ちょっと変わったマニアな作品が集結

昨日71歳の父が脳梗塞で倒れました。医師の話ではアテローム血栓性脳梗塞だと思います。首の4本の血管のうち1本が詰まり、脳の何箇所かも詰まっているようです。左手と左足が少し動かなくなって発覚しました。今は見た目は至って元気ですが、点滴で血液をサラサラ?にしているからかもしれません。
本人は温泉が好きで草津温泉などが大好きです。自宅でも熱い風呂が好きです。こうなってしまった以上、もう熱い風呂は無理だと思いますが、温泉は旅行を兼ねてまだまだ行きたいし、連れて行って上げたいです。関東周辺(箱根とか理想)で脳梗塞の人でも入れる良い温泉はないのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

温泉ですか。

伊豆あたりとかどうですか?そんなに関東から遠くないですよね。
それと余計なお世話ですが、去年私が入院中に医師に教えて貰ったのですが、熱いお湯での入浴は温度差が激しくなる為体に良くないそうです。お年よりは熱いお湯が好きなのでお風呂上りに倒れる方が多いそうです。40度位のお湯が良いそうです。それと長時間の入浴は体から余計な水分が失われるので、大体5分から10分くらいの入浴が良いそうです。そして入浴後は水分を取った方が良いそうですよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですね。露天風呂も気をつけたほうがいいですね。ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/06 22:20

発汗により血液が粘稠になり,血栓ができやすい状態になることがありますkら,温泉に入られる際には水分摂取に気を付けて下さい.うちの母

は脳梗塞予防に「循環元」という漢方薬(?)を服用しています.参考になさってみて下さい.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。入る前と後に水を飲まないと・・・

お礼日時:2006/12/08 20:41

那須の芦野温泉はどうでしょうか?


湯治場なので、病後のリハビリに利用されている方も沢山います。

私の父も脳梗塞で倒れまして、リハビリは必要ないほどに快復していますが、温泉の評判を聞き、病後に良いと聞いて何度か訪れています。
私も極度の冷え性なので、たまに父に連れて行ってもらっていますが、午前中入っても夜まで下半身がぽかぽかしています。
そんなことは始めてだったので、定期的に入りにいけば必ず体調は改善すると思いました。

泊まることも出来ますし、日帰りでも利用できます。
ただ、土日は混むと思いますので、平日に行かれた方がいいとおもいます。
ご参考までに。

参考URL:http://asinoonsen.co.jp/index.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。薬草の湯は私自身もかつて入って非常にあったまりました。

お礼日時:2006/12/06 22:19

温泉地でのリハビリとなりますと滞在費も馬鹿になりませんし何しろ住居も必要になりますよね。



まず草津から40ぷんほど下ったところに中之条町と言うところがあります。そこの沢渡と言うところに温泉病院がありリハビリは温泉ぶリハビリをします。
そこに入院をしてリハビリ中心の生活をされてはどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。そこまで本格的な温泉リハビリでもないのですが、温泉は調べてみます。

お礼日時:2006/12/06 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞後、車の運転はいつからしても良いのですか?

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自分がこれから死ぬまでどれほどの時間が残されているのか、明日死ぬのか、分からない以上今すぐにでも後悔しない生き方を選択したい気持ちです。

私は元から旅行が好きだったものですから、車や二輪車でまだ行ったことのない所を旅してみたいです。

しかし、私は病気から1年経っておりません。果たして運転はしても許されるのでしょうか?医者に聞いてもハッキリとした回答をもらえず、いつまで自粛すればいいのか分かりません。こういった病後の運転に関する決まりをわかりやすく教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自...続きを読む

Aベストアンサー

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかはちょっと悩むところです。
視野が欠けている、道路標識を見ても意味が理解できない、けいれん発作をくり返している、といった場合は「正常な運転ができないおそれ」に該当するでしょう。
逆に、右手足が麻痺している、舌もつれがあり上手に話せない、といった場合は正常に運転している方もおられます。
両下肢麻痺でも、補助具を使い運転されておられる方もおられます。

主治医の先生が、「運転は不可」とはっきり断定されていないのであれば、あくまでも自己責任で、練習していかれてはいかがでしょうか。
また、障害者受け入れをやっている自動車教習所もありますので、相談してみても良いかもしれません。

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかは...続きを読む

Q脳梗塞後の食事療法について…(長文です)

母が脳梗塞と脳内出血で昨年秋に入院後、今年になって退院致しました。
そして退院後初めて脳の検査を行った所、バイパス手術をしても、細くなってる血管が多過ぎて、リスクが高いと言わました。
このまま様子を見て生活し、食事や運動など、薬で様子を見て行く様に言われたのですが、母を長生きさせる為にも、娘として何か手出すけ出来ないかな?ってサイトを検索して見ました。
でも思った情報を得る事が出来ず、正直探せずにいます。
本屋さんやまた図書館でも行って調べるといいかとも思いましたが、只今妊娠中と小さな子供を抱えて正直ユックリ調べる事が出来ずにいます。
家でパソコンで検索または調べるくらいは可能です。
そこで質問ですが、食事療法、また母はろれつが回らない症状が少し後遺症として残りました。自分で出来るリハビリまたは、高血圧でもある母にこんな食事を…と勧める為にサイトまたは本などを探しております。
長文になりましたが、分かる方、又は経験者の方からのお返事ありましたら参考にして母に勧めたいと思います!どうぞよろしくお願い致しますm(--)m

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、私も同じ病気の母と暮らしているので、経験の中からお話しします。
現在私の母は右半身の片麻痺で、歩けはしますがとてもゆっくりです。
呂律も倒れる前まで程は回復しませんが、はっきり喋れます。唇は右端が痙攣する感覚があるようです。
普段はヘルパーに家に入ってもらい、かつデイサービスも受けています。
以下のお話は、今までの経験や、病院、訪問看護師、デイサービス、リハビリセンターとのやり取りの中で教わったことです。
劇的な効果のある対応ではありませんが、参考ください。
無駄に長文です。。。。

「食事」
病院の指示により、塩分が若干控えめの食事を取らせています。
しかしながら、退院当初ほど気をつけるということもなく、今では食べ物のおいしさの伝わる塩加減にしつつも、併せて塩分を体外に排出する野菜を食べさせています。
塩分の排出に特化した野菜も有るようですが、ごく一般的な、キャベツ、レタス、大根、その他の普通の野菜を食べさせています。これで十分効果があるそうです。

また、しょっぱさが無くなるとうまさも感じにくくなるので、塩分に変わり酢を使ったり、素材の旨味を強調した料理を作っています。
退院当初、味付けや食生活全般の変化、右利きなのでお箸が今まで通り使えない事により食べることがつまらなくなってしまい、固形物は面倒と言うことで、ごはんと海苔の佃煮とかしか食べなくなり、食が細くなって体重も減ってしまったのですが、今では回復しています。
母な東北の人なので、塩味・濃い味=うまさ、ととらえるので、苦労しました。

具体的な料理としては、タマネギと大根を千切り?にし、ワカメを加え、酢と醤油と和えて味を整え一晩おいたものに鰹節をかけて食べています。
我が家で古くから食べさせられている料理なのですが、効果があるようです。

水分に関しては、最低でも1日に1.5リットルの水を飲むように指示されました。
今では1日に2リットルくらい飲んでいます。トイレが近いとぼやいています。

「リハビリ」
先生の話によると、顔面のしびれや呂律を回復するのはとても難しいそうですが、とにかく「人と話すこと」「笑ったりして口を動かすこと」を勧められました。
一人の時は話すわけにはいきませんので、テレビやラジオを付けたままにしています。母はテレビに話しかけるタイプなので、若干は効果があったのかなと思います。
また、指先を使うことによる刺激も十分な効果があるようで、編みものをしています。

デイサービスでは同じようなお年寄りが沢山いるらしく、指の運動を沢山教わったようです。両手を大きなボールを持つような形で指先だけ付けて合わせ、指先を触れさせずに指を重ねるようにして回す運動です。
あとは、リハビリセンターと自宅で足腰や肩・腕の基礎的な筋力の維持に励んでいます。屈伸とか、腕を上に上げる、とかです。
全身的な運動は、近所を散歩する位で十分だそうです。

とにもかくにも、自然と言葉が出る環境を作ってしまう事で効果があると思います。
犬や猫を飼ったり、自宅を近所の井戸端会議場にしてしまうのも良いかもしれません。

「効果」
呂律や唇の震えは、見違えるほど良くなりました。退院当初は「あうあう」言って言葉も出ず、「らりるれろ」も「ぅあ、ぅい、ぅう、ぅえ、ぅお」に聞こえる状態でした。
足腰も今ではしっかりしています。退院当初は歩けるにも関わらず杖に頼りきりでしたが、足腰がしっかりすることで、積極的に外へ出たり、人と会話するようになったように見えます。

退院当初、私は母に対して構えてしまいましたし、腫れ物に触るような対応でした。また、私も母も「人生の先が見えた」ということにとらわれすぎていたように思います。
今では、母が自分で出来ることは進んでやってもらい、私も母も病気を受け入れ、前向きに暮らす事で順調に回復しているような気がします。
もちろん、病気の特質として、回復の度合いは様々だというのも理解しています。

病気の度合いにも依りますが、脳梗塞と戦っている人のウェブサイトを見ると、とにかく前向きで元気な人たちばかりのような気がします。
とにかく前向きに、いろいろなことを取り入れ、長い時間を掛けてがんばっていくのが良いのかなと思います。

専門家ではありませんが、私も同じ病気の母と暮らしているので、経験の中からお話しします。
現在私の母は右半身の片麻痺で、歩けはしますがとてもゆっくりです。
呂律も倒れる前まで程は回復しませんが、はっきり喋れます。唇は右端が痙攣する感覚があるようです。
普段はヘルパーに家に入ってもらい、かつデイサービスも受けています。
以下のお話は、今までの経験や、病院、訪問看護師、デイサービス、リハビリセンターとのやり取りの中で教わったことです。
劇的な効果のある対応ではありませんが、参考...続きを読む

Q障害者手帳の申請について

最初に、長文、乱文になり、すみません。

私は2年前に「脳梗塞(38歳)」になり、障害認定をされなかった(正確には後遺症はありますが、軽度の為、手帳の発行に至らないとの話でした。)者です。

半年の入院後、元々働いていた会社に復帰して(契約社員)、なんとか期間一杯(一年)まで働かせていただきました。
今年から無職になり、ハローワーク等に通って相談をしながら、失業保険を受給し生活しています。
「脳梗塞」と言う事で後遺症は「片麻痺」と「高次脳機能障害(注意障害と記憶障害)」があります。

麻痺の方は退院する時に「その程度では身体障害者手帳は出ませんね」と言われました。そこから一年仕事を通して、更に良くなりました。何をやっても時間はかかるが出来ない事は少ない方。
(日常生活では階段の上り下りでもしないと他人からは解らない程度だと思います)

問題は一年間仕事をして解った「高次脳機能障害」です。 入院中は軽度と言うこともあり発見されませんでした。

自分で調べてみると「高次脳機能障害」は精神障害者手帳の対象とのことだったので

何軒も病院を渡り歩き(たらい回しにされました<うちの病院の管轄じゃないからっ・・とか>)

今年の1月にやっと診てくれる病院にたどり着き、検査等受けました。

結果は「手帳申請はちょっと無理かなっ~」とのお答えをもらいました。
(確かに私生活なら問題ないレベルです。けど仕事では問題ありのレベルです。)
(仕事を頼まれても、返事はするものの頼まれたこと自体がスッポリ記憶から抜けたりします)

私自身としては、「障害者雇用枠」を使いたいので手帳が欲しい訳なんですが、無理だと言うものをゴネても無理でしょうから、納得するしかないと思います。

この病院の話をハローワークの担当者に話していたんですが、片麻痺(身体障害者扱い)と高次脳機能障害(精神障害者扱い)との二つとも悪いんだから、両方合わせて手帳申請と言う風に出来ないか?
相談した方が良い。・・・と言われているんですけど

果たしてそんな事が可能なんでしょうか?(毎回ハローワークの担当者に言われるので知りたいです)

私の知る限りでは身体障害者手帳で手7級・足7級を合わせて6級扱いにする。と言うのは聞いた事がありますが・・・・医者の先生に聞けば一番良かったのですけど、もぅ診断終了してしまったので特別病院に行く予定が無いもので(いつも聞くの忘れてしまうんです)

確かに弱っている半身の為に力仕事は無理ですし、高次脳機能障害の為、頭使う仕事も不安があります。どっちも悪いのは確かなんですが、身体と精神じゃ全然手帳の基準からして違いますもんね。

どなたか、知っている方がいましたらよろしくお願いします。

最初に、長文、乱文になり、すみません。

私は2年前に「脳梗塞(38歳)」になり、障害認定をされなかった(正確には後遺症はありますが、軽度の為、手帳の発行に至らないとの話でした。)者です。

半年の入院後、元々働いていた会社に復帰して(契約社員)、なんとか期間一杯(一年)まで働かせていただきました。
今年から無職になり、ハローワーク等に通って相談をしながら、失業保険を受給し生活しています。
「脳梗塞」と言う事で後遺症は「片麻痺」と「高次脳機能障害(注意障害と記憶障害)」があります。

麻痺...続きを読む

Aベストアンサー

精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準(平成7年9月18日付け厚生労働省通達/健医発第1132号)が平成23年3月3日付けで改正され、高次脳機能障害による新しい認定基準が4月1日から適用されています。
ですから、もしかしたら、3級(最も程度が軽い等級)に認定され得る可能性は出てくると思いますよ。

3級(改正後):
精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの。
器質的精神障害によるものにあっては、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、いずれも軽度のもの。

いままで、器質的精神障害とは、主に認知症やアルコール依存症を指していました。
しかし、この度の改正では、ここに高次脳機能障害を含めました。

認定に当たっては、専用診断書(役所の障害福祉担当課等で事前にもらいます)のICD-10コード(精神障害の分類を示す公的な番号)がF04、F06、F07のいずれかになっていることが必要です。
言い替えると、ただ単に「高次脳機能障害」というだけではNGです。
また、受傷(事故、疾病)の事実があり、かつ、高次脳機能障害の認定基準(手帳とはまた別の基準)により因果関係が確認済であることが前提です。

F04:器質性健忘症候群
記憶障害が主体となっているもの。

F06:他の器質性精神障害
記憶障害が主体とはなっていないもの。
遂行機能障害や注意障害が主体となっているもの。

F07:器質性パーソナリティ障害
人格の障害や社会的行動障害が主体となっているもの。

身体の障害(片麻痺等)は加味されませんので、身体障害については、別途、身体障害者手帳の取得を考慮して下さい。
また、「精神障害者保健福祉手帳の等級 + 身体障害者手帳の等級」というように「併せる手帳申請」ということはできません(障害年金の申請であれば「併合」ができますが‥‥)。
根拠法が別々なので、不可能ですよ。
それぞれ別々に手帳を取ることはできますが、1つにまとめることはできないのです。ここは、ハローワークが著しく勘違いしていると思います。

いずれにしても、可能性としては頭に入れておいたほうが良いと思います。
診断書は、原則、精神保健福祉法指定医によるものでなければならず、初診後6か月を経過しないと診断書として認められません。
なお、高次脳機能障害については、実際に器質的精神障害(高次脳機能障害だけでなく、認知症等も含む)の診断・治療に従事している医師であれば、脳神経外科医等による診断書でもOKです。

その他、国立障害者リハビリテーションセンター(埼玉県所沢市)の情報も参考にしてみると良いでしょう。
以下のとおりです。

高次脳機能障害支援普及事業
http://www.rehab.go.jp/ri/brain_fukyu/index.shtml
支援拠点機関一覧(都道府県の病院一覧)
http://www.rehab.go.jp/ri/brain_fukyu/kyoten_list.pdf

いずれにしても、最新の情報を把握して、あきらめずに臨んでみたほうが良いかもしれませんね。
高次脳機能障害がなかなか理解されない、と思い込まないほうが良いと思います。
 

精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準(平成7年9月18日付け厚生労働省通達/健医発第1132号)が平成23年3月3日付けで改正され、高次脳機能障害による新しい認定基準が4月1日から適用されています。
ですから、もしかしたら、3級(最も程度が軽い等級)に認定され得る可能性は出てくると思いますよ。

3級(改正後):
精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの。
器質的精神障害によるものにあって...続きを読む

Q脳出血とか頭の病気をしたら、飛行機には乗らないほうがいいんでしょうか? 気圧の変化が気になります。

脳出血とか頭の病気をしたら、飛行機には乗らないほうがいいんでしょうか?
気圧の変化が気になります。

発症後一年が過ぎてます。
CT、血圧も異常はありません。

乗っている時間は一時間半です。

Aベストアンサー

こんばんは。

んー。きちんと高血圧治療しているなら気にしなくていいと
思うのですが、気になる点があるなら、担当の医師に相談し
ましょう。

飛行機の気圧については体の状況と医師の判断により、問題
視する医師も、問題死しない医師もいるようです。

ただ脳血管障害の治療中とかなら一般の飛行機に乗るべきで
はないでしょうし(海外での事故・病気発病なんかは医療向
けなんかの飛行機があるようです)、飛行機に限らず血圧が
あがりすぎる効果を避けたり、血液ドロドロを助長してしま
う行為(脱水症状とか)はすべきではないかもしれません。

1年くらいだと何かにつけ脳関係や血圧とか気にしちゃう時
期かもしれませんけども、気になりすぎるのもあまりよろし
くないと思うのです(不安になっちゃって気圧関係なく飛行
機にのった時点でドキドキしたなんてありえると思うのです)。
脳血管障害なら今でも医師に血圧治療のお世話になっている
と思います。不安に思ったら医師に相談しましょう。

Q脳梗塞の慢性期について ( どっちの医師が正しい? )

脳梗塞の慢性期の者です。
治療に関し医師の意見が分かれ、迷ってます。参考意見いただけると幸いです。

一過性の症状を数回経験し、脳梗塞と気づき入院し二週間で退院しました。
右手の指に麻痺と脱力があったのですが、かなり良くなってたので(左手との比較で20~30%ダウン)退院後一週間で職場復帰し初日はほぼ問題なく仕事を終えました。
ところが、二日連続勤務したら二日目の夕方から症状が悪化しました。
心配になって診察を受けたらCT検査で脳梗塞範囲は広がっておらず、主治医は
「症状の波の範囲内」で「疲れるくらいリハビリして良いです」との意見でした。
経緯に関しては「疲れやすくなってるのは確か。しかし過労にならない範囲なら業務をしたこと自体が悪化をさせるわけではない」
ところが、知り合いの神経科医は
「軽くても二ヶ月くらい安静は当たり前。」
「CTやMRIでわからない神経レベル(表現は多少違ったかも知れません)の変化が起きてる」「業務に戻った事が悪化をさせた可能性もある」
と言うのです。

両方の医師を信用してたのに意見が分かれてしまいました。

主治医は神経内科の専門家、知り合いは神経科の専門家です。
神経内科を信じたいけど実際、久々の二日連続勤務で症状が入院中の回復途中のレベルまで悪化したのは事実です。でも、リハビリの観点からすると業務をするのは悪くない気もしますし。

ご参考意見下されば助かります。

脳梗塞の慢性期の者です。
治療に関し医師の意見が分かれ、迷ってます。参考意見いただけると幸いです。

一過性の症状を数回経験し、脳梗塞と気づき入院し二週間で退院しました。
右手の指に麻痺と脱力があったのですが、かなり良くなってたので(左手との比較で20~30%ダウン)退院後一週間で職場復帰し初日はほぼ問題なく仕事を終えました。
ところが、二日連続勤務したら二日目の夕方から症状が悪化しました。
心配になって診察を受けたらCT検査で脳梗塞範囲は広がっておらず、主治医は
「症状の波の範囲...続きを読む

Aベストアンサー

補足のご質問についてですが、「麻痺やしびれが残っている」ことはすなわち後遺症のことですが、後遺症を残さずに完全に症状が治ってくれていれば、同じ場所に関しての症状がもし再発してくれば、それは新たな脳梗塞の出現の疑いがでてきます。しかし、後遺症を残している人は、ちょうど古傷が寒くなると痛んでくるようなもので、必ずしも脳梗塞が再発していなても、しびれが強くなったりします。これは障害を受けた神経の問題ですから、その日の体調のように良い時もあれば悪い時もあるといったものです。ただ、麻痺(体の脱力や筋力の低下)が明らかに強くなったというのなら(例えば、お箸を持って食事できていたものができなくなったとか、お茶碗を持てなくなったとか)、脳梗塞再発の可能性があり、再度CTやMRIは必要でしょう。若干の筋力低下ぐらいであればもう少し様子をみてしまうこともあります。
こういった後遺症の症状そのものは、もちろん安静に休んでいた方が変動しにくいかもしれませんが、ある程度、リハビリ的に負荷をかけていかないと、もともとあった筋力も落ちてしまうでしょうし、あくまで後遺症であって、脳梗塞の再発ではないのですから、症状の変動に一喜一憂せずに長く付き合っていくぐらいのお気持ちでおられたらどうでしょう。もうすでに、脳梗塞の予防薬なども十分に服用されているはずですから、生活習慣や食生活も改善されているなら、もう絶対、脳梗塞がおこるはずがない!と開き直ってみることも必要かと思います。
2週間入院と1週間の自宅療養で、約3週間仕事を休まれていたのですから、病気への不安もあいまって、約1ヶ月ぐらいは外出や仕事がしんどいと感じるはずです。でも徐々に慣れてきますので、ほどほどに気楽に頑張ってください。
血圧はしっかりコントロールされるといいですよ。

補足のご質問についてですが、「麻痺やしびれが残っている」ことはすなわち後遺症のことですが、後遺症を残さずに完全に症状が治ってくれていれば、同じ場所に関しての症状がもし再発してくれば、それは新たな脳梗塞の出現の疑いがでてきます。しかし、後遺症を残している人は、ちょうど古傷が寒くなると痛んでくるようなもので、必ずしも脳梗塞が再発していなても、しびれが強くなったりします。これは障害を受けた神経の問題ですから、その日の体調のように良い時もあれば悪い時もあるといったものです。ただ、...続きを読む

Q脳梗塞の入院中の治療中の再発について

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再発をするというのは、私の中では納得が行かず、
医師に伺っても
・再発は起こりうる。
・悪性の腫瘍があると再発しやすい(母は、子宮に腫瘍があったことが分かり(良性だったのですが)それがその当時は悪性の疑いがあるという事で)

という説明を受けました。

結果、母の腫瘍は良性で、医師の説明とは食い違いがあるも、腫瘍摘出手術の為、病院を転院し詳しい説明は聞けずじまいです。

お伺いしたいことは、『脳梗塞において入院中の、治療中の再発は、起こりうるのか』しかも、ロレツが回らない程度の母が、『1週間程度も寝たきりになる程の』

ホームページを調べても『脳梗塞は再発が起こやすい病気である』という掲載は、見ましたが、

私は、『入院の治療中に起こった』という事が、納得いきません。
一方、病院側は、『再発は起こりうる』という説明です。

長くなりましたが、第3者のご意見を伺いたく、よろしくお願いします。

補足ですが、母は、元々血圧は高く200程度ありました。治療・通院はしていませんでした。
今回、病院に行った際は、血圧が280ありました。その後200程度になり、今は150~160程度です。

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再...続きを読む

Aベストアンサー

理論上十分に起こり得るだけでなく、実際の医療の現場で(私の感覚では)低くはない割合で遭遇するケースです。

脳梗塞患者(退院直前含め)の再発は医療過誤には該当しませんし、その病院の医療や看護に問題が
あって引き起こされたのではありません。
又、梗塞部位などによって出現する症状や程度は様々であって当然ですから、
今回のほうが症状が強くても何ら不可解な現象ではありません。

一般の方が、入院中の再発に疑問をもつのは無理もないかなとは思いました。
どうぞお大事になさって下さい。

Q脳梗塞になった場合の寿命

今年の三月に母(53歳)が脳梗塞になりました。
検査の結果、末端の細い血管が詰まっていて見えないほどだったそうです。
発見が早く、治療は点滴だけで済み、一週間で退院しました(本当はもっと早くできた)。
母はもともと高血圧なのですが、退院してからは食生活に気をつけています。
後遺症もなく、以前と同じように生活しているのですが、母は寿命の事を気にしています。
再発する可能性があるのは重々承知なのですが、それがなかったとしたら、母の場合寿命はどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生つきまとう問題です。
過去に一度細い血管が詰まるラクナ梗塞を起こしても、その後20年と何も起こさない方もいらっしゃいます。
ですから、次にいつ命を落とすような大きな脳梗塞を起こすかは、誰にもわからないのです。

第二に、脳梗塞を起こす人は全身の血管のどこかしらを詰まらせるリスクが高いので、脳だけでなく、心臓や肺といったところへの可能性もあるからです。
心筋梗塞の場合は、今回の脳梗塞のようにはいきません。
予防をしていても、心筋梗塞を起こさないとは言いきれません。

第三に、脳梗塞の急性期を脱している場合、脳梗塞で亡くなるということは考えにくいですね。
それよりも、何かしらの癌にかかったり、交通事故で亡くなることの方が可能性は高いと言えるでしょう。

身近な人が脳梗塞になったら、心配になることは当然です。
でも、何の障害も残さずに回復されたことですし、寿命を今気にされることはないでしょう。

脳梗塞の理由が生活習慣病によるものなのか、心房細動という不整脈によるものなのかにもよりますが、現在は何かしら治療をされていると思います。(血液をサラサラにするような薬ですね。)
お母様はまだお若いのですし、今後はしっかり通院を続け、全身の病気の早期発見(定期的な健康診断)と血圧だけでなく脂質異常症や糖尿病といった血管閉塞に関わる生活習慣病予防に努めることをおすすめいたします。

お役に立てれば幸いです。

お母様が脳梗塞、それもこんな若くて・・・心配ですね。
でも、細い血管で済んで良かったですね。
そのおかげでこれからの生活に注意を払うようにもなりますから、いきなり大きな脳梗塞を起こして寝た切りにならずに済んだことに、感謝しなくては。
小さな脳梗塞のおかげで、大きな脳梗塞を予防できると考えてもらえるといいのではないかと。

質問者様・お母様が気にされている寿命ですが。
これは一概に答えられるものではありません。

まず第一に、脳梗塞の再発は確かに可能性が高いのですが、それは今後一生...続きを読む

Q脳梗塞で右半身が麻痺しています

母が脳梗塞で右半身が麻痺しています。
右手足が全く動かず、その症状は毎日悪化しています。
今日はついに顔面まで麻痺し始めました。
明日からリハビリが始まるのですが
手足はどのくらいで動くようになるのでしょうか?
もちろん個人差はあると思いますが、本を読んでも病院で聞いても
さっぱり答えが出ません。

目安にしたり、今後の励みにしたいので
経験者の方、どのくらいで治ったのか教えて下さい。

また、毎日悪化するのが気になります。
そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

脳梗塞症状は病巣の大きさや部位によって異なってきます。
とりあえずリハビリが始まるそうですが、私の職場で言うとリハビリテーションの以来は発症数日目にでます。まずは関節が固まらないように動かすところからですが、それはその患者の状態によります。で、徐々に進めて行くわけですが、一般的に麻痺の回復はやはり個人差がありますが急速な回復はだいたい1ヶ月、3~6ヶ月でくらいまでは回復していく時期と言われています。その後は全くないとは言い切れませんが、正直あまり期待できません。経験上でもそのくらいだと思います。
その時期に手足が動くかと言われても、こればかりは脳の損傷ですからみなさん同じようにいくわけがありません。何事も無かったかのように回復される方もいれば、重度の障害を負って寝たきりになる方もいます。そればかりは経過を負わなければ何とも言えません。

ちなみに、自分が訓練を担当した患者若しくは家族に同じコトを聞かれたらこのように答えます。

Q脳出血後、右半身麻痺です。どの位まで回復しますか?

類似の質問も読ませていただきましたが、新しく質問させてください。

ちょうど1ヶ月前に、50歳を目前にした友人(男性)が脳出血で倒れました。元々高血圧傾向だったようです。手術はせず、10日後位から軽いリハビリが始まり、現在は降圧剤のみ服用しています。回復期リハビリのある病院に近日中に転院予定です。
現在入院中の救急指定大学病院では、一日に言語・作業・理学の3療法のリハビリを各1時間ほど受けているようです。
右半身マヒと言語障害があります。自力での座位保持は可能で、座っていて倒れるようなことはありません。右足をヨイショと手で持ち上げれば、あぐらをかいて座っていることもできます。
言語障害は倒れた直後よりはかなり改善されましたが、現在でも言葉が出ずらい、聞き取りにくい、知っているはずの言葉を忘れてしまう等、日常生活を営む上ではかなり支障があります。お見舞いに来た人をおぼえていないこともあります。

リハビリでは歩く練習もしているようです(約50歩)。右足に比べると右手の回復ぶりは思わしくなく、まったく動く気配がありません。寝返りを打つと、右手だけダランと置いてきてしまうような状態です。

このような状況ですが、私自身は医師やご家族から詳しい説明を聞くことができる立場ではなく、ただただ今後を心配している毎日です。
ご本人のお子さんはまだ小さく、自宅のローンもあるので、何らかの形で仕事をしなければならないはずだからです。

発症後1ヶ月で先に述べたような状況なのですが、これからリハビリを続けた結果、どの位まで回復するのが平均なのでしょうか?
40代後半の男性の平均として、
 ・歩けるようになるでしょうか?
 ・日常生活や仕事に支障がない程度に話せるようになるでしょうか?
 ・右手が動くようになる可能性はありますか?
を教えていただきたく、お願い致します。

類似の質問も読ませていただきましたが、新しく質問させてください。

ちょうど1ヶ月前に、50歳を目前にした友人(男性)が脳出血で倒れました。元々高血圧傾向だったようです。手術はせず、10日後位から軽いリハビリが始まり、現在は降圧剤のみ服用しています。回復期リハビリのある病院に近日中に転院予定です。
現在入院中の救急指定大学病院では、一日に言語・作業・理学の3療法のリハビリを各1時間ほど受けているようです。
右半身マヒと言語障害があります。自力での座位保持は可能で、座っていて倒れる...続きを読む

Aベストアンサー

専門家としては基本的に診察しないで回答することは
不可能かつ無責任です
それを踏まえたうえでの一般論として

>40代後半の男性の平均として、
 ・歩けるようになるでしょうか?

足の近位部 上のほうは一部左右両側の神経支配になってるので
筋力は多くの場合体を支えられる程度回復します
遠位部 特に足関節(=くるぶし)の踏ん張りが利かないパターンも
ままありますが これは装具で対応可能です
40代男性の平均的な筋力としてはスムーズでないにしろ
歩けるようになる可能性は大だと思います

 ・日常生活や仕事に支障がない程度に話せるようになるでしょうか?

日常生活は可能だと思いますが仕事は仕事にもよります

 ・右手が動くようになる可能性はありますか?

一ヶ月で筋力がほとんどないのなら
字を書くとか体を支えることは無理だと思います。
多少は動くでしょう。その中でできることを訓練するのです。

Q助からない脳梗塞はあるのですか

主人の父の脳梗塞が再発しました。もう手術が無理だという話なのですが、助かる道はないのでしょうか?助かっても植物状態だということで、延命か処置をせず楽にすべきか決断を迫られています。病院を変えたら助かるということはないのでしょうか。脳梗塞の病気に関しては知識がないので、なにかいい方法はないのか教えてください。
病院の対応なのですが、倒れたその日(今日です)に延命処置をするべきか否かどうか聞かれ、治療を投げ出しているようにも思えてしまいます。

Aベストアンサー

脳梗塞とは脳の細胞が死ぬことですから一度完成してしまうと細胞が生えてくるということはありません。
脳梗塞は理論的には15分程度で完成し、MRI画像では2時間後ごろから十分に診断可能です。つまり、予後の見通しはすぐに分かる。治療をする前から例外なしに確定なので別に治療する意思が無いわけではありません。
脳梗塞と一口にいても症状の全くない小さいものから、死亡の直接の原因となる大きなものまであります。お父上の場合は診察しないと分かりませんが意識状態として開眼が無いのなら重症です。
大きな脳梗塞の場合、特に優位半球又は両側の場合・高齢の場合は助かっても植物状態にしかならない状態も珍しく有りません。延命をしないという選択枝もおおいにありえる状況です。
他の病院に転送しても、結局方針は変わりませんし、転送すること自体搬送中に急変する可能性が少なくありません。(どちらも何度も経験あり)他の病院や救急隊に負担がかかるだけで益はありません。
脳卒中はいつも突然に起こるので、ご家族の理解が難しい場合もしばしばあります。そういう時はそばに付き添っていただいてます。だんだん病気の実感がわいてくるからです。

脳梗塞とは脳の細胞が死ぬことですから一度完成してしまうと細胞が生えてくるということはありません。
脳梗塞は理論的には15分程度で完成し、MRI画像では2時間後ごろから十分に診断可能です。つまり、予後の見通しはすぐに分かる。治療をする前から例外なしに確定なので別に治療する意思が無いわけではありません。
脳梗塞と一口にいても症状の全くない小さいものから、死亡の直接の原因となる大きなものまであります。お父上の場合は診察しないと分かりませんが意識状態として開眼が無いのなら重症です。
大...続きを読む


人気Q&Aランキング