「教えて!ピックアップ」リリース!

なぜ円高になると輸入が有利になるのでしょうか?

調べてみたところ「円の購買力が上がるので輸入品に対する円の支払額は少なくなる。したがって、わが国では輸入有利となり、輸入数量が増加する。」とあったのですが、「円の購買力が上がる」とはどういうことでしょうか?

A 回答 (7件)

100ドルが100円だったとするよね。


円高ということは
100ドルが80円とかになることだよね。
そうすると、
100円で125ドル分のお買い物ができるよね。
これを
「円の購買力が上がる」というんだ。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/04 22:07

経済や金融での言葉です。


円の貨幣価値が上がる(円でのお買い物がしやすくなる)という意味です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「円の購買力が上がる」という言葉に惑わされていました。

お礼日時:2007/02/04 22:11

1ドル=200円から1ドル=100円へと円高になったとします。


この場合、今まで国際的な市場では1ドルで売られていたものが、
日本ではでは200円ではなく100円で買うことができるようになったということです。輸入物価が低下するということです。
円安で景気が悪いときには貿易黒字が増える可能性が高い。
逆に円高で景気が良いときには貿易黒字は減る可能性が高いとうことですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

どうやら日本でもドルを使って物を買うと勘違いしていたのが混乱の原因だったようです^^;

お礼日時:2007/02/04 22:15

区切りがいいところで、1ドル=100円を基準に考えてみると。



1)1ドル=50円になった場合(円高)
1ドルの商品を買うのに100円必要だったのが、半分(50円)で済む。
100円で1ドルの商品しか買えなかったのが倍(2ドル分)買えるようになる。

2)1ドル=200円になった場合(円安)
1ドルの商品を買うのに100円で済んでいたのが、倍(200円)必要になる。
100円で1ドル分の商品が買えたのが、半分(0.5ドル分)しか買えなくなる

簡単に言うと、こういうコト。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/04 22:10

アメリカの通販で30$のバッグを注文し、輸入することにしました。


1$の価値が80円のときに買えば2400円で買えます。(円高)
1$の価値が120円のときに買えば3600円になります。(円安)
同じバッグなのに、決算された日によって1200円も違います。
逆に円安のときは輸出すると儲かります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なんか当たり前のことを質問してしまったような気がしてきました^^;

お礼日時:2007/02/04 22:09
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

こちらのサイトも分かりやすかったです。

お礼日時:2007/02/04 22:05
    • good
    • 1
この回答へのお礼

紹介していただいたサイトで理解できました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/04 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング