教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

α,α′‐アゾビスイソブチロニトリル(AIBN) 500gの廃棄方法に困っています。極少量であれば、可燃性溶剤と一緒に廃棄できると思いますが、量が量ですので廃棄の方法をどうしようか迷ってます。廃液に少しずつ小分けにして廃棄しても大丈夫でしょうか。それとも、廃棄物処理業者にそのまま処理を頼べきでしょうか。

A 回答 (4件)

 400 gのAIBNであれば私なら迷わず業者に委託します。

AIBNを分解するには加熱、光という手段がありますが、この反応は発熱反応であるのが厄介なところです。たとえばベンゼン1リットルを沸騰させながらAIBNを少しずつ加えていく方法で加熱分解させることが可能ですが、実際に反応で使ったときには1回あたりに加える量は100 mg程度が限界ですね。これでも沸騰がかなり強くなった記憶があります。400 gだと4000回になりますね。またAIBNの分解により生成するテトラメチルスクシノジニトリルは毒性が強い(アメリカの基準では大気中の許容量は0.5ppm以下、日本でも劇物指定)ようなので換気のきいたところで行う必要があります。結構時間と労力がかかると思います。

 またAIBNを溶かして廃液にして出すとのことですが、AIBNはアセトンと反応して爆発することがあるようです。廃液はどのようなものが混ざるのかわからないでの、これもおすすめできません。

 基本的にAIBNは衝撃にそれほど弱いわけではないので廃棄物業者のトラックの振動であれば爆発は無いと思います。試薬会社から買ったときもプチプチで梱包されている程度なので、適当な梱包材で覆っておけば大丈夫です。

 25 g程度なら自分でも処理できそうですが400 gはちょっと量が多すぎますね。とりあえずsaboten30さんが所属しているところの廃液などを担当部署もしくは廃棄物処理業者に相談したほうがよろしいかと思います。廃棄物処理業者は試薬会社によっては相談すると紹介してくれるところもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

400g程度というのが、難なんです・・。
廃棄業者に聞こうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/10 19:05

少量であれば、廃液に混ぜて廃棄(焼却処分)してもかまわないと思いますが、量が多いと心配ですね。


すなわち、加熱によって分解してN2を発生することが心配なわけですから、No.2のご回答のように、分解後に廃棄すれば問題ないと思います。分解時に発生するガスもN2だけですしね。
現実問題として、過酸化物の場合ほどは神経質になる必要はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

量が問題なんですよね。廃棄業者もガタゴト揺れるトラックですからね。いろんな面で心配なんです。

お礼日時:2006/10/10 13:47

500gも何のために買ったのでしょうね。

^o^
良心的に廃棄するなら数グラムずつキシレンに溶解してかねして分解しその後廃溶媒として出します。
廃棄物処理業者に渡すときは内容をはっきり表示してください。でも高いと思います。
過酸化物なら雨の日に燃やすという手があるのですが。
m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

500g? 100g程度は使ったんですけどね・・・。少量で購入するべきでした。

お礼日時:2006/10/10 13:46

MSDSには、


廃棄上の注意

アフターバーナー付き焼却炉で小量ずつ燃焼する。
過剰の可燃性溶剤又は重油等の燃料と共にアフターバーナー付き焼却炉の火室へ噴霧し, 焼却する。

となっていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。MSDSは確かにそうなってますね。アフターバーナーは無論無いんです。

お礼日時:2006/10/10 13:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング