人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ナトリウムは常温水と反応するが、
イオン化傾向がナトリウムより一段階小さいマグネシウムは
常温水とは反応しない。

と一般的にはなっているようです。
しかし、今日、学校の実験で、
水道水にマグネシウムリボンを入れてみたら
じわじわマグネシウムに気泡がつき、(水素と思われる)
BTB液を加えると水溶液は青色に変色しました。
水酸化マグネシウムが生成されたようですが、
これは、マグネシウムは常温水と反応する
とみなしてよいものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

#9に対する補足です。



前の職場に行っていくつか確かめてきました。
(1)教材用に使っているマグネシウムリボンの純度について
   #9に写真の載っているURLを引用しておきました。
   純度は99.9%で幅3.2mm,厚さ0.2mmのリボンです。箱にはmade in England と書いてありますが会社名はありません。保存中のものはたいてい表面が黒くなっています。この黒い物質は酸に溶けます。多分表面に針状に結晶が成長しているのだと思います。

(2)水との反応
 マグネシウムリボンを薄めた塩酸の中に入れ表面を解かしてきれいにします。2本の試験管に精製水を入れフェノールフタレイン溶液を加えます。片方にきれいにしたマグネシウム、他方にそのままのマグネシウムを入れて静置しておきます。入れてすぐにリボンの表面に沿って赤い色が広がるのが両方の試験管で見られます。コレはすぐに分かります。でもゆっくりしか反応しません。試験管全体に広がるのには時間がかかります。泡もかすかに分かる程度です。かき混ぜがありませんので溶液全体が赤くなるというところまでは行きません。半時間ほどして試験管を振って見るとリボンそのままの方は炭酸水素ナトリウムぐらいの発色でした。きれいにしたリボンの方はもう少し赤い色でした。

マグネシウムはアルミニウムよりもかなり反応性が高いです。表面の酸化被膜もアルミニウムほど強固なものではありません。

室温の水とゆっくり反応すると考えていいと思います。
でもCaやNaに比べると「極端に遅い」と言っていいほどです。フェノールフタレインの発色はすぐに分かるのですから生徒実験で充分確認できるレベルです。

kuuya様の質問の通りだと思います。

酸化還元電位の値は#7に載せています。
    • good
    • 3

ht1914さんはいつも実証的ですね(笑。



私も2番煎じではありますが、グリニャール反応後のマグネシウムかすを水につけてみました。
使用前のマグネシウム(削り節、リボンではない)は、一応表面はピカピカしているものの、水に付けても泡はほとんど見えません。ちょっとは出ているのかもしれないけど、良く分からず。
一方、使用後のマグネシウム(THFに漬かっていた)をすばやく水に突っ込んだところ、目視で泡が出るのを確認できました。

結果として、表面が十分きれいなら、高校生の実験レベルでもマグネシウムと水の反応は確認できるとしてよいと思いますよ。
    • good
    • 3

中学生または高校生の方でしょうし、きれいな表面が出ていれば(あるいはDexMachinaさんがお書きになっているように、フラスコ中で活性化されたか)、マグネシウムといえども常温水と反応しますよ、という結論で良いと思うのですが・・・



いつも使ってるマグネシウムだと、水との反応は遅いから観察できないけど、活性表面が出ていれば目で見えますよ、ということで良いと私は思います。
結局、反応の速度の問題でしょう。
マグネシウムと水の反応は活性な金属表面で起こりますから、反応しやすい面がたくさん出ているほど早い、すなわち、光沢面がちゃんと出ている方が早いし、粉になって表面積が増えてたらもっと早いでしょう。

もっとも、厳密に言えば、数時間か数日か(数年でも良いけど)したらなんらかの変化が生じるのなら、「反応しない」という表現は変ですね。

もっと激しい例としては・・・
ヨウ素やジブロモエタンで化学的に磨いたマグネシウム削り節(purityは99+くらい)も、水に接触すると泡が出ます。
粉になってたりすれば、既に書いたように下手すると燃えます。水との反応も早いでしょう。
リーケ法で活性化したマグネシウムはもっとやばいと思います(空気にさらしたことなんか無いのでどうなるか知りませんけど)。
    • good
    • 3

#7です。


マグネシウムリボンの純度ははっきりと記憶にはありません。90%を超えていたことは確かです。学校の実験で使っているリボンは多分皆同じおなじものだと思います。イギリス製のものです。理科の教材取り扱いの業者に頼むとこれを持ってきます。製品の写真が載っているサイトを見つけましたのでのせておきます。

http://www.kenis.co.jp/onlineshop/index.php?main …

このマグネシウムリボンが沸騰水中では反応するというのはあちこちに記事があります。ビーカーで水を沸騰させてマグネシウムリボンを入れるとフェノールフタレインが赤く変色するという内容です。実験書が公開されています。でも常温の水と反応するというのは載っていないようです。高校の実験では時間のかかる観察事項は飛ばしてしまう場合が多いです。また教科書の記述に合わせようという意識が働く場合も多いです。

でも試験管に入れっぱなしにするということをやればフェノールフタレインの変色は確実に観察することが出来ます。(やはり夏場の方が良いようですが。Naと水の反応でも冬場はかなり弱いですから。)

熱水で反応するのですから常温の水とは反応速度の違いだけだという気持ちでいます。

原理的に反応しても良いが高校程度の実験で分かるものではないと言われると現実に反応を見ている生徒は一体何を見ているのでしょう。何が見えているのかを専門の方に明らかにして欲しいと思っています。Mgの電位はNaの電位に近いです。Alとはかなり差があります。表面の酸化被膜の丈夫さもMgとAlとでは差があります。 
    • good
    • 0

気になる点などを指摘しておきます。



1.Mgリボンの純度はどの程度でしょうか。かなり純度が高くても不純物との間に電位差が生じ、電気化学的な反応が起こる可能性があります。もしそうであるとすれば、これは、Mg金属と水との直接の反応とは言えません。

2.1.の問題がないとしても、酸化膜に覆われたMg金属と、覆われていないMg金属と、水との反応のkineticsは異なり(酸化被膜の溶解度・溶存酸素・(遊離塩素)なども影響するので)、単純に「マグネシウムは常温水と反応するとみなしてよい」というのは、あまり科学的な態度ではないでしょう。

ちなみに、Al金属を高純度の水の中に浸けておいても、反応はゆっくりですが進行します。その結果、肉眼で見ても分かる被膜が生成します。
この被膜は、空気中で出来るものとは異なります(主としてベーマイト)。

ともかくは、原理的にMg金属が水と反応するのは当然のことですが、その証拠として、水道水にMgリボンを浸けた程度の実験で、それを証明したかのようなことは、言わない方がいいと思います。
    • good
    • 2

私もやったことがあります。


マグネシウムリボンを切って精製水の中に入れます。フェノールフタレインを加えておきます。
ゆっくりと赤い色がリボンの近くから広がっていきます。5分程度で目立ってきます。真っ赤にはなりません。炭酸水素ナトリウムの発色ぐらいです。
リボンはいつもそのまま使っています。表面にはかなり酸化物があると思います。酸化物が溶けるからかマグネシウム自体が溶けるからかの区別は確認していません。
マグネシウムを燃やしたときの白い灰を水に入れたときもゆっくりと赤くなります。
加熱した水蒸気で発火するというのもそれほど難しい実験ではありません。200℃程度で発火すると思います。(温度測定はしていません。らせんにまいた銅のパイプで再加熱をやっただけです。卓上実験です。)
私はゆっくりと反応しても良いのではと思っていました。

水道水の中の塩素によって酸化されるという場合はMgCl2を生じますからアルカリ性にはならないと思います。

保存中のMgリボンは表面が黒くなってきます。酸化マグネシウムは白いのにとちょっと不思議な気がします。酸と反応させると全部反応してしまいますのでとのまま使っていました。

酸化還元電位の数値は次のようになっています。
Zn2+ + 2e- → Zn          -0.76V
2H2O + 2e- → H2 + 2OH-   -0.83V
Al3+ + 3e- → Al          -1.67V
Mg2+ + 2e- → Mg          -2.38V
Na+  + e   → Na          -2.71V

MgやAlは水と反応しても良い金属だと思います。ただ反応速度が遅いということで反応しないと言っているのではないでしょうか。温度を上げると徐々に早くなっていくのでしょう。表面状態にも影響されるでしょう。

水酸化マグネシウムの溶解度積は1.8×10^(-11)です。この時の「OH-]は3×10^(-4)mol/Lですからアルカリ性を示してもいい値だと思います。

酸化マグネシウムの溶解度についてはデータが手元にありません。森北出版の化学辞典には「水に僅かに溶ける」と書いてあります。
    • good
    • 2

一般的には、「腐食(金属腐食)」と呼ばれる現象です。



腐食は、(電気)化学反応により生ずることは確かなのですが、「マグネシウムは常温水と反応するとみなす」などとは、普通は言いません。

例えば、鉄を水の中に入れれば錆びますが、このとき「鉄は常温水と反応するとみなす」とは、言わないでしょう。
    • good
    • 0

私のアドバイス内容や、さらに詳しい話が実験化学講座の無機化合物の章にのっています。


しかし、第4版以降は細かい話がしょうりゃくされてしまっていますので、見るならふるい第3版が良いと思います。
マグネシウムに限らず、アルカリ金属からアルミなどにいたるまで、性質が記載されています。
もしも、学校の図書館なり先生なりがお持ちでしたら、見せてもらうと参考になると思います。
    • good
    • 0

NO.1にも書きましたが、削ると危険性が増大しますので、くれぐれも気をつけてください。


削った本体もですが、削りカスの粉は非常に危険です。
発火することがあります。まじで。
やるなら、絶対に粉および削りカスを飛び散らせず、防火対策を十分に施してください。
また、削りカスなどは全て希塩酸で十分に分解してください。
放置しておくと、後々事故の原因になりかねません。
反応後のマグネシウムもちゃんと潰すこと。
化学的に表面が活性化されている可能性が高いですから、放置してはいけません。

削るというよりも、リボンを切り刻んで、すばやく蒸留水なりイオン交換水なりに入れる、という形の操作の方がよいと思います。
切断することで活性表面が出ますし、削りカスの粉が出なくてすみます。

また、空気中で削っていても、結局活性表面はすぐに潰れますので、再現性のある結果が得られるか怪しいところがあります。
これくらいの実験なら、問題は無いとは思いますが。

通常、機械的に削って活性化する場合は、真空中で行います。
我々がグリニャール反応という化学反応にマグネシウムを用いる場合は、酸化剤と不活性雰囲気下(アルゴンか窒素)、脱水溶媒(エーテルなど)中で反応させ、表面を化学的に削って活性化させます。機械的に削ることもありますが、その場合も上述したように真空下で行います。

機械的に削るよりも、ごくうすい希塩酸で表面を洗い、乾燥させる方が安全性、活性化の容易さの両面で効果が高いと思いますが。
真空乾燥が望ましいですが、乾燥空気下で風乾するのでも酸化はあまり起こらないはずですから、良いと思います。
    • good
    • 0

教科書的には、マグネシウムは沸騰水とは反応するが、常温の水とは反応しないということになっているようですね。


ただ、沸騰水と常温の水の温度差は特別大きいというほどではないので、表面の状態や水道水中の不純物、マグネシウムに付着した不純物などの影響によって、常温でもゆっくりと反応することはあるかもしれないと思います。

それと、BTB液というのは微妙ですね。たとえば、参考URLではフェノールフタレインを用いています。フェノールフタレインはBTBとは違い、変色域がアルカリ性側によっていますからね。

参考URL:http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/ka …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマグネシウムは水酸化ナトリウム水溶液に溶けるか??

こんばんわ。早速質問に移らさせていただきます。

亜鉛、鉄などが塩酸などに溶けることは有名であり、また、同じような金属が水酸化ナトリウムに溶けることも知っております。
となると、マグネシウムも水酸化ナトリウム水溶液に溶けると思うのですが、身の回りの参考書のどこを調べても、マグネシウムに関する記述のみ掲載されておりません。
そこで、みなさんにご質問させていただきました。
どうなんでしょうか?
溶けますよね??

Aベストアンサー

マグネシウムは水酸化物には溶けにくいです。ですから、水酸化ナトリウムにはほとんど溶けません。
2族元素の水酸化物への溶解性は上から、溶けにくい>溶けやすい、となっています。カルシウムはわずかに溶けます。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。

Q金属ナトリウムと水の反応について、困っています

金属ナトリウムと水が反応する際に発熱する理由を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

No.1さん、No.4さんとも共通しますが、「発熱」がなぜ起こるか?という議論にはあまり意味がありません。エネルギーの高い(不安定な)状態から低い(安定な)状態に変化し、その差分のエネルギーが熱になったという「結果」です。

教科書的に反応式を書けば、
H2O(aq) + 2Na(solid) → H2(gas) + 2NaOH(solid)
NaOH(solid) + H2O → NaOH(aq)

上が酸化還元、下が水和ですね。

Q水酸化マグネシウム

水酸化マグネシウムは、純水にはどれ位溶けるのでしょうか?

Aベストアンサー

MiJunさんのおっしゃるとおり、化学便覧を調べるのがよいかと思われます。

Mg(OH)2の溶解度はかなり低く、たいてい溶解度積[Mg2+][OH-]^2で掲載
されています。私の手元にあった理科年表(1997)には、25度の水に対して
溶解度積は1.8×10^(-11)と載っていました。
これを水100gに対する溶解度に換算すると、9.41×10^(-4)となります。多分。
(換算の式は省略。わからない場合には補足をお願いします。)
要するに、水100gにはMg(OH)2は大体0.9mgほどしか溶解しないようです。

なお、溶解度積は参考文献によって大きく異なる場合が多いので、化学便覧を
信用するのがよいかと思われます。

Qカチオンとアニオンとは?

最近、化学を勉強し始めました。
カチオンとアニオンが分かりません。
テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、分からないため、それらの結合次数が求められません。
基礎かもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとありますが、

 何か勘違いしていませんか? でなければ,教科書が間違っています。「CN+」や「CN-」の「+」や「-」は正電荷を持っている事及び負電荷を持っている事を示していますから,「CN+」はカチオンで「CN-」はアニオンです。つまり,「CN+ カチオン」と「CN- アニオン」です。

> CNとCNカチオン、CNアニオンの結合次数を求めていますが、使用しているテキストには等核二原子分子しか記載されておらず、異核二原子分子は記載されていません。今求めています。
求め方は違うのでしょうか?

 等核2原子分子でも異核2原子分子でも考え方は同じはずです。同じ様に考えれば良いと思います。

> CN,CN+,CN-の結合次数と結合の強さを考えたかったのですが・・・。

 どの結合の結合次数と結合の強さでしょうか? どういったレベルの話でしょうか? 『最近、化学を勉強し始めました。』との事から,勝手に「炭素・窒素間の結合」についての「初歩的レベルの話」と考えましたが・・・。

 そうであれば,「CN」,「CN+」,「CN-」で違いは無いと考えて良いと思います。それぞれの構造を考えてみれば解るかと思いますので,以下構造について説明しておきます。

 まず,炭素及び窒素原子の電子配置は,炭素:1s(↑↓), sp(↑), sp(↑), py(↑), pz(↑),窒素:1s(↑↓), sp(↑↓), sp(↑), py(↑), pz(↑) となっています。

 ここで,両原子の 1s 軌道の電子は結合には関与しませんので考えなくても良いです。で,両原子の電子1個を有する sp 軌道を使って C-N のσ結合が出来ます。さらに,両原子の py 軌道同士,pz 軌道同士の重なりによってπ結合2つが生じます。結果,CN 間は3重結合になります。

 残った軌道と電子をみると,炭素原子には電子1個の sp 軌道が,窒素原子には電子2個(孤立電子対)の sp 軌道がそれぞれ残っています。炭素の sp 軌道は窒素原子とは反対側,窒素の sp 軌道は炭素原子とは反対側,をそれぞれ向いていますので,結合に関与することはできません。したがって,その電子状態を書くと ・C:::N: となります。これが「CN」と書かれている構造です。ですので,より正確に書けば,炭素上の不対電子も示した「・CN」となります。

 この不対電子が存在する炭素の sp 軌道の電子を取り除いてやれば電子(負電荷)が1個減りますから -(-1) = +1 で「+」になります。これが「CN+」ですが,「+」電荷は炭素原子上にありますので「+CN」と書く方が正確です。

 さて,先の不対電子が存在する炭素の sp 軌道は電子を1個受け入れる事が可能です。ここに電子を受け入れた場合 +(-1) = -1 で「-」になります。これが「CN-」です。「-」電荷は炭素上にありますので「-CN」と書く方がより正確なのは先の「+CN」の場合と同じです。

 如何でしょうか。こうみれば「CN」も「CN+」も「CN-」もCN間の結合に関しては同じですね。勿論,炭素の sp 軌道上の電子の数はCN間の結合に影響が無いわけではありませんが,それを議論するのであれば『最近、化学を勉強し始めました』というレベルではないと思いますので・・・。

> カチオンとアニオンが分かりません。

 既に回答がありますが,カチオンとは (+) の電荷(正電荷)を持ったイオンの事です。日本語では「陽イオン」と言います。逆にアニオンは (-) の電荷(負電荷)を持ったイオンで「陰イオン」と言います。

 『最近、化学を勉強し始めました。』との事ですので,敢えて注意しておきますが,化学の用語で「プラスイオン」や「マイナスイオン」はありません。上記の様に「陽イオン」または「陰イオン」と言います。

> テキストにCN+アニオン、CN-カチオンとあります...続きを読む

Qマグネシウムが熱水と反応する式

マグネシウムが熱水と反応する式

教科書を見ると Mg+2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑ とあります。
以前オキソニウムイオンの質問コーナーで読んだのですが

実際には Mg + H3O+ + OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑ 

なのでしょうか?

Aベストアンサー

>Mg + H3O+ + OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑
そう書くなら、
Mg + 2H3O+ + 2OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
と書かなきゃ。
オキソニウムイオンは、本来H+ はプロトンというありえない物質なので、実際に存在している形として、H3Oと書くのだから。
Mg + 2H3O+ + 2OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
は、
Mg + 2(H3O+ + OH-) ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
だから
Mg + 2(2H2O) ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O

Mg + 2H2O + 2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
両辺からH2Oをひくと
Mg + 2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑
と同じことを意味している。

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Qカルシウム、マグネシウムが水に溶けにくい理由は?

ナトリウムに比べて、カルシウムが作る塩は水に不溶性の場合が多いと聞いたのですが、その理由はどのようなものなのでしょうか?

初心者的質問ですいません。ご存知の方おしえてください。

Aベストアンサー

#1の方も書いているとおり
電荷 と 距離
が関係します

当然結合の強さは
 +1 < +2 < +3
 -1 < -2 < -3
という具合です

従ってアルカリ土類は+2なので相手の陰イオンの電荷により
結合の強さが決まってきます。
Cl^- の塩化物は溶けますが
SO4^2- の硫酸塩は溶けにくいです

距離とはイオンのかさ高さ(直径)です
単原子イオンの直径は
周期表上の周期と,電荷などにより決まってきます
周期が大きいほど大きくなり
電荷が大きいほど引き締まって小さくなります

1価の場合はおおむね3原子以上のイオンになると
引力が弱くて沈殿が形成されにくくなります
例えば
NH4^+  CH3COO^- NO3^-
などがあります
酢酸カルシウムや 硝酸カルシウムは溶けやすいです

しかし2原子イオンの水酸化物になると
水酸化カルシウムは溶けにくいです
ただ,バリウムなどになると周期が大きくなりますから
直径も大きく,引力が弱まってきます
だから水酸化バリウムは水に溶けます

また多原子でも2価の陰イオンになると
カルシウムとは2価同士ですから結合は強く
まず溶けないでしょう
クロム酸カルシウムCaCrO4などがあります

#1の方も書いているとおり
電荷 と 距離
が関係します

当然結合の強さは
 +1 < +2 < +3
 -1 < -2 < -3
という具合です

従ってアルカリ土類は+2なので相手の陰イオンの電荷により
結合の強さが決まってきます。
Cl^- の塩化物は溶けますが
SO4^2- の硫酸塩は溶けにくいです

距離とはイオンのかさ高さ(直径)です
単原子イオンの直径は
周期表上の周期と,電荷などにより決まってきます
周期が大きいほど大きくなり
電荷が大きいほど引き締まって小さくなります

1価の場合は...続きを読む

Q化学の銅と塩酸の反応についてです

一般的には銅はイオン化傾向が小さく、希塩酸と反応して水素は発生しない。といわれていますよね。

ある質問で、塩酸濃度の違いによっては銅と反応して水素ができる。と意見があったのですが、詳しい方、どうか教えてください。

ネットなどで見る限り、わずかに反応はするものの水素が発生することはないようなのですが…

Aベストアンサー

CuO+2HCl→CuCl₂+H₂O
水素はできません。
 また、塩酸に過酸化水素水を少し入れると溶けます。

銅の表面には空気中の酸素と徐々に反応して酸化銅の皮膜が形成されますので、古い十円玉を塩酸につけると緑色の銅イオンが確認できます。

Q石灰水に二酸化炭素を通したその後。

こんにちわ。早速、質問に移らさせていただきます。
石灰水に二酸化炭素を通し、ふると白く濁るということですが、さらにふり続けると、透明になると聞きました。いったいこれは何が起こっているのでしょうか?分かる方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

gaoshiさん、こんにちは。

石灰水に、二酸化炭素を通すと、白くにごる反応は、

Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3↓ +H2O
石灰水  二酸化炭素

という反応式になります。このCaCO3が、白色沈殿となります。

さらに、これに二酸化炭素を加えていくと、

CaCO3 + H2O + CO2 → Ca(HCO3)2・・・(☆)
     ↑  ↑
     --------
     H2CO3
という反応になります。
炭酸水素カルシウムは、可溶性です。
ですから、再び通すと、透明になるんですね。

さらに、透明になった水溶液に、熱を加えると、
再び沈殿が生じます。
その反応式も書いておきますね。

Ca(HCO3)2 → CaCO3↓ +H2O +CO2↑・・・(★)

となります。
(☆)と(★)の反応は、可逆反応です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング