏仁豆腐ではこれを使っています。(逆に寒天での杏仁豆腐は「代用」ともいえます)ただし、杏仁粉は高価ですし、どちらかというと漢方薬として使われることが多いです。

以上のような違いがありますので、ご参考下されば幸いです。

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓...続きを読む

Qレアチーズケーキ・ゼラチンの入れ方

混ぜて冷やすだけ、というレシピで作ってみましたが、
上手く固まらず、レモン汁かヨーグルトの上澄みのような
黄色がかった透明な汁が一晩おいた後に流れ出てきました(泣)

敗因はゼラチンの分量と混ぜいれ方にあるんじゃないかなあ、と思えるのですが。。

-レシピは18cmホール型での分量だったのですが、作るのは23cmだったので、分量を1.5倍にし、ゼラチン7gを10gいれてみました。これでも足りなかったのでどのくらいまで足すと良いでしょうか。

-手順は以下のとおりなのですが、生クリーム、ヨーグルトを混ぜるまで泡立て器を使い、最後にゼラチンを加えた後はゴムべらを使ったのですが、これも泡立て器の方が良かったのでしょうか。
ちなみにゼラチンはところどころダマになってしまってました(泣)

*クリームチーズを、ラップで包み電子レンジでやわらかくし、砂糖を加え、泡立て器で全体がなめらかになるように混ぜる。
*バニラエッセンス、レモン汁を加えて混ぜ、生クリーム・プレーンヨーグルトを加えて、さらに混ぜる
*溶かした粉ゼラチンを生地に加え、全体をよく混ぜ合わせる。

簡単そうなレシピだったのに、今ひとつ上手くできず、がっかりしています。。ご助言よろしくお願いします。

混ぜて冷やすだけ、というレシピで作ってみましたが、
上手く固まらず、レモン汁かヨーグルトの上澄みのような
黄色がかった透明な汁が一晩おいた後に流れ出てきました(泣)

敗因はゼラチンの分量と混ぜいれ方にあるんじゃないかなあ、と思えるのですが。。

-レシピは18cmホール型での分量だったのですが、作るのは23cmだったので、分量を1.5倍にし、ゼラチン7gを10gいれてみました。これでも足りなかったのでどのくらいまで足すと良いでしょうか。

-手順は以下のとおりなのですが...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん、ゼラチンのだまが原因でしょう。
そもそも溶かしたゼラチンは室温にさめたくらいでは固まりません。ダマになってしまったということはもともとよく溶けていなかったか、きちんと生地にまんべんなく混ざっていないのに冷蔵庫で冷やし固めてしまったかのどちらかでしょう。レモン汁や生クリーム、ヨーグルトは室温に戻しておき、混ぜ合わせる材料の温度差がなるべく少なくなるように工夫しましょう。温度差もダマの原因になりやすい。

ゼラチンは電子レンジで溶かしたのでしょうか。
電子レンジは便利ですが、温度のムラができるので料理の失敗に原因になりやすい。ちょっとかけたらとめて混ぜ、またかけて混ぜ・・・としないと解けていない部分ができてしまう。ゼラチンはもともと透明なので溶けたか溶けていないかがわかりいくいから要注意です。もし加熱し過ぎのところができて、一部分でも沸騰してしまうと沸騰した部分のゼラチンは冷やしてももう固まりませんし。

わたしはゼラチンを溶かすときはできるだけ湯せんにかけるようにしています。電子レンジのほうが手軽ですけど、失敗しやすいから。

あと、最後のゼラチンの混ぜ込みにはフードプロセッサーを使う人もいるくらいですので、ここはしっかり滑らかにまんべんなく混ぜるのがこのレシピのコツだと思います。やはり泡だて器を使ったほうが良かったのでは。

補足ですが・・・底のグラハムクラッカーをよけて、固まっていないチーズ生地部分だけをとり、湯せんにかけ、人肌熱いくらいの温度に温めてて泡だて器で滑らかに混ぜたら・・・たぶん、ちゃんと冷やしたら固まるようにリカバーできたかも。実際に復活させて何事も無かったみたいに作り上げ美味しく食べたことがあります。あと1、2gくらいゼラチンが多くてもいいけど、そこはそんなに大きなポイントではないかも。ゼラチン少な目のレシピもあるし、やはり沸騰させないように、でもしっかり溶かしてよく混ぜ込むほうが重要です。

混ぜ込みが足りないので翌日水分が出てしまったのでしょうね。
もし気になるならヨーグルトは受け皿に置いたザルにガーゼを敷いた上にのせ、水切りをしておいたらいいと思います。次は上手くいくと良いですね。

たぶん、ゼラチンのだまが原因でしょう。
そもそも溶かしたゼラチンは室温にさめたくらいでは固まりません。ダマになってしまったということはもともとよく溶けていなかったか、きちんと生地にまんべんなく混ざっていないのに冷蔵庫で冷やし固めてしまったかのどちらかでしょう。レモン汁や生クリーム、ヨーグルトは室温に戻しておき、混ぜ合わせる材料の温度差がなるべく少なくなるように工夫しましょう。温度差もダマの原因になりやすい。

ゼラチンは電子レンジで溶かしたのでしょうか。
電子レンジは便利...続きを読む

Q固まらないケーキ

ヨーグルトとクリームチーズを混ぜて、レアチーズケーキを作りました。冷蔵庫で冷やし固めたのですが、
何時間たっても生地がゆるくて固まりませんでした。ゼラチンが少なかったのでしょうか?一度失敗してしまうと、もう復活しませんか?捨てるのはもったいないし、このままではドロドロだし、困っています。
できれば、復活させたいのですが、無理ならこの失敗したもので、再利用できるレシピなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 たんぱく質分解酵素が入っているものとゼラチンは、相性が悪いんです。すっぱいものとは、相性が悪いって私は、思ってますが。きれいに溶かして冷やしながらとろみをつけることも固める手助けになります。
 寒天を使うと固まると思いますが、舌触りが変ってしまいます。後、簡単なのは、凍らして、かき氷の機械で削ればシャーベットです。
 フレンチトーストもどき なめてみて、味がすっぱい様なら、砂糖を加えて、卵を加えて、食パンに染みこませ、焼く。
 粉と砂糖と卵をいれてフルーツグラタン。それと、いっそのことチーズスフレにして焼いてしまうことです。マフィンなどもいいと思います。バターケーキ類に混ぜるんです。
 けれど、いえることは、量が多いでしょうから、すべてを1度に使い切ると考えず、何品かに利用すると思ったほうがいいと思います。味付けとして他のレシピに混ぜる感覚です。それと、お菓子としては、かなりすっぱいので他のモノにするなら砂糖は、入れないと、食べにくいと思います。

Q粉ゼラチン小さじ1は何グラム?

ゼリーを作ろうと思います。
レシピには「粉ゼラチン5グラム」と書かれているのですが、あいにく我が家にはここまで細かく計れるはかりはありません。
小さじ1が何グラムかがわかれば、あとは目分量でやろうと思ってます。ご存知の方おしえてください。

Aベストアンサー

ゼラチンは大さじ1杯が10gだそうです。

小さじ1に対して大さじは3ですので、小さじ1杯はゼラチン3gぐらいですね。

小さじ1+半分ぐらいが5gになるかな。
大さじ半分でもいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング