出産前後の痔にはご注意!

過去完了の (had 過去分詞)と過去を明示する副詞は一緒に使えるのでしょうか?

the building we had built in 1964.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>the building we had built in 1964


は,文の一部であり,この前に一定の文脈があることを前提に,had built は可能だと考えます。

 単に,「1964年に建てた」というのであれば,もちろん,They built the building. となります。

 過去完了には大きく分けて2つの用法があります。
一つは,現在完了を過去にスライドさせたパターンで,現在完了が過去の一点を表すのでなく,「幅のある」時制であるため,過去の一点を表す副詞(句)とともに用いられないのと同様に,過去完了でも,ともに用いられません。

もう一つ,(俗に)大過去と呼ばれる用法があり,これは,基準となる過去よりも古い過去の一点を表すことができます。
>I lost the book my father had bought me the day before.
において,the day before は過去の一点を表しています。
 この文は,高校一年生でお決まりのように出てくる英文です。
 実は,このことは今までも何度か回答したことがありますが,このことを日本人は厳格に覚えすぎて,過去完了を多用するくせがあります。
 この文でも,実際の英語では bought という過去形を用いることの方が多いですが,文法的に過去完了を用いることは誤りではありません。

 本来,大過去=過去完了であるのですが,いつの間にか,過去より古い過去を表す用法のことを指すようになったのは,#2のところで申し上げた通りです。
 この用法が存在するのは間違いなく,高校生でも知っています。
    • good
    • 0

質問からは、副詞とあるので


the building を修飾する副詞(節・文)という意味にしかとれないのですが(笑)
    • good
    • 1

http://www.englishpage.com/verbpage/pastperfect. …

 上のサイトに過去完了について,わかりやすく説明されています。
    • good
    • 0

一目見ておかしな表現ですね。

ネイティブや英語の精通した人なら「the building built in 1964」とするでしょうし、このような関係節を使っても、過去の一点を明示する1964年という副詞と一緒に大過去時制のhad builtを使うことはできません。過去の事実は大過去や現在完了時制とは一緒に用いられないからです。

従って、回答No.2さんの回答は違っています(すみません)。例え主節に過去形を用いていても、関係節の動詞はこの場合大過去にはなり得ません。
    • good
    • 1

過去完了は、had+過去分詞でしたっけ忘れてしまいました。

副詞節とかより仮定法過去完了の方がわかりやすいとおもいます。
the building we had built in 1964
If the building built in 1964 we had just makes around establish at vending.とゆう風でないと思うんですが?
The building at just may had we most establish built in 1964.
とかじゃないかと?あくまで参考に。
    • good
    • 0

文脈にもよりますが


>the building we had built in 1964.
は過去完了でない可能性が大きいですね。
このwe had builtはhave+目的語+過去分詞「...させる、してもらう」
の意味で使われているのではないでしょうか。
文脈をもう一度確認してください。

We had the building built in 1964.
を加工してこの形になった、と考えてすんなり理解できれば、
わざわざ過去完了として理解する必要はないわけです。
「すんなり」というのは、「大過去の可能性」や「完了性の有無」
もありますが、「建てた」主体が、
weなのか、それとも誰か別人に依頼したのかが
判定の材料になるでしょう。
ことさらに誰かに建てさせたのではない、自分たちで建てたのだ
という文脈ならば、we had builtは過去完了ですが
そうでなければ、一般的に建物は自分たちで建てたりしませんから
依頼した(つまり略されている目的格関係代名詞を目的にしているのは
hadであって、builtではない)ということになります。
    • good
    • 0

過去を明示する副詞とは、hadをさしているのでしょうか。


例文でその文でだけで考えろ、ということでしたらヘンに聞こえます。

the building built in 1964. をわざわざ the building we had built in 1964.
と言い換えたいということでしたら、おかしいです。

もっと長くつづく文章の一部としてはそのならびはありえますが、この文は聞いたとき耳にはおかしく感じます。
    • good
    • 0

the building we had built in 1964


SOUNDS SO ODD! GRAMMATICALLY CORRECT THOUGH.
    • good
    • 0

 過去完了は,完了性のない場合にも用いることができます。



 いわゆる大過去(実際には,この用語は「過去完了」そのものを表すのですが,いつの間にか,受験英語の世界では,過去の過去を表す場合のことを指すようになりました)の用法です。

 I lost the book my father had bought me the day before.「私は,父が前日に買ってくれた本をなくした」
のパターンです。

 したがって,
>the building we had built in 1964
もあり得ると思います。
    • good
    • 0

>一緒に使えるのでしょうか?


使えません。
完了態は時点を表す副詞とは共存できません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去完了と副詞

過去完了と~ago が一緒に使われることはありますか?~agoがかかる動詞が過去完了形をしていることはありますか?

Aベストアンサー

過去完了は,ある過去の時を基準にして
それより前の時点から,基準となる過去に向けての
完了・継続・経験を表すか,
基準となる過去よりもさらにその過去(いわゆる大過去)
のいずれかです。

一方,~ ago というのは,
「現在」から見て,どれだけ前かを表す語です。

したがって,過去を基準とする過去完了の部分に直接かかることはありません。

He had already left the city when I visited him a month ago.
「一月前,彼を訪ねた時,すでに町を出てしまっていた」
のよう場合は
もちろん,ago は visited という過去形につながっていて,
when ~の部分が過去完了の基準となる過去を表すことになります。

QSo ~ as と As ~ as の違い

例えば構文集に
「私の知る限り」は
So [もしくはAs] long as I know
「はやくも~のころには」は
As early as ~
と出ています。

そこで質問なのですが、それぞれどういう時にSo asを取ったりAs asを取ったりするんですか?
というのも、全部as asで覚えようとしても問題文ではso asで出ることが多いし、
かといってso asで覚えようとしたら今度はas asでなければならない表現が
あるようなので、覚えづらいのです。

(根本には比較と関係代名詞の両方でso asを習うために、イマイチas as(so as)の
正体がつかめていない、というのがあります。)

Aベストアンサー

No.1で回答した者です。

おっしゃるとおり、twice as ... as は前に twice という副詞がついているので as ... as ですね。

so (as) far as は、副詞が前につかなければ so でも as でも構いませんが、副詞が前につく場合は as を用います。

たとえば...

 × I'll do my best hard so far as possible.
 ○ I'll do my best hard as far as possible.

ということになります(この hard は副詞の hard です)。

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Qこの場合は過去完了形?過去形?

ある問題で
I ( ) in Tokyo from 1990 to 1993 and moved to Osaka.
の括弧の中にliveを適切な形に変えて入れなさい。という問題がありました。
答えはlivedだったんですが、この場合過去完了形の
had livedでは間違いになるんでしょうか?
確かに完了形でfrom~to~の形はあまり見たことがないんですが、1990年から1993年までずっと住んでいたという意味で過去完了形の継続の意味は当てはまらないんでしょうか?

よろしくお願いします!!<m(__)m>

Aベストアンサー

 完了時制で表す継続というのは,「~から~までの間ずっと」という期間であればいつでもいいというわけではありません。
 過去完了の継続というのは,現在完了の継続を一つ過去にずらしたものです。
 I have lived in Tokyo since 2003. で,
「2003年から,私は東京に住んでいる」という意味ですよね。現在完了の継続が表す期間の終点は「現在」であり,起点を since で表すわけです。
 I have lived in Tokyo from 2003 to now. と言えなくもないのでしょうが,普通は言わないと思います。
 I have lived in Tokyo from 2003 to 2005. という言い方もしないでしょう。
 過去完了も同じことです。
 I had lived in Tokyo since 1990 and moved to Osaka in 1993. なら過去完了になるでしょう。
 過去完了の継続の終点は「今,その文で問題になっている過去の一点,ここでは引っ越した時点」であり,起点は since 1990 で表しても,終点を具体的に完了部分で表すことはしないのです。
 完了の用法で,具体的に過去の一点を表す語を用いることができないのと同じようなものだと思います。

 完了時制で表す継続というのは,「~から~までの間ずっと」という期間であればいつでもいいというわけではありません。
 過去完了の継続というのは,現在完了の継続を一つ過去にずらしたものです。
 I have lived in Tokyo since 2003. で,
「2003年から,私は東京に住んでいる」という意味ですよね。現在完了の継続が表す期間の終点は「現在」であり,起点を since で表すわけです。
 I have lived in Tokyo from 2003 to now. と言えなくもないのでしょうが,普通は言わないと思います。
 I have l...続きを読む

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む

Q前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

Aベストアンサー

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなったものとあきらめる」

2 in general, of late, in short, in vain のような慣用句は日本の辞書では
general, late などを例外的にこの句の場合のみ名詞と扱っていますが,
英英辞典ではそのまま形容詞とみなしています。

3 from bad to worse のように相関的に用いる場合

これらはいずれも形容詞が名詞化したと考えることもできれば,
前置詞の後に形容詞がくると柔軟にみることもできます。

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなっ...続きを読む

Q「過去の推量」は「will have done」「would do」「would have done」のうちどれ?

お世話になります。
よろしくお願いします。

「過去の推量」についてなのですが、例えば
「一昨日彼は彼女と会っただろう。」という英文は
(1)He will have met her the day before yesterday.
(2)He would meet her the day before yesterday.
(3)He would have met her the day before yesterday.

のうち一番適切なのはどれでしょうか?
辞書では(1)「will have done」(2)「would do」(3)「would have done」
が全て「過去の推量」の意味があるような感じで迷っています。

(1)、(2)、(3)のうち「過去の推量」で一番良く使われる表現はどれでしょうか?
(1)、(2),(3)の表現の違いやもしも不適切な表現などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの意図がわかりました。ズレた回答をしてしまい、すいませんでした。may have done, might have doneを知った上で、will have done, would do, would have done に限って「過去の推量」の用法を尋ねておられるんですね。

紙の辞書(ルミナス英和辞典)で調べてみましたところ、would do で過去の推量を表すという記述はありませんでしたが...。will have done, would have done については以下の例文がありました。

He will have reached Tokyo by now.
彼は今頃東京に着いているだろう。<完了の推量>

Who would have thought so?
誰がそう思っただろうか。(そう思った人はいないだろうと私は思うのだが。)

最初の文は、形の上では未来完了形ですが、意味的には動作が完了しているかどうかについての推量ですね。過去の推量といってもいいのかもしれません。

二番目の文は仮定法過去完了で過去の推量をあらわしている例でしょう。しかし、単純に過去の推量というか、仮定法ですから、(そう思った人はいないだろうと私は思うのだが。)というのがくっついていました。

電子辞書にはジーニアスが入っているので見てみたところ、確かに、質問者の方がおっしゃるような説明が書いてあり、例文もありました。
でも、「-----と言うのが普通」のような注釈もありました。まれな用法のようですね。

それを承知の上で英文を自分で作られて、質問されたのですよね。
個人的にはそのような用法はまれなようなので、自分からそのような
用法の表現は使わないほうがいいと思います。質問者さんの答えにはなっていないので、回答するべきではなかったようです。すいませんでした。

参考までにですが、「一昨日彼は彼女と会っただろう。」ということを英語で言うとしたら、自分ならこう言います。

I think he met/saw her the day before yesterday.
Probably/Maybe he met/saw her the day before yesterday.
Chances are he met/saw her the day before yesterday.
It's likely that he met/saw her the day before yesterday.
I suppose he met/saw her the day before yesterday.

読む時は別ですが、自分から発する英語の時は、用例がまれな英語は使わないほうがいいと思いますが。

直接の回答になっていない & かき回してしまってすません。

質問者さんの意図がわかりました。ズレた回答をしてしまい、すいませんでした。may have done, might have doneを知った上で、will have done, would do, would have done に限って「過去の推量」の用法を尋ねておられるんですね。

紙の辞書(ルミナス英和辞典)で調べてみましたところ、would do で過去の推量を表すという記述はありませんでしたが...。will have done, would have done については以下の例文がありました。

He will have reached Tokyo by now.
彼は今頃東京に着いているだろう。<完...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qeverとbeforeの使い分けについて

はじめまして。
英語の文法の勉強をしていて、疑問に思うことがあったので質問をさせていただきました。

現在完了(経験)におけるeverとbeforeの違いはなんでしょうか?

everは肯定文では使えない・『かつて一度でも』といったニュアンスである?、beforeは肯定文・疑問文・否定文でも使えるといったことは調べて分かったのですが、使い分けがわかりません。
今勉強しているテキスト(Engilish Grammer in Use)の現在完了のところでは『例文を参考にして文章を作りなさい』という問題があり、その例文がbeforeを使っていたので、beforeを使った文を作りましたが、everでもいいのでは?とふと疑問に思いました。

beforeを使った問題は、『あなたはテニスをしたことがありますか?』という文を作る問題で、

"Have you played tennis before?"

が答えです。また、その文に対する返答は

"No, this is the first time I've played tennis."

です。でも返答を見ても、別にeverでもいいのでは?と思ってしまいました。
("Have you ever played tennis?"でも大丈夫そうな気がします)
しかし文法の解説ページには特に何も書いていないし、使い分けにも触れていなかったので、どちらでもいいということなのでしょうか。

ということは、例えば『あなたはロンドンに行ったことがありますか?』と言いたい時は、
"Have you ever been to London?"
"Have you been to London before?"
のどちらでも大丈夫なのでしょうか。
(問題の答えではbeforeになっていたのですが、解説ページでは国名が違うだけのほぼ同じ文はeverを使っていました・・・)

細かいところを気にしすぎなだけかもしれませんが、もしお分かりになる方がいましたらどうぞ教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。
英語の文法の勉強をしていて、疑問に思うことがあったので質問をさせていただきました。

現在完了(経験)におけるeverとbeforeの違いはなんでしょうか?

everは肯定文では使えない・『かつて一度でも』といったニュアンスである?、beforeは肯定文・疑問文・否定文でも使えるといったことは調べて分かったのですが、使い分けがわかりません。
今勉強しているテキスト(Engilish Grammer in Use)の現在完了のところでは『例文を参考にして文章を作りなさい』という問題があり、その例文がbe...続きを読む

Aベストアンサー

現在完了(経験)におけるeverとbeforeの違いはなんでしょうか?

1.使う位置が違う。
Have you played tennis before?
Have you ever played tennis?
→beforeはこの場合文末に、everはplayedの前に置いています。使う位置が違います。

2.意味が違う。
Have you played tennis before?
→この場合のbeforeは「以前に」に近い意味です。今より前の時間が浮かんで、その中でテニスをやったことがあるかどうかを判断して答えることになります。

Have you ever played tennis?
→この場合のeverは「いままでに一度でも」みたいな意味です。頭の中でテニスをした経験を探して、どんな経験でもいいからあるかどうかを答えることになります。

3.使う文が違う。
ご自身でお調べになったように、この意味のeverは肯定文では使えません。
beforeは肯定文・疑問文・否定文でも使えます。

★否定文でeverを使う場合
I haven't ever played tennis. と言えなくもないですが
I have never played tennis. が普通でしょう。  ちなみにnever = not everです。
たとえば、
I have never played tennis, nor have I ever played basketball.のような文ではeverを否定に使いますが、これはもしかすると難しい例文かもしれません。高校3年生か2年生レベルです。

"Have you played tennis before?"
が答えです。また、その文に対する返答は
"No, this is the first time I've played tennis."
です。でも返答を見ても、別にeverでもいいのでは?と思ってしまいました。
("Have you ever played tennis?"でも大丈夫そうな気がします)
→説明したように、everも使えます。

ということは、例えば『あなたはロンドンに行ったことがありますか?』と言いたい時は、
"Have you ever been to London?"
"Have you been to London before?"
のどちらでも大丈夫なのでしょうか。
→どちらも大丈夫です。

以上、ご参考になればと思います。

現在完了(経験)におけるeverとbeforeの違いはなんでしょうか?

1.使う位置が違う。
Have you played tennis before?
Have you ever played tennis?
→beforeはこの場合文末に、everはplayedの前に置いています。使う位置が違います。

2.意味が違う。
Have you played tennis before?
→この場合のbeforeは「以前に」に近い意味です。今より前の時間が浮かんで、その中でテニスをやったことがあるかどうかを判断して答えることになります。

Have you ever played tennis?
→この場合のeverは「いままでに一度...続きを読む


人気Q&Aランキング