昨年4月頃右の肩甲骨の中が痛みました。その頃右手で箸を使うと力が入らなくなりました。1ヶ月位で痛みが左に移動し、左手の小指・薬指に痺れが出ました。7月後半、大きな病院で脳のMRIを撮りましたが異常なく、整形外科に回してくれました。8月整形外科で頚椎のCTとレントゲンを撮り「後縦靭帯骨化症」により「神経の通り道が通常12ミリのところ8.5ミリしかない為」と診断されました。「手術しても直るかどうか判らない」とのことで「メチコバール」の服用と共に首の牽引を行ないました。3ヶ月しても治癒せず、却って指から手首にかけてと腕(手首と肘の間)がビリビリする痛みとゴム手袋をしているような痺れが出てきました。同時に左の肩甲骨の回りが重苦しく痛むようになり、段々とひどくなってきました。そこで、別の整形外科を主とする病院で診察を受けたところ、レントゲンで「老化により頚椎に髭のようなもが出、また6番7番頚椎の間が狭くなって神経を圧迫している」と診断されまたが具体的に完治する手術は難しい様子。
どなたか、鍼灸等東洋医学は効果があるのか、または頚椎手術の名医をご存知の方、是非お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

獨協医科大学脳神経外科の 金 彪(ひょう)先生も有名な専門家のおひとりです。

私は彼の開発した椎体スペーサーを使って頸椎前方固定術を行っています。

獨協医科大学脳神経外科
〒321-02栃木県下都賀郡壬生町北小林880
TEL0282-86-1111(交換台経由)

ただ、別に有名な先生でなくとも、あなたのお近くにもきっと手術の上手な先生がいらっしゃるはずと思いますが。(私も自分では巧いとうぬぼれていたりして・・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naokun先生へ
有難うございました。
これで安心して病気と付き合って行ける余裕が出来た気が致します。
先生も手術をなさることがわかりましたが、お尋ねする方法が判りませんで申し訳なく思っています。重ねて御礼申し上げます。

                               katakatato

お礼日時:2001/01/10 10:34

どうもかかった病院によって微妙に診断が違っているようで、何を信じたらいいのか困ってしまっているご様子ですね。

とくに、OPLL(後縦靭帯骨化症)と言われたり、頸椎に髭のようなもの(恐らく骨棘ですね)と言われたり。でも、8月のCTで後縦靭帯骨化症と言われたのであれば、これは信憑性がありますね。レントゲンでも後縦靭帯骨化症は診断できますが、分節型の小さなものでは骨棘と鑑別困難かもしれません。
さて、手術の対象となるかどうかは、実際の神経所見と画像診断上の予想される症状とが一致するかどうかが一つの大きなポイントです。もう一つは、運動障害が出現している場合には、手術を考えたほうがよいと私は個人的には考えています。なぜなら、あまり長く脊髄や神経の圧迫が続くと、微小循環障害によって変性が起こってしまい、手術による圧迫をとっても完全には良くならないからです。それでも、手術をした方がしないよりは症状は良くなりますし、何よりそれ以上悪化することが防げるからです。この、悪化の予防ということは、手術を受けた本人にはあまり有り難く感じられないことかもしれませんが、非常に大きな意味を持ちます。もちろん、患者さんやご家族と十分に話し合って、riskとbenefitを天秤に掛けてもらい、納得された上でのことであることは当然ですが。
鍼灸等の東洋医学に関してですが、いくら鍼をうったり灸をすえても、或いは整体のようなことをやっても、機械的な圧迫(骨棘や骨化した後縦靭帯による)は取れるはずがありませんので、個人的にはおすすめできません。
ちなみに、大津市民病院の小山素麿(つねまろ)先生は、もちろん尊敬に値する名医です。ですが、頸椎の手術の上手な先生は大津まで行かなくともたくさんいます。どの都道府県にも何人かはいらっしゃいます。
おだいじにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naokun様
 早速暖かいご回答本当に有難うございました。
 私の居住地を記載せず名医のご紹介をお願いし、申し訳ございませんでした。
私は、埼玉県に住んでおりますので出来れば関東でと思っております。
左の背中が重苦しく痛むのは辛いですが、未だ運動障害は出ておりませんので(握力は左右35キロでした)手術は今少し様子を見てかな、と思いました。然し、徐々に悪化して行きそうなので、お差し支えなければ具体的に名医をご紹介頂けますれば非常に助かります。宜しくお願い致します。
                           katakatatoより

お礼日時:2001/01/09 19:28

痛みやしびれは、体だけでなく、精神的にも本当に辛いですね。

少しでも、楽になられることを願わずにはいられません。
ところで、滋賀県大津市、大津市民病院に脳神経外科の医師だったと思いますが、「小山医師」が確か頚部の神経の専門ではなかったかと思います。
病院のHPはないようなので、病院検索のURLを記入しておきます。
これだけで、非常に不親切なアドバイスで申し訳ありませんが、よければ電話ででも訪ねてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.10man-doc.co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hisano様、
早速アドバイスを戴き感謝しております。名医のご紹介をお願いしながら、地域を記載せず申し訳ありません。私は、埼玉県に居住しておりますので取敢えず関東で探してみたいと思います。病院検索のURLまで教えていただき本当に有難うございました。
                            katakatatoより

お礼日時:2001/01/09 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感染管理認定看護師と感染症看護専門看護師

感染管理認定看護師と感染症看護専門看護師

私は、感染症にかかったことがきっかけで、感染関係の仕事がしたいと思っています。そこで、調べたんですが、この2つの違いがよくわかりません。

院内感染の予防というよりは、感染症にかかった患者さんの治療に関わるような業務に就きたいのですが、どちらの看護師を目指すのが思い描いている仕事に近いでしょうか??
私が感染症治療でお世話になった方は感染管理認定看護師の方だったのですが、調べると認定看護師のほうは院内感染対策で、専門看護師は病院内外での感染発生時の対策、という印象を受け、混乱しています…。

また、看護師以外でそれに近いことができる仕事はありますでしょうか?


注:感染症関係しかやりたくないわけではありません。看護師を目指そうと思っているのですが、自身の経験から特にそちらに興味がありまして。。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

看護大学の教員をしている者です。

認定看護師と専門看護師では、求められている能力や養成期間などが異なります。
これは日本看護協会のホームページに書かれていますが、認定看護師は熟練した実践と他の看護職への指導と相談に対応すること、専門看護師は、卓越した実践に加えて、看護職以外の職種も含めた相談や教育、医療チームメンバーの調整、倫理的な問題の調整、研究能力といったものが求められています。
院内感染対策はもちろん大切な仕事ですが、専門看護師は数が少ないですので、両方がいて業務を分担しなければという施設はほとんどないのではないかと思います。

感染症にかかった患者さんの治療は、ほぼどこの病棟でも医師・看護師が行っていて、別に専門看護師や認定看護師である必要性はありません。
感染症といっても幅が広いですから、子どもはしょっちゅう熱や発疹がでますし、大人なら、術後の感染症や肝炎・HIVなど、高齢者であれば誤嚥性肺炎や結核などの対策が取られています。
こうした仕事に従事していた看護師の中で、改めて勉強したい人が養成機関に行って認定看護師等になるわけです。

看護師以外で、感染症患者さんの治療に貢献できるのは、やっぱり医師です。

細菌検査の面では検査技師さんなども重要ですし、適切な薬の選択という意味では薬剤師さんの助言も重要です。製薬会社で薬の開発などもありますね。
予防という点では、衛生的な上下水道の整備ですとか、ごみの収集なども本当に大切な仕事です。日本では当たり前すぎて、関心がない人が多いですけどね。学生には必ず教えています。

少しでも参考になれば幸いです。

看護大学の教員をしている者です。

認定看護師と専門看護師では、求められている能力や養成期間などが異なります。
これは日本看護協会のホームページに書かれていますが、認定看護師は熟練した実践と他の看護職への指導と相談に対応すること、専門看護師は、卓越した実践に加えて、看護職以外の職種も含めた相談や教育、医療チームメンバーの調整、倫理的な問題の調整、研究能力といったものが求められています。
院内感染対策はもちろん大切な仕事ですが、専門看護師は数が少ないですので、両方がいて業務を分...続きを読む

Q本日MRI検査、整形外科として受けたつもりでしたがレントゲンだけで終わって骨からの痺れなどの原因はな

本日MRI検査、整形外科として受けたつもりでしたがレントゲンだけで終わって骨からの痺れなどの原因はないと言うことでMRIは受けませんでした。要は脊髄からの痺れの原因とは当てはまりませんと先生は言うんです。
私はなんか信じられません、どうしてそこまで言い切れるんでしょうか?
頭に何か固まりがあって重くて、背中と手の痺れの疑いなら、膠原病内科を紹介され、私はあり得ないかなと思ってます。
検査法法はいろいろ有るみたいでしびれなら、神経伝達のことなら、治療は有るみたいです。
私はてっきり脳神経外科かと思っていました。
それでまた改善されないとなると、仕事も復帰できません。
膠原病の痺れの痛み止めなど有るかどうか全く分かりませんが改善されないとなるとやはり脳神経外科でしょうか?
また、ストレスからの痺れでしょうか。
最初は頭の後頭部から痛くなり、自律神経失調症と診断されたり、むずむず症候群だったり改善されず、三科目になります、もう後がありません、夏に復帰の面接受けるまで治らないと首になるかもしれません(・_・、)

Aベストアンサー

整形外科は、整形外科の見地から
整形外科の分野で診る範囲に、異常が無いから原因は無いと言ったまで。
脳神経外科でも同じ。膠原病内科を紹介されたのであれば、受診するしかないのでは。

>私はあり得ないかなと思ってます。
根拠は何?素人がいくらネットで調べても所詮は素人の判断。
逆に、各科の医師は、その科のプロですから。

いくつも科を転科するのがいやならば、総合診療科のある病院を受診してみましょう。
いろんな科をたらい回しにはしません。この科がある病院は、それなりに各科の垣根なく
病院全体が一つのチームとして治療にあたりますから。

Q感染管理認定入試 過去問について質問 2

H26年度 日本看護協会 看護研修学校と、 H26年度神戸研修センターの感染管理認定入試選抜試験の問題について質問させてください。
調べても、「解なし」と思う問いがあるのですが・・・


看護研修学校 入試

<問題18>
水痘と麻疹に関する記述で正しいものはどれか。
 1)水痘の感受性がない者は、帯状疱疹を発症した患者との接触により水痘を発症することがある。
 2)水痘に曝露した水痘感受性者の発症予防として、抗ウィルス剤の投与は曝露後7日後からでよい。
 3)麻疹は5類感染症であるが、発症者が成人である場合は届出の必要はない。
 4)麻疹ワクチンの接種は任意接種である。
 5)麻疹と水痘は、ともに空気感染する疾患である。

 1:1) 2) 3) 2:1) 2) 5)   3:1) 4) 5) 4: 2) 3) 4)  5:3) 4) 5)

1)×: 水痘に感受性ないので。
2)○?: 潜伏期間が10日~21日で、感染期間が発症前の1-2日前とのことなので。
3)×: 2008年から全数把握
4)×:定期接種 MRワクチン
5)○: 


神戸研修センター 入試

<問題11>
細菌について正しいのはどれですか。
1)細菌芽胞は100度の加熱により不活化できる。
2)嫌気性菌は酸素があると増殖できない。
3)黄色ブドウ球菌はグラム陰性球菌である。
4)緑膿菌は抗菌薬に対する耐性を獲得しにくい。

 1)芽胞は100度の加熱では不活化できない。芽胞を不活化できるレベルが滅菌であり、オートクレーブでは2気圧飽和蒸気中121度15分が必要。
 2)偏性嫌気性菌は酸素があると増殖できないが、通性嫌気性菌は、酸素下でも増殖可能。
 3)黄色ブドウ球菌は、グラム陽性球菌の代表格。
 4)緑膿菌は抗菌薬への耐性を獲得しやすく、多剤耐性緑膿菌が問題になっている。
~と、調べた結果は上記のとおりで、全て誤りとなりました。

これら問いの解釈で合っているのかどうか(解なしでよいのかどうか)、
間違いがあればご指摘いただけないでしょうか。

H26年度 日本看護協会 看護研修学校と、 H26年度神戸研修センターの感染管理認定入試選抜試験の問題について質問させてください。
調べても、「解なし」と思う問いがあるのですが・・・


看護研修学校 入試

<問題18>
水痘と麻疹に関する記述で正しいものはどれか。
 1)水痘の感受性がない者は、帯状疱疹を発症した患者との接触により水痘を発症することがある。
 2)水痘に曝露した水痘感受性者の発症予防として、抗ウィルス剤の投与は曝露後7日後からでよい。
 3)麻疹は5類感染症であるが、発症...続きを読む

Aベストアンサー

2)水痘に曝露した水痘感受性者の発症予防として、抗ウィルス剤の投与

は、暴露後一週間内に投与すれば、予防もしくは軽くですむという事になっていますので、×です。

他は、tamaki_kansenさんの理解でいいかと思います。

Q長く歩くと太腿からふくらはぎにかけて 痺れがあり、休むと治る症状で、整形外科でMRIをて撮った結果、

長く歩くと太腿からふくらはぎにかけて
痺れがあり、休むと治る症状で、整形外科でMRIをて撮った結果、脊柱間狭窄症で手術が必要といわれました。普通に歩くぶんには支障がないのですが、手術しなければいけないのでしょうか、またなにか他の方法はないでしょうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

病院の結果が信用できない場合は
他の病院で検診することです。

Q感染管理認定入試 過去問について質問です。

日本看護協会神戸研修センターのH26年度入試試験問題の中の2問の解が、調べても分からないので、教えてください。

<問15>
針刺し事故発生時に行う暴露源の対応で適切なのはどれか。
1)患者のHBs抗原を調べる
2)患者のHCV抗原を調べる
3)患者のHIV抗原を調べる
4)1ヶ月前の血液媒介感染症の陰性記録があったため、患者の検査は実施しない。

2)3)は抗原でなく抗体を調べる-ということで除外できます。
適切な~というと、1)かと思うのですが・・・

暴露源となる患者の感染症検査の有効期限に取り決めはないらしく、実質3ヶ月、もしくは6ヶ月で設定する病院がネット上で数多くヒットします。
私の勤める病院のマニュアルも確か、患者の感染症をカルテ等で確認し、結果がなければ採血、結果が陰性ならば-、陽性なれば-といったフローチャートであった気がします。(このあたりうろ覚えです。)
検索をかけると、暴露源の患者の感染症結果の有無にかかわらず、同日暴露源患者の了承を得て感染症検査の採血を行うことを明記したマニュアルも時々ヒットしますが、全てではありません。

針刺し切創が生じた際の、暴露源患者への対応に詳しい資料があればご教示いただけないでしょうか。

<問31>
結核菌について正しいのはどれですか
a)細長いグラム陽性桿菌である。
b)通常のグラム染色では判定が困難である。
c)細胞壁に厚い脂質をもっている。
d)分裂が早く、1日程度の培養で肉眼的に観察できる。

1) a.b. 2) a.d. 3) b.c. 4) c.d

細胞壁に脂質が多くてグラム染色では染まりにくいことは、過去問によく登場しています。
なので、3)かと思ったのですが、結核菌について調べると、グラム染色ではグラム不定となりやすいが、他の方法も加えて判別するとグラム陽性桿菌である-という記述も見つかります。
1)と回答させたい問題なのか、また3)で良いのか、どなたか教えていただけないでしょうか。

日本看護協会神戸研修センターのH26年度入試試験問題の中の2問の解が、調べても分からないので、教えてください。

<問15>
針刺し事故発生時に行う暴露源の対応で適切なのはどれか。
1)患者のHBs抗原を調べる
2)患者のHCV抗原を調べる
3)患者のHIV抗原を調べる
4)1ヶ月前の血液媒介感染症の陰性記録があったため、患者の検査は実施しない。

2)3)は抗原でなく抗体を調べる-ということで除外できます。
適切な~というと、1)かと思うのですが・・・

暴露源となる患者の感染症検査の有効期限に取り決...続きを読む

Aベストアンサー

標準予防策の考え方でいけば、調べずに全員にHBVに対する免疫グロブリンの
投与とHIV予防薬の投与になります。

Window期を考えれば、当然、そうなります。

そうしないのは、例えば当院でも20余年分の患者のHBsAg、HCVAb、ATLのデータが
あり、1~2年毎にチェックして抗原、抗体陽転者のチェックをしていますが、
実際、陽転者というのはほとんどいません(HCV抗体がcut off値でうろうろして
いる症例はありますが)。

そういうローカルデータをもとに各医療機関が合目的に判断します。
一義的に決めるものではないです。
そういう意味でHIV患者が多い所では、陰性でもHIV予防薬投与もありえます。

Q整形外科手術後、足のうらや、足の指に痺れが常にあり、足が冷たく感じます。医者はこれはもう一生治らない

整形外科手術後、足のうらや、足の指に痺れが常にあり、足が冷たく感じます。医者はこれはもう一生治らないと言います。では投薬してもらっている薬ももう飲まなくてもいいのでしょうか?ちなみに痺れと血行を良くする薬です。

Aベストアンサー

一般論で申し訳ありませんが、今飲まれている痺れと血行をよくする薬は治すというより、痺れや冷感といった症状を軽くする意味が大きいと思います。
飲むのを止めると症状が重くなる恐れがあります。

服薬の必要性については、主治医と相談し決めていくのが良いと思います。

お大事にして下さい。

Q涙が止まらないような悲しい事件です。

あなたはどのように感じますか?

★空手少年ら、障害者の少年をリンチで撲殺 小学校の裏庭で/滋賀
<ニュース記事より>

滋賀県大津市平野小学校の裏庭で、3月31日青木悠君(16歳)がリンチを受け死亡した事件を調べていた警察は、空手有段者の少年ら二人を逮捕し、目撃者の3人の少年らから事情を聞いている。

青木君は中学生の時に交通事故に合い、左半身不自由になった二級障害者手張を持つ身体障害者。

調べによると逮捕されたA(15歳・空手3段)とB(17歳)は、「合格祝いにカラオケおごってやる」と青木君を給食室の裏庭に呼び出し、「障害者のくせに生意気だ」とリンチを加えた。

二人は無抵抗の青木君の顔、頭、腹などを空手の技などで70回以上殴リつけ、さらにぐったりした青木君を高さ60cmほどもあるコンクリート台などに上り、プロレスのバックドロップで頭から地面に叩きつけるなどした。

青木悠君は大津市民病院に救急車で運ばれ、集中治療室で治療を受けたが、同日急性硬膜下血腫で死亡した。

病院で青木君の母親が待合室にいた空手3段のAに暴行の理由を尋ねたところ、Aは「むかついたから」と答えたという。

参考サイト

病院で瀕死の状態の青木悠君
http://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/newpage4.htm

悠君の母親・ 青木和代さんのお葬式での挨拶
http://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/newpage3.htm

http://ameblo.jp/sukinakoto/entry-10038616162.html

滋賀・青木悠君リンチ殺人
http://yabusaka.moo.jp/outu01.htm

あなたはどのように感じますか?

★空手少年ら、障害者の少年をリンチで撲殺 小学校の裏庭で/滋賀
<ニュース記事より>

滋賀県大津市平野小学校の裏庭で、3月31日青木悠君(16歳)がリンチを受け死亡した事件を調べていた警察は、空手有段者の少年ら二人を逮捕し、目撃者の3人の少年らから事情を聞いている。

青木君は中学生の時に交通事故に合い、左半身不自由になった二級障害者手張を持つ身体障害者。

調べによると逮捕されたA(15歳・空手3段)とB(17歳)は、「合格祝いにカラオケおごってやる」と...続きを読む

Aベストアンサー

弱者で技を試す卑劣な彼らは、空手から何を学んだのでしょう???技しか教えない利益至上主義の空手師範にも問題があると思います。空手など武道の教育者を審査するのが昇段試験なのですから、JKA(社団法人日本空手協会)にも罰則を課さなければなりません。

Q頚椎ヘルニアで手術の診断を受けました。痛みは引きましたが手足の痺れと感

頚椎ヘルニアで手術の診断を受けました。痛みは引きましたが手足の痺れと感覚異常がある状態です。
手術の後はどれくらいで回復しましたか?
恥ずかしい話ですが性交症等は普通にできていますか?
日常生活に支障ない回復って…姿勢などに神経質になってしまい悩んでいます。手術受けた人いたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

私の場合は、ヘルニアが発覚して実際に痺れが出てから3週間程で手術を行いました。手術を決意したのは、痺れと言うよりは、足に麻痺が出て来たためです。私の主治医は、排便・排尿障害や運動障害(麻痺)があれば、基本的に即手術、痛み・痺れだと基本的には保存治療で様子見だと言っていました。

自分自身で足に力が入らなくなって、立てなくなってきたため、「ヤバイ!」と感じたので、医者の言うとおり即手術って感じでした。今は多少の痺れはあるものの、日常生活には支障が出ていないので、手術前のことを思えばよくぞここまで回復したと感じています。

疑問・不安を主治医にしっかりとぶつけて、納得されて手術する・しないを決めることをお勧めします。

Q吸引ビンの中

最近、感染管理の講演会で吸引ビンの中には、薬液は入れないと言っていました。
私の施設もそうしようと話しているのですが、
「何も入れなかったら痰がこびりついて、落ちないのではないか」「洗う時に菌に感染しないか」と意見があり
説得できません。どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

吸引ビンをディスポ製品に変えることはできないんですよねえ。
感染対策で洗浄時には、エプロン・グローブが必要なのはご存じだと思いますが、ゴーグルやマスクも場合によっては、必要になります。
「洗う時に感染しないか」という意見が出るというのは、感染対策の勉強が足りないスタッフがいるということだと思います。ユニバーサルプリコーションやスタンダードプリコーションを中心とした、感染対策の資料を準備して勉強会などを早急に開く必要があると思います。
汚れが落ちにくいというのは、すぐに洗浄すれば、対処できると思います。
施設の中に、便器洗浄機はありませんか?以前、感染対策の勉強会でこの便器洗浄機を器械の洗浄機に変えて使っている施設がありました。蒸気も出るし綺麗に洗浄できるようです。短時間で洗浄できるのも利点です。
感染対策は、コストがかかりますし、仕事量を増やしてしまうと続かなくなります。意識改革をするのは、大変だと思いますが、頑張って下さい。
すみません、「これ」という意見がでなくて・・・。

Q1年位前から、腰と左足に痛みがあり、整形外科を受診し、レントゲン,MR

1年位前から、腰と左足に痛みがあり、整形外科を受診し、レントゲン,MRIを受けたところ、骨に異常なく、ヘルニアの可能性は無いと言われたのですが、痛みは少しずつ増しているような気がします。

左足の痛みから、神経への圧迫が考えられると思うのですが、ヘルニアでないとしたら、他に病気の可能性はあるのでしょうか?

腰痛は、原因不明のものがほとんどだと聞きましたが、この前TVで、ストレス性腰痛のチェックをやっており、かなり高得点でした。

日常生活には支障無い程度なのですが、将来、進行する可能性を考えたら、大学病院を紹介してもらうべきでしょうか?

Aベストアンサー

 ストレス性腰痛は、気にするのがいけないような気がしますが・・・。心配事があると神経伝達のミスが起こって、痛みを感じるらしいです。痛みがあるというのは、身体を動かさないで治療すべしという信号なので、治らないと言うことが、またまた痛みの信号になって、頭脳に伝わってくるそうです。
 この分野の先駆けとなった本は、「サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療」です。私は図書館で借りて読みました。原本はもう20年以上前のものですが、ようやく最近になって、日本でも彼の言うことが理解されて治療法の基本に取り入れられてきたようです。
 この本を読んだだけで、何万人もの人が自分の腰痛の原因を理解し、ストレス解消に向き合って長年の腰痛から解放されたという本ですので、一読しても無駄ではないかと思います。
 ストレス性腰痛の治療法は、「嫌なことを忘れて、楽しいことを考える。」それの繰り返しで腰痛から解放されると言うことのようなので、それなら自己流でも結構いけそうです。
 要するに痛さを忘れるぐらい、充実した前向きの生活を送るのがコツらしいのです。(^o^)わははは・・・
 私も坐骨神経痛で数ヶ月苦労しましたが、椎間板ヘルニアだったので、硬膜外ブロック注射で痛みが無くなりました。ホッとしているところです。

 ストレス性腰痛は、気にするのがいけないような気がしますが・・・。心配事があると神経伝達のミスが起こって、痛みを感じるらしいです。痛みがあるというのは、身体を動かさないで治療すべしという信号なので、治らないと言うことが、またまた痛みの信号になって、頭脳に伝わってくるそうです。
 この分野の先駆けとなった本は、「サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療」です。私は図書館で借りて読みました。原本はもう20年以上前のものですが、ようやく最近になって、日本でも彼...続きを読む


人気Q&Aランキング