ホテリングの定理について教えて下さい。海岸のアイスクリーム売りという例で
覚えたのですがイマイチわかりません。明日がテストなので、できればすぐに教えてください!お願いしますm(__)m

A 回答 (1件)

以下の文献に記述があります。


ただし,その前後も読まなくては理解できないかもしれません。
いちおう参考まで。

『ミクロ経済学』(新生社)武隈慎一著
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/01/18 18:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不可能性定理

不可能性定理に興味を持ち、調べてみたいのですが、
導出過程について詳しく載っている文献などあれば教えていただきたいです。
経済学、数学的な導出についてと、また政治学への適用などについても興味があるのでそちらもよろしければお願いいたします。

Aベストアンサー

Arrow's impossibility theorem
のことですよね。導出過程について詳しく載っている文献は、本人による論文以外、私は知りません。難解ですよ。
Arrow, K.J., "A Difficulty in the Concept of Social Welfare", Journal of Political Economy 58(4) (August, 1950), pp. 328-346.

http://ja.wikipedia.org/wiki/アローの不可能性定理
によれば、
松井知己: 『Arrow の一般可能性定理の証明の解説』, オペレーションズ・リサーチ, 46(2001), 93-97.
があるそうです。↓
http://www.simplex.t.u-tokyo.ac.jp/~tomomi/text/Arrow8A.pdf

アウトライン程度なら、厚生経済学や公共経済学のテキストなどにかかれている場合があります。公共経済学は経済学と政治学にまたがる分野なので参考になるかもしれません。

Q物価上昇 アイス 

 物価上昇の中、アイスは値下がりしている気がするのですが、気のせいでしょうか。周りのスーパーは確実に値下がりしています。
理由がわかる方、教えてください。

Aベストアンサー

アイスも値上がりしています。
牛乳などの原材料や包装資材、電気代の値上げ、輸送費の上昇などで各社値上げしています。
下はロッテの値上げのニュースです。
http://www.lotte.co.jp/news/news577.html

こちらのスーパーでも10円ー20円程度値上がりしています。
ディスカウント店でも去年はオール60円でしたが、今は72円に値上げされています。
値下がりしているのであれば特売中か、赤字覚悟のセールだと思います。
あとアイスには製造日も賞味期限も記入しなくても良い事になっているので、去年に生産したアイスを安く仕入れて売っているのかも知れません。

Qコースの定理についての問題

甲は隣に住んでいる乙のピアノの騒音に苦しんでいる。乙がピアノを弾くのをやめてくれることに対する甲の支払い意思額はA円である。乙が防音装置を付ければ、ピアノの騒音は完全に消えるが、そのためにはC円の費用がかかる。乙は最低B円を受け取ればピアノを弾くのを諦める意思がある。このとき甲と乙がこの騒音に関して交渉したとする。交渉が決裂したときには乙は防音装置なしで自由にピアノを弾くことができるとする。交渉の結果以下の3つのうちのいずれかの状態が実現する。

1.乙は防音装置なしでピアノを弾く
2.乙は防音装置を付ける
3.乙はピアノを弾くのを諦める

コースの定理を念頭において、実際の交渉の結果どの状態が実現すると思うか議論しなさい。説明文中には、この事例に即してコースの定理に対する説明も盛り込むこと。ただし、交渉には費用はかからず、また情報は完備であるとする。また所得効果については考える必要はない。(5行以内で簡潔に説明しなさい。)

どう考えてよいのかさっぱりわかりません。
必ずどれかの状態に落ち着くのでしょうか?
どなたか分かる方教えてください。よろしくおねがいいたします。

甲は隣に住んでいる乙のピアノの騒音に苦しんでいる。乙がピアノを弾くのをやめてくれることに対する甲の支払い意思額はA円である。乙が防音装置を付ければ、ピアノの騒音は完全に消えるが、そのためにはC円の費用がかかる。乙は最低B円を受け取ればピアノを弾くのを諦める意思がある。このとき甲と乙がこの騒音に関して交渉したとする。交渉が決裂したときには乙は防音装置なしで自由にピアノを弾くことができるとする。交渉の結果以下の3つのうちのいずれかの状態が実現する。

1.乙は防音装置なしでピアノ...続きを読む

Aベストアンサー

A円、B円、C円の関係は与えられていないのですか?
それが与えられていないと、一つに決まりません。

Q貨幣需要の具体例

貨幣需要とは、具体的にどういう形でお金を持つことをいうのでしょうか。
銀行からお金を下ろして、財布に入れたりタンス預金するのは貨幣需要ですよね?

銀行にお金を預ける場合、普通預金ですぐ引き出せるなら貨幣需要で、
定期預金のような形で預けるのは貨幣需要ではない、ということになりますか?

Aベストアンサー

貨幣とは、経済学では抽象的には取引あるいは交換の媒体として働く「モノ」と定義されていますが、古くは金銀だけでなく貝殻とか、いろいろのモノが貨幣として使われてきましたが、現代経済では交換の媒体は現金(不換紙幣)、銀行の要求払い預金等が使われており、具体的(つまり日銀の定義)には、マネーサプライとかマネーストックとして定義されるモノを指し、民間(銀行以外)の個人・企業等が保有している日銀券や硬貨(現金)と民間の個人・企業が銀行に保有している要求払い預金を指します。したがって、「銀行からお金を下ろして、財布に入れたりタンス預金するのは貨幣需要」の増加かどうかという問題は、「銀行から下ろす」のが、当座預金あるいは普通預金から引き出すことだったら、貨幣(通貨)の一つの保有形態から別の形態に変わっただけですから、それによって貨幣需要が増加したとはいえません。 預金をどこまでを貨幣あるいは通貨の中に含めるかは、マネーストックの定義によってM1、M2、M3とあります。一番狭い意味の通貨であるM1には定期預金は含まれていませんから、あなたが現金を定期預金にいれると、貨幣需要は減少することになるでしょう。
なお、英語で貨幣はmoneyといい、moneyは具体的にはmoney=currency outside banks plus demand depositsと定義されている。ここで、curencyとは現金のことです。ややこしいのですが、日銀の通貨統計等で、貨幣といっているのは政府が発行する硬貨のことですので、混同しないでください。

貨幣とは、経済学では抽象的には取引あるいは交換の媒体として働く「モノ」と定義されていますが、古くは金銀だけでなく貝殻とか、いろいろのモノが貨幣として使われてきましたが、現代経済では交換の媒体は現金(不換紙幣)、銀行の要求払い預金等が使われており、具体的(つまり日銀の定義)には、マネーサプライとかマネーストックとして定義されるモノを指し、民間(銀行以外)の個人・企業等が保有している日銀券や硬貨(現金)と民間の個人・企業が銀行に保有している要求払い預金を指します。したがって、...続きを読む

Qクーン・タッカーの定理について教えてください

モノポリストが2つの市場で1つの品物を売ろうとしています。会社には、Qの品物のストックがあります。このとき、市場1,2における需要曲線は、p = ai - q (i=1,2)で表されます。さらに、Q > (1/2)a1 ≧ (1/2)a2 という条件があります。このとき、利益が最大になるような売却個数を求めよという問題です。

まず売却額は、pi×qi=(ai-qi)qi (i=1,2)です。
次に与えられた条件を使い、ラグランジェの式を、
L(q1,q2,λ1,λ2,λ3)=(a1-q1)q1+(a2-q2)q2+λ1(Q-q1-q2)+λ2{Q-(1/2)a1}+λ3{(1/2)a1-(1/2)a2}と置き、これをq1,q2,λ1,λ2,λ3についてそれぞれ部分微分をかけていくという方向性でよいのでしょうか?

また、クーン・タッカーの定理を用いたいのですが、条件『 Q > (1/2)a1 ≧ (1/2)a2』の『 Q > (1/2)a1 』には、不等式に等号が入っていません。この場合、クーン・タッカーは使えるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

モノポリストが2つの市場で1つの品物を売ろうとしています。会社には、Qの品物のストックがあります。このとき、市場1,2における需要曲線は、p = ai - q (i=1,2)で表されます。さらに、Q > (1/2)a1 ≧ (1/2)a2 という条件があります。このとき、利益が最大になるような売却個数を求めよという問題です。

まず売却額は、pi×qi=(ai-qi)qi (i=1,2)です。
次に与えられた条件を使い、ラグランジェの式を、
L(q1,q2,λ1,λ2,λ3)=(a1-q1)q1+(a2-q2)q2+λ1(Q-q1-q2)+λ2{Q-(1/2)a1}+λ3{(1/2)a1-(1/2)a2}と置き、これをq...続きを読む

Aベストアンサー

ラグランジェの式が間違っていると思います
この最大化問題において、変数、その変数の制約条件を考えてみてください。
ラグランジェの式の右辺でいらない項があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報