あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは。
ソ連や中国、北朝鮮、東欧諸国の共産主義政権では、かつて大規模な粛清があり多数の人が命を落としたり、収容所生活を強いられました。
ベトナムの歴史を表層的に見た限り、あまりホーチミン(あるいは彼の側近)が粛清を行ったとは聞かないのですが、ベトナムでは起こらなかったのでしょうか?
隣国のカンボジアでは凄惨を極めましたけど。。。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

この国でも、粛清はあったと聞いています。

 私はODAの仕事で1999年と2000年、この国を訪問しました。 南部のホーチミン市(昔のサイゴン)と南部の10県、北部の首都ハノイと周辺の三県を調査しました。 

政治権力は北の共産党が握っていますが、経済は完全に南に握られています。 南の科学者は英語もフランス語も堪能ですが、北は下手です。 この国がドイモイという政策を実施して、市場経済の導入に躍起となっています。 ますます南に主導権を奪われてしまいます。 

この国の人は頭は良いのですが、すぐに『キレル』のが玉にキズ。 だからいつも誰かと喧嘩ばかりやっているのです。 お隣のタイ国を見習ったらというと、『あいつらは、卑怯な国民だ』となります。 理屈ばかりいって、実践が伴わないところがちょっと気になりました。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な経験者からのご教授有り難う御座います。
タイとベトナムは非常に仲が悪いですね。以前バンコクでナンプラー(魚醤)を「ベトナムのニョクマムとおなじ物?」と聞いたら、「あんな物と比べないでくれ」と言われました(笑)。
ベトナムはラオスやカンボジアとも仲悪いし、かつて援軍をくれたはずの中国とも仲悪いですね。逆にベトナム人の好きな国はどこなんでしょう?(苦笑)

お礼日時:2006/10/24 17:31

中国や旧ロシアのような大規模な粛清はなかったと思いますが、強いて言うなら、ベトナム戦争終了後に当時のサイゴン政権下の官僚、役人それに軍人などに対しての厳しい制裁的なものはありました。



それは「再教育センター」と呼ばれているものです。表向きは南ベトナムのそれらの人々の思想的な再教育をするためというものでした。現実的には一般市民に近い人たちは1週間もしないでセンターを出ることもありましたが、多くは数年以上、中には10年間以上も収容されていた人たちも多くおり、そのほとんどの人たちは持てるすべての財産を没収されています。

この「再教育センター」はベトナム全土に作られ、別名「強制収用所」とか「労働キャンプ」、それに「思想改造キャンプ」などと呼ばれ、その実態はかなり残虐な行為もあったようですが、現在のベトナム政府はその事実や実態を公表することもなく、従ってそのような事実はなかったというスタンスを取っています。

またベトナム戦争中にも占領した当時の南ベトナムの都市などでは、北ベトナム軍がサイゴン政権下で働いていた市民や一部の外国人を、そして地方では米軍に協力したり米兵と恋に落ちた女性などをかなり残虐な方法で殺害し、周りへの見せしめにしていたこともよく知られた事実です。これも粛清と言えなくもないかと思います。
    • good
    • 0

ホーチミン市に住んでます。


北の征服側、南の負け組みがいっしょに仲良く?暮らしてますよ。
近所のおっさん、おじいさんには、75年に逮捕されて投獄生活を
おくりホーチミン市に戻ってきた人なんかがたくさんいます。
金持ち、政府要人とか、ヘンナ人殺しの経験がある人たちは、
ボートで逃げたようですけど。

ただし、政治犯刑務所はまだOPENしてます。
いまでもヤバイ事をすれば、入れますよ。
    • good
    • 0

カンボジアのは中国の文革の余波ですね。



ベトナムでも言われているような粛正はあったかもしれませんが、規模的にはそれほどでもなかったのでしょう。
ほとんどはNo.1の方が書かれているように「ベトナム難民」として国外に流出しました。
ベトナム難民というと、共産主義下のベトナムが嫌な一般のベトナム人が逃げ出したというような書き方をされる事が多いですが、
彼らが実際にどのような人たちだったかというと、旧南ベトナムの政府や軍関係者、あるいは経済的に利権を得ていた華僑がほとんどです。
    • good
    • 0

ありました。

強制移住という、非常に見えにくい形で。
詳しいことは稲垣武『悪魔祓いの戦後史』(文春文庫)をお読み下さい。
戦後知識人の右往左往を書いたものですが、その中でベトナム戦争についても、詳細に記述されています。
    • good
    • 0

ボートピープルが、おおむねご質問の意味での粛清に当たります。


権力奪取から、権力の確立において、粛清は起こります。
奪取までは、近しい考えの人間まで含んだ、大連盟でも、奪取後に、だんだんと、不純な(権力者にとって)部分を削ぎ落とす課程で粛清が起こります。(まぁ権力を持たなければ粛清する力もありませんが)
ホーチミンがしなかった、できなかったのは、南ベトナムが存在して、南北ベトナムを含めた権力奪取が不完全だったためではないでしょうか。
ホーチミンの個人的なキャラクター云々ではなく、権力のチェック機能を持たない(反対者の存在を許さない)権力であれば、常に粛清はあり得ることかと思います。
中国の歴史で、帝国が成立したあとは、必ず粛清が行われています。
また、ヒトラーも権力を握ったあと粛清を行っています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ボートピープルは昔のニュースなどで知ってます。
ソ連や北朝鮮のように夜中に突然公安警察に逮捕され、強制収容所送りになって運が悪いと即処刑・・・というパターンではないんですね。

お礼日時:2006/10/23 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜアメリカはあんなにイランを敵視するのですか?

常々疑問に思ってます。

イランは、男女ともに参政権も被参政権もあるし、選挙もまともに行われていると聞いています。大統領もちょろちょろ変わっているので独裁国家でもないし、ダボス会議でのハタミ前イラン大統領の話を聞いた感じだと、現実感覚のある人間と思えました。正直、南米の反米某大統領なんかよりはよほど人間として「できている」感じです。

問題としては、政教分離がされていない点がありますが、アラブのあの辺りの国って政教分離していない国が多いですし、アメリカと仲の良いサウジアラビアなんか、いまだに強権的な君主制で民主制という点ではイランと比べるまでもないくらい遅れていると思います。

なんでアメリカはあそこまでイランを敵視するのでしょうか?
感情論だけではなんとなく納得できません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在のイランは、決して一つにまとまった意志を持つ国ではありません。
アフマジネジャド大統領に賛同する「対外強硬・国内民主化派」
ラフサンジャニ最高評議会議長に賛同する「対外融和・国内民主化派」
ハメネイ最高指導者に賛同する「対外融和・国内保守化派」
の3つに分裂しています。
現在は、アメリカなどからの圧力に反発するアフマジネジャド大統領派が優勢になっています。
大統領は、行政の最高責任者であり、中間階層を支持基盤とします。
評議会議長は、議会の最高責任者で、テヘランなどの都市部市民を支持基盤に持ちます。
最高指導者は、宗教界の最高権威で、地方の農村部などに支持基盤を持ちます。

イラン・イスラム革命以前は、親アメリカのパーレビ王制の下で、石油資源の販売の利益は、全て一部の人が握り、国民は、貧困にあえいでいました。
アメリカは、ソ連を南部から牽制できる位置にあり、ペルシャ湾の入り口に面したイランに対し、積極的な経済・軍事援助を与えていました。
イランは、他の中東諸国に比べ、近代化が進んでいたため、富の偏在が国民に明らかになっており、その事に不満を持った国民が、パーレビ政権打倒に動きます。
その時に象徴として担がれたのが、「ホメイニ師」でした。
本来は、市民革命として発生したイラン革命でしたが、革命途中から宗教勢力が革命の中心となり、パーレビ政権を打倒し、「イスラム革命」へと変質してしまいます。

アメリカは、パーレビ政権擁護の立場をとったため、革命政府と決定的対立を引き起こします。
イラン政府は、アメリカ資産の没収などを行い、アメリカに対抗します。
この事が、今日まで続くアメリカとイランの対立の原点となります。

アメリカの資産を没収した国に容赦しないのがアメリカで、アメリカから独立したキューバに対しても、アメリカ以外の全ての国が認めているキューバに対しても、徹底的な反感を持っています。

サウジアラビアの体制は、民主化を徹底して拒否しているため、現在の政権が維持できている面があります。
アメリカが、中東に民主化を根付かせるためには、イラクではなく、サウジアラビアに侵攻すべきでした。

現在のイランは、決して一つにまとまった意志を持つ国ではありません。
アフマジネジャド大統領に賛同する「対外強硬・国内民主化派」
ラフサンジャニ最高評議会議長に賛同する「対外融和・国内民主化派」
ハメネイ最高指導者に賛同する「対外融和・国内保守化派」
の3つに分裂しています。
現在は、アメリカなどからの圧力に反発するアフマジネジャド大統領派が優勢になっています。
大統領は、行政の最高責任者であり、中間階層を支持基盤とします。
評議会議長は、議会の最高責任者で、テヘランなどの...続きを読む

Qなぜベトナムは米国に戦後賠償を請求しないのでしょう

ベトナム人の方又はベトナムに詳しい方にお尋ねしたいのですが。

確かに米国はベトナム戦争でベトナムに対して宣戦布告はしなかったのですが、実質は米国と北ベトナムとの戦争であったことは明らかですし、米国は多くのベトナム人を殺し、都市を破壊し、枯葉剤で多くの奇形児を生ませました。謂わば、残虐の限りを尽くしました。

この行為に対して、ベトナムは和平協定締結時に補償を請求しなかったし現在も請求していないと聞きました。なぜ、請求しないのでしょうか。的外れのお叱りを覚悟で、請求しない理由をいくつか考えてみました。

(a)ベトナム人は、謙虚、謙遜な国民性なので、賠償請求などということをそもそも考えないから。
(b)1973年の和平協定で損害賠償を放棄したから。
(c)ベトナムにも悪い点があったためにベトナム戦争になった(つまり、ベトナム戦争はベトナム人にも責任があった)ので、反省しているから。
(d)米軍がベトナム内に残したインフラが相当の価値を有しており、それだけで賠償額に充分匹敵するから。
(e)つらかったベトナム戦争のことをもう思い出したくないから。
(f)米国人はいい人だし、米国文化は面白いし、今さら賠償請求する気にならないから。
(g)米国経済に既にどっぷりと浸かっているので、賠償請求して米国の機嫌を損ねると大変な経済的痛手を被るから。
(h)政府高官が米国から賄賂を貰っており、国民の「米国に賠償請求せよ」の声を圧殺しているから。
(i)請求していないという報道は誤りであり、実際には何度も強く請求しているが米国が突っぱねて払わないだけである。

上記の理由は、多分どれも正しくないと思います。

(1)
理由がたくさんある場合はそれを全部教えていただけませんか。

(2)
その中でいちばん大きな理由はこれだというのを示していただけませんか。

ベトナム人の方又はベトナムに詳しい方にお尋ねしたいのですが。

確かに米国はベトナム戦争でベトナムに対して宣戦布告はしなかったのですが、実質は米国と北ベトナムとの戦争であったことは明らかですし、米国は多くのベトナム人を殺し、都市を破壊し、枯葉剤で多くの奇形児を生ませました。謂わば、残虐の限りを尽くしました。

この行為に対して、ベトナムは和平協定締結時に補償を請求しなかったし現在も請求していないと聞きました。なぜ、請求しないのでしょうか。的外れのお叱りを覚悟で、請求しない理由...続きを読む

Aベストアンサー

五番からです、一番のベトナ認識は間違いだらけかと。
北と南が戦してたとか―南が弱すぎて米が介入したとか、間違いですよ。
仏軍から米軍介入の流れはどうなのかな?
南ベトナムは米公の傀儡政権の件は?
ベトコン*南ベトナム解放戦線の件は?
これらを簡略に回答してない、一番は回答で無くて質問者の立場ではないのかな?
それとベトナムが如何して米国に賠償求め無いのかなはー―質問者
米軍が南ベトナムから引き揚げる時の映像でブザマな映像が残ってるから米が敗戦の様に映って世間に広まってますが本当に敗戦何ですか、戦闘休戦.引き分けで撤退と思ってましたが、だから賠償も無いし極東軍事裁判らしき戦犯裁判も無いと認識してましたが、
もし、完全勝利だったら南朝鮮派遣軍とか、米軍将校も軍事裁判で二桁.三桁単位で処刑されてたと思いますよ、
枯葉剤散布゛から村々の焼き討ちからラオス等越境攻撃、朝鮮軍の虐殺.強姦.ライタイハン迄、勝ってたら皆裁かれてたと思います、米軍はロシア.シナに考慮しなかったら敗戦は有り得無いと思います、互いに
有る時点での妥協の産物と思いますが?

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q日米同盟破棄した方が良いのでは?

日米同盟破棄して、中国やロシアと同盟組んだ方が良いのでは?

Aベストアンサー

まず、アメリカ完全依存外交は駄目。と言う意味では賛成です。



しかしそれ、今の韓国がやってますよ。

2016年で米韓相互防衛条約が切れるのに更新しなかった。そして、中国寄りの政策になった。

で、その後どうなったかと言うと、アメリカとは今現実に2016年問題をどうするか深刻な状況です。しかし、それを再更新したら、中国の怒りを買います。じゃあ中国一辺倒になれば良いかと言うと、中国の日本に対する領空識別圏問題の時、韓国の領空識別圏も侵害しました。そのため、中国は韓国を守る気がない事が明らかになりました。中国・アメリカどっちに転んでも駄目な状態になってしまいました。踏んだり蹴ったりですね(自業自得)。





それで、ロシアですが・・・。


馬渕睦夫さん曰く、現在のロシアはスターリン時代とは全く違います。国民性もアメリカ人より日本人に似ています。しかも、プーチンはシベリア開発の成功像は日本にあると考えているそうです。日本としてもエネルギー資源の輸入先を増やす事は重要です。中国や韓国の歴史問題外交カードもロシア関係が良好になった場合、効力を失います。ロシアは重要な国かもしれません。



が、ロシア人は日本人と相性が良いのは信じれますが政治家は・・・。彼らは利用できる時に利用するだけなので。まぁ敵対はしないでチャンスがあったらこっちも利用するがよいのですが、外交が上手いロシアを日本の政治家が出し抜けるか・・・とても不安。





日米同盟を破棄するのは駄目な理由は簡単です。
アメリカと日本は利害が一致するからです。(利害が一致しなくなったら破棄はありえる。外交として当たり前。)

逆に中国と韓国は日本と利害が一致しません。(中国とは本当は利害が一致した。が相手は日本に対し軍事的野心があるので組む事は不可能。韓国は相手にその気はないし、元々利害は一致しない。経済的にも競合している邪魔な国。組む意味無し)だから切っても構いません。

アメリカ、インド、ASEAN諸国、オーストラリアなど、
日本と利害が一致する国だけ組めば良いのです。
(その点に関しては、安部政権は確りやっています。)

まず、アメリカ完全依存外交は駄目。と言う意味では賛成です。



しかしそれ、今の韓国がやってますよ。

2016年で米韓相互防衛条約が切れるのに更新しなかった。そして、中国寄りの政策になった。

で、その後どうなったかと言うと、アメリカとは今現実に2016年問題をどうするか深刻な状況です。しかし、それを再更新したら、中国の怒りを買います。じゃあ中国一辺倒になれば良いかと言うと、中国の日本に対する領空識別圏問題の時、韓国の領空識別圏も侵害しました。そのため、中国は韓国を守る気がない事が明...続きを読む


人気Q&Aランキング