昨年4月頃右の肩甲骨の中が痛みました。その頃右手で箸を使うと力が入らなくなりました。1ヶ月位で痛みが左に移動し、左手の小指・薬指に痺れが出ました。7月後半、大きな病院で脳のMRIを撮りましたが異常なく、整形外科に回してくれました。8月整形外科で頚椎のCTとレントゲンを撮り「後縦靭帯骨化症」により「神経の通り道が通常12ミリのところ8.5ミリしかない為」と診断されました。「手術しても直るかどうか判らない」とのことで「メチコバール」の服用と共に首の牽引を行ないました。3ヶ月しても治癒せず、却って指から手首にかけてと腕(手首と肘の間)がビリビリする痛みとゴム手袋をしているような痺れが出てきました。同時に左の肩甲骨の回りが重苦しく痛むようになり、段々とひどくなってきました。そこで、別の整形外科を主とする病院で診察を受けたところ、レントゲンで「老化により頚椎に髭のようなもが出、また6番7番頚椎の間が狭くなって神経を圧迫している」と診断されまたが具体的に完治する手術は難しい様子。
どなたか、鍼灸等東洋医学は効果があるのか、または頚椎手術の名医をご存知の方、是非お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

獨協医科大学脳神経外科の 金 彪(ひょう)先生も有名な専門家のおひとりです。

私は彼の開発した椎体スペーサーを使って頸椎前方固定術を行っています。

獨協医科大学脳神経外科
〒321-02栃木県下都賀郡壬生町北小林880
TEL0282-86-1111(交換台経由)

ただ、別に有名な先生でなくとも、あなたのお近くにもきっと手術の上手な先生がいらっしゃるはずと思いますが。(私も自分では巧いとうぬぼれていたりして・・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naokun先生へ
有難うございました。
これで安心して病気と付き合って行ける余裕が出来た気が致します。
先生も手術をなさることがわかりましたが、お尋ねする方法が判りませんで申し訳なく思っています。重ねて御礼申し上げます。

                               katakatato

お礼日時:2001/01/10 10:34

どうもかかった病院によって微妙に診断が違っているようで、何を信じたらいいのか困ってしまっているご様子ですね。

とくに、OPLL(後縦靭帯骨化症)と言われたり、頸椎に髭のようなもの(恐らく骨棘ですね)と言われたり。でも、8月のCTで後縦靭帯骨化症と言われたのであれば、これは信憑性がありますね。レントゲンでも後縦靭帯骨化症は診断できますが、分節型の小さなものでは骨棘と鑑別困難かもしれません。
さて、手術の対象となるかどうかは、実際の神経所見と画像診断上の予想される症状とが一致するかどうかが一つの大きなポイントです。もう一つは、運動障害が出現している場合には、手術を考えたほうがよいと私は個人的には考えています。なぜなら、あまり長く脊髄や神経の圧迫が続くと、微小循環障害によって変性が起こってしまい、手術による圧迫をとっても完全には良くならないからです。それでも、手術をした方がしないよりは症状は良くなりますし、何よりそれ以上悪化することが防げるからです。この、悪化の予防ということは、手術を受けた本人にはあまり有り難く感じられないことかもしれませんが、非常に大きな意味を持ちます。もちろん、患者さんやご家族と十分に話し合って、riskとbenefitを天秤に掛けてもらい、納得された上でのことであることは当然ですが。
鍼灸等の東洋医学に関してですが、いくら鍼をうったり灸をすえても、或いは整体のようなことをやっても、機械的な圧迫(骨棘や骨化した後縦靭帯による)は取れるはずがありませんので、個人的にはおすすめできません。
ちなみに、大津市民病院の小山素麿(つねまろ)先生は、もちろん尊敬に値する名医です。ですが、頸椎の手術の上手な先生は大津まで行かなくともたくさんいます。どの都道府県にも何人かはいらっしゃいます。
おだいじにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naokun様
 早速暖かいご回答本当に有難うございました。
 私の居住地を記載せず名医のご紹介をお願いし、申し訳ございませんでした。
私は、埼玉県に住んでおりますので出来れば関東でと思っております。
左の背中が重苦しく痛むのは辛いですが、未だ運動障害は出ておりませんので(握力は左右35キロでした)手術は今少し様子を見てかな、と思いました。然し、徐々に悪化して行きそうなので、お差し支えなければ具体的に名医をご紹介頂けますれば非常に助かります。宜しくお願い致します。
                           katakatatoより

お礼日時:2001/01/09 19:28

痛みやしびれは、体だけでなく、精神的にも本当に辛いですね。

少しでも、楽になられることを願わずにはいられません。
ところで、滋賀県大津市、大津市民病院に脳神経外科の医師だったと思いますが、「小山医師」が確か頚部の神経の専門ではなかったかと思います。
病院のHPはないようなので、病院検索のURLを記入しておきます。
これだけで、非常に不親切なアドバイスで申し訳ありませんが、よければ電話ででも訪ねてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.10man-doc.co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hisano様、
早速アドバイスを戴き感謝しております。名医のご紹介をお願いしながら、地域を記載せず申し訳ありません。私は、埼玉県に居住しておりますので取敢えず関東で探してみたいと思います。病院検索のURLまで教えていただき本当に有難うございました。
                            katakatatoより

お礼日時:2001/01/09 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長く歩くと太腿からふくらはぎにかけて 痺れがあり、休むと治る症状で、整形外科でMRIをて撮った結果、

長く歩くと太腿からふくらはぎにかけて
痺れがあり、休むと治る症状で、整形外科でMRIをて撮った結果、脊柱間狭窄症で手術が必要といわれました。普通に歩くぶんには支障がないのですが、手術しなければいけないのでしょうか、またなにか他の方法はないでしょうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

病院の結果が信用できない場合は
他の病院で検診することです。

Q頚椎ヘルニアで手術の診断を受けました。痛みは引きましたが手足の痺れと感

頚椎ヘルニアで手術の診断を受けました。痛みは引きましたが手足の痺れと感覚異常がある状態です。
手術の後はどれくらいで回復しましたか?
恥ずかしい話ですが性交症等は普通にできていますか?
日常生活に支障ない回復って…姿勢などに神経質になってしまい悩んでいます。手術受けた人いたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

私の場合は、ヘルニアが発覚して実際に痺れが出てから3週間程で手術を行いました。手術を決意したのは、痺れと言うよりは、足に麻痺が出て来たためです。私の主治医は、排便・排尿障害や運動障害(麻痺)があれば、基本的に即手術、痛み・痺れだと基本的には保存治療で様子見だと言っていました。

自分自身で足に力が入らなくなって、立てなくなってきたため、「ヤバイ!」と感じたので、医者の言うとおり即手術って感じでした。今は多少の痺れはあるものの、日常生活には支障が出ていないので、手術前のことを思えばよくぞここまで回復したと感じています。

疑問・不安を主治医にしっかりとぶつけて、納得されて手術する・しないを決めることをお勧めします。

Q1年位前から、腰と左足に痛みがあり、整形外科を受診し、レントゲン,MR

1年位前から、腰と左足に痛みがあり、整形外科を受診し、レントゲン,MRIを受けたところ、骨に異常なく、ヘルニアの可能性は無いと言われたのですが、痛みは少しずつ増しているような気がします。

左足の痛みから、神経への圧迫が考えられると思うのですが、ヘルニアでないとしたら、他に病気の可能性はあるのでしょうか?

腰痛は、原因不明のものがほとんどだと聞きましたが、この前TVで、ストレス性腰痛のチェックをやっており、かなり高得点でした。

日常生活には支障無い程度なのですが、将来、進行する可能性を考えたら、大学病院を紹介してもらうべきでしょうか?

Aベストアンサー

 ストレス性腰痛は、気にするのがいけないような気がしますが・・・。心配事があると神経伝達のミスが起こって、痛みを感じるらしいです。痛みがあるというのは、身体を動かさないで治療すべしという信号なので、治らないと言うことが、またまた痛みの信号になって、頭脳に伝わってくるそうです。
 この分野の先駆けとなった本は、「サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療」です。私は図書館で借りて読みました。原本はもう20年以上前のものですが、ようやく最近になって、日本でも彼の言うことが理解されて治療法の基本に取り入れられてきたようです。
 この本を読んだだけで、何万人もの人が自分の腰痛の原因を理解し、ストレス解消に向き合って長年の腰痛から解放されたという本ですので、一読しても無駄ではないかと思います。
 ストレス性腰痛の治療法は、「嫌なことを忘れて、楽しいことを考える。」それの繰り返しで腰痛から解放されると言うことのようなので、それなら自己流でも結構いけそうです。
 要するに痛さを忘れるぐらい、充実した前向きの生活を送るのがコツらしいのです。(^o^)わははは・・・
 私も坐骨神経痛で数ヶ月苦労しましたが、椎間板ヘルニアだったので、硬膜外ブロック注射で痛みが無くなりました。ホッとしているところです。

 ストレス性腰痛は、気にするのがいけないような気がしますが・・・。心配事があると神経伝達のミスが起こって、痛みを感じるらしいです。痛みがあるというのは、身体を動かさないで治療すべしという信号なので、治らないと言うことが、またまた痛みの信号になって、頭脳に伝わってくるそうです。
 この分野の先駆けとなった本は、「サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療」です。私は図書館で借りて読みました。原本はもう20年以上前のものですが、ようやく最近になって、日本でも彼...続きを読む

Q外科と整形外科の違い

1年前から左胸に違和感があり、昨年の2月と10月に内科に行って、検査を行ったのですが、異常なし。内科で異常が見つからない場合、次はどこの科がよいのでしょうか?自分でも違和感が、体内なのか、筋肉なのか、わかりません。場所が場所だけに不安なので、早く原因を知りたいです。
ちなみに、人からは整形外科と言われていますが?これって、どういうところを調べる科なのですか?

Aベストアンサー

私は一応医師免許を持っていますので、よく誤解されている点について若干説明させていただきます。
整形外科というのは、一番よく世話になる状況は骨折、捻挫などのけがの治療だと思います。しかし、整形外科の本来の(?)治療範囲は運動器と呼ばれる器官が対象となります。運動器と言われてもピンと来ないかも知れませんが、骨、筋肉、靭帯、神経など体を動かす、または支える主要器官(主に四肢と脊椎、骨盤)と思っていただけるとよいでしょう。従って、けがを治療するのは整形外科医のほんの一部の仕事であって、他には神経痛の治療や、リウマチあるいは年齢とともに痛んできた関節を治療したりします。先天的な手足の異常を対象にすることもあります。骨や筋肉、神経の腫瘍も治療します。時には骨肉腫も扱います。すなわち、けがだけでなく、運動器に対する治療全般を行っています。
美容整形や形成外科とは異なります。接骨や整体とも違います。
外科とは広い意味では手術をする医者のことですので、整形外科も眼科も外科に含まれます。反対語は内科になります。狭い意味では一般外科とも言われており、通常はおなかと胸部(心臓・肺など)の手術治療に携わる職業です。
元々は外科というのは、身体全体を扱っていたのですが、近代医学となってからは専門化が進み、○○外科という風に別れたのです。眼科、耳鼻科など手術するが、外科と名の付かない科もあります。整形外科で扱う疾患にも内科的な治療がメインの疾患もあります。要はどの部位を主に扱うかで科が別れているのです(皮膚科、眼科などはわかりやすいですよね。整形外科というわかりにくい名前を変えるべきという人もおられます)。
ご質問の要点である、胸部の違和感をどこで診てもらうかですが、部位や症状がはっきりしないような状態なら、基本的にはまずは内科、胸部外科あたりに相談されるのが妥当かと思います。そこで主治医が必要と感じたなら整形外科や他の科に紹介するでしょう。ですから、No.2の方も仰っているように複数の科がある病院でもう一度相談されるのがよいと思います。原因がわからないことも多々あるとは思いますが、病状に不安があることもはっきりと伝え、担当医とコミュニケーションをしっかりとることが重要と思います。

私は一応医師免許を持っていますので、よく誤解されている点について若干説明させていただきます。
整形外科というのは、一番よく世話になる状況は骨折、捻挫などのけがの治療だと思います。しかし、整形外科の本来の(?)治療範囲は運動器と呼ばれる器官が対象となります。運動器と言われてもピンと来ないかも知れませんが、骨、筋肉、靭帯、神経など体を動かす、または支える主要器官(主に四肢と脊椎、骨盤)と思っていただけるとよいでしょう。従って、けがを治療するのは整形外科医のほんの一部の仕事であ...続きを読む

Q行きつけの外科医のアドバイスが理解できません。整形外科を変えたほうがいいですか。

私の職業は宅配などの配達員です。膝関節を痛めていますが、去年の10月、今年の4月、そして9月と同じ医者に3回目です。
今回の診察時に「また痛みますか」といわれたので、私は「仕事上、どうしても足を使うので、退職も考えています。」といいましたが「ああ、そうですか。」と軽く流されました。
レントゲンを撮ったのですが、「軟骨が少し減っているようですが、今の仕事続けても心配ないでしょう。ただ、膝に負担をかけずにしてくださいね。」
と言われ、痛み止めの薬をいただいただけです。
配達の仕事をするのに、膝に負担がかかるのは当たり前のことなので(階段の上り下りは必ずありますし・・・)医者の言っている言葉が理解できません。医者の言葉をどう捉えたらいいのでしょうか。
(ちなみに、私は足を引きずっていないので、見かけは重症患者に見えません。)
また、軟骨が少し減ったくらいなら、注射はしないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

膝を酷使した、痛みが生じているようですね。

一般の方は、「じゃ注射してくれ」と安易に言うことがありますが、ちゅうしゃによって思わぬ副作用が出ることも多く、控えているのかと思います。
レントゲンでは軟骨そのものは写りませんので、骨と骨の間が狭くなっていて、それで軟骨が磨り減っている、と解釈したように思います。

受診されているのは外科医でしょうか、それとも整形外科医でしょうか?
これは大きな違いで、看板はどう出していても、外科医なら胃癌とか乳癌の手術をやってきた医師であり、整形外科だと骨折や膝関節症を診てきた医者ということになります。

お話からするとかなり痛みに悩んでおられるようですので、相当大きい総合病院の整形外科に受診して、膝MRIを撮影してもらい、膝の状態を評価してもらうのが良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報