シリーズ・ヘミングウェー6

気の向くままにヘミングウェイ作品を読んでいるうち、つぎつぎと難解な部分に直面しては、皆さんに質問を投げかけている者です。

さて、短編「異国にて」の非常にオモシロい箇所なのですが、困ったことに翻訳が分かれているので、気に掛かる一節があります。

(…) there were always girls at the tables and the illustrated papers on a rack on the wall.The girls at Cova were very patriotic, and I found that the most patriotic people in Italy were the cafe girls - and I believe they are still patriotic.

主人公を含めたリハビリ中の負傷兵たちの、行きつけのカフェ「コーヴァ」。
判りかねるのが 「カフェ・ガールズ」です。

龍口直太郎は、これを「女給たち」と訳し、大久保康雄は、あいまいに「カフェの女たち」、高見浩は「カフェに集まる女のコたち」としています。
果たして、女給なのか客なのか、これが大きな分かれ目で、当該部分のオモシロさが、相当に大きな影響を受けることになります。
またしても龍口訳は間違いなのでしょうか?

A 回答 (7件)

戦後イタリアの風俗を調べたり原作を読んだり、という作業を飛ばしてこの部分の文面のみを考察の対象とさせていただきます。



カフェに来る客を称してthe cafe girlsと名づけるとは英語的にちょっと考えにくいです。girls at the tables(このフレーズは the illustrated papers on a rack on the wallと同格の扱いを受けている、つまり共に店に属している存在と考えられている)あるいは、The girls at Cova といった表現から想起させられるのはやはりそこで働いている女の子たちです。客の女性ならyoung women 等の呼び方がありえますし、girlを使ったのはやはり#6さんのおっしゃるように女子従業員を表したかったと考えるのが妥当では?前置詞atが2度使われているのも、そこに来る人たちではなく、そこにいる人たちを示唆してはいないでしょうか。高見浩氏の訳にあるような「~に集まる」といった店の方向に向かう動詞が原文には実は無いことも意味深です。

Theyが指すものはイタリアのカフェガール以外に考えられないと思いますが・・・。ここではすでに作者の視点はCovaを離れてカフェガールをひとつのイタリアの社会層として一般化しているわけですね。この職業グループの人々は今でも愛国的に違いない、と言っているわけで、作者の独断と偏見に満ちたユーモアを披露している箇所だと思います。

あるカフェが高級かどうかは絵入り新聞の存在だけで判断できるものではないでしょう。ヨーロッパの一流カフェとはあらゆる雑誌新聞類をそろえているのが当然とされていますから。

なお、Cafe Covaに関して下記のURLを貼っておきます。面白いですよ。

参考URL:http://cucan-cafe.com/modules/news/article.php?s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有益なご意見を、ありがとうございます。

なるほど、cafe girls=女給で、しかも、theyは、その当時そこに居た女給ではなく、「今」の女給一般を指す、というご説明ですね。

まさに、
>作者の独断と偏見に満ちたユーモアを披露している箇所だ

というのが、私の最初の読後感でもあります。

お言葉の通りヘミングウェイのレトリックが利いた一節だと感じていた。
それなのに、高見浩の訳で読むと、凡庸な箇所に変質していて、味が完全に消えている。
驚いて、ここで質問を投稿させてもらったというわけです。

しかも、ご案内された「コーヴァ情報」によると、当初からセレブ向けのカフェだった、と。
カフェ・ガールズを常時たくさん雇用しておけるだけの資金力もあったと考えられますよね。

つまり、ANo.4さんへの補足で、私が、展開した推理(高見浩を擁護する線での)は、どうやら間違っていた、あるいは、うがちすぎた見方だった、ということでしょう……

お礼日時:2006/10/04 20:24

No. 1の補足です。


日本語のカフェ・ガールが何であるか知りませんが、女給を"cafe girls"と訳しているのです。

正確な意味は著者に聞かないと分からないでしょうが、少なくとも次の人たちはcafeで働く女性を意味していると思います。girlには軽蔑的な使われますが女子従業員の意味があります。

「Of course the Rochester store at Pittsford Plaza is my usual haunt; where I have a nodding acquaintance with the clerks, and am fine-tuning a running dialogue with the cafe girls.
前にclerksがありcafe girlsの前にtheがあるということは、不特定の客ではなくcafeで働いている女性のことを指します。
http://www.antigeist.com/mortimer/archives/2006/ …

It was brought to my attention today that when I jumped off the stage at the last song, my guitar cord was too short and came flying out of my amp and hit someone in the face. The nice cafe girl who gave us water. I didn't know about it until today, so I apologize to you, nice cafe girl, for hitting you with my cord.
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction= …

When Brassai took his camera out into the Paris night, he was reveling in the humanity-- not the alienation--of the whores, thieves and gay demimonde he photographed: the naked brothel staff with dimpled bodies whose shapes remind you of Babe Ruth, the lurking darkness beneath bridges, the cafe girl with spit curls and a bad tooth lolling heavy-lidded between two sailors, ...
http://www.pulitzer.org/year/2000/criticism/work …

I was scraping rock bottom a few months ago. it came time to pull myself up by the boot straps, so i threw the ol' punk ethics out the window and shackled myself to the espresso machine. thats right im a cafe girl now.
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ実例を列挙してくださいまして、ありがとうございます。
「カフェ・ガール」=女給の線が濃くなってきた印象がありますね。

ただし、高見浩としては、それを重々承知のうえで、女性客のニュアンスを出した訳語を選んのでしょうから、それがなぜなのか気になるばかりです。

お礼日時:2006/10/04 20:03

No2です。

気になる点があり補足します。

>現時点で一番新しい高見浩の訳が、誤りなのでしょうか……
誤りとは断定しませんが、あたらしいからこそ、昔の社会風俗を理解していない(調べていない)可能性が
ありますね。翻訳は語学力だけではありませんから。

>They are....
一般に屁理屈を捏ねるインテリよりもこのカフェ・バーのようなところで働く人の方が愛国者が多いと思います。作者は昔(過去)を振り返って書いているようなので、they are still patrioticと女の子(女給)たちを思い出しているのでしょう。お店に出入りする
不特定多数の客を指して「彼らは愛国者だ」とは言わないでしょう。

>the illustrated papers
絵入り新聞が置いてあるということはカフェの客は
庶民であり、高級クラブの雰囲気は感じられません。文章からは当時の社会風俗が伝わってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をありがとうございます。

私の追加した疑問(theyの指示対象如何)で、議論が、かなり錯綜し始めています。
要するに、martinbuhoさんは、
(a)the cafe girls =「女給たち」と読み、その論拠を、いわば、庶民もしくは肉体労働者の愛国精神にもとめるわけですね。
(b)そして、they =「当時の女給たち」であると。
(c)その際、「絵入り新聞」は、「店の品格」を暗示している要素に過ぎず、それを読むのが誰かはとくに問題にされていない、との御理解ですね。

――もし、今後ほかの方が、回答を投稿される場合には、ご面倒ですが、上記の3点について言及していただきたいという点を、勝手なお願いとして、ここに付記しておきます。例によって、かなり難しい問題になってきましたので。

お礼日時:2006/10/03 17:29

プロの意見も分かれるほどなので、何はともあれ、この短編の初めからこのくだりまで読んでみました。


この部分はthe illustrated papers on a rack on the wallが決め手になるのではないでしょうか。これ以前にはCovaの壁にイラストがあることは触れられていないのにthe illustrated papersとtheがついています。ここで、特定するものがあるとすれば、個人的にはgirlsを描いたイラストだと解釈します。もちろん客を描いたイラストの可能性を否定することはできないものの、そこで働いている女性を描いたと捉えるほうが自然だと考えます。

この回答への補足

いささか当惑をおぼえました。
イラストが、女給を描いている?とのお話ですが、この"the illustrated papers" は「絵入り新聞」という訳で足並みが揃っていますので、Riverviewさんの誤解ではないでしょうか。

ただ、この絵入り新聞に着目しておられるのが、良いヒントになりました。
私の思いつきですが、若い女性客たちが、熱心にその絵入り新聞を読むのでは?そして、活発に会話をする。
だから、主人公から見て、彼女たちはいかにも patriotic だという話の展開なのではないか、という推測です。我ながら、当たっているのではという気がします。

補足日時:2006/10/03 12:32
    • good
    • 0

 there were always girls at the tables の girls が,The girls at Cova の girls であり,the cafe girls の girls だと考えられます。



 there were always girls at the tables というのは,「カフェに集まる女の子たち」のことを言っており,給仕している女性のことではないでしょう。

 カフェの女給が patriotic というのもピンときません。

この回答への補足

コトのついでに、お答えいただきたいな、と思うのですが。

当該箇所を締める、"and I believe they are still patriotic."の they についても、やはり、流れからいって、その当時そこにいた客たち(が、もはや girls ではなくなった今でも)を指すと、お読みになりますか?
それとも、この they は、やや一般化して、今、物語が語られている現在、カフェに集まる(新たな)girls を指すと思われますか?

個人的には、後者であってくれたほうが、読んでいて面白いのですが(前者では、なんの妙味もない話なので)。

補足日時:2006/10/03 12:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご説明下さいまして、ありがとうございます。

文脈的には、そう捉えるのが正しいような気がしています。
しかし、そう読むと、内容的にたいして面白くない部分になりますね。

>カフェの女給が patriotic というのもピンときません。

とのご意見ですが、むしろ、そうであってくれれば、スゴく想像力を掻き立てられるのですが……
やはり、可能性は少ないと見たほうが良さそうですね。

お礼日時:2006/10/03 12:19

イタリアの当時のカフェの風俗を調べる必要がありますが、とりあえずは海外の真似をしたであろう日本の


カフェから、当時のカフェではお酒も出していたこと、サービスをする女性がいたことが分ります。昔の
マッチの箱にそのような女性が描かれているのをコレクションで見たことがあります。

高見浩の「カフェに集まる女のコたち」は誤訳ではないかと思います。

現代のカフェ・ガール
http://www.cs.cmu.edu/~mzucker/images/photos/alb …

参考URL:http://tisen.jp/tisenwiki/index.php?%B5%CA%C3%E3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えくださいましたことに感謝申し上げます。
すると、現時点で一番新しい高見浩の訳が、誤りなのでしょうか……
ここも、やや迷うところです。

お礼日時:2006/10/03 12:14

San Francisco Chronicle の True Geisahの記事からの抜粋です。



In the 1930s, as Japan began to adopt Western ways, "cafe girls" -- the precursors to modern bar hostesses -- began to compete with the geisha, who numbered 75,000 at the time.

この文章から明らかにcafe(バー・レストラン)で働く女性のことだと分かります。ちなみに秋葉原等の喫茶店でメードの格好をした女性たちを maid cafe girls と英語では言っています。cafeにはcoffeehouse の意味もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見をお寄せ下さいまして、ありがとうございます。
ただ、日本の「カフェ・ガールズ」では、かならずしも直接的な解答という感じではありませんね。
ちょっと迷いが残ります。

お礼日時:2006/10/03 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘミングウェイについてです。

学校で「ヘミングウェイと彼の作品」について書くエッセイの課題がでました。しかし、私は あまりヘミングウェイについての知識がないので助けを下さい。よろしくお願いします。知りたいのは、戦争、4人の妻等の彼の実体験がどのように作品に影響を与えているかです。武器よさらば、では彼の体験(看護婦への恋)が本に表れているのではと感じました。インディアンキャンプでは、彼の幼少の頃の猟体験が活きてると聞きました。 このように、ヘミングウェイの実体験が、どの作品に表れてるかを教えてください。
またもしサイトを知っていたら教えてください。できれば、英文が良いです(探しても英語があまり得意ではないので少ししか参考になるのがみつけられません)。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【Qesutia】
このサイトはヘミングウェイ(Hemingway)に関する質問を集めたサイトです。
かなり量の多いサイトですが、ヘミングウェイについてわかります。
シティ・オブ・エンジェルの映画とヘミングウェイの話も猫の話もあります。
http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml

【The Short Happy Life of Francis Macomber】
このサイトはヘミングウェイの作品分析を書いたサイトです。
http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【HEMINGWAY society of JAPAN】
ヘミングウェイの研究をしている日本ヘミングウェイ協会のサイトです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/hsj2/newsletter041.html

参考URL:http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml,http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【Qesutia】
このサイトはヘミングウェイ(Hemingway)に関する質問を集めたサイトです。
かなり量の多いサイトですが、ヘミングウェイについてわかります。
シティ・オブ・エンジェルの映画とヘミングウェイの話も猫の話もあります。
http://www.timelesshemingway.com/hemtrivia.shtml

【The Short Happy Life of Francis Macomber】
このサイトはヘミングウェイの作品分析を書いたサイトです。
http://vcs.ccc.cccd.edu/ENG102/Macomber.html

【HEMINGWAY society of JAPAN】
ヘミングウェイの研...続きを読む

QNancy was the first girl to come.と Nancy was the girl to come first.

Nancy was the first girl to come.「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」をfirstを副詞で使って、 Nancy was the girl to come first.と言えるでしょうか。意味が変わってしまうでしょうか。説明できる方、お願いします。

Aベストアンサー

> Nancy was the first girl to come.

形容詞的用法のこの不定詞は「来た→最初の少女」と単純に修飾しているので( = Nancy was the girl that came first .)、訳は「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」になると思います。

> Nancy was the girl to come first.

これも形容詞的用法の不定詞ですが「最初に来くるべき→少女」というように「-するべき」という義務、当然のニュアンスを含んで修飾しているように思います。( = Nancy was the girl who should come first .)、「ナンシーは最初に来るべき少女だった」

Cleanig your room is the work to do first .
= Cleanig your room is the work you have to do first .
(部屋を掃除するのが最初にすべき仕事ですよ)
この例文のような感じだと思います。

Qヘミングウェイと詩人ジョン・ダン

ヘミングウェイの作品「誰がために鐘は鳴る」に大変興味があって読んでいろいろ調べていて思ったのですが、タイトルにもなっている「誰がために鐘は鳴る」はジョン・ダンの詩から取ってあるとどこかのHPに書いてあったのですが、ヘミングウェイとジョン・ダンはどのような関係だったのでしょうか?
時代てきにみて、ヘミングウェイはジョン・ダンを尊敬していたので、このタイトルをつけたのでしょうか?  少し質問が変になって本当にすいません。
回答の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勉強したのですが、出所は不明(ホントは忘れました)(John Donneさんの詩集も持ってはいるが、調べるの面倒い)ですが、原書の表紙裏にJohn Donneの原文が出ていましたので、写しておきます。(下の方を先に見たほうがいいかも)
No man is an Iland, intire of it selfe;
every man is a peece of the Continent, a part of the maine; if a
Cold bee washed away by the Sea, Europe is the lesse,
as well as if a Promontorie were, as well as if a Mannor
of thy friends or of thine were; any mans death
diminishes me, because I am involved in Mankinde; And
therefore never send to know for whom the bell tolls;
It tolls for thee.
ジョンさんは昔の人なので、単語の綴りは現在と少し違います。吾の入力間違いもあるかもしれませんが、まず無いつもりです。e.g.,
intire= entire; it selfe= itselfなど。
学生用英和辞書には、載っていない単語もあるかも。そんなもんっす。

勉強したのですが、出所は不明(ホントは忘れました)(John Donneさんの詩集も持ってはいるが、調べるの面倒い)ですが、原書の表紙裏にJohn Donneの原文が出ていましたので、写しておきます。(下の方を先に見たほうがいいかも)
No man is an Iland, intire of it selfe;
every man is a peece of the Continent, a part of the maine; if a
Cold bee washed away by the Sea, Europe is the lesse,
as well as if a Promontorie were, as well as if a Mannor
of thy friends or of thine were; any mans dea...続きを読む

QSawandi and Naiman were the first to arrive shouti

Sawandi and Naiman were the first to arrive shouting, "Hodi!" Adika called, "Karibu" to welcome them. They carried two leather drinking-gourds filled with milk and a small pail of butter.
これを和訳して下さい!

Aベストアンサー

サワンジとナイマンは到着してホジーと叫び、アディカは彼らを歓迎してカリブと呼んだ。彼らはミルクが一杯の皮の柄杓2つと小さなバター入れを持って来ていた。

Qヘミングウェイの猫

ヘミングウェイの飼っていた猫の本を探しています。
おそらく写真集で出ているのではないかと思うのですが、不明です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「ヘミングウェイが愛した6本指の猫たち」という写真集がありますがこれでしょうか?

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901161687/nekohon-22/250-6929232-0119440

Qand actually kinda annoying cause of the amount of people that were there.

正しい訳をおしえてください。
メールをもらいました
i actually went to shibuya cause i havent been there in a loooong time. it was ok. i went to a club called A. it was very crowded, and actually kinda annoying cause of the amount of people that were there. but anyway i was just checkin in to see how you were doing. cya

実はずっといったことがなかったから渋谷へいったんだ。よかったよ。Aというクラブへいったけど混んでたよ。あと・・・・・でも
わかりませんでした。教えてください。

あとこの文のようにいわれたとき Aいったんだ。楽しそうだね
とか、いいね とかはどういえばいいのですか?


教えてください

Aベストアンサー

ずーといってなかたので渋谷行ったよ。よかった。Aも良かった。混んでたねー。あまりの人の多さにちょっと引いた。まあともあれ、君がどうしてるかなーとおもってさ。

Qフジコ ヘミングウェイのCDについて(国内アーティストでいいのでしょうか?)

フジコ ヘミングウェイのCDを買い求めたいのですが、今海外に住んでおりまして詳しい事がわかりません。ネットで "フジコ ヘミングウェイ " で検索してみたのですが、手がかりがつかめませんでした。

日本で発売されているものに関しては詳細がわかればこちらの日系書店で取り寄せできるはずですので、どなかたご存知の方タイトル名、価格等をお教えいただければ幸いです。もし海外版で発売されていればもっと簡単に手に入れる事ができますので、そちらの情報もご存知の方がいらっしゃればお教えください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

さすがに絵までは、サイトに載っていないだろうなと思ったら、ありました(猫は小さいですが)。

優しくて、軽めのタッチですごく私が好きな感じです。
日本では、幾つかドキュメンタリーで放送されたのですが・・。
でもmikedonさんは、ニューヨークに住んで居られるなんて、憧れます。
(色んなアートが、ある街ですよね)

http://www.kyuryudo.co.jp/book2/fujiko.htm

Qone of the prettiest girl のgirlが複数だと、onesになるのですか?

タイトルのとおりです。
「この娘たちは、うちの学校で最もかわいい女の子たちだ」などと言いたい場合、these are ones of the prettiest girls in my school
などというのでしょうか。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。

先ずはタイトルの
one of the prettiest girl は
one of the prettiest girls とすべきでしょう。

one of~の形は  ~の中の一人、~の中のひとつ
という場合に使うわけですから、「一人の中の一人」 とか「ひとつの中のひとつ」はおかしいと思いませんか。

従って、ここでいうoneとは基数のoneであって代名詞としてのoneではないと思います。
とすれば、「少女たち」と言うときも、ones は使えないはずで、some を使うべきだと思います。

また、あなたの書いている
「この娘たちは、うちの学校で最もかわいい女の子たちだ」 であれば、

These are the prettiest girls in my school.
というのは如何でしょう。

Q孤独からここに戻るのか いや 孤独へと立ち還るのか

1. 孤独からの帰還か 孤独への還帰か?

2. 孤独地獄から生還するというよりは ひとは 孤独に立ち帰っておのが存在たる
ことが出来る。と見るべきか? 


 




3. 孤独とは たぶん 他者とのあいだで ひとが独りであることが切り結びするこ
とである。

4. 孤独とは 孤独関係である。

5. この自己了解から われは いま・ここなるわれに立ち戻って来て 社会的な不
自由や不安やまた広く孤独関係に向き合ってあゆむものか。

6. それとも われが社会にあって孤独関係なるわれに立つとき むしろおのが孤独
なる固有の存在に立ち還っていると見るべきか。

7. 《わが固有なるとき》こそが われのわれたる所以である。か?

Aベストアンサー

こんにちは、ぶらじゅろーぬさん。そして瀬里香さん。

二日ほどこちらを見ていませんでした。
今、先の「質問」に大方のお礼を投稿してきました。
すみません、肝心のお二方は、もう少しお待ちください。(心の中ではお礼済みではありますが)

わたしがらみの質問

>ぐらす_るーつさんの質問の関連ではあります。この質問です。

であり、瀬里香さんのご指名であれば自分の意見を簡単に述べようと思います。
(もっともわたしにはそれが限界で、ぶらじゅろーぬさんの「更なる深みへ」は、ついていけそうにないことを、予めご了承ください。)



>1. 孤独からの帰還か 孤独への還帰か?

「孤独って?」

孤独とは、物理的に、肌寄せ合う人がいないことか?

或いは精神的な繋がりを誰とも持つことが出来ないという感覚か?

では「孤独」の対義語はなにか?「帰属」?「社会」?「集団」?

個人的には「孤独」と対の言葉は「友」

孤独からの帰還を切に願いますが、それは「誰それへ」或いは「どこそこ」への帰属ではなく、
自分が自分でいることを保証してくれる「Someone」との友好関係です。

『孤独はいいものだ。けれども、「孤独はいいものだ」と、語り合える誰かがいることはもっといいことだ』(バルザック)
これが理想です。


>2. 孤独地獄から生還するというよりは ひとは 孤独に立ち帰っておのが存在たることが出来る。と見るべきか? 

帰属することによって、個が埋没してしまうことは避けなければならないと思います。
これは「孤独のパラドクス」ですが、「わたしが完全にわたしであることを容認してくれる相手」が友と呼びうる人であり、
わたしが殺人を犯していようと、ジャンキーであろうと、受け容れる人です。(わたしは「友」が犯罪者であっても一向に構いません)

>ひとは 孤独に立ち帰っておのが存在たることが出来る。

これは全く同意見ですが、その前提としては、孤独地獄からの帰還イコール「社会への帰属」ではない、ということかと思います。


>3. 孤独とは たぶん 他者とのあいだで ひとが独りであることが切り結びすることである。

>4. 孤独とは 孤独関係である。

無論そうでしょう。孤独の状態こそわたしが完全にわたしである状態だと思っています。(で、あるから「孤独」に陥るのですが)
その「わたしがわたしである」状態を認めてくれる相手との交流、それが「孤独」の交流ではないかと思います。

5.は解読不可能

6は7と同じように思うので

>7. 《わが固有なるとき》こそが われのわれたる所以である。か?

わたしがわたしである状態は「孤独」に立脚するとはいえ、それをサポートしてくれる存在=愛が必要です。

つまり「わたし」が「わたし」であるためにはそれを認め、支えてくれる存在が必要です。
無論これを一般化するつもりはありません。あくまでわたしの個人的な意見に過ぎません。

結論としては、先ほどのバルザックの言葉のように、「孤独を認め合える友」が理想です。

『寒いねと、いえば「寒いね」と、こたえる人のいるあたたかさ』 (俵 万智)

孤独を考えるなら、その片割れである「友」とは何かをも同時に考えなければならないのでしょう。
(孤独の対概念が友と考えているのはわたしですから、それを考えるのもわたしですね)

以上、完全なる「非哲学的」私見を述べさせていただきました。

こんにちは、ぶらじゅろーぬさん。そして瀬里香さん。

二日ほどこちらを見ていませんでした。
今、先の「質問」に大方のお礼を投稿してきました。
すみません、肝心のお二方は、もう少しお待ちください。(心の中ではお礼済みではありますが)

わたしがらみの質問

>ぐらす_るーつさんの質問の関連ではあります。この質問です。

であり、瀬里香さんのご指名であれば自分の意見を簡単に述べようと思います。
(もっともわたしにはそれが限界で、ぶらじゅろーぬさんの「更なる深みへ」は、ついていけそうにない...続きを読む

QThe比較級、the比較級、and the比較級

こんにちは、いつもお世話になります。

基本的な事なんですが、例えば「~~すればするほどXXになる。」という場合は普通に、「the 比較級、the 比較級」だと分かるんですが、

「~~すればするほど、XXになりまたYYになる」という場合は、「The 比較級, the 比較級, and the 比較級」とするれば良いんですよね? 「The 比較級, the 比較級, the 比較級」だとやっぱり間違いというか「~~すればするほどXXになり、XXすればするほどYYになる」と意味が変わってしまいますか?

洋書を読んでいて、こんな文がありました。意味は分かるのですが、やっぱり、三つ目の「the 比較級」の前にコンマとandが必要なのかな?と悩んでいます。

The more I thought about it, the less I understood what was happening to me, and the more it hurt.(出典: Dexter in the Dark 著者:Jeff Lindsay)

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

基本的な事なんですが、例えば「~~すればするほどXXになる。」という場合は普通に、「the 比較級、the 比較級」だと分かるんですが、

「~~すればするほど、XXになりまたYYになる」という場合は、「The 比較級, the 比較級, and the 比較級」とするれば良いんですよね? 「The 比較級, the 比較級, the 比較級」だとやっぱり間違いというか「~~すればするほどXXになり、XXすればするほどYYになる」と意味が変わってしまいますか?

洋書を読んでいて、こ...続きを読む

Aベストアンサー

お久しぶりです。
文法はあまり得意でないのですが……

「the比較級、the比較級」は、「A, B」と並列に並んでいると捉えてはいけません。Aが従節でBが主節です。だからandで繋がないのです。
従って、主節が「XXになりまたYYになる」と2つ繋がる場合は、当然、文法的にandが必要です。「B, and C」となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報